週末ダイジェスト(レッズ戦や幌尻岳アタックや)

Pape

昨日はレッズ戦でした。

パペパルは参戦しましたが、私は北海道にいました。

(写真提供:佳代さん)




Board

レッズ戦でもこちらのボード設置。

(写真提供:REIさん)





Mori

森ちゃんが来るとわかっていたら。

森ちゃんと裕子さん。
(写真提供:佳代さん)


Ref

審判団。
(写真提供:伸子さん)



Jam9

Jam9

(写真提供:REIさん)


試合前の楽しそうな雰囲気が伝わってきたのですが、私はどこに行っていたのかというと

Release

日本百名山の中で最難関と言われている日高の幌尻(ぽろしり)岳に行ってきました。

今年も既に2件の遭難が出ているところです。


Poroshiri0

5時間登ってようやく幌尻岳が彼方にみえるというハードな道でした。





Nanatunuma

七つ沼カールにテントを張り





Poroshiri

日曜に無事に登頂しましたと。




つづく

| | コメント (0)

セレッソ大阪戦遠征記(試合以外)

一泊二日で大阪に行ってきました。

Temperture

北海道に戻ってきたのですが、もう夏は終わってしまったような涼しさです。


Cold

涼しいというよりも寒く感じられたので、ツイッターで
北海道+寒さ で検索してみました。

今年は7月初旬に暖房を入れているので、8月に暖房を入れることになると今年は毎月暖房を入れるという人生初の経験となります。果たしてどうなるでしょうか?

Vs

さて、セレッソ戦観戦記ですが、振り返ってみると己にかなりの隙、油断があったのではないのかと猛省※しています。



Board1

ところでスタジアムに着いてから徘徊していると、こちらの看板が目に入りました。






Board2

このコンサートの影響でこの日の試合はキャパの小さなキンチョウにしたのでしょうか?



Audience

まあ、観客数がこの数字でしたので問題は無かったようですが。




Navi

話しを戻し、開場待ちをしている我々の傍で、明らかに一般セレ女さん達とは違う雰囲気を醸し出している4人組を見つけてしまいました。
聞くところによると

ナビゲーター

ということでした。

Navi2

ということで、佳代さんに一枚撮ってもらいました。




Line2

この写真を、仕事で遠征できなかった某山本氏に試合後に送りつけました。
※この会話に猛省の気持ちが表れていると思います。

(不適切で見苦しい表現があることをお許しください)





Navi3

そのナビゲーターさん達ですが、試合後はサポーターと踊っていました。

踊らせてはいけなかったのにorz



Gf2

こちらはセレッソサポさんのツイートより。



Gf3

撮ってもらった写真です。



Gf

こちらは佳代さん撮影。

結局、お土産は無かったわけですが。



Pape

こちらはかずみさん自撮りのパペパルとエスパルスサポーター。




それにしてもアウェーサポーターゴール裏は蚊の飛散が凄く、かなりの人が刺されていたようです。

Senkou2

今思うと、これはセレッソさんの戦略だったのではないのかと。





Senkou1

アウェーサポーターが蚊に刺される

→目の前には蚊取り線香の広告



Senkou3

→かゆみに耐えかねたアウェーサポーターが蚊取り線香を買う




考えすぎでしょうか。

Conversation

そんなこんなの大阪遠征記でした。

| | コメント (0)

JALで行ったり来たり(フロンターレ戦前後)

一昨日の月曜は

①東京で打合せ
②京急蒲田で懇親会
③新千歳行き最終便で帰道

という行程でした。

Hnd2

懇親会を中座して羽田に向かいました。




Board

高松→羽田便の機材を羽田→新千歳便にする599便だったのですが、30分程遅れました。
このため、599→531への振替アナウンスを行っていましたが、私はそのまま599便に乗りました。

搭乗してびっくり。数えるほどしか乗客がいませんでした。
CAさんに聞いたところ22名だったそうです。
ドル箱のこの路線でこの少なさは私も初体験だったのですが、CAさんも初体験だったようです。

そして昨日の火曜は朝から出勤。

「あれ、さかたさん、明日またいないんですか?」

「こんな状況で休むんですか?」

Weather

こんな状況というのがこちらです。




Plate

そんな昨日は、お盆休みにあわせて公開しているこちらに行ってきました。



Ponbetsu1

空知地方は夕張をはじめ一大石炭産業地帯でした。
その遺跡ともいえる立坑などが各地に残っていますが、職場近くの奔別(ぽんべつ)炭坑は保守されることもなく、通常は立ち入り禁止となっています。


Hopper1

このお盆は特別に一般公開されていました。
こちらはホッパーと呼ばれている建物。
案内されていたのは夕張の石炭博物館の館長さんだったのですが、我々の職場のことをご存知で名刺交換をさせてもらいました。


Hopper

ホッパー内部。





Plate2

当時の張り紙に目がいってしまいました。

ディフェンスも同じだ!


ということで本日もディフェンス、もとい試合を見に行くためにJALを利用します。

そのJAL様ネタですが、先週の金曜日の新千歳→羽田便でのことでした。
チーフのCAさんは許斐(このみ)さんでした。
実はつい先月お会いしたばかりの3回目。

「さかた様・・・」

(またか、と思ったようなそうでないような)

さかた「3回目ですね」

「そうですね」

そして、対面のCAさんはキャパーさんでした。
名前からして日本人離れした容姿なのですが、生粋の広島生まれの広島育ちだそうです。

「お話ししようと思っていたのですが、お会いするのは2回目なのです。」

(えっ?)

さかた「そうだったんですか?」

「まだ勤務を初めて1ヶ月くらいの時にレシートレターを頂いて、今日も持ってきています。」

さかた「じゃあ、以前との違いわかりました?」

「ええ、比べて見ました。同期の間でもお会いするのを楽しみにしています。」

さかた「四つ葉のクローバー状態ですか?」

「そうですね^^;」

パペパル「おまえ、図々しいぞ!」

そしてこの便には訓練生が乗っていました。

Card

その訓練生とトレーナーさんが直々にこちらを持ってきてくださいました。

よい思い出となるメッセージに気をよくしたおっさんでした^^;


またお会いできる日を楽しみにしつつ羽田に降り立ったのでした。

| | コメント (0)

フロンターレ戦観戦記(アウェーサポーターに見る編)

今日は東京で打合せ後、北海道に戻ります。

ということで、出勤前のブログ更新になります。

■PUMAマッチ

  まずは川崎戦はPUMAマッチでしたので、PUMAのネタのアップし忘れたものをアップします。

Puma

スパイク編。

 



Ow0

オレンジウェーブ編1。




Ow2

オレンジウェーブ編2。




Ow1

オレンジウェーブ編3。





■試合前編

 残念ながら、お盆休みの影響でしょうか?業務でスタジアムに来られた女子アナさんは皆無でした。
 それも敗因の一つだったのかもしれません。

Cha0

落胆する気持ちをお茶を飲んで癒しました。





Cha2

このお茶は、こちらのキャンペーンで試飲できるものでした。




Cha3

JAしみずのイベントの一つでこちらの方々も登場。




Board

何者かと言えば、こちらの方々です。





Away0

試合前と言えば、12時の時点でアウェー待機列はテニスコートのこちらまで伸びていました。




■アウェーサポさん編

Away1

その川崎サポさんですが、このように大勢来られていました。
どうもありがとうございました。



Away2

職業病でしょうか?その川崎サポさんのゲーフラの様子を撮ってみました。
一戦必勝



Away3

がんばれ川崎



Away4




シンプルなメッセージが多かったように見えました。

そして、ゲーフラを撮っていたつもりがサポさんの服装に目がいきました。

どこぞのチームと違い

①98%以上※がオフィシャルのユニ。個人作成のものは見あたらず。

②裸になる人はなし。

ということでスタンドがきれいに川崎のチームカラー一色に染められていました。

オフィシャルにも、景観にも配慮した応援風景でした。

※全数チェックしたわけではありませんので誤差はあります。

Flag

前回は小旗での応援もありましたが、今回は持ち込まれず。
まだシーズン中盤ということもあったのでしょうか。


いろいろと感心させられた川崎戦でした。

| | コメント (3)

フロンターレ戦観戦記(PUMAマッチ編)

ご無沙汰の更新が続き申し訳ありません。
台風の影響で木曜の会議が明日月曜に延期となり、ちょっとバタバタでした。
何せ、ちょっとした便の変更は機内での活動に支障があるものですから(^^;

Jal1

ということで、機内活動の準備をして金曜日は有休を取り、早朝に新千歳空港に向かいました。
その模様は後日。



Bag

降り立った羽田空港でこちらのバッグを売っていたので購入して昨日持参しました。
HNDは羽田の空港コードです。
本当はCTS(新千歳)が欲しいのですが、そのバッグは未発売。

Puma3

さて、フロンターレ戦はPUMAマッチでした。

と、その前にこの日は開場前に突然の雷雨襲来。



Rain

ということで、運営さんが機転を利かせて、お客さんをスタジアム1階に避難させました。



Puma0

PUMAトンネルもこのようになり。
何だか嫌な予感はしたのですが。
お客さんを待避させていたので
①雷雨後にお客様を一度場外へ出す
②再度列整
③開場時刻を当初の15時30分から16時15分に後ろ倒し
ということで、開場後も1時間近く長蛇の列が途切れることはありませんでした。



Away1

ところで雨が降るなどという心配を全くしていなかった昼過ぎにアウェー側ゲートに行ってみました。
するとこのような
おもてなし看板
が設置されていました。

Away2

イラストもとっても素敵で、記念に持ち帰りたいくらいでした。
試合終了後の暗闇ではまだ剥がされずに残っていました。
いったいどの試合から設置されるようになったのでしょうか?
そして次回のホームは浦和戦ですが、どのような内容にするのでしょうか?
浦和だけに
裏はない
=真っ向勝負?あるいは設置しない?
兎にも角にも、アウェーサポさんにとっては記念となる内容だったのではないでしょうか。

Ice0

その試合前にはこちらの配付も行っていました。
大変助かりました。運営の方々ありがとうございます。



Ice1

雨上がり後には裕子さんも配付をしていました。






Puma1

さて、話しをPUMAマッチに戻し





Puma2

開場前のパルちゃんファミリーと。
パルちゃんは黒ユニでしたが、こパルちゃん達への支給は今夏もなく。





Towel

ベンチシートにはPUMAタオル。





Ow1

そして、今年は最初で最後のお披露目?
オレンジウェーブの黒コスチューム。



Ow2

胸にはPUMAロゴ。





Ow3






Ow4






Ow5

オレンジウェーブ史上初の黒ユニでした。
ここまでは良い展開だったのですが。

| | コメント (0)

礼文島へ行く

Table

すっかり更新をさぼっている間に北海道はすっかり涼しくなってしまいました。こちらは昨日の岩見沢の気温データです。

朝晩は窓を開けていると寒く、職場では風邪をひいた同僚が増えています。

そんな北海道から本日は本州へ出張のはずだったのですが、台風接近により出張は月曜に延期。
川崎戦どうしてくれるんだよ>職場

さて、先週末は初めて北海道の離島に行ってきました。
行き先は海に浮かぶ花の島“礼文島”。
地図では北海道最北端の左にある島です。

新千歳空港で次女などを乗せて一路稚内へ。

Roll

途中の豊富町では干し草ロールを間近で見ることができました。



Roll2

かすかに利尻島の利尻富士も見えました。




Sarobetsu

こちらはサロベツ原野からの利尻富士。




Rishiri

日本海を挟んでの利尻富士。




Ferri

翌日は愛車ミラジーノをフェリーに積んで礼文島に渡りました。




車と徒歩で向かった先は桃岩展望台。

Tenbou

いきなりの絶景でした。




Tenbou2

遠くに礼文島の固有種レブンソウの群落。





Rebunsou

こちらがそのレブンソウです。




「おとうさん、昔からそんなに花が好きだったっけ?」

「エスパルスサポは限定物に弱いんだよ。北海道は北海道限定の花の宝庫なのさ。」

つづく

| | コメント (0)

サガン鳥栖戦観戦記

おはようございます。
北海道生活35ヶ月目最初の日の昨日に帰宅し、本日北海道に戻ります。

Hart2

その最初の日に幸運にも地元のいずっぱこ(伊豆箱根鉄道駿豆線)でハートのつり革を初めて見ることができました。いずっぱこの数ある車両で1つしかないこのつり革を見ると恋が叶うとか。
エスパルスのこの夜の勝利を確信しました。







Fin

そんな昨日の模様です。




Ow

まずは何と言っても勝利の女神様による3連勝祝福。
J2時代は9までいったのですが、今回はどこまで伸びるでしょう。



Kopul

こパルちゃん。




Sbs

実は試合前にはSBSアナコンビの野路アナ、黒田アナによる3連勝祈願ポーズをとってもらっていました。


Jam9

その試合前のJam9さんに北海道ビール進呈。




Jam91

来年2月の公演にはエスパルスサポーター用シートが用意されているそうです。


Kagoshima

こちらは鹿児島市ご一行様。






Do1

肝心の試合のゴール後。






Do3

Do4

ゆりかごもしていましたね。







Do5

ドウグラスのポーズ。






Tores2

もちろんトーレスも撮りました。






Tores3

一緒に観戦した長女がそのプレーにしきりと感心。






Tores4

取り急ぎのサガン鳥栖戦でした。
今週はもろもろでブログ更新できません。

| | コメント (0)

ガンバ大阪戦遠征記(審判編~節目のマッスー)

台風の動向に一喜一憂している間に週末を終えて日曜に北海道に戻ってきました。

Hnd1

日曜の羽田空港では東京オリンピックあと2年イベントを開催していました。
聞いたところ、この週末の2日間のみの開催だったとか。
CAさんも3名が参加されていました。



Hnd0

JALのチェックインカウンター上も東京オリンピックモードに。




Hnd2

様々な競技のプレーヤーの写真が飾られています。




Jal

そして529便にて帰ってきました。
全員集合どうもありがとうございました。

以下この写真をめぐる派遣の香里さんとの会話です。

「さかたさん、またCAさんとお話ししてきたんですか?」

「写真も撮ってきたよ」

「隠し撮りじゃないですよね」

「ちゃんと許可とって全員撮ってきたよ」

「全員?」

「これが全員」

「どうやって撮ったんですか?」

説明

「ここまでCAさん大好きだったとは・・・・」

かなり引かれました。←イマココ


Refboard

さて、いまさら感満載となってしまいましたがガンバ戦の主審編です。




主審は個人的にはおなじみのマッスーこと上田さんでした。

Ref1

昨年はエスパルス戦を3試合担当されましたが、今年は17試合目にして初。
上田さんと言えば何と言ってもJ1昇格を決めた徳島での試合が思い出されます。
また、エスパルス史上初のJ2の試合となった愛媛戦でも笛を吹いています。
そう、節目の試合にはいつも上田さんがいるのでした。

Ref4

この日の上田さんのレフェリングですが、私は大変よかったと思いました。
カードも少なく、暑い中でプレーが切れることなく流れていると感じたからです。


Ref5

また、夜間試合とはいえ審判団は前後半1回ずつ適切に給水タイムを設けていました。




Ref7

ゴール裏からの観戦時はどうしてもゴール裏サポーターの罵声などが聞こえることが多いのですが、この試合ではそのような声が少なかったこともレフェリングがよかったことの表れだったと思います。


ただ、見る側の問題として、ゴールキック後のヘディングの競り合い時の反則行為の理解不足がこの試合でも露見されました。

今はインピードと言われている旧オブストラクションのことです。

「相手競技者の進行を妨げる」

-----------------------------------------
相手競技者の進行を妨げるとは、ボールが両競技者のプレーできる範囲内にもないとき、相手競技者の進路に入り込み、その進行を妨げる、ブロックする、スピードを落とさせる、進行方向の変更を余儀なくさせることである。

すべての競技者は、フィールド上においてそれぞれ自分のポジションをとることができる。ただ相手競技者の進路上にいることは、相手競技者の進路に入り込むこととは同じでない。

体を相手競技者とボールの間に置くことは、許される。戦術的な理由で相手競技者とボールの間に自らを置くことは、ボールがプレーできる範囲にあり、相手競技者を手や体で抑えていない限り、反則ではない。ボールがプレーできる範囲にある場合、その競技者は正しい方法で相手競技者によりチャージされることがある。
-----------------------------------------

解説動画をさがしてみたいと思います。

何はともあれ久々のアウェー勝利となったこのガンバ戦は節目となる試合だったと思っています。

| | コメント (0)

教訓は活かされないのか

台風12号が接近しています。

Graph

昨晩の予報よりも若干北側つまり本州側に進路を取るようです。
よく言われることですが、台風本体よりもその周辺の雨雲の方が影響が大きいのですが、今晩開催予定のFマリノス戦の開場の横浜にはこの雨雲は見事にかかる予報です。
こちらはウェザーニュースより。

Graph2

こちらは米軍。




Table

従って降雨も強いのですが、風も20m近く吹くようです。
(ウェザーニュースより)


Bar

降雨もひどいのですが。
時間48ミリって息苦しさを通り越します。(ウェザーマップより)


これでも開催しようとしているのはよほどの理由があるのでしょう。

Silent

西日本豪雨であれだけの被害が出たのですが、教訓は活かされるのでしょうか。
(写真はガンバ戦キックオフ前の黙祷)


Main

備えあれば憂い無し。
目の前の営利やしがらみに目がくらまないことを祈るのみです。
開催してたとえ何事もなかったとしても
「どや!判断正しかっただろ」
と武勇伝にするようなことではありません。
それは運が良かっただけですから。


PS.
本日は台風12号の接近により交通機関の乱れが予想されます。
観戦予定の方は充分に注意して自己の判断でご来場いただきますようお願い致します。
という書き方だけはやめてくださいね。

| | コメント (0)

ガンバ大阪戦遠征記(後半戦)

昨日から東京出張の為に一時帰宅しています。
明日は横浜でのFマリ戦ですが、強行開催するのでしょうか?
興業準備や日程を考えると延期したくない気持ちはわかりますが、冷静な判断が求められますね。たぶん、隅田川の花火を見て判断するのだと思いますが。
ちなみに明日、台風の影響を強く受けるのはこの他には湘南になります。
個人的には空振りでもいいので延期が望ましいと思っています。
仮に強行開催して何事もなく武勇伝のように
「どや!判断正しかっただろ」
ですまされることではないと思うのですが。

Audience

さて、吹田でのガンバ戦の続きです。




Grass

試合中から気になっていたのですが芝がかなりめくれていました。
六反選手が芝を埋めるためにプレーが中断するシーンもありました。
おそらく屋根による日照不足、風通しの悪さが影響しているのではないでしょうか。
日本の気候とサッカー専用スタジアムの切っても切り離せない関係だと思います。日本独特のサッカー専用スタジアムを考える必要があるのではと素人ながら思いました。



Chris

試合ですが、後半に入りクリスが負傷。




Dou1

ドウグラス選手、遂に登場。




Dou2

いきなりのゴールはすばらしかったです。




Dou3

しかもエスパルスゴール裏の目の前。




Dou4

この後に向かった先は通訳さん?




Dou5

神への感謝




Dou6

スタンドへも挨拶。




Add1

アディショナルタイムは妥当でしたが、長く感じました。




Score

個人的観戦では5月以来の勝利。




Fuji

翌日は北海道に戻りましたとさ。
(写真は富山湾上空からの富士山)

| | コメント (0)

«ガンバ大阪戦遠征記(前半)