明日は浦和戦

30周年記念マッチ前に記事を書いてからずいぶんと日が経ってしまいました。
その30周年記念マッチの様子の公式動画が昨日アップされましたが、清水の逆襲おじさんももれなく映っていました。
どこでも出てくるんですね、このおじさん。

さて国立の後ですが私はどうしていたのかと言えば
7月6日 午後休 羽田→伊丹→ノエスタ→関空(泊)
7月7日 関空→羽田→何事も無かったかのように定時出勤
7月10日 三島→豊スタ→三島
7月11日 何事も無かったかのように定時テレワーク

なお、この間には谷本さん、井上さんをはじめとした審判員各位とはピッチチェック時にお会いすることができました。
それにしても豊田スタジアムの審判入場口が何回行ってもいまだもって謎です。

そして明日は泣く子も黙る浦和戦です。
Bouryoku 両チーム関係者ともによろしくお願い致します。

でも下部と化しているからなあ、あちらの運〇さんは心配です。

リカルド対決、ビルドアップ対決、そしてマナー対決。



そして予想される主審候補は以下の4名になります。
①飯田さん
②荒木さん
③笠原さん
④西村さん
いずれの方も今季どちらかのチームのリーグ戦を担当されていない方々になります。

明日はどうやら4月29日の試合を彷彿とさせるような豪雨予報です。時間20ミリなので土砂降りになります。
ハッキリ言って時間雨量が20ミリというのは日頃の私の仕事と同じで無茶降り状態です。
防水対策を万全にしても、濡れることも覚悟しなくてはなりません。

どちらさまもご安全に。そして良い結果がついてくることを祈願しています。

| | コメント (1)

明日は国立ですが審判の方々へ、そしてセレッソ戦遠征記

アビスパ戦前→ブログ更新→ホーム初勝利
セレッソ戦前→ブログ放置→勝利を逃す

明日は30周年記念マッチなので、

ブログを更新しないと勝てない

というジンクスがあるため急遽ブログを更新します。

まずは、明日担当の審判の方々へ。

明日の私のポジションはメインスタンドホーム寄りになります。
おそらくインスペクションはピッチ内イベントの関係で早くなることが予想され早めにスタンバイしていますので、可能ならば撮影へのご協力お願いいたします。ゲーフラ掲げて待っています。某セレモニーも把握しています。

さて、審判ネタの続きでセレッソ戦の主審は今村さんでした。
Imamu1 この時点で私がスタンバイしているのがわかったようで手を振ってくれたわけですが。




時間があったので5分程度お話をしました。

天皇杯もあったので暑さの中の大変さなどをお話。
その後、手荷物検査に移りました。

Imamu2_20220701052801 こちらキャリーにつけていたホイッスル。

アディダス(上)とヤスダ製。
ヤスダは笛も製作していたのですね。審判の先輩からいただいたものだそうです。

Imamu3_20220701052801 こちらは小物類。
お守りが気になりましたが、グリーンカードについても質問しました。



Imamu4_20220701052801 入場前にいつもご対応ありがとうございます。




Imamu5_20220701052801 そしてインスペクション時の副審の唐紙さんと。




Cere その後ピッチにはいつのまにか結成されたセレッソガールさん。
実は試合後にツイッターで思わぬやりとりがありましたがその件は後日。



Pape_20220701052801 場内パぺパル。




Jal2_20220701052801 前後しますが、スタジアムへは往路はJALを利用しました。




Cup ドリンクサービス時のカップについていたカード。
なんだか秘め事のやりとりのようにも妄想した親父です。



Jal_20220701052801 JALを利用した目的の一つ、30周年記念ユニフォームの撮影。




ということで、明日の30周年記念マッチはこちらのユニで観戦します。

これで明日は勝てるでしょう。

| | コメント (0)

勝てばいいというものではない(パぺパル心の叫び)

Winner 昨日の勝利、中川絵美里さんをはじめエスパルスサポーターのみなさまおめでとうございました。

 


さて、タイトルが心穏やかでないものになってしまいましたが、

パぺパル「おいおい、自分の失態を置いておいて心穏やかでないってなんだよ!」

パぺパル「心穏やかでないのはこちらのセリフだよ」

さかた「返す言葉もありません」

Pape1_20220619214201 というのも昨日は出発前に雨対策用意万端のパぺパルを車(の屋根)に乗せ写真撮影後、意気揚々と三島を出発しました。

そしてアイスタの駐車場に着きパぺパルを取り出そうとすると

 

さかた「あれ?ない!」

絶賛低下中の記憶をたどると

さかた「あちゃー、やっちまった。パぺパル車の屋根の上に置いたまま発車してしまった。」

ということで慌てて三島までUターン。
Etc東名は工事をしているので新東名を使うのがベター、という鋭い思考が働き(もっとも鋭ければパぺパルを忘れるようなことはしないですが)ご覧のような時間でパペパルを救出(と言っていいのか?)清水~三島を往復し、事なきを得ました。

パぺパル「事はたくさんあるだろ!だいたい皆心配していたんだぞ。」

パぺパル「さかたさんの姿を見かけたのにパぺパルが無い!?またあの悪夢か?とか」

パぺパル「さかたさんはどうでもいいけどパぺパルが心配で、とか」

ご心配をかけたみなさまに深くお詫び申し上げます。

Pape2_20220619214201 しかし最近、忘れ物が多い自分なのですが、昨日はめでたくエスパルスが忘れずにホーム勝利をお届けしました。

お後がよろしいようで。

パぺパル「全然よろしくないぞ!」

| | コメント (0)

ご無沙汰からのリーグ戦再開

なんと今年初投稿でございます。
みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は職場では北海道生活とは真逆で日々 「給料の三倍働かされています」by隣人のover60同志

この無投稿期間に何をしていたのかというとリーグ戦ルヴァン杯についてはホームの川崎戦以外は参戦しました。

先週のアイスタの草刈りも夫婦で参加しました。

さて、柏戦敗戦、天皇杯初戦大勝後の中断期間に日帰りで北海道に行ってきました。

目的はこの時期にしか開放しない平取(びらとり)町の野生のすずらん群生地へ行くことでした。
北海道時代には行こう行こうと思っていたのですがエスパルス遠征などもあり実現せず。意を決して今年の開放最終日の6月5日に新千歳経由で行ってきました。

Abira2 平取に行く前に立ち寄ったのがこちらの安平(あびら)町の菜の花畑。




Abira1 滝川が有名ですが、こちらの安平も壮観でした。




Abira3 まだ道民にもあまり知られていないようで、本州なら大混雑しそうなところが人がまばらで景色を堪能できました。
コロナが明け大陸から人が押し寄せてくると静かな鑑賞はできなくなると思います。



Biratori1 そして目的の平取町へ。かつて登った名峰「幌尻岳」のふもとにすずらんは咲いていました。




Biratori3 開放日の設定はすずらんの花が雑草で見えなくなる時期よりも前にしているそうです。




Biratori2




Kanzou_20220618081801 エゾカンゾウも咲いていました。




Chou 久しぶりに見た北海道の蝶。
エゾスジクロチョウなのか不明。



何はともあれ すずらんの花言葉は「幸福のおとずれ」。

きっと今日はエスパルスサポさん達に幸福がおとずれてくれることでしょう。


あっ、今日の主審の予想ですが、谷本さんのような気がします。知らんけど。

| | コメント (3)

更新していない間に残留争いに巻き込まれ

すっかり秋が深まってきましたね。
前任地の北海道では冬タイヤに履き替えた、という便りが届いています。

8月に更新して以来すっかりご無沙汰しておりました。

それもこれも東京の職場のストレスの塊のような環境に心がすり減っているからで。
ろくに「おはようございます」の挨拶もできない職場に辟易としています。
北海道の職場が恋しいです。

さて、愚痴もほどほどにこの間何をしていたのかと言えば、緊急事態宣言が解除になりアウェーも行くようになりました。
当然審判の方々との交友も深めているのですが、この2ヵ月での審判ネタのトピックスといえば

①笠原主審 大成長
②佐藤主審 ベトナムで大人気でなぜか私のツイッターのフォロワーにベトナム人多数
③村井副審 お茶目だけどボールボーイには丁寧な声掛け
④飯田主審 福岡で勝利のレフェリーだったけれど等々力では再現ならず、というかこの1試合おいて再びエスパルス戦って
⑤谷本主審 問題ないレフェリングだったのに負けたストレスを向けられて
⑥今村VAR アイスタのVAR車の前でばったり遭遇するも私に「何その恰好!」ってオレンジのカッパはハロウィンではないです
⑦赤阪副審 (さかたさん)福岡戦の映像見ましたよ
⑧全員 血液型調査ってなに?

そして今回は職場での安全ニュースの原稿を八木さんネタで執筆しましたのでご紹介します。
それがこちら。
Photo_20211026133801

ということで思い込みはエラーを招きます、という内容でした。

| | コメント (0)

ご無沙汰ですがガンバ大阪戦観戦記その1

すっかりご無沙汰でした。その理由は
①東京の勤務がまったくもってつまらなくテンションだだ下がり
 (自然が無い時点で予想はされていたことですが)
②単身赴任時代のような時間がなくなった
 (朝4時に起きようものなら・・・・)

そんなこんなですがエスパルス観戦はビジター席設置があればアウェーも行っています。

そんなところに20年以上お付き合いしていたエスパルスサポーターの知人が61歳の若さで亡くなった訃報が飛び込んできました。

ますますテンションは下がりましたが、以下、ガンバ戦の審判ふれあい編です。

そういえばこの試合前にオフィシャルからオレンジウェーブとのスタジアムでのふれあいは自粛していただくようお願いがあったようです。
私はまったく知らなかったのですが、数人の方から

「あのオフィシャルの告知はさかたさんのふれあいの影響じゃないの?」

とあらぬ疑いをかけられてしまいました。
ちなみに私はピッチ上のオレンジウェーブさん以外とはほとんど触れ合っておりません。

さて、久々の観戦記ですが、まずは審判編から。
Ref5_20210815224901 この日の審判団リストです。

こともあろうに福島さんのお名前が間違っていました。


Ref6_20210815224901 従いまして十数分後に訂正版を表示しました。
珍しい光景を撮ることに成功しました。



その審判団ですが、この日は平日でお仕事を終えてから駆けつける審判が大半で、6人がバラバラに入場。
Ref2_20210815224901 まずは四審の上原さんが来場。
上原さんはこの翌日は駒場で四審を務められました。



続いてこられたのは

「こんにちは~」
なんと背後から声をかけられました。
谷本さんでした。

「エスパルス戦(アイスタでの主審)3試合目ですか?」

「今日はVARです」

Ref1_20210815224901 という会話をしながら主審の福島さん達を待っての写真撮影。

左から福島さん、川崎さん(バック副審)、谷本さん。

谷本さんはいつもカジュアルなファッションです。

Ref3_20210815224901 続いてこられたのは地元静岡の唐紙さん。
唐紙さんは本日の豊田でもAVARを務めていました。

「A型は副審に向いているんじゃないですかね」

とおっしゃっていましたが^^;

というのも絶賛審判血液型調査を実施中なものですから。

Ref4_20210815224901 最後に来られたのは私と同じ血液型だった山内さん。

眼鏡はコロナ対策ではなく通常の使用のものだそうです。


こうして審判と触れ合ってから試合観戦にのぞみました。

| | コメント (0)

書けというので審判ネタで書いた原稿

ご無沙汰です。

東京の職場で安全をテーマに原稿を書いてください、というので審判さんをネタに書いたものです。

審判のみなさま、Jのみなさま不適切な表現あればご一報ください。
(お金が絡む原稿ではありませんし、印刷や配布されるものでもありません。)

Sakata_file






ダウンロード - e5ae89e585a8e8a19be7949fe3838be383a5e383bce382b9.pdf

 

| | コメント (0)

ルヴァンカップPO(カシマ遠征記&審判編その2)

すでに1週間近く前のことになりますが、2年ぶりのカシマ遠征記です。
2年前はコロナのコの字もないGWの大渋滞の中行ったわけですが、今回は渋滞はなく快適なはずが何を間違えたのか都心に入ってから東関東自動車道に向かうはずが常磐道経由というタイムロスをしてスタジアムに着きました。
それでも1時間のロスで済みましたが。
P6063865 いきなりですが、こちらがこの日の観客数です。
なにもないよ
という語呂合わせになりますがそんなことはなく


P1330031 お目当てはセイコーマートでした。
そう、道民の胃袋であるセイコーマートが鹿島にはあるのでした。



P1330034 勝利の代わりのお土産です。




Kasimast 話をスタジアム内に。
この日は最後段にしました。



P1330013 パぺパルはこちら。

どこかのドームと設置に関しては違い寛容です。
どうもありがとうございます。

P1330023 試合前までは雨が降っていたので被り物で対応。




P6063871 試合が終わるころには陽も差し込んできました。




P1330028 さてこの日の審判団です。




P1330022_20210612163601 フィールドインスペクション時。
VARがないので一同介して捕まえられました。
右から八木、今村、森川、酒井の四氏。
どうもありがとうございました。

この時の会話ですが

今村さん「(北海道から)静岡に戻ってこられたんですよね」

さかた「はい」

なぜ転勤を知っていたのか^^;

さかた「八木さん、ツイッター見てますよ!」

八木さん「あれ、私じゃないですから」

え~、偽物だったのか。

とコミュニケーションをとって試合にのぞみました。

P6063832 試合ですが、激しいプレーはあったもののダーティーなプレーはなく、試合のマネージメントは良好だったと思います。




P6063843 こういう場面もありましたが、注意は適宜行っていましたので、試合はスムーズに流れていたかと。
それよりもこの写真がケガをする直前の義宜選手の最後の姿になろうとはorz



P6063853 選手とのコミュニケーションも随所に。




P6063834 飲水タイムですが、カシマではアイスタのダイドーさんのようなスポンサーはついていませんでした。




P6063837 前半の今村主審の給水。




P6063841 前半の森川副審。

鹿島のボトルはPO第1戦でも紹介した通り小さな容量でした。


P6063863 こちらは後半の飲水タイム時。




P6063820 八木さん。




P6063872 アディショナルタイム掲示の酒井さん。




P1330017 スリッピーなピッチ上でのレフェリングお疲れ様でした。

ところで試合前にノンアルで一人乾杯をしたのですが、こちらのカップは残念なことにリサイクルしないシステムでした。
ケチをつけるつもりはありませんが、せっかく印刷までしてあるカップなのでもったいないかと思いました。

| | コメント (0)

トーナメントなのでまずは結果オーライか

昨日エスパルスから

来週の月曜に日本平で練習公開しますよ

という発表がありましたが、1週間も切った状況では有休をとれるはずもなく、親族を殺すわけにもいかず泣いています。

さて、水曜の天皇杯は
テレワーク→午後休
という3週連続パターンで観戦しました。

E3grrxcvcaodc5s まずは皇帝ノリさんこと鈴木義宜選手のケガの回復祈願ということでショップに立ち寄り




E3grtsvuyae0l4y 皇帝マスクを購入。

自分が使うわけではなく


E3grv84uuag5oo6 こちらの方に使ってもらいました。
今季の残りはこれで行きます。

待ってますよ、義宜選手。

P1330083 さて、試合に先立ちアントニーニョ元監督の訃報が映し出され
黙とうがありました。

しかし、PO第2戦でなぜ喪章をつけなかったのか疑問が残りますが。

P6093972




P6093974




P6093979




P6093978 働き方改革に逆行して残業を覚悟した矢先の原選手のゴールでした。




P6094040 福山シティFCの方々お疲れ様でした。




P6094053 試合後には小谷野監督がイバンコーチとお話。




P6094057 ヴェルディ時代にロティーナ監督も含めご一緒だったそうです。




P1290396 どうにかこうにか次に進めましたが、迎えるのはこちらのチームです。
たぶん数多いエスパルスサポーターの方々でもこちらの盛岡まで観戦に行った人は私くらいじゃないのかと^^;

| | コメント (0)

ルヴァンカップPO(審判編その1)

またまた更新をさぼっているうちに
William_matheus マテウスは退団



Anton1 アントニーニョ元監督は死去

(そういえばカシマでの試合は喪章はつけなかったのですね)


P6063846 そしてアウェーでの第2戦では皇帝鈴木選手が頭蓋骨骨折、中村選手も全治6週間のケガ




と何かに取りつかれたような事態が頻発しています。
アントニーニョ氏の死去にはお悔み申し上げるとともに、ケガのお二人には完治できるよう祈願しています。
何卒あせらずに。

そのようなこのプレーオフ期間でしたが、
審判編ダイジェストを。

Nakamu まずは第1戦の主審をつとめた中村さん。
平日開催でしたので本業を終えてから一人でご来場。
お疲れ様です。


P1320961 そしてインスペクション時の審判団。
右からバック副審の赤阪さん、
主審の中村さん、
メイン副審の武田さん、
そして四審の野田さん。

Ref1_20210608175301 野田さんだけ場外で捕まえられず、その件を問うと

「(私を)避けました」

おいっ!

P6023855 入場前の中村主審。




P6023872 キックオフ




P6023926




P6023937 この試合はコミュニケーションとマネージメントが良く、その表れが無警告試合だったと思います。




P6023915 特に適宜試合を止めて




P6024001 ドロップボールを入れていたのは秀逸だったと思いました。
(=無用な試合を止める笛ではなかった)



P6023955




P6023928 そして落ち着かせるジェスチャーや表情がよかったと思います。




P6023889 こちらはバックの赤阪副審。

日本平は一昨年以来かも?


Aka_20210608175201 その赤阪さんですが

「インプレー」などの声がよく聞こえました。


P1320989 飲水タイム時には




P1320990 このように散乱したペットボトルを整理してから




P1320991 飲水をはじめました。




P1320994 紳士たる副審でしたが、観察していると多くの副審が行っているような気もしないでもなく。

さすがです。


P6024049 そしてこちらはメインの武田副審。




審判団の方々、ナイスレフェリングありがとうございました。

こうして第1戦の審判団を見た後の第2戦はアウェーの地鹿島だったので、触れ合えることができるか不安だったのですが

P1330022 無事にお話をすることができました。

(つづく)

| | コメント (0)

«ルヴァンカップPO第1戦観戦記(田子の月さんは頑張ってどうにかこうにか、の巻)