【重要】パペパルが行方不明に

突然ですが、

昨晩のルヴァンカップ山雅戦に設置したパペパルがいなくなってしまいました。

撤収しようとしたら既にその姿がなく。

お心当たりの方、エスパルスまたはお近くのサポーター、こちらまでご一報頂ければ幸いです。

お騒がせし申し訳ありません。また、ご心配をおかけし申し訳ありませんm(_ _)m

 

出張している場合ではないのですが、今日、明日と岡山へ行くため

只今、新千歳に向かっているところです。

| | コメント (0)

セレッソ戦遠征記(審判編後編)

Tokachi 昨晩、十勝に戻ってきました。




Suzu 十勝が舞台の朝ドラ“なつぞら”。
どうやら朝8時直前のこのすずちゃんのスポットはやはり北海道限定であったことが先日のセレッソ戦前のサポ仲間との雑談で判明しました。



そのなつぞら関連ネタはまた後日ということで。

さて、セレッソ戦審判編の続きです。

はじめに断っておきますが、このブログではジャッジそのものの回答を求めてはいません。
最近の私の審判観戦スタイルですが

エスパルスのファール、正しかったかな?

です。相手へのエスパルス選手のファールがちゃんと取られていたのか、を見るようにしています。
なぜなら、この場合、日本平の観客席では概ね審判へのクレームがあるからです。

「え~っ!」

「なんで??」

ほぼチコちゃん状態になるからです。

相手がエスパルスにファールした場合、悪質なものはクレームがありますが、それ以外はほぼ平穏、とらなかった場合はクレームが出ますが、そちらもできれば見るようにはしていますが、あまり余裕はなく。

Ref5_2 この日の高山主審はちゃんとエスパルスのファールをとっていました。
そして何と言っても高山主審の特徴はその表情、ジェスチャーで選手とコミュニケーションをとっていることです。
同伴者も
「よく選手と話しているよね」
と言っていましたが、コミュニケーションもレフェリングの重要な要素の一つだと思います。

では、試合中の審判の模様です。

Ref1_2 キックオフ間際の無線チェック。





Ref2_2 柿谷選手はよく倒れていましたが、かなり削っていましたからね。





Ref6_2 北川選手が倒れたシーン。味方のボールが当たったようにも見えたのですが、鼻血が出ていたようで、ドクター要請。





Aka2 赤阪副審。

なんとなく初の日本平でのレフェリングが嬉しそうに見えましたが。



Aka1 同じく赤阪副審。





Ref4_2 スローインを指示





Ref7_2 不謹慎ですが、高山主審のジェスチャーは見ているだけでほっこりしました。





Ref3_2 この日はキックオフが東→西だったので、キックオフ時は目の前で主審を見ることができました。





Ref8_2 そしてアイスタ四審の野田さんによるアディショナルタイム。





審判団のみなさま、お疲れ様でした。
また、どこかのスタジアムでお会いできることを楽しみにしています。

| | コメント (0)

セレッソ戦遠征記(審判編前編)

おはようございます。
最高の週末が終わり今日から日常の生活に戻ります。が、GW前に出張をかなり詰め込まれました。
まだ、三島にいます。

今日 三島→埼玉(前々任地)→羽田→帯広→上士幌
23日 上士幌→岩見沢
24日 岩見沢→上士幌
25日 上士幌→新千歳→羽田→岡山
26日 岡山→羽田→新千歳→上士幌(出張ここまで)
27日 上士幌→帯広→羽田→三島

毎日、移動していますので、ブログ更新は滞ることをご容赦願います。

さて、ツイッターではかなりつぶやかせてもらったセレッソ戦の審判編です。

Ref04 この日の審判団はおなじみの面々でした。
バック側副審の赤阪さん以外はもう勝手に気心しれているような感じの方々です。



遠くからスキンヘッドの野田さんの頭が確認できたのでなぜかホッとしました。

日本平の四審といえば野田さん、と勝手に思っています。

そしてこちらのゲーフラを見た高山主審が食いついてきました。

Ref01_1 高山「やあ~、どうも、どうも」

高山「これ(ゲーフラ)が無くっちゃね。撮りますか。」
(近所のおっさん風です)

Ref02 高山「家本じゃあ、撮らないでしょ。」

さかた「いえ、そんなことは」

高山「あいつはやらないな、家本は。」

さかた「撮らせてもらいますよ」

高山「本当?」

さかた「他の審判の方々も」

高山「誰が撮らせてくれます?」

さかた「飯田さんとか」

高山「飯田淳平かあ」

赤阪「淳平さんですね」

実はこの日が日本平デビューとなったバック側副審の赤阪さんは飯田さんの大学の後輩になります。
その赤阪さんは一昨年J3、昨年J2、そして今季からJ1の担当を始めてこの試合が3試合目でした。

Ref1_1 さて、インスペクション(ピッチチェック)が始まりました。




Ref03 スタンドの最前列でも審判ゲーフラを掲げていると高山さんがやってきました。




高山「ひとつ聞きたいことがあったんですが」

さかた「はい」

高山「ジャッジで不穏な雰囲気(=エスパルス不利)になった時に、味方のサポーターから何か言われないんですか?」

さかた「それほどは。でも冷たい視線は感じます」と言ったような気が。

むしろ、ネットでチクチクと刺されることが多いと思います。←とはお伝えできませんでした。

しかし、ピッチチェック時にまさかの主審からの質問で、驚きよりも嬉しく感じました。

Ref2_1 選手ともども審判のウォーミングアップが始まりました。




Ref05 よりによって副審の赤阪さんは目の前で腕立て伏せをはじめました。

初アイスタに緊張をほぐしていたのでしょうか?



Ref3_1 キックオフ前のゴールチェックの赤阪副審。





Ko キックオフ




ということで、今日はこれから埼玉に行くので尻切れトンボになりました。
続きは北海道に戻ってからアップします。

| | コメント (0)

セレッソ戦遠征記(おしながき)

今年初めてエスパルスの勝利の試合に立ち会えました。
では、そこまでの道のりを
①金曜日終業後に帯広空港へ。空港はなつぞら一色
②この日就航を始めたばかりの世界で1機しかない“なつぞら特別塗装機”に搭乗
 (もう、この時点でいいことがある予感あり)
③土曜日アイスタへ
④この日の審判団は鉄板ともいえる副審間島さん、四審野田さん。
 そして主審は近所のおっさん感満載の高山さん、四審はなぜか大学の後輩を知っていたという赤阪さん
⑤そしてトリプルカウンターアタック遭遇

Bench ゴール後に石毛選手のユニを掲げる北川選手





Goal トリプルの一人エウシーニョ選手を祝福するソッコ、ヘナトの両選手





Syuugou 記念撮影





では勝ちロコをどうぞ。



| | コメント (0)

古巣への旅

このブログのココログの調子が相変わらず悪く、昨日は写真がアップできず記事更新を断念しました。
一日遅れでの更新です。

夏らしい気温となった一昨日そしてその前日と出張で岩見沢に行ってきました。

Bokusou_2 十勝では干し草ロールを運搬する光景が見られるようになり春になったんだなあと実感。

目下の悩みは夏タイヤへの交換時期です。



38_1 国道38号線から岩見沢を目指します。
この日高山脈の向こうに富良野があり、さらにその向こうの夕張山地を越えると岩見沢です。
上士幌から概ね200km、3時間半の旅ですが、もう何回も走っているので苦になりません。
もっともドライブ好き好きオヤジなので^^;


Karikachi_3 狩勝峠を越えて南富良野に突入。





その後の道中は割愛。

岩見沢の事務所に着くと

「十勝出張お疲れ様でした」

「あれ、さかたさんの席ないですよ?」

「戻ってきたいのなら席用意しておきますが?」

などなどいじられました。

翌日は寄り道北回りルートを選択。

Tokachi5_3 十勝連峰があまりにも綺麗だったので美瑛に立ち寄りました。




Tokachi6_3 心が洗われる気分。洗えないけれども。





Taisetu_1 こちらは旭川紋別道の層雲峡IC付近からの大雪山。

さすがにまだ軽装では登れる状態ではありません。



Taisetu2_1 三国峠を越えて十勝に戻ってきました。





今日は最終便で明日のセレッソ戦に向けて帰ります。
十勝に来てから初の帰宅です。

| | コメント (0)

十勝徘徊(ナッキー編)

エスパルスがようやく初勝利ということですが、私が十勝で生活を始めてからエスパルスは無敗です。
そして十勝という名から十連勝がいよいよスタートしたのではないのか、と相も変わらぬ脳天気でございます。

Tokachi1_2 そんな十勝を日曜日も徘徊しました。

土日ともに十勝晴れとなり、絶好の観光日和となりました。



Tokachi3_2 十勝からの日高山脈。





Tokachi2_2 同じく。





Huta_1 突然ですが、十勝地方の北海道らしいマンホール。





Tokachi4_2 我が上士幌の日没。





Entrance さて、日曜はこちらの東ヌプカに行きました。
昨年の11月に、もう来ることもないかな、とお別れをしたはずがまさかの登山口まで1時間足らずのところに住むことになろうとは^^;
それはともかく、こちら登山口に着くなり愕然。
まだ、雪山じゃねえか!


Root とはいえ、一応雪山装備で入山。
スノーシューだけは置いてきてしまったのでツボ足。
雪が固かったので潜ることなく歩けました。



Peak 頂上です。





Peak2 十勝平野を望みます。





こんな雪ではナッキーは出て来ないんじゃないのか、と待つこと1時間。
やはり出て来ず、1時間半経ち諦めかけると足下をチョロチョロと動く影。

Nacky5 おまえさん、素足で雪上は冷たくないのか?





Nacky6 お腹がすいているのか草をむしゃむしゃとよく食べていました。




Nacky4 むしゃむしゃ

 

 

Nacky3 私以外に札幌から来たという女性も4時間粘って撮影していました。





Nacky1 今年もおじさんの心をわしづかみにしたナキウサギ達でした。





さて、今日はこれから古巣の岩見沢に早くも出張です。
なんだか里心ついたように思われて恥ずかしいのですが。

| | コメント (0)

十勝徘徊(エゾリス編)

今日は泣く子も黙る静岡ダービーですね。
なんとか浮上のきっかけにしてもらいたいところです。
勝ち点3の結果だけで十分です。
あとは選手もサポーターも節度あるプレーと応援を。

さて、
十勝に住んで1週間になりますが、まだテレビを開梱していません。
完全に無精でございます。

昨日は部屋の片付けもせずに近所を徘徊しました。

車で30分ほどのところにある音更神社に行ってきました。
マニアではエゾリスのいる有名な神社のようです。
先週の北海道新聞の夕刊に載っていて、朝に向かいました。

Risu1 比較的人慣れしているリスたちでした。





Risu2 リス自体を撮るのは苦労しなかったのですが





Risu3 なかなか目的の花とのツーショットは難しく





Risu4 ようやく1匹が花に近づいてくれました。





Risu6 数人のカメラマンも撮っていました。





Risu5 話しているところを聞くと関西弁で、

わざわざ関西から来ているのか

とビックリ。

Risu7 そういう意味では北海道在住は何と恵まれていることか、と実感しました。

前任地の近傍の浦臼神社がそうだったのですが、エゾエンゴサクやカタクリの開花時期にはメルヘンチックな被写体になるのだろうなあ、と思いました。
今年はメルヘン撮影のチャレンジをしようかな。

| | コメント (2)

副業生活は続く

新しい職場に来て1週間が経ちました。
転勤は何回しても最初の数日は環境に慣れないものです。

ということで、名刺代わりに今週はかなりぶっ飛ばして、また所内誌を発行しました。
Paper1 実はこちらへの異動に際し、所長をはじめ所員の間では本業よりもこちらを期待されている、と聞いていたものですから。







Fusen 名刺の記載事項と違いいつの間にか肩書きが編集長になっています^^;





東京、札幌や前任地にも配信していますが、

「着任して1週間も経っていないのに発行早くないか?暇なのか?」

との好評もとい講評をいただきました。

来週から出張続きでGWに突入するので今週がいきなりの勝負の週だっただけなのですが。

さて、週末は山に登ろうと思っていたのですが、今週に入り積雪がかなりあり平地でお茶を濁そうかと予定変更。

みなさま、よい週末を!

| | コメント (0)

十勝生活2日目

本日はルヴァンカップですよね?週末のダービーにつながる結果を期待しています。
そのダービーですが、新居荷物整理やせっかく来た十勝の山に登る為に欠席です。
次回参戦はホームのセレッソ戦です。

Drink 昨晩も50代トリオで飲みました。
寮に飲む施設があるので、どうしても夕食を持ち込んで飲んでしまうわけで。
私は飲めないのでノンアルですが。
(写真右は先輩の、左は私の飲み物)

先輩「北海道の単身赴任は最高だよなあ。もっといたいなあ。さかたが羨ましい。」

さかた「私もそう思います。」

先輩「これからがいい季節だしね。山菜採りに行きたいなあ。」

というとりとめのない話しをしてこの夜も更けていきました。

では、ようやく写真がアップできるようになりましたので、月曜日の岩見沢→上士幌の道中の様子を。

Syokan_2 まずは岩見沢市内から見た最後の暑寒別の山並み。
さらば、岩見沢、来週行くけれども^^;



Karikachi_1 狩勝峠。この峠を越えると十勝に入ります。
ここまで岩見沢から約2時間。




Tokachi5_1 そして雄大な十勝の景色。
奥に見えるのは日高山脈。
最高峰は昨年登った幌尻岳。
今年も行きたいのですが、さらに上級の山がありそそられています。

【難易度:★★★★★】カムイエクウチカウシ山
【難易度:★★★★☆】幌尻岳

それがカムイエクウチカウシ山。
通称「カムエク」とも呼ばれているこの山名は、アイヌ語で「クマが転げ落ちるほど急な山」を意味し、日高山脈第二の高峰。カムイエクウチカウシ山は整備された登山道がないため、かなりハード。膝下まで浸かる渡渉や不明瞭な巻き道もある上級者向け。

まあ、雪解け後の準備山行でどれだけ体力が回復できるかが勝負ですが、無理はしません。


Tokachi2_1 十勝晴れ。





Tokachi1_1 午後には雪も降ってきたので希少な青空だったのかも。





Tokachi4_1

 

 


Tokachi3_1 日高山脈アップ。





Tokachi6_1 十勝は長い直線道路が多いです。





Swan_1 そして野良白鳥。





Baggage_1 岩見沢から荷物が届きました。

夜にこの状況で停電になったという。


Blackout_1 北海道電力の停電情報。


なかなかの出だしとなりました^^;


| | コメント (0)

十勝生活はじまる

本日はルヴァンカップがあるのですね。
転勤もあり今季はルヴァン観戦は全滅です。

さてタイトルは“じゅっしょう” ではなく “とかち” です。

昨朝に岩見沢に別れを告げ9時30分に新しい職場に着任しました。
岩見沢と違い十勝の事務所は100人近くが常駐する道内一大拠点です。
もともと岩見沢と十勝は人的交流もあるので全く知らないわけではないのですが、さすがに100人顔と名前はいきなりは把握できません。

そして金曜に岩見沢を出た荷物が10時過ぎに新居に届きました。
開梱する気はなく、とりあえずトイレットペーパーだけ発掘し、荷ほどきもせずに出勤しました。

夕方はオーバー50歳の年寄り3名による歓迎会と称する飲み会を実施。
この3名、北海道に縁もゆかりもなかったのですが北海道勤務が

先輩(自宅東京) 5年 →ただし5月1日異動(道外)

後輩(自宅新潟) 3年半 →ただし6月1日異動予定(道外)

自分(自宅静岡) 3年半 →異動してきたばかり

とかなり長い期間いるトリオでした。

先輩「私は今月で本州に戻るけれど、さかたは5年は越えるでしょ。長くなりそうだね」

という言葉をいただきました。

散会して名残雪降る中アパートに帰宅して暖房を全開にしていると突然暗くなってしまいました。
なんといきなりの停電発生。懐中電灯なんてどの箱にあるのか宝探し状態だったのは言うまでもありません。
それにしても引っ越して初日からこれかよ!

自分は持っているなあ、と実感しました。

ということでもろもろ画像をアップしようと思ったのですが、例によってココログが絶賛不調中。
全くもってアップできません。

日高山脈がくっきりと見える十勝晴れだった昨日の風景をお伝えしたかったのですが。

そんなこんなの4月8日“出発の日”の出来事でした。

| | コメント (0)

«引越の荷出し終えジプシー生活中