セルフジャッジ

先日ツイッターを見ていたら

清水サポは勝手に格下を作ってそのチームに負けるとチームをたたき出す

というのを見かけました。
まあ、エスパルスに限ったことではないのですが、特に群雄闊歩のJリーグ、どこのチームに勝っても負けても不思議ではないわけで。
特に今日の試合は最下位チームとはいえ油断、慢心は禁物です、サポも。

ちなみにこちらには王様はいないので王国とは言えず、キングのいるあちらさまが王国なんじゃないのかと思った朝でした。

| | コメント (0)

今年は別れの年なのか(遠藤さん山形へ)

Mini1 突然ですが
北海道にいる時に愛車ミラジーノにミニクーパーのエンブレムを付けたのですが

ちょっとミニの所有者に殴られそうだったので

Mini こちらに来てからこのようにしました。
おしゃれな気もしますが、リアワイパーで常時隠れています^^;



Jal1_20210508082301 その北海道とはJAL機に乗って別れてきてしまったわけですが




いつも挨拶をしていた帯広空港のグランドスタッフさんに、
「今日が最後です」
と別れの挨拶をしてきたところ
Obo_20210508082301 羽田のターンテーブルに出てきた荷物にこのようなタグがついていました。

感謝感激でした。

Oit さて、先日はこちらにも行ってきたのですが、パぺパル資材預け入れ時にやはりグランドスタッフさんとお話をして

「来年もぜひ来てくださいね」

と約束をしたわけです。

やはり羽田のターンテーブルに出てきたパぺパル資材にこちらのタグがついていたわけです。

Endou3 その資材預け入れ後の話なのですが、先日、モンテディオ山形に通訳として移籍の決まった遠藤さんとばったり空港でお会いしました。

まさかこの時がエスパルスの遠藤さんを見る最後だったとは思ってもみませんでした。

Endou2 その遠藤さんエスパルス第1期でのピッチでの最後の姿。




Endou1 もっと撮っておけばよかったのですが。




遠藤さんといえばゴトビ監督の通訳として2011年からエスパルスに在籍。
前任はジェフのミラー監督の通訳でしたが、当時からその日本語への訳に魅了されていました。
Banner そんなこともあり当ブログのヘッダーには絶賛遠藤さん応援の文字。

Gf1_20210508082301 そして私は早々にゲーフラを作成しました。

マスキング


Gf2_20210508082301 ペインティング




Endou4 完成したものをゴトビ監督とともに記念撮影。




Endou6 就任早々の三保での囲み取材時。




Endou7 こちらはシングルショット。




Endou5 初の日本平は震災の復興チャリティーマッチでした。




Fes 翌2012年の草薙で行われたファン感にて。




Fes2 いつも笑顔で対応してくれました。




Endou9 大舞台は鹿島とのナビスコカップ決勝。




Endou8




Endou10 残念ながら負けてしまい、以後エスパルスは国立の舞台を踏むことができず。




と初期の遠藤さんとの思い出でした。

(つづく)




| | コメント (0)

ルヴァン仙台戦(審判編など)

月刊になったブログです(嘘)
10年ぶりの東京勤務に心が病みまして(これも嘘)

実は新しい職場の座席なのですが、頼みもしないのに隣に庶務の女性がいまして、今日テレワークの私に

「さかたさん、ちゃんと仕事するんですか?山に行ったら圏外になるかもしれませんよ」

と北海道生活延長気分の私に釘を刺してきました。

Yama その北海道で最後に登った山がこちら。
3月31日の東ヌプカウシヌプリ。



Yama2 いつものガレ場でナキウサギとの別れ。




Yama3 翌4月1日は前任地の岩見沢への挨拶にいつもの国道38号線を使い向かいました。
何十回と通ったこの国道からの芦別岳の景色はいつも感動していました。

ちなみに芦別岳は昨年ツクモグサを撮りに登っています。




Jal1_20210507170701 そんな北海道とはJAL便に乗り離れました。

JALさま長いことありがとうございました。


Car_20210507170701 そして10日後にこちらの車が北海道から着きました。

以後、帯広ナンバーでアイスタに通っています。

そういえばこの車を止めていると静岡のおっさんが指さして犯罪者扱いしていました。
北海道と比べるとこちらは意外と閉鎖的な気がします。


Nobori1 前振りが長くなりましたが、ホーム初勝利だったルヴァンカップの仙台戦の模様です。

こどもの日当日だっただけに鯉のぼりがたくさん泳いでいました。


Kashiwa 田子の月では柏餅の販売。




Tago1_20210507170801 萩の月ではなく田子の月はいかがですか~

と仙台サポさんへの呼び込みをしていた田子の月さん。
こちらの女性が購入していました。
お買い上げありがとうございました。

Ref2_20210507170801 さて、本題のこの日の審判団です。




Ref_20210507170701 右から
バック副審の田中さん(いつもポーカーフェイスです)
主審の榎本さん
メイン副審の西尾さん
四審の酒井さん

榎本さんは久しぶりのエスパルス戦でしたが、覚えていてくれました。
そうそう、審判の血液型調査をしようと思っていたのですが、すっかり忘れてしまいました^^;
榎本さんはOかAなのかと思います。

Ref3_20210507170801 入場直前の審判団を引き連れているパルちゃん。




Pul_20210507170701 ちなみにこちらは試合前のパルちゃんと目があったところ。





Ref4_20210507170801 さて、この日の榎本さん、選手とのコミュニケーションをよくとっていました。
スリッピーなピッチや、PKの判定などでとかく揉める要素満載だったのですが、荒れることなく穏便に試合をマネージしていました。


Ref9_20210507170801 なんせこの雨でしたから、集中力を保つのも大変だったのかと思います。




Ref5_20210507170801 表情も豊かでした。




Ref6_20210507170801 イエローカードのシーン。




Ref7_20210507170801 選手とのコミュニケーション。




Ref8_20210507170801 同じく。




Half ハーフタイム時はWBGT値を計測していました。





Goal_20210507170701 こちらはレレゴール後。




Ref10_20210507170801 後半アディショナルタイムを掲示する四審の酒井さん。

ちょうどプレーオンでした。


Ref11_20210507170801 そして試合終了のホイッスル。

中山選手のガッツポーズ付きです。


ナイスレフェリングありがとうございました。

Araki ところでこちらは大分戦の主審だった荒木さん。
とあるところでばったりお会いしました。

(つづく)

| | コメント (0)

別れの挨拶ナキウサギ編

Box_20210403060901 下書きをして放置している間に本人は昨日から東京勤務となりました(泣)

ということで先週書いていた記事をアップします。


年度末の31日に有休消化を兼ねて行ってきました。
この時期の平日に登る人はいないわけですが、幸いトレースがあったので問題なく登れたのですが

問題はナキウサギ(の岩場)が雪に埋もれていないかかなり心配しました。
Sky 北海道も高温続きだったので融雪が進んでいることを期待して、そして北海道生活も残りわずかだったのでダメもとで登ったわけです。




Nacky0_20210403060801 じゃん、いました。




Nacky5_20210403060801 雪と撮れるのはこの時期か晩秋のみ。




Nacky6_20210403060801




Nacky7_20210403060801




Nacky8_20210403060801




Nacky9_20210403060801




Nacky11_20210403060901




Nacky1_20210403060801 最後に接近して撮らせてくれたナッキー




Nacky2_20210403060801




Nacky3_20210403060801




Nacky4_20210403060801 この時期のナキウサギは長い冬の雪下生活から解放されて食欲旺盛です。




Nupka_20210403060901 こうして私のナキウサギ生活も終了しました。

さらばナッキー!

| | コメント (1)

別れの挨拶エゾクロテンの巻

Ten6_20210330064501 ということで、週末はお隣の新得町へ行きエゾクロテンを撮りにいきました。1年ぶりでした。




Ten1_20210330064501 今年はかなり警戒心が強いように感じましたが。




Ten2_20210330064501




Ten3_20210330064501




Ten4_20210330064501




Ten5_20210330064501 残す別れの挨拶はナキウサギなのですが、雪山で撮れるのか否か。
一応、雪山用の道具はまだしまっていないので今週勝負します^^;



Hori3_20210330064501 PS.同じ北海道にいた堀アナは今週からおはよう日本のスポーツコーナーで全国デビューしています。

| | コメント (0)

別れと出会いの季節と言うものの

学生さんは入学、卒業、社会人の方は異動の季節の春

私事ですが東日本大震災の翌年のちょうど9年前の春に辞令を受けて2度目の単身赴任生活が始まりました。
以後はこのブログで紹介している通りですが、やはり北海道生活5年半=足掛け7年=越冬6回の経験は人生の中でも貴重な体験となりました。
そしてこの春からは久々の自宅からの通勤になります。
現在絶賛断捨離中なのですが、動物たちとの別れの挨拶もありなかなか進んでいないのが実状です^^;

さて、
ゴトビ監督時代にエスパルスのキャプテンだった杉山浩太さんがエスパルスを退社され、新たな道に進まれたとのこと。
今後のご活躍を祈念しております。

そして、その杉山浩太選手を、そしてエスパルスを愛してやまなかったブロガーのおひとりが先日お亡くなりになられました。
謹んでお悔やみ申し上げます。

そのブロガーさんのトップページには当時の浩太選手がゲーフラを持った写真が載っているわけですが、そのゲーフラはブロガーさんからの依頼を受けて私が作成したものでした。
後にも先にも依頼を受けて作成したゲーフラはこれだけです。

| | コメント (2)

復活したフェアプレー

Momo 引越準備もそこそこに日の出前からエゾモモンガを追いかけていましたが、最近は撮影が難しい暗い中での行動になってしまったので久々にブログ更新します。
道内在住期間中はもう見ることはできないかな。さらばじゃ!


さて、アウェー柏で見事に勝利をおさめたエスパルスですが、ここまでの戦績は以下の通り。

鹿島0-0清水
清水0-0福岡
C大阪0-0清水
清水1-1鳥栖
広島0-0清水
柏 0-0清水

これは今季のエスパルス戦の警告数です。
なんと6試合中5試合が無警告試合(両チーム警告無し)。

Card_20210323052501 唯一の警告のあった試合は鳥栖戦。




Card2_20210323052501 余談ですが、エゾモモンガをアップしたので谷本主審の右手もアップ。





Table1_20210323052501 よって、反則ポイントの少なさでは首位に立っています。
(上位10チーム)


Table2 こちらは下位10チーム。
特筆すべきは下位2チームの鹿島、福岡との試合でも無警告試合であったことです。


かつてエスパルスはステージ優勝したペリマン監督時代にはフェアプレー賞を受賞していました。
当時とプレースタイルは違いますが、フェアなプレーが強さに結びつくエスパルスの歴史があるような気がします。

| | コメント (0)

撮影会結果

もうすぐサンフレッチェ戦キックオフですね。
パペパルも無事にエディオンに着いたようです。
個人的にはバック側副審の赤坂さんに注目しています。

Momo1_20210317182801
さて、今朝のエゾモモンガ撮影会結果です。




Momo2_20210317182801




Momo3_20210317182801




Momo4_20210317182801




Momo5_20210317182801




Momo6_20210317182801




Momo7

 



Momo8




Momo9




Momo10




Momo11




Momo12




Momo13




Momo14




ラブリーな朝をありがとうございました。

 

| | コメント (0)

谷本涼主審の続き

今朝もエゾモモンガを撮りに行ってきました。
思いのほか遅くまで出ていてくれたために危うく遅刻するところでした。
(写真は今晩にでも)

さて今日はもうJ1の開催日となってしまいましたが、鳥栖戦の主審の谷本さんの続きです。

この試合はエスパルスもそうですが、個人的には全面谷本さん応援モードでした。
もろもろ初物に弱いエスパルスなので、妙なことにならなければと心配していたのですが杞憂に終わりホッとしています。
おそらく多くの方が審判に不満の残る試合ではなかったのではないでしょうか。
悪く言えば記憶に残らないほどスムーズに試合は流れていたと思います。
球際は厳しくいっていましたが、悪質なプレーはなくフェアな試合でした。
残念ながら両チームにイエローが1枚ずつ出ましたが、それは悪質というよりも仕方ないプレーだったと思いました。

結論としてはナイスレフェリングだった谷本さんでした。
そしてオフサイドディレイでは審判団のスムーズなコミュニケーションを見せてもらいました。
エスパルスサポ的にはカルリーニョス選手のゴールにしてもらいたかったのですが^^;

Ref7_20210317040901 ウォーミングアップに登場の4氏審判。





Ref8_20210317040901 キックオフ前。








Ref9_20210317040901 試合中の谷本主審。





Ref11_20210317040901 同じく。





Ref10_20210317040901 飲水タイム時





Ref12_20210317040901 イエロー掲出





Ref13_20210317040901 アップで





Ref14_20210317040901 そして試合終了





上から目線ですが
谷本さん、この試合でだいぶ自信がついたのではないでしょうか。
これからもJ1の舞台でのご活躍を期待しています。

| | コメント (0)

谷本涼主審

Momo1_20210316203801 出勤前に毎朝エゾモモンガを撮りにいっているのですが、なかなか満足のいく写真は撮れません。




Momo2_20210316203801 とりあえず明日の朝を最後にしようかと思っています。




さて、日曜に開催されたホームのサガン鳥栖戦ですが、
Fuji_20210316203801 富士山が綺麗でした。




この試合の主審は谷本涼さん。
香川県は小豆島出身でJ1はこの試合が3試合目。
ということで知人からは

「今日の主審初めてですか?」

という問い合わせが複数ありました。
Ref4_20210316203801 エスパルス戦の主審は初めてだったのですが、谷本さんはこの写真を撮る前に私に向かって数回会釈をしながら接近してきました。

しかも撮り終えると

「今日はいつもの席ですか?」

と聞かれ

「若干センター寄りです」

と答えたわけですが、サポーターのポジションがジャッジに影響するとは思えず^^;

実は谷本さんはエスパルス戦の主審は初めてだったのですが、昨年、四審としてアイスタに来られていました。
その時のことを覚えていてくれたようで、サポーター冥利に尽きます。

Tanimoto2 そのレイソル戦の時の写真です。

中央の池内主審の左にいるのが谷本さんです。
ちなみに右は中野さん。

Tanimoto1 四審での活躍のシーン。




Respect1_20210316203901 この柏戦はフェアプレー&リスペクトデーでした。




話しを鳥栖戦に戻し、その谷本主審の脇を固めた方々も撮りました。

Ref1_20210316203801 スタジアム到着順に
副審の唐紙さん(左)と四審の窪田さん。



Ref2_20210316203801 バック側副審の数原(すはら)さん。




Ref3_20210316203801 SATを思わせるVARコンビ木村さん(左)と山内さん。




Ref5_20210316203801 ピッチインスペクション時の
左から唐紙さん、谷本さん、窪田さん。



Ref6_20210316203801 ウォーミングアップが始まり、篠田コーチが各審判と挨拶を交わしていました。




つづく


| | コメント (1)

«あれから10年