J1にしがみつけたのは「た」があったから~

え~っ、ほんまかいなby岡村さん

というチコちゃんに叱られる風になりましたが、
先週は選手、サポーターが一生懸命に決戦の備えをしている中、私は
「た」
を作っていました。
さかたの「た」でもあります。
Ta1 それがこちら。




そして、この「た」ゲーフラをパペパルとともに北海道から決戦の地へ運びました。
Ca_20191208135601 CAさんからは

「がんばって下さいね」

と言っていただき気分はもう勝ったも同然。

さて、いよいよ決戦、そして見事に勝ち監督も言っていましたが

J1にしがみつけました。

Ta5 それがこちら。
オレンジウェーブの方々どうもありがとうございました。



Ta6 細工した箇所を示すパルちゃんとピカルちゃん。




Ta7 そしてこパルちゃん達。




Ta8 無事にゲーフラとともに残留が果たせました。



一昨年以来の大活躍のゲーフラでしたので、次回は再来年でしょうか。
いや、あたりまえですがもう勘弁してほしいのが本音です。

Ta2 とにもかくにも残留運動お疲れ様でした。

| | コメント (2)

ホームアドヴァンテージ

Tempert すっかり冬本番となりました。
こんな気温ですので出勤時は耳当て、ネックウォーマー、手袋は必携です。
そうそう、割と有名ですが北海道では手袋は 「はく」 と言います。
さて、
Chikara_20191206055701 明日の試合ですが、ホームゲームです。

ということはホームアドバンテージを作り出せる特権があります。


ウィキペディアよりホームアドバンテージ

①本拠地で試合を行うために移動による疲労が少ないこと

②天候・気候に慣れていること、本拠地の試合会場について熟知していること

③地元ファンの声援が選手に与える心理的な効果

④審判のジャッジに与える心理的影響(ホームタウンディシジョン)

④は後述するとして③で選手を後押ししましょう!

Jikou

今日で時効警察は最終回。

今年の日本平での試合も明日で最終としましょう。

 

Pape_20191206055701

 

 

 

 

追記

【ホームアドバンテージ審判考察(日本平編)】

上述④について日本平の場合には審判の性格との相関があるように思います。
極端に言えば、

「声援が大きければ大きいほど声援に左右されずに公平にジャッジをしようとする想い(心理)が強いが為に逆に時間とともに初期の冷静さを欠く」※

という現象を生み出しているシーンが散見されました。

公平という正義感が強いが為のマイナス作用とでもいいましょうか。

とあるサイトの文を借用しました。

『ホームサポーターの熱狂的な応援であるが、これは直接的に作用するというよりも、審判に対して、ホーム有利の判定を下す効果があることやホームチームの選手たちに心理的落ち着きを与える効果があり、逆にアウェイチームの選手には心理的プレッシャーを与える効果がある(Pollard 2004)。
ホーム有利な判定がサポーターの熱狂的な声援を聞かせた場合と、そうでない場合に判定をしてもらうという実験をNevillが行ったところ、統計的有意差がでたのである(Nevill et al,1999;2002)。』

今季の場合には判定はホームには有利とはいえない傾向が出ています。
審判も人間ですから、その性格が如実に表れていると思います。公平に吹かれてはいますが、上述のように数人の方は性格が出ているなあ、と失礼ながら見ていました。先日の家本さんとかではないです。

私は審判の方々に有利に吹いて欲しい、とは全く思っていません。感情に左右されず公平に吹いていただければと思っているだけです。
(感情という表現は失礼とは思いますが、あえて書かせてもらいました。)

※ですからこのあたりに関して非常に冷静なジャッジをする松尾さんを私は押しています。
 余談ですが、最後に勝った湘南戦も松尾さんだったというツキもかっているわけですが^^;

| | コメント (0)

近況

「さむい~」

昨日の職場で一番聞かれた単語でした。

私のオヤジギャグではなく気温が低かった為で上士幌の昨日の“最高”気温はマイナス6度でした。
Ice_20191205060801 通勤路はこのような状況で滑るわけですが、なぜか道産子たちよりも歩くのが速い私を不思議に見ている同僚達。
凍結路面を速く歩いたところで人生にはメリットはないような気はしますが。



Ezo 風邪が流行っているのでこちらを初めて購入。
北海道発祥のドラッグストアのツルハで購入したエゾエース。
これを飲めば週末も何だか行けそうな気がする~


Board_20191205060801 そして行けそうな気にする為に週末に行った函館。




Omamori1 こちらのお守りを授かりましたが、




Omamori0 勝負事の願いはなく

祓と成を選びました。






Pikal_20191205060801 毎日願い良いジンクスはないものかと考えています。




Chikara 何はともあれ当日は応援頑張りましょう!

| | コメント (0)

声を出そう、ヨシ!

本来ならばセレッソ戦遠征記を書くところですが、前を向くしかない状況なので割愛します。
Ticket_20191204062301 残留した暁には上士幌から運転してきてこちらに駐車して




Cts_20191204062301 誰もいない新千歳空港で
パペパルを探せ
撮影をしたことを報告したいと思います。


さて、そんな週末は道東道を往復したのですが、週明けの月曜、火曜はその道東道を再び利用し苫小牧方面の山の現場に行ってきました。
Doutou_20191204062301 十勝方面にしてはまずまずの降りとなり路面は滑りやすい状態に。
180度回転した車が警察のお世話になっていました。



Wo2 私は後輩達に往復ともに運転してもらい後部座席から景色を見ていました。

「視界悪くなってきましたね」


Wo 「ホワイトアウトだあ」

さかた「まだテールランプ見えているじゃないか。ホワイトアウトとは言わないよ。」


そんな後輩達との会話でしたが、彼らは料金所やICを出る時には必ず

「帯広方面ヨシ!」

「帯広方面ヨシ!」

と復唱と指差呼称をしていました。

KyWikipedeiaより
(ここから)
指差喚呼(鉄道での読みがなは「しさかんこ」)は、そもそも日本国有鉄道(国鉄)の運転士が行う信号確認の動作に始まった安全動作である。
1.目で見て
2.腕を伸ばし指で指して
3.口を開き声に出して「○○○、ヨシ!」
4.耳で自分の声を聞く

という一連の確認動作を注意を払うべき対象に対して行うことにより、ミスや労働災害の発生確率を格段に下げることができることが証明されている。 一人の作業員が行った指差喚呼に続いて、協働する作業員がそれを復唱することを喚呼応答(かんこおうとう)といい、指差呼称の効果を高めるものとされている。
(ここまで)

Jリーグに携わる人々をはじめホワイトカラーな方々には馴染みはないのでしょうけれども、現場作業では必ず行われている動作です。
Ky2 これは昨日の現場でKYボードに指を指しているところ。

KYは空気読まないじゃないですよ、危険予知。




できれば、ピッチで

ゴールマウスを指差して

「マークは良いか!」

マークヨシ!

「今日こそ無失点で行こうヨシ!」

無失点ヨシ!


をするとJリーグ初の指差呼称になるのですが^^;

それは選手の気持ちに委ねるとして、我々サポの最終戦の指差呼称は

「気持ちは前向きか!」

気持ちヨシ!

「今日も声を出して行こう、ヨシ!」

今日も声を出して行こう、ヨシ!

ではないでしょうか。

ご安全に。


追伸:
こういうことを職場で言うと
「人生不安全なさかたさんに言われたくない」
とよく言われます。

| | コメント (0)

最終節の秘策

最終節はありとあらゆるコネと力を結集してエスパルスを勝利に導きましょう。

ということでこの脳天気な頭で秘策を考えてみました。


①タイアップ緊急マッチスポンサー『鹿児島デー』

今季も鹿児島デーでは勝利し、その勝率の高さから是非マッチデースポンサーに


②森アナ緊急取材

J1昇格時、J1残留時に現地取材でそれぞれエスパルスが目標を達成することができた静岡あさひテレビの森アナ取材敢行

  このため土曜のとびっきり静岡のMCはノボリさんでも誰でもいいので兎に角代役を立ててもらう。

Mori_20191202115401

スポンサーさん、女子アナさんにすがりついてでも勝利を!

| | コメント (0)

ネガらず願って今できることを(セレッソ戦エピローグ)

セレッソ戦行ってきました。
ビジター側5千席用意に対して、1300枚しか売れていなかったそうです。
天皇杯準決勝に気持ちが行っていたのかなあ、知らんけど。

Pape2_20191202061001 パペパルはこちらに設置しました。




Pape1_20191202061001 後光がさしたのでイケルと思ったのですが。




Pape_20191202061001 残念でした。




試合後はそりゃあネガるコメントや記事が溢れていますが、お気持ち察します。

でも、残留させようと、残留して欲しいと思っているならその気持ち今必要ですか?

自力残留の権利がある以上、いや権利がなくても可能性がある限りは今できることをやりませんか。

端的な例がスタジアムでの応援です。
幸い最終節はホーム。
西サイドはもちろんのことメインもバックも手拍子、声で後押しをしてみませんか。
大分戦の同点直後からの応援のように。

たとえ失点しても

「さかた、やめろ~」

「さかた、つかえね~」

「また、さかたかよ」

という罵声や野次は今のエスパルスに何の得にもなりませんよ。

(さかたは例えで実名ではありません。)

ネガるのはシーズンが終わってからでもいいじゃないですか。
この1週間で試合当日にできることを考えて、そして試合当日にやりませんか。

コルリさんにお願いしたいのはできればゴールコールはCK、FK時には必ず使って欲しいと思います。
観客の方に一番馴染みのある応援ですからスタジアムの一体感が増長されると思いますので。

そんなことを考えながら土曜の夜は新千歳に戻ってきました。
夜はパペパルと千歳泊。

Okadama 翌日曜日はパペパルと札幌丘珠空港へ。




Board_20191202061301 こちらへ気分転換と願い事の日帰りの旅をしてきました。




Okadama2 個人的には国内では初めてのプロペラ機に搭乗。




Yunokura1 函館に着いて向かった先の湯倉神社。
日頃の行いが良いのかこの時だけ強雨になりました。
目的は当然の残留祈願。


Yunokura2 函館ではここだけの“えぞおみくじ”をしました。

いかです。


Yunokura3 なんと大吉!

鳥栖戦は勝てるしょ。


Letter_20191202061001 そして夕方に函館から丘珠空港に戻ってきました。

エスパルス必勝祈願の旅じゃなかったのか?byパペパル

| | コメント (0)

J1にしがみつけ、俺達がついている!

Temp1 今朝の北海道は今冬一番冷え込んだようです。
おはようございます、上士幌町在住のさかたです。


Temp2 ということで上士幌の名前が全国に出る季節となりました。

 

Pul_20191129061101 さて、大分戦に持っていったゲーフラとマスコットの方々との写真集になります。




Shorn 映画の宣伝に来たショーンと。

この時に老害なサポさんが

「しがみつけじゃないだろ!トップ5だろ!」

と言っていたのですが、どうあがいても無理なんですが。
算数苦手なおじさんだったのかしらん?闇の一部を感じた瞬間でしたーー;

Triple ゲーフラ無し。




Sizunabi こパルちゃんとしずな~び。




Kitou 鬼頭アナ(マスコットではありませんが)。







Kopul_20191129061101 単独こパルちゃん。




Pikal_20191129061101 ピカルちゃんと元OWキャプテン裕子さん。




Pul1_20191129061101 大阪には行けないけれどもパルちゃんもついています。

とにもかくにも石にかじりついてでも明日残留を決めよう!

| | コメント (0)

大分戦観戦記(ふたみん)

Card_20191128064001 今週になりこちらのカードが届きました。
北海道に来てから毎年送られてきます。
来年もいただけるように運転したいと思います。

Mofmof そんな北海道のここ十勝でちょっと話題になっているエゾタヌキ。
遂に全国ニュースにまで取り上げられました。
なお、帯広動物園は12月からは週末と祝祭日だけの冬期営業になります。

Temp_20191128064001 そして今日の十勝の予報。
土曜まで氷点下の中で暮らすことになりそうです。


従って土曜日はプラス気温の世界に脱出します。
Futami2_20191128064001 その前に大分戦の続きですが、最近はもう二見選手のロングスロー抜きには語れない状況になってきました。
それはかつてのボスナー砲を彷彿とさせるものです。
あの時もFKの際にボスナーがボールの傍に寄って来るだけでスタジアムがざわつきましたが、今は二見選手がスローイングにやってくると盛り上がるわけで。

Futami0 清水愛を一身に受け




Futami 投げる二見選手。




Futami3 東サイドのメインからも




Futami31 そして助走の取れないバックからも投げる投げる!




Futami4 試合終了直後のふたみん。

お疲れ様でした。

助走取り放題のヤンマーでも期待しています。

| | コメント (0)

大分戦観戦記(審判編)

久々に審判編を書きます。
というのもエスパルスから見ると書きづらい状況(試合)が続いていましたから。

Board_20191127061601 この日の審判団です。
審判アセッサーのお名前を覚えている方はいらっしゃるでしょうか?
鹿島が史上初の三冠をとった天皇杯決勝の主審をつとめた布瀬さんです。
その時の相手がエスパルスでした。
あの試合はエスパルス側からすると遺恨があったわけですが、当時を覚えている人はいるでしょうか。
布瀬さんと相性悪いのかなあ^^;

Iemoto1 試合前の家本さんは両チームのスタッフ、選手とコミュニケーションをとっていました。
焦点が大分の選手にあってしまいましたが^^;

 

Iemoto3 さて、疑惑でもなんでもない正真正銘のゴールがハンドの判定で取り消されたシーンですが、

こちらはその直後に西澤選手に説明をしている家本主審。
後ろのボードにはS-GOAL!が表示されたままです。

なぜ、ハンドの判定をしてしまったのでしょうか。

①ボールの動きから体のどこかに当たったと判断。

②主審からは死角であり、確率的に手であると推測。

③従ってハンドの判定

Iemoto2 問題は②ですが、ポジショニングは妥当だったと思います。
偽ハンドのドウグラス選手の横~ゴールライン側に位置していないとわからなかったわけで、あの状況でそこに位置することは不可能でしたから。
審判の方は予測や推測も重要なジャッジの要素で、こちらは二見選手のロングスロー時の家本主審。
視線はボール軌道を予測して落下地点のプレーヤーに既に向けられています。
これは鹿島戦の西村主審も同様でした。

ではなぜハンドの判定を貫いたのか。
見えていないことをジャッジする推測の難しさがあるのですが、ゴールの重み即ち
ゴール>ノーゴール
が脳裏にあり結果を覆すことはできなかったと思います。
咄嗟のハンドのジャッジもこの重みに起因しているのではないのかと。

今回、割にあっさりとエスパルスの選手は引いてしまったのですが、某チームのように猛抗議をした場合はどうだったのか気にはなりますが。

スローインのような最終判断につながらない推測はまだしも今回のように間違った結果につながる推測を回避するにはやはりVARか天皇杯(鳥栖戦)の岡さんのような追加審判が必要なのかと思いました。

推測と予測を混同して使ってしまいましたが、

予測はプレーの先を読む
推測はプレーの結果を読む

です。これ さかた流見解です。

ただ、試合後に家本主審が篠田監督に詫びたという話しが腑に落ちず。
どうして試合中に誤審とわかったのでしょうか?
ハーフタイムや試合直後にVTRを見たのならわかりますが。

誤審の件は以上です。
Wappen こちらは数試合前から新しくなったリスペクトのワッペン。




Wappen2 なぜ新しくしたのかは調べていません。




Ck そのバック側の塚越副審。

CKの時にこのようにピッチ内にかなり出てボールの位置を確認していたようでした。


何はともあれ審判団の方々いろいろとお疲れ様でした。

| | コメント (0)

大分戦観戦記(エピローグとプロローグ)

突然ですがさかた家では私のことを

“逆”松岡修三

と呼んでいます。オヤジギャグの寒さを指しているのかもしれませんが、私が北海道にいると
●寒くなる(気温が下がる)
●吹雪く(大雪が降る)→飛行機遅延・欠航
となる気象パターンになることからそのように呼ばれています。

Temp_20191126063801 そして今朝の当地の気温。
今季一番の冷え込みとなりました。

北海道に昨晩戻ってきたためにこのようになってしまったとか。

Msm 昨日の新幹線三島駅のホームでゲーフラポール入れを忘れてしまったことに気がついたのですが、ポール自体は北海道に2セット常備しているのでそのまま北海道へGo.



Board_20191126063801 帯広便の最終は那覇から飛んでくる機体を使うために遅延はよくあります。

すでにこの時点で帯広の気温は氷点下でした。


Msg_20191126063801 最終便には6名中2名が静岡出身のCAさん、うち1名はチーフさんで2017年以来の再会だったそうです。





Obo1_20191126063801 パペパルは仙台戦以来の北海道。

「大阪に行くのになんで逆方向の北海道なんだよ!」byパペパル



Obo2_20191126063801 資材一式はこちらのコンテナで運搬されてきました。




以上エピローグの一部でした。

さて、大分戦当日ですが

Fr1 スタジアムまでの路地に恒例のみかん等を販売していたので
みかんとキュウイを購入。



Fr2 購入した証。




Sakura1_20191126063801 スタジアム直下の十月桜はまだ咲いていました。

温暖化の影響でしょうか。

 

Grass1_20191126063801 温暖化といえば、今秋は気温が高く冬芝の生長が阻害されているようでピッチの状態は芳しくないようです。
(右側がピッチ管理責任者の佐野さん)



Grass2_20191126063801 佐野さんの手と順調に生育している芝。




話しを試合前に戻し

Tri1 私がスタジアムに到着した時にちょうど大分の用具運搬車が到着しました。
おそらく今季一番早い時刻にアイスタに到着したチームだと思います。



Msg2 そんなアイスタのメインスタンド側ゲートに掲げられた書。


 

Pape_20191126063801 ニータンとパペパル。




Pul_20191126063801 俺達がついていたので勝ち点1とれた!?

| | コメント (0)

«大分戦観戦記(トリサポさん編)