« 天童、そこはとてもフレンドリーだった | トップページ | いろいろな馬鹿 »

山形観戦記

シャトルバスから降りてメインスタンドの前あたりからフードコーナーが出現。
Curry01
その中に噂の炎のカレーパンを販売していました。



Curry02
今回のエスパルスバージョンは、中味がまぐろ、桜えび、みかんの3種類。お値段は各250円。


Wate
カレーパンを購入してアウェー側に向かうとこのように長蛇の列。スタジアムも含めなんとなく小瀬に似た雰囲気でした。


Stand
アウェー側はさすがに満席とはならず。浦和は溢れていたようですが。



President
スタンドに社長登場。記念撮影に応じていました。



Board
こちら我々の後ろに位置していた掲示盤。少々古いのか画質が荒かったようです。


Refree 全体的に時代劇を思い出させるようなCMや選手紹介の映像が多かったです。
特に笑いを誘ったのが選手紹介。
山形のスタメンまでは通常の時間の長さだったのですが、それが山形のサブの紹介に移った途端に堰を切ったようなスピードで選手名が告げられ、「オーレ」の間の手も入らぬ程の速さで、エスパルス側から笑いを誘っていました。
その後にこの審判団の紹介。突然大きく明朝体での表示はやはり時代劇風?

Cl01 うちでいうオレンジウェーブ?年齢は明らかにこちらの方が若く。


Cl02
こちらもかなりスピーディーでした。



Imoni
こちらは名物の芋煮。



Imoni02 左は1本100円の 玉こんにゃく。




Kyoryuu
場内に目を移すとこのような物が。



Outsource
そして手前に目を移すと、このような広告看板が。



Busstop
試合終了後、宿泊せず夜行バスに乗り帰ってきました。

|

« 天童、そこはとてもフレンドリーだった | トップページ | いろいろな馬鹿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山形観戦記:

« 天童、そこはとてもフレンドリーだった | トップページ | いろいろな馬鹿 »