4月12日アイスタに小野選手がやってくる

Temperture

ひところのようなマイナス20℃になるようなことは無くなり北海道で迎えた2回目の冬がようやく終わろうとしています。
とはいえ昨年は6月に暖房をつけているので静岡の真冬並みの気温はまだまだ続きますが。

(ちなみに職場周辺では桜も梅もGW明けに開花です。)

昨日の出勤時にHBC北海道放送の「朝刊さくらい」にて

小野選手の復帰はルヴァン杯の清水戦ではないのか

と報じていました。
ソースはこちら日刊スポーツ北海道版。

News1

先日、宮ノ森(エスパルスでいう三保)での札幌大との練習試合に出場したことが大きな記事になっていました。


News2

記事では4月12日の清水戦の復帰を目指しているとのこと。



平日ですが、みなさん、ぜひアイスタへ。

ちなみに私は北海道で働いています(あるいは働いているフリをしている)ので行けません。

Kuroten

今日の内容はこれだけで、エゾクロテンの続報は後日。




というのも一念発起してまたゲーフラを作り始めたものですから(^^;

| | コメント (0)

再びエゾクロテン(その1)

某裏の掲示板で日程くんの紹介がありました。
http://toyokeizai.net/articles/-/162572
runさん、ありがとうございます。

Jリーグの日程を決める日程くんは新日鉄住金の関連会社の
新日鉄住金ソリューションズ
のソフトが行っていたんですね。
そして、無知とは恐ろしく住金が新日鉄と2012年に合併していたことをこの記事から調べて初めて知りました(^^;

Tomuraushi

さて、その日程くんの決定によりJ1の無い週末でしたので1ヶ月半ぶりにエゾクロテンを見に行ってきました。
向かった先は道東のトムラウシ温泉。


Ten1

宿の入口の横の穴を覗くとビックリポン。




Ten2

昼間に見たのは初めてでした。




Ten3

夜は前回紹介した時と写真では同じような色彩。




つづく。

| | コメント (0)

アントラーズ戦観戦記(もろもろ編)

早いもので前節の試合から一週間経ちましたが、またそのネタで引っ張ります。

Pape

まずはあちら様にも観戦記念の撮影に使っていただいたパペパル。
ご利用いただきありがとうございました。




Menu

場外には初出店の中でひときわ目をひいたお店があったので




Lamen

私もいただきました。

ちなみにS極のシモーネ記者さんも購入していました。



Itou

場外といえば、先日紹介の女神編では男性だったので紹介できませんでしただいいちテレビの伊藤アナ。

杉岡アナはいったいいつ?(^^;


Medeia

その伊藤アナも座っていた記者席にはあちら様のぬいぐるみが。

ぬいぐるみよりも森アナの険しい表情が気になりましたが。



Au

あちら様といえば、あちら様のスポンサーのauさんの広告看板がメインスタンドにありました。
静岡のauはエスパルスを支援。



Add

スポンサーといえば、アディショナルタイムのスポンサーはしずな~びのセキスイハイムになりました。

開幕戦も取り上げたのですが、アディショナルタイムのアナウンス(音声)が前後半ともにありました。アウェーの広島、新潟、柏ではアナウンスが無かったので、どうやら今季からアイスタ独自に行っているようです。

Board

そのアストロビジョンに表示された観客数。
多くのご来場ありがとうございました。

ところで観客数表示にはスポンサーは付けられないのでしょうか?

Niigata

こちらビッグスワンでもスポンサーは無かったので規定に抵触するのか否か?



Media1

観客も多かったのですがメディアも多かったです。
さすが世界2位のチームの注目度は違います。



West

その前で広げられた河井選手フラッグなど。

(メディアの写真の時系列では前後しますが。)



Copul

そして試合が終わり場外へ。

こパルちゃんの“こ”が“co”であることを初めて知りました(^^;

| | コメント (4)

アントラーズ戦観戦記(審判編を書きたかったけれども)

Snow

昨日は雪が降ったりやんだりの北海道は空知地方でした。
春の雪を“あまい雪”と言うそうです。

すぐに融けるからでしょうか。それでも札幌では24cm積もったそうです。


さて、鹿島戦の続きですが、本来ならば審判編を書きたいところですが、もう少しほとぼりが覚めるまで自粛します。

とはいえこの写真だけは紹介したく。
この対戦カードは昔からいろいろとあるので事前察知し今回は特製ボードを用意してきました。
それがこちら。

Ref1

リスペクト・フェアプレーボード。

左からバック副審の金井さん、主審の上田さん、四審の小椋さん。

上田主審はJ2最終戦となった徳島以来のエスパルス戦担当でした。
審判の方々よりも選手達に持ってもらうのが本筋なのかとは思いますが。

上田さん「今日も寒いところから?」

小椋さん「先週北海道に行ってきましたよ。」

小椋さんはコンサの試合担当だったようです。

以前にJ1時代のセレッソvsエスパルスの試合を担当した木村主審

「両チームともフェアプレーで笛が吹きやすかった」

とおっしゃっていたことを思い浮かべた今回の試合でした。

上田主審をはじめ審判団の方々にとっては難しかった試合だったのではないでしょうか。

Sub

余談ですが、試合中の副審の金井さんのポケットの膨らみが気になりました。
いったい何が入っていたのでしょうか。

| | コメント (4)

アントラーズ戦観戦記(勝たずとも女神達は微笑む編)

火曜日は夜に北海道に戻るまで時間があったので三保に行ってきました。

長女「父、元気あるねえ。」

父「無駄に」

別に自分が練習するわけではないので、元気が無くとも寒い雨空の下、傘をさしてみていました。
練習再開初日でしたがギャラリーは10人程度だったでしょうか。

Nishibe

いつもと違うカメラ持参でぼけてしまいましたが、西部選手も合流していました。



Chiago

チアゴ選手はまだフィジカルがついていけていない感じできつそうでした。




Iida

お目当ては飯田選手。
これだけ少ないギャラリーなので選手を呼び止めるのも容易ではありませんでしたが、はにかみながら来てくれました。
ルヴァンにはご両親は観戦に来られたそうです。

さて、鹿島戦の個人的に明るいネタです。

この日思わぬ再会がありました。

鍋田くん&佳代さんチームから

「大嶋さんを見かけたよ」

という一報が入りました。
大嶋さん?と思われる方が多数と思いますので解説します。
大嶋さんとはJリーグの中の人で、あの昇格を決めた徳島でお会いした幸運の女神です。

Ohshima0

その時の写真がこちら。
“飯田淳平”と呼び捨てにするほどの飯田主審との仲だそうです。


その時の模様はこちらで紹介しています。

その後、大嶋さんに粗品を贈ったところ先週お礼のはがきをいただいたところでした。
その文面に

「また、どこかのスタジアムでお会いしましょう」

と書かれていたのです。

探さないわけがありませんが、どうやって探すのか皆目見当がつかずパペパルの前で呆然としているとなんとそれらしき方がやってきました。

さかた「大嶋さん!」

大嶋「あら~、(はがきに書いた通りに)お会いしましたね。」

さかた「はがき、ありがとうございました。髪型かわりましたね。」

ここ重要!
コーチングにおける承認行為ですが、度が過ぎるとセクハラになります。

とまあお会いできてホットしてしまい写真を撮り忘れてしまいました。
再び大嶋さん探索の旅が始まりました。

あの混雑の中、バクスタ側コンコースに行くとまたまたお会いすることができました。

Ohshima

運良く知人の青山さんがいたのでこちらの証拠写真を撮ってもらいました。



Board1

この日同じくJリーグの竹内さんとアイスタに来た目的は
■副審の唐紙さんの100試合担当記念セレモニー
■大震災募金活動
などの視察だったようです。

さかた「今日勝てば大嶋さんはエスパルスにとって勝利の女神ですよ。」

大嶋「そうなりますかね。」

結果は残念でしたが、またどこかのスタジアムでお会いできることを楽しみにしています。
ありがとうございました。

さて、思わぬ再会を果たした前の出来事です。

開幕戦では姿のなかった森アナを“森アナ一筋●年”ミスターX氏と待っていました。

Mori1

私にとっては年が明けて初めてお会いしました。

森「いや~、ここ(アイスタ)はやっぱりいいですよね。」

森「そういえば先週札幌にロケに行ったんですよ。」

さかた「連絡くれれば見に行ったのに。」

森「するわけないでしょ。」

すいません、調子に乗りすぎました。

Mori2

六花亭のおみやげを渡し、サインをいただきました。
物々交換ではありませんが。




Mori3

ミスターX氏はオリジナルネームのユニ初公開。





Mori4

このようなサインをもらっていました。
写真がボケてしまいすいません。


森アナはダービーの取材には来られるそうですが、エコパでは構造上お会いすることはまず無理なので次回は4月のアイスタでしょうか。

続いて来たのはテレビ静岡軍団。

佐藤ディレクター「今日は室伏連れてきています。」

Murohushi

ということでめでたく室伏アナ確保。

「今日も頑張りましょう」

資機材運搬の中ありがとうございました。

Ow1

この日は負けてしまった為に試合後おオレンジウェーブとの触れ合いはなく。



Ow2

思えばJ2の昨年も春先は触れあうことができませんでした。




Yuuko

しかしオレンジウェーブの元キャプテン裕子さんとは事前に触れあっていました。



勝てませんでしたが多くの女神さんと触れあった満足感を胸に羽田空港へ向かいました。

Board

「さかたが乗る飛行機は遅れる」
ジンクス発動中でした。


すっかり(自分の中では)恒例となったレシートレター作戦を敢行。
見事的中しCAさんにウケました。
その後、このような会話もありました。

荒川さん「エスパルスがお好きなんですね。」

さかた「はい。」

荒川さん「私、ジュビロが好きなんです。」

さかた「あれ、荒川さん、神奈川ですよね。」

荒川さん「福西選手が好きだったんです。」

さかた「最近はNHKに出ていますよね。」

Jal1

右から3人目が荒川さんです。

そして右から2人目が芹沢さん。
実は三島市在住のCAさんでお会いするのは2度目で、お互いにすぐわかりました。

さかた「あれ、加茂川の!」

Card

531便のみなさん、どうもありがとうございました。




今回もいろいろな出会いのあったホームゲーム遠征でした。

| | コメント (0)

アントラーズ戦観戦記(お詫び)

昨晩、北海道に戻ってきました。

Jal

もちろんJAL利用です。今年度羽田発は今回がラストフライト。



そういえば、先日ツイッターにこのような投稿を見かけました。

「コンサドーレ札幌のサポーターはスポンサーであるサッポロビールのシェアが低い旅館を聞き出して弾丸ツアーを開催する事があると。
サッポロビール置いて無くても頼み込んで大量に注文→飲みきるの流れ。
サッポロビールからお礼の言葉も貰っているそうです。
奴らは本気だ。(;゚Д゚)」

札幌さんが本気ならば、お礼の言葉を貰っている云々は別にして私たちもJALを利用しているのは事実(^^;

Kakuda

本題ですが、先日の角田選手の中指立ての件に関してチームの裁定がリリースされました。
鹿島の皆様をはじめサッカーを愛する方々も含め多くの方々に一ファンからもお詫びいたします。
どのような理由があろうとも今回の事象は許される行為ではありません。

また、ツイッターネタなのですが、以下に以前にこのようなものを見かけてメモしておいたものを紹介します。

「お前は見られている」が宗教。

「見られていなくても」が道徳。

「どう見ているか」が哲学。

「見えるようにする」のが数学。

「見ることができたら」が文学。

「見えている事にする」が統計学。

サッカー界にも通じることで、「見られていなくても」の心、道徳が大切だと感じました。
今回はカメラに映しだされたことが起因していますが、たとえテレビに映しだされなくともやってはいけないことですから。

なお、謝れば済む、と思っているつもりはありません。

| | コメント (0)

アントラーズ戦観戦記(幸せなスタジアムを作ろうよ?)

今日は有休を取ったので夜に北海道に戻ります。
次回帰静はダービー。

では、今回の観戦記ですが、往路は東名を利用しました。

Mirror

こちらのショットをかねがね撮りたかった為です。
ドアミラーの中の富士山!(自画自賛)



Clock

到着したのは朝8時過ぎ。




Line1

ところがゲート以外に既に何やら行列ができていました。




Line2

こちらのクマのぬいぐるみでした。
聞くところによると先頭は朝6時頃から並んでいたとか。



Bear

実物はこちらです。




私は朝8時過ぎから何をしていたのかというといろいろな女神や審判を待っていました。

Ball

トイレに行ったついでにピッチ状況測定を見ていました。
こちらは転がりの測定。



Ball2

1カ所あたり数回メジャーで計測していました。




East

東サイドでは待機列に鹿島サポさんもちらほら。




Car

そうこうしているとアントラーズの用具運搬車が到着。
2年ぶりということもあったのでしょうが、バックでの進入にかなり苦労していました。
内輪差がネックだったようで松本さん並みの時間がかかっていました。


Pul1

そしてパルちゃんファミリー登場。





Pikal

ピカルちゃんは必勝祈願。

御利益無く申し訳ありません。



Kopul0

こパルちゃんは東日本大震災募金。




Kopul12

横には竹内選手。




Kashima

場内には多くの鹿島サポさん。
遠路はるばるのご来場ありがとうございました。
(含む自分)


Ow

試合終盤、オレンジウェーブは勝利を信じて応援していました。




Fin1

無念の試合終了。




Fin2

六反選手に起こされる犬飼選手。




Refree

上田主審と目があったような。

お疲れ様でした。

審判編は後日。

と話しはここで終わろうと思えば終わるのですが、試合後の場外では鹿島サポさんとこパルちゃんとの触れあいがありました。

Kopul1

日本平だけではないのですが、J1のスタジアムではこういう光景はあまりないですよね。




Kopul2

満足して帰路につかれたでしょうか。




Kopul3

こちらはシャトルバスへ向かう鹿島サポさんへのポーズ?




いろいろとあった試合でしたが、最後はほっこりしました。
手前味噌ですが

「ありがとう、こパルちゃん。」

| | コメント (0)

アントラーズ戦観戦記(症候群について考える)

まずはじめに角田選手の件では鹿島さんには申し訳ありませんでした、と一サポーターからもお詫びをします。

その上で、

鹿島との試合は、プレーの内容よりもそれに付随する附録とも言える揉め事が多いような気がします。マリーシアという言葉では片付けられない何かがありまして。

もったいない気がする訳です。プレーそのもの以外のことでゴチャゴチャするのが。「それも含めてサッカーだよ」と言われる方が多数かとは思いますが、せっかくの試合に水を差すようで。
(水を差す、といえばこの試合、水をまきすぎて滑る選手が多く、これまたもったいなかったと思いました。)

私の職場にはアスペルガー症候群(以下アスペ)がいて、というかいることがわかり、その影響で年が明けてから毎週のように北海道と本州を往来していました。
ここではアスペそのものの説明は割愛しますが、鹿島さんを見ていてアスペを思い浮かべました。鹿島さんを、そしてアスペを卑下するものではなく、この試合の鹿島さんを見てあらためて双方の症状が似ているのではないのかと思ったのです。

Kanasaki

金崎選手の投入により試合内容は不穏な雲行きとなりました。
角田選手の行いを棚に上げて、と言われそうですがフェアプレーに関してです。



Aoru

案の定、松原選手とやっています。









Heal0

鹿島の遠藤選手と清水の野津田選手がやってきます。






Heal01

状況を確認。

上田主審も大変です。



Heal

ここで金崎選手を止めたのがうちの野津田選手。





Heal2

なぜに遠藤選手は止めに入らなかったのか。





Heal4

こういうところにアスペを思い浮かべたわけです。

エスパルス側は犬飼選手をはじめ集まってきたのですが、鹿島は傍観の遠藤選手だけというところに違和感を感じました。

| | コメント (10)

アントラーズ戦観戦記(ゴール後集)

おはようございます。
みなさん、悔しい夜を過ごされたかと思います。
私もそのような気分を半分だけ持ち過ごしました。
半分?とお思いの方が多いかと思いますが、その事情は以下の通りです。

金子選手のゴールが決まった時は、ホームでは滅多に立ち上がることはないのですが、拳をあげて喜びました。私の気持ちはそれくらいアントラーズには勝ちたかったのです。

試合が終わり残念な気持ちと悔しい気持ちがいっぱいのところだったのですが、なんと同行の配偶者の悔しさの方が半端無く

「チクショー、悔しい~、気分わる~」

を連発。もともと我が家は私以外(=女性陣)は負けん気は強いのですが。
そして、その矛先の一部が朝の早出になってしまったものですからたまりません。

「朝8時に着いてこんな気持ち。そもそも指定席なのになんで毎回こんなに早く来る!?」

となったものですから、まあ次回はエスパルス様におかれましては是非勝っていただきたく。

さかた家の円満はエスパルスにかかっている、と言っても過言ではありません。

気分直しに昨日のゴール後の表情です。

1st1

まずは金子選手先制点。




1st2

立ち上がってしまったので撮るタイミングは遅れてしまいました。




1st3

角田選手の喜びも爆発。




1st4

当の金子選手の表情がようやく確認できました。




2nd1

続きまして白崎選手の追加点。




2nd2

トリオ・ザ・前線





2nd3

六平選手も加わりました。




ここまでは最幸の週末だったのですが(泣)

| | コメント (3)

ルヴァンカップ柏戦遠征記(エスパルス戦初の6人制)

ルヴァンカップに向けて急遽ゲーフラを改修しました。

Gf5

もとのゲーフラはこちらナビスコ用。
これを最初から作る気力はなく、3マスに黒い布を貼り付ける作戦にしました。


Gf6

北海道単身赴任のお供ミシンを出して縫いました。




Gf

スカパー!さん、ありがとうございます。
(田中さんの写真無断借用)



Board

さて、スタジアムでの出来事の前に、




Kashiwa2

柏神社の前の鯛焼き屋さんに寄りました。




Kashiwa3

鳴門金時入りの鯛焼き、1個160円はとてもおいしかったです。
リーグ戦の時に是非おためし下さい。



Ume

そして待機エリアに到着。
花が咲いていました。
先日紹介した警備員さんが

「あの花はなんだった?」

と聞かれてこの写真を見せました。

「梅だね。」

北海道ではGW明けが見頃です。

Kashiwa4

開場まで時間があったので徘徊しているとチャレンジャーなお店がありました。
この明日の対戦相手のサポーターですが、警備員泣かせのようです。

日本平では負けても暴れないでおとなしくお帰り下さい。
ちなみに私はカシマスタジアムでエスパルスが勝った試合にペットボトルの水をかけられました。いまでも根に持っています。

Refree1

入場してのお楽しみは審判ゲーフラを掲げることです。

岡部主審が気がついてくれました。


Refree2

そしてこの日の審判団6人を集めてくださいました。

岡さんが四審の熊谷さんに説明していました。



Refree3

記念となるエスパルス戦初の審判6人制の方々です。

右から野田さん、バック副審の村上さん、主審の岡部さん、メイン副審の越智さん、四審の熊谷さん、そして岡さん。

どうもありがとうございました。
よい思い出になりました。

Oka

そして、こちらが試合中の岡さん。




Noda

柏側ゴールの野田さん。




Spray

試合中の写真はこれ以外にはバニシングスプレーを使用する岡部主審だけでした(^^:



ちなみにこの試合も無警告試合でした。
今季もフェアプレー賞受賞ペースなのではないでしょうか。

| | コメント (2)

«ルヴァンカップ柏戦遠征記(パペパル設置顛末記)