« 見えなかったもの | トップページ | 隣の芝生 »

我が敵は我にあり

失点すると途端にズルズルと精神的に後退するところを見ているとメンタルをしっかりしないといけないですよね、と思わざるを得ない今日この頃。
どう見ても次節の相手アントラーズの方が一枚も二枚も上手で巧者ですが、まずは己を信じて戦って欲しいものです。精神論はプロ野球の評論家がよく口にして好きではないのですが。
フローデのコメントでも、まずは自信を持って という言葉があったようですし。

◆ところで今朝の朝日新聞の運動面コラム「自由自在」はおなじみ忠鉢さんによる「有料で若手育成 異論・批判生かせ」 ということで、サッカー協会がJ1,J2の20歳以下を対象に今月24日から3日間静岡県内に集めて実施する若手強化策の件をとりあげています。
・北京五輪惨敗を受け手の、若手強化策を実行に移すスピードは他の競技団体も手本とすべき
・一人2万円の参加費を払ってまでいく価値があるのか各チームの強化担当者は疑問を持っているようだが、異論や批判を次に生かす取り組みになれば、その点でもまた他の競技団体の手本となる
などなどが書かれています。

|

« 見えなかったもの | トップページ | 隣の芝生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が敵は我にあり:

« 見えなかったもの | トップページ | 隣の芝生 »