JALで行ったり来たり(中断期間第5巻)

昨日本州に飛んできました。
予想していたよりも蒸し暑く無く、※暑くないですがホッとしています。
(※ここオヤジギャグなので重要)

Jal0

職場ではオヤジギャグは封印していますが、派遣さんが“じんましん”(=皮膚科のお医者さんも断定はしていなかったそうです)を発症したため、媒体の恐れもある私は移動中の機内でどのようにしていようか新千歳空港に着いてから悩んでいました。

Pan0

悩む前にとりあえず今空港で大人気の美瑛のコーンパンを求めて朝7時から並びました。
大人気ということで開店8時のところを7時に並ぶと一番でした。
スタジアム限定エスパルスグッズ程ではなく安心しましたが、その後あれよあれよと列は伸びていき、ちょっと優越感を味わいました。




Pan

こちらがコーンパンです。
我が家の女性陣には好評でした。






Seat

さて、肝心の機内ですが、この日の機体は新千歳~羽田便では数少ないCAさん10名のJAL国内線では最大の機体でした。


確率10分の1で私の前に来られたのはスラリとした中島さんでした。
離陸時は機内アナウンスを担当されており、さすがに話しかけるのは自粛しましたが、

■このまま羽田に何も話さずに着いてしまうのだろうか

■それはそれで“じんましん”にならずにすむのではないだろうか

などと思いつつスマホをいじっていました。
着陸態勢に入りCAさんも着席している姿を見ていると、どうも着陸時は中島さんがアナウンス担当ではないようでしたので※思い切って話しかけてみました。
(※おおげさに脚色しました)

さかた「着陸時はアナウンス担当ではないのですか?」

中島さん「着陸時は専任(=チーフ)がアナウンスです。」

さかた「中島さんは入社何年なのですか?アナウンスされていたのでお若いのかと。」

中島さん「2013年ですから若くないですよ。」

さかた「以前に右サイドに若い方を配置されると聞きましたが。」

中島さん「そうですね。ですから今日はさかた様は反対側にお座りになりたかったのでは?」
(私が座ったのはA~Cの左側でした)
さかた「そんなことないですよ。みなさん若くて。うちの娘くらいの方々ばかりで。」

中島さん「娘さんとお話ししているような感じですか?」

さかた「いやあ、(うちのは)美しくはないので。」

娘達に知られたら怒られそう^^;
中島さんはホワイトコーンがお好きなこと、北海道は今週は寒く山では週末に雪が降ったことなどを話しながら機体は羽田に着陸しました。

Jal

その後、お会いするのが二度目のCAさんもいたり、久々に10名の写真を撮ったりと満足の空の旅でした。



Jal1

いろいろなお心遣いありがとうございました。



とりあえずCAさんの方々は“じんましん”は出なかったようなので安心しました。

| | コメント (0)

「好き」を考える(エスパルスとは全く関係ありません)

Weather

これ、明日の北海道の最高気温の予報です。
今週は低温が続いています。


Temp1

生粋の道民の寮の賄いのおばちゃん達も暖房をいれたというので道外出身でやせ我慢していたこのオヤジも部屋の暖房をついに入れました。
昨年も6月に暖房を入れたのですが今年も入れることになるとは。


ところで 昨日の職場は休暇や出張、現場に行く者が多く一時的に28歳の派遣さんと2人きりになりました。
午後になると人が戻ってきたのですが、しばらくして鏡を持った派遣さんが、

「さかたさん、これ見て下さい」

と顔を私に向けるではありませんか。

告白か?(注)テレビドラマでもこのような展開はありません。

なんとブツブツが顔に出ていました。

午後に職場に戻ってきた連中は派遣さんの顔を見るなり異口同音に

「さかたさん、何かしたんですか?」

さかた「俺、何もしてないし。触るわけないでしょ。」

「2人きりがストレスだったんじゃないですか?」

さかた「やっぱり?そうかなあ。」

というわけで派遣さんは午後休みをとって皮膚科に行きました。
おそらくジンマシンだったと思うのですが。

その派遣さんと二人だけの時にこのような会話をしていました。

さかた「昨日、ナキウサギ見てきたよ」

「本当ですか?」

さかた「これ」

Ann

と言ってスマホを見せると間違えて中村アンちゃんの写真が出てきてしまいました。





Lovererun4

さかた「あっ、これはアンちゃん。ラブリラン終わっちゃったなあ。」




Lovererun

「どうでした?記憶戻りましたか?」


さかた「もうね、おじさんには辛い辛い展開でハッピーだったのは最後の数分だけ。」

と、とりとめのない会話をしていただけだったのですが。

そういえば、“逃げ恥”といいラブリランといい台詞には

“愛している” はなく

“好き”

を使っていました。そのあたりを昨日聞いてみたかったのですが続きは本日に持ち越しました。
一夜明けストレスからの再びのジンマシン発症の恐れもあったのですがこれはトレンドなのか意を決して聞いてみました。

「愛してるってうさん臭く感じます」

さかた「そうかあ。昔のトレンディードラマは“愛している”が多かったように思うんだよね。」

「そうだったんですか。バブルの頃ですか?」

さかた「そうだねえ。“好き”って小学生が使うようなイメージで。」

「若年齢化しているんですかね」

という会話をしましたがジンマシンの再発はなく安心した一日でした。

「ところで皮膚科どうたったの?」

「それがですね、病院に着く頃にはぶつぶつが消えていたんですよ」

「それって私から離れたから」

「・・・・・」

やっぱり私が原因?


明日は先週の月曜以来の新千歳空港、CAさんがじんましんを発症しないことを祈っています。

| | コメント (0)

富良野岳に登る(今年最初のガッキー)

昨日の日曜日は予定通りに富良野岳に登ってきました。
富良野岳といえば花の名山ですが、山開きを一週間後に控えたこの時期には花ではなく多くの雪が出迎えてくれました。
花は無くとも幸運にも多くのガッキーに会えた満足の山行でした。
(ガッキー=ナキウサギ のことであって新垣結衣さんのことではありません)

Mt1

午前2時半に岩見沢を出発し2時間かけて登山口に到着しました。
山肌を見ると何と前日に雪が降っているではありませんか。




Ice

しかも駐車場は氷がバリバリ。

冷え込んだようです。



Mt2

いつもは林道並みの広さで石がゴロゴロしている道が雪で覆われていました。
ある程度は予想していましたが、いきなり雪道とは^^;



Mt3

谷筋も雪がビッシリ。





Snow

前日の降雪の跡。





Mt4

雪面のトラバースをかなり強いられました。

下山時に聞いたところ20メートル滑落した人もいたとか。



Mt5

こんな傾斜のところで日の出を迎えました。





Mt41

下山時の上富良野岳から下りてくるルートも雪がビッシリ。





Mt6

目指す富良野岳。





Mt7

稜線がかなり近づき心浮かれるところですが何回も続く雪道トラバースは少々緊張を強いられて気分のいいものではありません。




Mt8

太陽もだいぶ高くなってきました。








Ice2

稜線に辿りつくと氷柱が道端にありました。

この数日の北海道は低温だったのですが山はバリバリの氷点下だったんですね。



Flower1

このように途中で雪がまだかなりあり低温だったので花はあきらめていたのですがエゾハクサンイチゲが咲いていました。




Flower2

名前知りません。





Flower3

同じく知りません。
稜線は日が当たるので少しは開花しているようでした。




Bird1

個人的には初めて見たカッコー。





Bird3

かなり鳴いていました。





Peak1

そして富良野岳登頂。3年連続3回目です。
なぜか別ルートから登ってきていたフィンランドから来ているカップルがいました。



Peak2

大雪山の山並み。





Peak3

旭岳をアップ。





Peak4

夕張山地。
私の住む岩見沢はこの山の裏側になります。




Mt9

山頂を後に上富良野岳に向かいます。





Flower5

エゾノハクサンイチゲだと思うのですが。





Flower6

つぼみのエゾノツガザクラ?





Flower7

イワウメ?





Flower8

シャクナゲはちらほら咲いていました。



縦走路の途中の岩場に来るとやたらとナキウサギの声が聞こえたのでダメもとで休憩して探してみることにしました。

Gacky1

すると出てきました。

今年初めてのガッキーとのご対面。
これまでこの山域では鳴き声は聞くもののその姿を見たことはなかったので嬉しく見入っていました。


Gacky2

日光浴でもしているのでしょうか。





Gacky3

こちらを向いてくれませんでした。





Gacky4

ちなみに私以外の登山者は誰もナキウサギに興味を示さず通り過ぎていました。価値観の違いでしょうか。




Gacky5

この個体はその後何か食べていたように見えました。





Gacky0

30分休んだだけでかなりのガッキーに会うことができました。





16

ということで上富良野岳でガッキーがCMをしている十六茶で乾杯!




Mt10

その上富良野岳から見た十勝岳。





Mt11

歩いてきた富良野岳からの稜線。
午前9時前からはガスが出てくるようになりました。




Mt12

下山ルートも雪が多かったのですが、上りの時のようなトラバースはなく安心して下りることができました。



今週は出張などで帰宅するので次回登山は23日の予定です。

| | コメント (0)

天皇杯など

今週も山に登る画策をしています。

Tempert

気温は低いものの天気はよいので日焼け止め、そしてサングラスは必携になりそうです。
そして雪はまだかなり残っているのでアイゼンも久々につけることになりそうです。(天気予報は美瑛町白金)

Lovererun1

ところで、毎週乙女のようにキュンキュンしながら楽しみに見ていたラブリラン(全10話)が終わってしまいました。(乙女になったことはないので適切な表現とは思えませんが)

Lovererun2

第7話~9話あたりがあまりにも辛い展開で、たとえればここ数年のエスパルスのシーズン終盤のようで録画分を見る気力がまだありません^^;


Lovererun3

とはいえ最終回の最後の最後にハッピーエンドとなり本当によかったです。


Chiko

北海道でやれ何山に登るだ、ドラマにキュンキュンだ、とおっさんの戯言ばかりだとチコちゃんに叱られそうですが。


Board

ということで、先日の天皇杯の写真をREIさんから送ってもらいました。
残念ながら平日のナイトゲームにわざわざアイスタに来る奇特な女子アナさんはいなかったようですが。

5月2日のアウェー広島戦以来の主審は家本さんでしたがその写真はありませんでした。

Circle

ウォーミングアップ前の円陣。





Imabari

四国からはるばるお越し頂きありがとうございました。





Board2

そして辛くも勝利。





Fin2

今治さんは西サイドにも挨拶に来られたのですね。

ナイスゲームでした。

リーグ戦再開後は水曜の試合が多いので引き続きREIさんに頼ることになりますのでよろしくお願い致します。

| | コメント (3)

JALで行ったり来たり(中断期間第4巻)

Lovererun

今晩は今クールではまっていたラブリラン(静岡ではだいいち、北海道ではSTV)最終回。そういえば先日東京出張の際にわざわざ日テレの本社(一般者が入れるところ)まで行ったのですがラブリランのポスターが1枚も貼っていないというけしからん状態でした。そんなことでいいのでしょうか>日テレさん

さて、ラブリランの最終回のラストシーンは原作の東京駅と違い成田空港だそうです。
成田といえばJALさんということで先週末の関西旅行もとい関西出張時の模様です。

Jal2

こちらは往路の新千歳→伊丹でお世話になったCAさん4名。

さかた「あの、後で写真をお願いできますか?」

CAさん「まあ、化粧し直さないと」

などなどノリのよいチームでした。

Card

そしてカードまでいただきありがとうございました。



Board

翌月曜は用事をさっさと済ませて夕方には大阪空港(伊丹)に戻ってきました。


Jal0

大阪空港は改装中で売店などの入っているターミナルビルは綺麗になっていました。
展望デッキもそのうちの一つでしばらく飛行機を眺めていました。


その後職場への土産を買いにうろつきました。
事前に調べておいた「空港で買える現役CAさんおすすめのお土産」の第2位のものを買いました。

Youko

マダムヨーコ。

この品はJAL側ではなくANA側のみの販売でしたが、清水の舞台からの気持ちで購入しました。

エスパルスサポの中でマダムヨーコといえば知る人ぞ知るマダム木村さんのことでありまして

Pape1

こちらは昨日の天皇杯時のパペパルの様子を撮影したマダム木村さんの写真です。

設置にあたってご尽力いただいた伸子さん、どうもありがとうございました。

パペパルはこれにて御殿場キャンプまで中断期間に入ります。


Seal

さて、帰りは伊丹→新千歳最終便でした。
この路線は機体が小さくCAさん4名でCAさんと対面する席はありません。
従いまして往路もCAさんとあまりお話しをする機会はなく、帰りもその覚悟で搭乗しました。
平日ということもあり空いている便でした。これが幸いしました。
3列シートで座っていたのは私一人。
非常口の説明に来られた池田さんに

「あの~、後でこのような写真を撮らせていただけますか?」

と言って“CAさん説明用写真集”を手渡すさかた。

「もちろんです、ちょっと見せていただけますか」

「どうぞお持ちになってください」

この最初の交渉が毎回の搭乗時の肝になっています。

その後、着陸体勢に入る前に4名の中で最年少の小林さんがやってきました。

業務に支障の無い範囲でかなりお話しをさせてもらいました。

(以下会話風に書くと長くなるので箇条書きにて)

小林さんは北海道出身の昨年入社の2年目、親元を離れるのは初めて。

◆研修を終え去年の7月から搭乗しいきなり繁忙期に突入。

◆4勤2休が基本シフトだが繁忙期はどうしてもシフトがズレる。年中繁忙期のような感じ。

◆年末年始2日間千歳ステイで両親が会いに来てくれた。

◆手荷物収納棚への手荷物の収納はパズルのようで自分が四苦八苦している間に先輩方はあっという間に収めてしまう。

◆今年から国際線予定。英語の勉強が大変。

◆羽田は少しの雪でも大騒ぎでそういう面では千歳は除雪がしっかり。

という話しをさせてもらいました。

Jal1

そしてこの4名のうちの一番右の伊東さん(高知)は何と先週お会いしたばかりで今回搭乗してレシートレターをお渡しするなり

「あら、さかたさま、この前新千歳(便)でお会いしましたね」

と声をかけてもらっていたのでした。

Jal

新千歳~伊丹線は往復共に個人的に心温まる空の旅になりました。

JAL様どうもありがとうございました。

| | コメント (0)

神居尻山(花を撮る)

先週の土曜日は山に行く予定だったので天気予報や残雪状況などの情報を見ながらどの山に行こうか悩んでいました。
そして同じ空知管内にある神居尻山という山に初めて登ることにしました。
①新しい登山靴の足慣らし
②雪が無い
③花がある
の3つの条件が揃っていたためです。
結果的には③がとても満足しました。

岩見沢から登山口まで1時間強という近さ。

Box

3つのルートから上りB、下りCコースを選定。




Flower1

いきなり初めて見る花に遭遇。
キバナイカリンソウ。

いかりん、って芸名のような^^;


Road

木段が果てしなく続きます。





Flower2

ムラサキヤシオ





Shokan

暑寒別の山並みが見えてきました。





Flower3

名前調べます。





Hakusanchidori

ハクサンチドリ





Sakura

エゾヤマザクラの一種ですが違う名前のようです。





Flower4

ツマトリソウ、たぶん





Flower5

ん~





Azumagiku

高山植物の雄?
ミヤマアズマギク




Adamaki1

初めて見たミヤマオダマキ





Odamaki2

こちらも同じ





Odamaki3

本州にもあるのでしょうか?





Flower6







Hakusanichige1

そして凄かったエゾハクサンイチゲの群生




Hakusanichige2

アップで。





Chishimahuuro1

チシマフウロ





Flower9

カラマツソウ





Hakusanchidori2

登山道のど真ん中に咲く
ハクサンチドリとエゾハクサンイチゲ




Shiraneaoi

シラネアオイ





Flower10

エゾノハクサンボウフウ





Peak

946mの頂上。
こんな低山でこんなにたくさんの花を見ることができるとは驚きでした。




Shoo

昨年まで履いていた登山靴は2年で履きつぶしてしまいましたがこの靴は何年もつでしょうか。




Choco

行動食はガッキーの明治。
グリコさまゴメンナサイ。




Batterfly

ピークでは蝶も飛んでいました。





Flower11

こっちがエゾノハクサンボウフウかな。





Flower12

よく見る花ですが?





Uruppu

ウルップソウ?





Uruppu2

アップで。





Kinpouge

高山植物と言えばミヤマキンポウゲでしょう。





Flower14

同じ黄色の花でもこちらは別種。





Flower13

白くなりかけの花。





Gezan

空の上でも山の上でも花の名前はなかなか覚えられないと思いながら下山しました。


本州ではありえない低山での花の登山でした。

| | コメント (0)

芝桜を再び撮る

この週末はこのように過ごしました。

土曜日 神居尻山登山

日曜日 出張前に芝桜を撮りに倶知安町へ
     その後、新千歳→伊丹

月曜日 伊丹→新千歳

Map

というわけで日曜日はこのように岩見沢から新千歳に大回りで向かいました。
通常1時間のところを5時間という大迂回ルート^^;

なぜ出張前にこのようなことをしたのかと言うとそれは倶知安町の三島さんちの芝桜が満開を迎えたとテレビ、新聞が報じていたからです。

Poster

この三島さんちの芝桜は2015年、私が北海道に着任した年の北海道の観光ポスターになるほど有名なところです。

この三島さんですが個人のお宅の庭に植えた芝桜を無料で開放しているという何とも北海道らしいおおらかさで道民のみなさんを楽しませてくれています。
そして倶知安町では芝桜観賞用駐車場用に近所の空き地を無料開放しています。

さて、新千歳発伊丹行きの便が12時50分だったので乗り遅れないよう早朝5時に岩見沢を出発しました。

Youteizan

倶知安町に入るとこのように蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山が大きく見えます。



Mishima0

そして三島さんちに到着したのは午前7時過ぎ。



Mishima7

ワンちゃんも連日の大勢のお客さんにソワソワ落ち着かない状況でした。



午前7時にもかかわらず既に数人のカメラマンが来ていました。

Mishima1

私も早速撮影。

北海道の観光ポスターと同じ構図のつもり。






Mishima4

低いアングルから。





Mishima3










Mishima2







Mishima6

菜の花と羊蹄山。




人が映り込まない時間帯でしたができれば青空が欲しかったわけですが来年リベンジできるでしょうか。

Poloce

帰りは警察に先導してもらい空港に向かいました(嘘)




Jal

話さぬ花を観賞した後はJAL様で関西を往復をしたわけですが、その模様は明日にでも。



つづく

| | コメント (0)

個人的中断期間の過ごし方

Beer

今年もこのビールが発売になりました。
いまだけ(夏限定)、ここだけ(北海道限定)
サッポロクラシック夏の爽快。
3年連続3回目の箱買いをしました。飲めないのに(^^;

このビールが発売になると夏が来るなあ、と勝手に感じます。


さすがに今年の夏が北海道での最後の夏だと思いますので山登りをメインに過ごそうと思っています。

Weather

昨日発表の北海道の週間天気予報で週末の天気がガラリと好転しました。

そこでいよいよ明日から今年の北海道登山開始。
ですが明後日から大阪出張なのであまり遠出もできず近場で足慣らしをしようと思っています。本格的には来週末の富良野岳からの予定。

Table1

こちらが今月の予定です。

ということで6月はエスパルスネタの提供は全くできませんのでご了承願います。

| | コメント (0)

JALで行ったり来たり(第3巻)

Park

昨日は日帰り東京出張でした。こちらが日帰りの証。



同じように東京に出張に来ていた函館組は一泊と聞き愕然。おまけに同僚達からは

「何で日帰りなの?」

「家に帰らないの?」

「家に帰りたくないの?」

「家に帰りたくない理由があるの?」

と家に帰らないあらぬ疑いをかけられこんなことなら無理してでも1泊すればよかったと後悔しましたが後の祭りでした。

Bokujyou1

そんなことが待ち受けているとは知らず早朝に岩見沢を出発しました。



Bokujyou2

途中の千歳郊外の牧場で久々に対面した牛さんたち。




Bokujyou3

放牧が始まると長い冬も終わったのだと感じます。





Cts1

空港に着き受付前のチェックインカウンターで撮影スタンバイ。




Cts2

新千歳JALチェックインカウンター朝の風物詩を撮影。

気持ちのよい朝をいつもありがとうございます。


さて、往路の機内では、この1ヶ月で3回もお会いすることになったCAさんがおりました。ご本人にとっては不幸なのかもしれませんが^^;

さかた「あれ、長島さん、また」

長島「今日はいつもとお席が違いますね。チャーリー(Cのこと)ですね」

さかた「急な出張が入って」

長島「レシート3枚目ですよ」

さかた「少し変えていますが」

過去2枚のレシートを取り出し

長島「本当ですね。この路線(新千歳~羽田)ばかりですね。」

さかた「週末は伊丹に行きますが」

(少し考えて)

長島「お会いできませんね」

さかた「あちらはCAさん4名ですし、なかなか羽田と入れ替えないようですね」

ということで長島さんからは静岡のシールをいただきました。

Jal1

レシートを3枚持っている一番左の方が長島さんでしたが、またオヤジ抜きの写真を撮ることはできずorz



リベンジは復路にて。

その復路ですが平日の遅い便ということもあり比較的空いていました。

Seat

なんとCAさん対面の3席は独り占めでした。


そして対面のCAさんにレシートレターを渡すと

「初めていただきます」

さかた「そうでしたか。この路線によく乗っていますが初めてでしたか」

「はい、実はこの春に乗り始めました。2月入社なのです」

JAL様、自分で言うのもなんですが子羊を狼の前に配置するのはいかがなものかと。

でも都道府県シールを自ら渡してくれてオヤジからではなくCAさんから会話をするきっかけを作ってくれて(←ここ重要)楽しいひとときを演出していただきました。

■仕事が徐々にわかってきて最近は仕事が楽しくなってきたこと

■新千歳はショップがたくさんあるのでオフの時に見てまわるのが楽しいこと

■美瑛のあんぱんに興味があるが長蛇の列で買えないこと。かわりにKINOTOYAのチーズタルトを教える。

■来年からは国際線にも乗ることになるので英語の勉強をしなければならないこと

などをお話ししました。

Jal2

そしてようやくオヤジ抜き写真撮影成功。

撮影前のこと。ボードを見て

チーフさん「JALの関係者ですか?」

さかた「いえいえ、エスパルスのサポーターで、JALさんはエスパルスのスポンサーをされていますので」

チーフさん「あ~、そうですよね」

ここで写真中央の鈴木さん登場。

鈴木さん「私、日本平で踊ったことがありますよ」

さかた「えっ、JALジェッツですか?」

鈴木さん「そうです」

さかた「最近、JALさん日本平に来てくれなくて。今度是非来てください」

と勝手なお願いをして北海道に戻ってきました。

| | コメント (0)

JALで行ったり来たり(中断期間第2巻)

【J1中断期間はJALとともに】

19日 新千歳→羽田(川崎戦)
20日 羽田→新千歳(川崎戦)
21日 新千歳→伊丹
22日 伊丹→新千歳
24日 新千歳→羽田
26日 羽田→新千歳
30日 新千歳→羽田←今日
30日 羽田→新千歳←今日
03日 新千歳→伊丹
04日 伊丹→新千歳
13日 新千歳→羽田
17日 羽田→新千歳

中断期間はスポンサーであられます日本航空様をたくさん使わせてもらうことになり、本日は日帰り東京出張で搭乗することになっています。

Jal1

そういえばルヴァンカップの厚別の広告看板にはこのようにJAL様の広告が表示されていました。


Jal2

アイスタでの露出度が低いと感じるのはひがみでしょうか。





Cts

何はともあれ本日はこれから新千歳空港へ向かいます。





Jal3

最近オヤジ抜きの写真を撮るのが難しくなっていますが今日は何とかオヤジ抜きをチャレンジします。




Seal

そういえば先週の土曜日の便で都道府県シール2巡目をコンプリートしました。こうなったら北海道勤務中に4巡目までコンプリートしたい欲が出てきました。

Doushin

最近北海道新聞でこちらの記事が目につき個人的に注意を与えてきているように思うので機内では気をつけるようにしますが。

| | コメント (0)

«芝桜を見る