ご無沙汰です

ご無沙汰です。1年ぶり?の更新になります。
この間いろいろとありましたが、ざっくり割愛。

Mago2 エスパルス関連では昨年アイスタデビューした孫の観戦勝率がすさまじく水戸戦を終えて
5勝無敗1分(1分はPO準決勝)1失点
ということになっています。


職場は相変わらずの東京勤務で何の変化もありません。

強いていえばフロアの半数以上を占める女性陣と自称仲の良くなった還暦もとっくに過ぎたオヤジになっています。

H1 ところで4月末にその北海道出張があり前々任地の空知地方の神社に立ち寄りました。
なお、助手席には誰も乗せていません。
目的はエゾエンゴサク(水色)とカタクリ(紫)の花咲く中でのエゾリス撮影です。


H3 この時期にしか咲かない花で、北海道在住時は静岡に帰省していたため撮ることができなかった光景です。




H4 100枚以上撮りましたが、なかなか厳選できず適当にアップします。




H2

まあ、それなりにメルヘンチックに撮れたので職場のデスクトップの壁紙にしたところ若い女性陣からは「かわいい~」好評だったのですが、某女史からは

「騙されていますよ」

と釘を刺されるようなコメントをいただくはの

そんなこんなで今日もいじられに出社すると言っても過言ではありません。

| | コメント (1)

熊本遠征記(空港からスタジアムまで歩く編)

ずいぶんとさぼりましたがブログ更新の熊本遠征記です。

今回は30年ぶりに熊本空港に降り立つことになりました。

というのも2016年の前回の遠征時はまだ北海道にいたため利用したのが

新千歳→福岡の直行便、そして福岡→熊本は陸路だったためです。

そのような状況でしたので初めての熊本空港からスタジアムまでどのようにして行けばよいのか調べたのですが、地図の道路状況を見ると直線距離で一番近いルートが徒歩であることが判明しました。

乗り換え時間等を考えると徒歩90分がどう考えても早い(除くタクシーorレンタカー)ので一念発起歩くことに決めました。

このジジイの決断に際し、多くのご心配をいただきこの場を借りて御礼申し上げます。

段取り8分ということでネットやSNSで過去の記録を調べました。好き者(チャレンジャー)はいるもので数名歩いている方がいました。ただスタジアム→空港の人だけで、まだ空港→スタジアムの人はいないようでしたので、初めてが大好きおじさんは俄然やる気を出してきたのはここだけの話です。

以下2023年6月11日のレポートになります。

Ca_20230613051901

羽田→熊本はJALグループのJ-AIRが運航、4月入社の訓練生(中央)も含め客室乗務員3名体制でした。


 

Map_20230613052201

こちらが阿蘇熊本空港からえがお健康スタジアムまでのルートになります。このルートでスタジアムに向かいました。

 

R2_20230613052201

熊本到着。

 

 

R1_20230613052201

いざ、出発!

 

 

R3_20230613052201

玄関を出て右手をひたすら歩きますが、すぐにタクシー待機場(お客さんを待つのではなく業務上待機)にぶつかります。ぶつかったら柵沿いの道を歩くと信号機のある交差点に出ます。この写真はタクシー待機所を過ぎたあたりからです。

この交差点、左右の往来はかなりありますが、正面の自衛隊に向かう道に入る車は1台もなく、このまま緑豊かな道を直進してよいのか不安になります。が、そのまま直進。

 

R4_20230613052201

すると右手路肩に駐車している車が出てきました。

 

 

R5_20230613052201

ひたすら突き進むと景色が自衛隊らしくなってきます。

 

 

R6_20230613052201

自衛隊の証。

 

 

R7_20230613052201

レーダーも出てきます。

 

 

R8_20230613052201

レーダーを通り越すと道は二股に。左手の道に入ります。

 

 

R9_20230613052201

右カーブし進とT字。

ここは左折します。

この手前でキツネと遭遇しましたが、女性と同じく逃げられました。余分なコメントでした。

R10_20230613052201

ここからしばらくは木々の中の道。

 

 

R11_20230613052201

右手にはゴルフ場。




R12_20230613052201

竹の子取りの車。合法的なのでしょうか?

一応ナンバーの写真撮ってあります(^^;

 

R13_20230613052201

しばらく歩くと道は緩やかに右手にカーブし下ります。

 

 

R14_20230613052201

右手に道明神社の鳥居。

 

 

R15_20230613052201

階段を登り必勝祈願しましたが、虫が多く長居できませんでした。

 


R16_20230613052201

道明神社を過ぎるとようやく森から出て虫ともお別れ。この時期は虫除けスプレー必携です。ちなみに私は持ち合わせていなかったので格闘しました。

 

R17_20230613052201

森から出てきたところを振り返り。

 


R18_20230613052201

こちらマルハを目指しますが、この建物の右手側道が正解ルートになります。住宅街で道がわかりずらいのですが、この建物の右手にファミリーマートがありますので、ファミマとマルハの間の道、と覚えておきましょう。ってこれから歩く人いるのか知りませんが。

私は正面に見える建物を左方向に行ってしまい、ロアッソファンの農家の人に声をかけてもらい救われました。

「ここまでで(空港~スタジアム)約半分かなあ」

とのことでした。
この方もこの日の試合を見に行くとのことで、乾欠場の噂あり、とお伝えしたところ、

「権田は出ますか?」

と聞かれて大丈夫な旨をお伝えしました。
励ましのお言葉ありがとうございました。

R19_20230613052201

マルハの側道に入ったところから振り向いたところ。

 

 

R20_20230613052301

こちらは進行方向。

平坦な道が続きますが、歩道はありませんので車の往来には気をつけましょう。

 

R21_20230613052301

右手の田園風景。懐かしい北海道は十勝を思い出させるトウモロコシ畑でした。

 


R22_20230613052301

そして進むと片側2車線の国体道路と交差しますので、左折しましょう。

 

 

R23_20230613052301

あとはひたすら国体道路の歩道を歩きます。途中、免許センターなどもありますが自販機は全くありません。途中のファミリーマートが唯一の水分補給&トイレのある場所になります。

 

1時間半歩いて到着しました(完)

| | コメント (0)

J2再参入の要因を回収した の巻

3日坊主とはよく言ったもので2週間近くぶりの更新になります。

Jal0_20230215150101 昨日はバレンタインデーでしたが、みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか。

写真は2023年バージョンです。


さて、昨年の成績が悪かった最大の要因はただ一つ、それはパぺパルの体内に納めていたお守りをシーズン中に紛失しまったことです。

このブログで何回か紹介しましたが、降格のピンチ直前に幾度となくお願いに行った函館の湯倉神社のお守りが無くなったことがすべてでした。

Hako0 今季はこのようなことにならないように、そして昇格を祈願するためにクリスマスイブに函館に行ってきました。




Jal1_20230215150101 もちろんJAL利用です。




Hako1 こちらが湯倉神社。
湯の川の近くにあります。



Hako3 撫で兎も有名です。




Hako2 この中から2つほど選びました。




何を選んだのかは失念。

Hako4 こちらが今季のお守りになります。




Hako5 さあ、今週末からこちらモードです。


| | コメント (0)

慢心

選手、スタッフに慢心はないと思いますが、今年のチーム編成を見てサポーター各位には慢心の芽が出て来ないか心配しています。

以下、ネットから慢心という言葉の意を拝借しました。

誰もが多かれ少なかれ陥る「慢心」の心、「慢心」の意味は驕り高ぶり、謙虚さを失うことです。思いあがるとかうぬぼれるという言葉や過信する、傲慢なども同じような意味で使います。

「慢心」と同じ意味を持つ言葉や言い回しはたくさんあります。共通する意味は、自らに対する過信です。「思い上がる」「調子に乗る」「いい気になる」「図にのる」「驕り高ぶる」「うぬぼれる」「威張る」「偉そうにする」などがあります。

総出でエスパルス潰しにかかるJ2リーグ。
覚悟してのぞみたい今日この頃、私はこれからJ1に入れ違いとなった新潟出張(新潟市よりも雪の多い中越地方の現場)でございます。

| | コメント (0)

2月になりました

前任地の北海道は記録的な寒さが続いているようですが、みなさまおかわりないでしょうか?

今日はめでたく権田、サンタナ、松岡の三選手がエスパルスと契約、これで今季J2にのぞむメンバーが揃いました。

昨日は一足早く2023年のJリーグ審判員の発表がありました。今季J2の舞台にのぞむエスパルスはJ1ではあまり担当されない審判の方々にも笛を吹いていただくことになります。岡さん、上村さん、高山さん、窪田さん、吉田哲さん、三上さん、そして先立さんにお会いできそうで今からワクワクしています。そして山下さんも。

J1メインの方々もあわせて今季もよろしくお願い致します。

1893976_qszsxvp0

| | コメント (0)

すっかりご無沙汰でしたが生きていました

最後の更新が9月、その後エスパルスは1つも勝てずにJ2に参入することになりましたが、みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は公私の私の方がいろいろとあり、加えて本業も現場と違い全くもって面白くないホワイトカラーの管理間接部門で意気消沈しています。

今季J2参入のエスパルスですが、Jリーグ関連のそれ以外の個人的注目ニュースとしては

谷本審判員見事プロフェッショナルレフェリーに、そして佐藤隆司審判員勇退

がトップニュースになります。

Ref_20230130114701 谷本さんと言えば一昨年はよくアイスタに来ていただきました。
審判待ちをしている私に谷本さんから声をかけていただき、他の審判員が来るまで2人でよく話をさせていただきました。
その時からプロ(PR)になることを目標にしていることは言葉の端端から伝わってきており、PRになられたことは自分のことのように嬉しいニュースでしたby上から目線
(写真はアウェー神戸戦 左より昨年はよくお会いした浜本副審、谷本主審、エスパルス戦初担当だった竹長四審、ノリさんこと鈴木副審:ビジター側ゴール裏に参集していただき上から撮りました。結果的に上から目線?)
Jリーグではここで取り上げた審判員は翌年はエスパルス戦は担当させない
という審判日程くんがあるようなので、2023年シーズンの谷本さんのエスパルス戦での担当はまず無い
と思っています。これで開幕戦の水戸戦の主審が谷本さんだったらビックリです。
その代わりに面識のない女性審判員の山下さんの担当が数試合あるのではないかと睨んでいます。

佐藤さんは突然の引退でビックリしました。カタールW杯の落選も驚きましたが。
エスパルス30周年記念試合となった国立での試合の担当はまだ記憶に新しいところです。
その後もどこかの試合でお会いしていますが、若年性(若くはない)痴呆で忘れてしまいました。
第二の人生でのご活躍を祈念しております。

Kagoshima1_20230130114701 さて、エスパルスは現在鹿児島でキャンプ中ですが、今年の私はキャンプ見学には行けませんでした。
その代わりに昨年12月のクリスマスシーズンに出張で一足早く鹿児島空港を利用しました。
キャンプ期間とは雰囲気の違う鹿児島空港です。


Jal1_20230130114701 もちろんJALを利用しました。




Jal2_20230130114701 JALのカウンターもこのように。




Kagoshima2_20230130114701 鹿児島空港は昨年50周年を迎えたそうです。







ということで今年の鹿児島デーは勝てますように。

| | コメント (0)

広島遠征記

またまたすっかりご無沙汰でした。

早速ですが、先週、今年2回目の広島に行ってきました。
Pape1_20220910021401
前回はこちらルヴァンカップの予選リーグ。
雨の中での勝利でした。


パぺパルの下に2匹目のドジョウがいると信じて行ったわけです。
スタジアムに到着すると約束もしていないのにアウェーでは味スタ以来となる静岡某局勤務のY氏と遭遇。
ちなみに近い間柄のエスパ女史から我々は煩悩コンビと呼ばれています。
そのY氏から 「さかたさんに会えなくてブログ更新がなく寂しい」と言われたので湘南戦当日にもかかわらずこうして更新することになってしまいました。

今の東京の職場では

「さかたさんはいつもやる気がないように見えるけれど、やる時はやるんですね」

と言われており(本人解釈)、今晩はその言葉を噛みしめて書いています。

さて、エディオンスタジアムは審判追いかけ組にはかなり難易度の高いスタジアムでありまして、審判はタクシーで乗り付けてすぐに関係者入り口から入場してしまいます。
これまでの反省および声出し自粛の状況を鑑みて今回はゲーフラおびき寄せ作戦に切り替え、審判さん達を待ちました。

Ref1_20220910021401 その結果の一部がこちら。
右が主審の福島さん、左は四審の中井さん。

福島さんは 「前回(←いつのことか覚えていないのですが)撮ることができなかったので」と言いながら近くまで寄ってきてもらいました。
ありがとうございました。
川崎さんや小屋さん達も撮りましたが、今回は割愛。
それにしても昨年の天皇杯の岩手あたりから小屋さんとよく遭遇します。

Ref2_20220910021401 ピッチチェック時は副審の川崎さんと寄ってきてくれましたが、写真でもわかるように大粒の雨がこの時から降ってきてしまいました。
実はホーム側から降り始めて、福島さんがそのホーム側を指さして「降ってくるよ」と教えてくれた直後のできごとでした。


Pape_20220910021401 パぺパル撤収をする時間もなく濡れてしまいました。

すまん、パぺパル。


Respect_20220910021401 9月はリスペクト・フェアプレーデイズ月間ということで、月始めの今節にはセレモニーが試合前にありました。




Respect2 ちなみにこの両チームキャプテンの宣誓は毎年行われていますので、みなさん、覚えておいてください。




Respect3 残念ながらアイスタではこのセレモニーは昨年に続き今年はありません。
以前は全チームのホームで行っていたのですが、近年は1節のみ対象となったようです。



試合中の写真はほぼありませんが、
Fuku1 VARレビューの時だけは貴重なので撮りました。
まずはイエローでしたが、即



Fuku2 レビューが入りました。




Fuku3 VARと交信中




Fuku4 判定!VARジャスチャー後に




Fuku5 レッドに更新。




Kawa こちらはVARレビュー中に大画面を見る副審の川崎さん。




Hiro1 試合が終わりホテルに駆け込み濡れたグッズ類を乾燥しながら寝ました。




Jal1_20220910021301 一夜明け広島空港から空路で帰宅。




Jal2_20220910021301 途中、富士山が見えました。

CAさん「三島からだと近いから綺麗に見えるのでしょうね」

さかた「南側なので宝永火口が山肌にあってどうなんでしょうね」

CAさん「少し離れた方が綺麗に見えるのかもしれませんね。私も少し離れるとどうでしょうか?」

この切り替えしの言葉が出ず、まだまだ修行が足りないと思った空の旅でした。

そして旅の終わりにパぺパルに幸運を注入してもらいました。

Jal3_20220910021301 パぺパルをもっているのは沼津出身の〇▲さん(かつて東海道新幹線のCMに出ていた〇▲絵里さんと同姓)

(当然)エスパルスファンでした。

めでたし、めでたし
Jal4_20220910021401 で預けていたゲーフラポールがターンテーブルに出てきたので見てみると




Jal5_20220910021401 釣り竿にはよく間違えられますがゴルフクラブは初めてでした。

以上、広島遠征記でした。

次回更新はまた数か月後かも。



PS.今日の主審は御厨さんのような気がします。

| | コメント (2)

明日は浦和戦

30周年記念マッチ前に記事を書いてからずいぶんと日が経ってしまいました。
その30周年記念マッチの様子の公式動画が昨日アップされましたが、清水の逆襲おじさんももれなく映っていました。
どこでも出てくるんですね、このおじさん。

さて国立の後ですが私はどうしていたのかと言えば
7月6日 午後休 羽田→伊丹→ノエスタ→関空(泊)
7月7日 関空→羽田→何事も無かったかのように定時出勤
7月10日 三島→豊スタ→三島
7月11日 何事も無かったかのように定時テレワーク

なお、この間には谷本さん、井上さんをはじめとした審判員各位とはピッチチェック時にお会いすることができました。
それにしても豊田スタジアムの審判入場口が何回行ってもいまだもって謎です。

そして明日は泣く子も黙る浦和戦です。
Bouryoku 両チーム関係者ともによろしくお願い致します。

でも下部と化しているからなあ、あちらの運〇さんは心配です。

リカルド対決、ビルドアップ対決、そしてマナー対決。



そして予想される主審候補は以下の4名になります。
①飯田さん
②荒木さん
③笠原さん
④西村さん
いずれの方も今季どちらかのチームのリーグ戦を担当されていない方々になります。

明日はどうやら4月29日の試合を彷彿とさせるような豪雨予報です。時間20ミリなので土砂降りになります。
ハッキリ言って時間雨量が20ミリというのは日頃の私の仕事と同じで無茶降り状態です。
防水対策を万全にしても、濡れることも覚悟しなくてはなりません。

どちらさまもご安全に。そして良い結果がついてくることを祈願しています。

| | コメント (3)

明日は国立ですが審判の方々へ、そしてセレッソ戦遠征記

アビスパ戦前→ブログ更新→ホーム初勝利
セレッソ戦前→ブログ放置→勝利を逃す

明日は30周年記念マッチなので、

ブログを更新しないと勝てない

というジンクスがあるため急遽ブログを更新します。

まずは、明日担当の審判の方々へ。

明日の私のポジションはメインスタンドホーム寄りになります。
おそらくインスペクションはピッチ内イベントの関係で早くなることが予想され早めにスタンバイしていますので、可能ならば撮影へのご協力お願いいたします。ゲーフラ掲げて待っています。某セレモニーも把握しています。

さて、審判ネタの続きでセレッソ戦の主審は今村さんでした。
Imamu1 この時点で私がスタンバイしているのがわかったようで手を振ってくれたわけですが。




時間があったので5分程度お話をしました。

天皇杯もあったので暑さの中の大変さなどをお話。
その後、手荷物検査に移りました。

Imamu2_20220701052801 こちらキャリーにつけていたホイッスル。

アディダス(上)とヤスダ製。
ヤスダは笛も製作していたのですね。審判の先輩からいただいたものだそうです。

Imamu3_20220701052801 こちらは小物類。
お守りが気になりましたが、グリーンカードについても質問しました。



Imamu4_20220701052801 入場前にいつもご対応ありがとうございます。




Imamu5_20220701052801 そしてインスペクション時の副審の唐紙さんと。




Cere その後ピッチにはいつのまにか結成されたセレッソガールさん。
実は試合後にツイッターで思わぬやりとりがありましたがその件は後日。



Pape_20220701052801 場内パぺパル。




Jal2_20220701052801 前後しますが、スタジアムへは往路はJALを利用しました。




Cup ドリンクサービス時のカップについていたカード。
なんだか秘め事のやりとりのようにも妄想した親父です。



Jal_20220701052801 JALを利用した目的の一つ、30周年記念ユニフォームの撮影。




ということで、明日の30周年記念マッチはこちらのユニで観戦します。

これで明日は勝てるでしょう。

| | コメント (0)

勝てばいいというものではない(パぺパル心の叫び)

Winner 昨日の勝利、中川絵美里さんをはじめエスパルスサポーターのみなさまおめでとうございました。

 


さて、タイトルが心穏やかでないものになってしまいましたが、

パぺパル「おいおい、自分の失態を置いておいて心穏やかでないってなんだよ!」

パぺパル「心穏やかでないのはこちらのセリフだよ」

さかた「返す言葉もありません」

Pape1_20220619214201 というのも昨日は出発前に雨対策用意万端のパぺパルを車(の屋根)に乗せ写真撮影後、意気揚々と三島を出発しました。

そしてアイスタの駐車場に着きパぺパルを取り出そうとすると

 

さかた「あれ?ない!」

絶賛低下中の記憶をたどると

さかた「あちゃー、やっちまった。パぺパル車の屋根の上に置いたまま発車してしまった。」

ということで慌てて三島までUターン。
Etc東名は工事をしているので新東名を使うのがベター、という鋭い思考が働き(もっとも鋭ければパぺパルを忘れるようなことはしないですが)ご覧のような時間でパペパルを救出(と言っていいのか?)清水~三島を往復し、事なきを得ました。

パぺパル「事はたくさんあるだろ!だいたい皆心配していたんだぞ。」

パぺパル「さかたさんの姿を見かけたのにパぺパルが無い!?またあの悪夢か?とか」

パぺパル「さかたさんはどうでもいいけどパぺパルが心配で、とか」

ご心配をかけたみなさまに深くお詫び申し上げます。

Pape2_20220619214201 しかし最近、忘れ物が多い自分なのですが、昨日はめでたくエスパルスが忘れずにホーム勝利をお届けしました。

お後がよろしいようで。

パぺパル「全然よろしくないぞ!」

| | コメント (0)

«ご無沙汰からのリーグ戦再開