« 等々力には行きませんでした | トップページ | 審判云々 »

キャラを泣かせた男

川崎戦でキャラことヨンアピン選手に
「12人相手に戦った。あと1枚で出場できなくなる。」
と嘆かせた男、それは 井上知大主審。まずこのお名前をなんと読むのだろうか、ということから始まるわけで、ともひろ と読むそうです。
1978年生まれの33歳、兵庫県出身、J1は2009年から笛を吹いています。私の記憶ではまだアウスタに来たことはないかと。
今季先日の試合を含めここまで16試合の主審を務めています。
エスパルス戦はアウェーの甲府戦で吹いています。この時はご存知のとおり2-1でエスパルスが勝ちました。ちなみにお隣ジュビロ戦は2試合務め2試合とも負けています。
イエローカード率は1試合あたり3.3枚で全審判のうちの15位。キャラは運が無かったのかもしれません。
「ワシにはあの審判がようわからん。前もそうじゃった」
今季Fマリノスの木村監督にそう吐き捨てさせた井上主審。

今季つくづく審判運に見放されています。

|

« 等々力には行きませんでした | トップページ | 審判云々 »

エスパルス」カテゴリの記事

コメント

いつもながら、痒い所に手の届く話題を取り上げて下さりありがとうです。

現場で『えーっ?』と思っても、映像で見るとなるほど~なんてこともありますが、今回のキャラはかわいそうでした。アレックスも。

判定を判定する人っていないんですか?

オリベさんのチームとか、今年の審判履歴はどうなんでしょうか?

比較的おとなしいうちのチームはなんだかハズレの・・・以下自粛

投稿: いとちゃん | 2011年9月27日 (火) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517748/52840428

この記事へのトラックバック一覧です: キャラを泣かせた男:

« 等々力には行きませんでした | トップページ | 審判云々 »