ニペソツ山 幌加温泉コースの状況(2020年5月31日)

またまたエスパルスネタではありません。

申し訳ありません。

週末はここ十勝は上士幌町から一歩も外に出なかったことは昨日お伝えした通りです。

同じ町内にあるニペソツの踏査に行ってきたことも昨日お伝えした通りです。

入山者は土曜日4パーティーに人数不明、日曜日4パーティー4人でした。

今冬の降雪量は多くなかったものの5月の低温の影響もあり残雪はかなりありました。

登りは7時間程度を見込んでおいた方がいいかと思います。私は午前2時から登り始めてツクモグサ地点が午前8時半頃でした。

最大の難所は前天狗のある北側の尾根に取り付くところ(夏場はロープがあるザレ場)ですが、一面雪に覆われて大雪渓状態です。気温が高い場合は雪が腐っているのでキックステップでの直登可能ですが、軽アイゼンとストックは用意しておくにこしたことはありません。私の場合は登りアイゼン装着、下りはかかとキックステップでしたが高度感あるので気をつけて下さい。

ダマシノ平も一面雪が残っておりトレースとピンクテープが頼りですが、上部ほどそれらが希薄となりますのでルートファインディング力が求められます。

ヒグマは幸いにも気配を感じませんでした。

Nipe_rout

環境省ビジターセンターに報告した資料の画像化したものです。



Tsukumogusa6 絶滅危惧種のツクモグサは開花して間もない状況でした。

 

Tsukumogusa2

産毛が氷河期を生き抜いてきた名残だそうです。



Tsukumogusa7 トムラウシと。

 

 

ツクモグサは6月第1週の今週末が見頃かもしれません。

命あっての花鑑賞です。

ご安全に。

| | コメント (0)

無観客試合おさらい

今週末は一歩も町内から出ませんでした。
日曜に向かった先はお隣の新得町にまたがるニペソツ山。
幌加温泉コース(私の住んでいる上士幌町側)から登りました。
Basyou 途中の三条沼ではミズバショウが見頃を迎えていました。




Nacky_20200604061401 稜線に上がるとおなじみのナッキーことナキウサギもいました。
今は繁殖の時期のようで雄は独特の鳴き声をしていました。



Nipe1_20200604061401 こちらが名峰ニペソツ。

手前にある花がお目当てのツクモグサ。


Tsukumogusa0 開花して間もない状態でした。




Tsukumogusa6_20200604061401 本州では八ヶ岳、白馬岳のみ、北海道ではニペソツを含めた6座のみにしか生息していない絶滅危惧種です。




News_20200604061401 さて、先月のエスパルスニュースの記事です。

埼玉スタジアムでの無観客試合。


勘違いされて記事を書いているマスコミの方々が多いようですが(除くエスパルスニュース)、害を被ったのはエスパルスなのですよね。

Mukankyaku2 発端はこちらのレッズサポのダンマク。



Nw92 本件に関しての浦和の社長の謝罪。



Mukannkyaku1 そしてJリーグからの制裁。



Nw91 その試合の対戦相手がエスパルスでした。



Mukankyaku3 試合翌日の静岡新聞。



Mukankyaku4 当時は埼玉に単身赴任中でしたので埼玉新聞も見ました。




Robi0 この無観客試合の直前に行われたアウェーのヤンマーでのセレッソ戦でのこと。

エスパルスサポの気持ちを察してくれたロビーくん。


Robi

今のマスコミさんのレッズvsエスパルスの記事よりもロビーくんのこのスケッチブックに書かれた文字の方がよっぽど当時の状況をイーブンな視点で表しています。


今季は“コロナのとばっちり”と書いてくれるでしょうか。


そんなことを考えながらニペソツに行ってきた週末でした。

| | コメント (0)

レフェリー村上さんの記事

今や死語となっているプレミアムフライデーとなりました。

Photo_20200529060401 言葉は死んでも私は死にたくないので熊さんにおかれましては静かにしていただきたく。
(職場の掲示板より)


さて、Numberの電子版の記事です。

J中断、レフェリーはいま何を思う?最年長51歳村上伸次の準備と流儀。

読んで感じたのはやはり
コミュニケーションの重要性
でした。

Card_20200529060401 そして、レフェリングには選手側の意識も大切なのだと思いました。
どこかの親(選手)のように子ども(フェアプレー)を学校(審判)に委ねっぱなしで、子どもの出来の悪いことを学校のせいにしているのはいかがなものかと。


かなり前の無警告試合だったアウェーセレッソ戦で主審をつとめた木村さんが後日

「両チームの選手が協力的だったので」

と言っていたことを思い出しました。

Murakami3 記事にもあった審判のトレーニングですが、基本的にはフィジカルはチームではなく個人で行うものなので非常事態宣言下の影響はあまり無かったようです。

(村上さんと山岸トレーナーの練習風景:さかた撮影)

Murakami その村上さんの2014年の写真です。
こちらは夏。



Murakami2 そして冬。
アウェーではお会いしていますが、最近、アイスタでお会いする機会がなく。
無観客試合終了後のアイスタでお待ちしております。


というわけでリーグ開幕の審判編をそろそろアップしたいと思います。

| | コメント (0)

おじさんの日記(エスパねた皆無です)

Mochi1 昨日も六花亭のスイーツを食べました。
糖尿病になるかもしれません。



Mochi2 この餅は食べたことがなかったものですから。




Mochi3 封を切ると餅が出てきました。




Mochi4 1個130円でした。




Milk そして地元の国立大学の帯広畜産大学の牛乳も初めて飲みました。

ちなみに国立の畜産大学はここだけです。

価格はよつ葉牛乳よりも少しお高く。




さて、昨日もおじさん2人でパトロールに。ただし、新人も同行しました。

おじさん2人「いいか、車内での俺達の会話は車外に出たら忘れろよ!」

新人「わかりました」

ということで車内では職場の愚痴合戦に突入したとかしないとか。

Trap 現場に着くと先日仕掛けた蜂トラップが破壊されていました。

先輩「熊だな」

先輩「こんなこと初めてだなあ、今年はやはり多いか」

Higuma さかた「週末山に行くんですけど」

先輩「自己責任で」


Fox_20200528064601 熊以外の野生動物ならばたくさん会いたいのですけれどもねえ。




そんなことを思いながら仕事もそっちのけに花を観察していました。

Flower_20200528064601 エゾキケマン




Kozakura エゾコザクラ




週末は久々に土日ともに天気が良いだけに熊を避けて雪と戯れようかと思っています。

| | コメント (0)

古い映像ですが(天皇杯優勝やら選手紹介やら)

Beer_tie 静岡ではサッポロビールからエスパルス応援缶が発売されたそうですね。
サッポロビールさまさまです。



Sweet 禁酒9年以上かつ北海道にいる身なので応援缶を買えるわけもなく、スイーツ三昧の日々です。
こちらは六花亭のフルーツオムレツ300円也。



その北海道ですが、予想通り雪融けが進んでいません。
大雪山の麓にある層雲峡ビジターセンターの情報では

「4月末時点で、黒岳七合目積雪390㎝
昨年は同日で330㎝と約60㎝多いです状態です。」

これに今月の低温傾向を加味すると今週末のニペソツ山アタックは厳しいかもしれません。

Gacky0 こいつらに会いに行きたいのですがねえ。
ちなみにこのガッキーことナキウサギはネット上では殆ど見ることのない西ヌプカウシヌプリで撮ったものです。



Map_20200527054801 地図にある東ヌプカウシヌプリはバズーカ(のような大きく高額なカメラを)抱えたマニアの方も登ってくる山なのですが、西ヌプカウシヌプリは標高差500mを一気に登る厳しいルートということもあり敬遠されているようです。


残雪の山々とガッキーを撮りに行きたいのですがどうしようかと思いながら昨晩も本物のガッキー主演の
逃げ恥
を見ていました。

Gacky1 エンディングの恋ダンスになるとなんと
リアルリモートガッキーが登場。


Gacky2 今話題のSNSは騒然となり



Gacky3 私もテンションが上がりました。



逃げ恥は2016年秋に放映されたものですが、遡ること1999年のエスパルスの選手紹介の動画ファイルが出てきました。
1999年と言えばステージ優勝を果たし、あのチャンピオンシップを戦った年でもあります。
2ndステージ12節vsベルマーレ平塚の時のものです。





そしてその数年後の2002年1月1日
天皇杯優勝時の国立競技場の模様です。


NHKさんでは名勝負として取り上げてくれませんでしたので試合以外の模様を少しだけでもと。

 

 

| | コメント (0)

花のはなし

今朝は散歩しました。
吐く息は白く寒かったです。
そのような中で道端には花がたくさん咲いていました。
Komakusa0 以前も紹介したかもしれませんが、ここ上士幌の街中には高山植物の女王と言われているコマクサ(駒草)を道端で見ることができます。

昨年から気になっていたのですが、そのコマクサの中で白い花のコマクサを見かけました。


Komakusa2 シロバナコマクサと言うそうです。




Komakusa1北海道レッドリスト絶滅危惧第Ⅱ類

だそうです。


Komakusa4 絶滅危惧種を街中で見ることができるとは。

限定物に弱い某チームのサポなので気になる花でした。


Komakusa3 花言葉は、「高嶺の花」・「誇り」・「気高い心」・「貴重品」だそうです。




Flower3_20200522073401 このような花も見かけましたが名前はわからず。




Rindou リンドウはもうすぐ開花しそうでした。

エゾなんとか、あるいはチシマなんとか、トカチなんどかリンドウでしょうか。


更に超レアな限定の花ツクモグサが近隣のニペソツ山に咲くのですが、開花時期が残雪期。
従いまして今年の低温傾向では残雪多く開花時期での入山は難しいかもしれません。
Tomura ちなみにこちらは先週のトムラウシの残雪状況です。
あと半月でどれほど雪が無くなってくれるでしょうか。

| | コメント (0)

ゴトビさんのことば

一昨日も先輩とパトロールに行ってきました。この組み合わせで固定化されています。
パトロールのついでに蜂トラップも設置してきました。
今は蜂トラップのキットがあるのですね。便利な世の中になりました。
(蜂トラップはスズメバチを捕獲する為のものです。)
ベタな会話ネタなのですが、この季節になると私は言われる前に先に言います。

「どうせ私ハニートラップに引っ掛かりやすいですよ」

そんなオヤジ2人組ですが、山に入ったついでに先輩はウドを獲っていました。
私はといえば花の観察。

さかた「北海道に来るまでは花なんて全く興味持ってなかったんですよね」

先輩「そうなの?」

さかた「そうですよ、動く花も静かな花も」

Enreisou1 こちらが一昨日にかなり咲いていたエンレイソウです。

真ん中に色がついているのでエンレイソウでも
エゾミヤマエンレイソウ
だと思います。

Enreisou2 名前の通り北海道固有種になります。
ちなみに同じエンレイソウでもオオバナノエンレイソウは北海道大学の校章になっています。




さて、元エスパルスで現ツェーゲン金沢の廣井友信選手のnoteを紹介します。

やる気の出し方

Goto エスパルス時代の監督のアフシン・ゴトビ監督の言葉を紹介しています。

やる気が起きない時、10分だけでいいからやり始めること

だそうです。

ゴトビさん、語録集作れるくらいけっこういいこと言っていたので、どなたか語録集作ってもらえませんか?
いかんせんゴトビさんは敵も良い言葉と同じくらいいたのでねえ^^;

| | コメント (0)

長谷部選手のことば

気象庁の予報では5月は平年よりも気温の高い日が続くはずだった北海道なのですが、毎度のことながら外してくれています。
今朝も氷点下まで下がったここ十勝は上士幌。
山岳地帯の雪融けの遅れが気になります。
Gacky というのもこちらのガッキーことナキウサギを今年もニペソツ山で早く撮りたいからなのですが。
→残雪が多いとルートが埋もれて登るのはかなり面倒になるのです。
(この写真は今年の4月上旬の東ヌプカウシヌプリにて)
ところでマニアの間ではナキウサギのことをなぜガッキーと呼ぶのかといえば、生息地がこのように岩場=ガレ場が多いからです。
ガレ場の“ガ”をとってからの命名のようです。

Nigehaji2 ガッキーといえばこちら新垣結衣さんを連想するのが一般的なのですが

 


Pr 遂に昨晩から逃げ恥ムズキュン編が始まりました。
4年前に放映されたものに未公開分を加えた再放送になります。
しかし、4年経ってもまだ北海道にいるとは思いませんでした。

Nigehaji3 ふだんクールにしていれば



Nigehaji4 いいことがあるんじゃないのか?
と思った初回ですが、
「いい年してムズキュンもないだろう」
というパペパルの声が聞こえてきます。
どうでもいい余談ですが
残念ながら私はクールでもなく、廻りからもクールには見られていません。
どうでもいい残念なことでした。

Hasebe1 さて、逃げ恥の前にNHKのニュースウォッチ9を見ていると再開したブンデスの長谷部選手のインタビューをやっていました。

再開した喜びよりも様々な葛藤があるようです。

Hasebe2 情報に振り回されるのは日本も同じなわけで



Hasebe3 いろいろと難しいことが少しわかりました。



その中でも心に響いたのがこちらの言葉

「再開の決定はチームのまとまりにも影響を与えていました。再開に否定的な選手が自らの気持ちを隠さなければならない状況も生まれていました。
(中略)
やはり誰しもが間違っていないと思うし、周りの方々を思いやって、その決断を尊重する思いやりを持つことがすごく大事なことなんじゃないかと思いますね。」

 

誰しもが間違っていないと思うし、周りの方々を思いやって、その決断を尊重する思いやりを持つことがすごく大事なことなんじゃないかと思いますね。

というのはサッカーに限ったことではないと思った逃げ恥の夜でした。

| | コメント (0)

エスパルスネタはありません(だっふんだ)

十勝北部の桜も見頃を終え散り始めました。
Sakura2_20200516090501 こちらは鹿追町からの日高山脈と。




Sakura1_20200516090501 ビートやじゃがいもなどの作付け作業最盛期です。







さて、ここ十勝を舞台にした朝ドラ「なつぞら」が放映されたのは1年前のこと。
今は「エール」が放映されています。
そのエールですが今朝、一週間のダイジェスト版が流れました。
Ken 志村けんさんが出演されていましたが

志村さんを見て
「だっふんだ」
を思い浮かべました。

Nupka_20200516090501 だっふんだ
から連想したのはこちらの山に棲む方々。



Nacky1_20200516090501 ナッキーことナキウサギ。




Daffun1 脱糞です。

お食事中の方々すいません。


Daffun2 これは盲腸糞といいます。




Daffun3 実はこれはもう一度食べます。




【盲腸糞】
 吸収できなかった食べ物を盲腸に送って、盲腸で発酵させてからうんちにする。盲腸糞には、タンパク質やビタミンB群が豊富に含まれているので、残った栄養を取り込むためにもう一度食べる。

Nacky2_20200516090501 この個体、もう一度脱糞。




Nacky3_20200516090501 かなり溜まっていたのでしょうか?

「見たな」


Fun 通常の糞はこちらになります。




stay home で溜まっている方々が多いかと思いますが、適度に脱糞
じゃなくて脱ストレスを。

| | コメント (0)

こんなことがありました(日本平ピッチ大改修)

Receipt_20200515062301 給付金分が吹っ飛んでしまいました。
我が愛車(平成11年製ミラジーノ:マニュアル)のクラッチが遂に交換の時期を迎えました。
走行後に異臭がしたのでディーラーに持ち込むといきなり交換を薦められました。
まあ、16万キロ走ったので仕方ないわけですが。愛車の大改修でした。

Nh3 さて、本題ですが、Jリーグ最多のベストピッチ賞を受賞しているアイスタ日本平のピッチですが、かつてはかなり荒れた状態になっていました。今では考えられませんが、ピッチのことを酷く言われたこともありました。
そこで静岡県で行われた高校総体にあわせてできてから大がかりなピッチのメンテナンスをしていなかったこともあり、2003年に土壌と全面貼り替えのピッチ大改修を行いました。
従いましてこの年の夏場までのエスパルスのホームは日本平ではなく草薙などを使用しました。

Nh7 写真のシートは芝のタネを植えた直後の養生の為のものです。
(当時はスタジアムガイドを作成していたこともあり、特別に写真を撮らせていただきました。)



Nh6 ピッチ以外にも改修を行っていました。




Nh1




Nh2 この時はまだ発芽していません。




Nh4




Nh5 発芽しての養生期間の模様はまた後日に。

ローマもピッチも一日にしてならず。

| | コメント (0)

«雑記