« 優勝! | トップページ | 解禁 »

誇れる何か、あるか

先日紹介した無料情報誌「R25」ですが、いつもは木曜発刊なのに、昨日特別号が出ました。その名も「サッカーアールニジュウゴ」。内容はFIFAクラブワールドカップがメインなのですが、無料の割にはおもしろいネタ満載。
・本大会に進むのはガンバ大阪か?大混戦を勝ち抜いたJリーグチームか?
・サッカー王国ブラジルで実際に起こった”ありえない”仰天サッカー事件簿
・世界で最も有名(?)なサッカー漫画『キャプテン翼』はこんなにすごかった!
などなど。
ブラジルネタでは、、、、、
1970年にブラジルがW杯で3度目の優勝という偉業を達成した際に国旗に描かれた地球儀をサッカーボールに変えようとして国会でわずかの差で否決されたらしいです。

さて、たびたび紹介している朝日新聞のコラム「side change」(潮編集委員)の今朝の題は『誇れる何か、あるか』。
「大詰めを迎えたJ1は、上から下まで団子状態がなお続いている。」 という書き出しで、残留争いのチームと優勝争いのチームの対戦模様を描いています。例えば、川崎と大宮の対戦より川崎・高畠監督のコメント、「大宮は気持ちで戦っていた」、大宮・藤本選手「我々は相手がどこであれ、勝たないと後がない」。「互いのコメントを拾っていくと、「モチベーション」や「集中力」という言葉に行き当たる。」
「勝てば得る立場と、負ければ失う立場」
そして結びのコメント
「タイトルを逃しても、降格しても、誇れる何かを持っているクラブは幸せだ。あなたが愛するクラブには何かがあるだろうか。」

|

« 優勝! | トップページ | 解禁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誇れる何か、あるか:

« 優勝! | トップページ | 解禁 »