« FES2012 河井選手を追う | トップページ | ナビスコ大宮戦 勝ちロコ »

バイク(訂正)

昨日の厚別生観戦組は勝ち組でしたね。
まあ、平日の夜の北海道では札幌勤務もしくは出張でなければ行くことができませんのであきらめていましたが。サッチョンも短期間ならばあこがれるところです。

さて、件名のバイクですがモーターではなく自転車です。

Bike

先日予約開始となったこちらのエスパルスオリジナル自転車。




Bike02_2

そこで少し調べてみました。
ベースはGRQのF-BMXです。
そこでこちらのHPをのぞきました。



ストリートバイクと折りたたみ自転車のイイとこ取り。

どちらかに決められなかった人、朗報です。

ストリート仕様の折りたたみ自転車ってないの?なんてユーザーのワガママにお応えし、GRQよりリリースされたのがコチラのF-BMX。なんと折りたためて運べるBMXっていうから、ちょっとオドロキでしょ?

「でも折りたたみ自転車の仕様のBMXって、どっちも中途半端になりそーじゃない?」なんて声も聞こえてきそうですが、そこはご安心を。折りたたみ自転車としての機能はもちろんのこと、BMXのスペックやストリートテイストも抜かりなく備えてます。ボリューム満点なのにスッキリまとまった、とってもスマートな自転車なのです。

こちらのF-BMX、男性の方にはもちろんですが、我らハックルはぜひ女のコにも乗って欲しい!ちょっとゴツめのこんな自転車に乗ってる女のコ、個人的に大好きです。

といううたい文句でした。

Antlers

さて、先行して販売しているアントラーズのものと価格に違いがあり、卯月さんから質問がありました。
スペックを老眼の目を凝らして比較してみました。

◆クラブオリジナルパーツ
□フロントに特注アルミ製、クラブエンブレム
□クラブロゴ入りチーム専用カラーフレーム
□リアフォーク(マッドブラック)
□クラブロゴ入り専用シート
□チーム専用カラーブレーキワイヤー

違いは太文字のカラーブレーキワイヤーでした。アントラーズは赤、エスパルスはデフォルトで黒でした。

しかし価格はアントラーズ29,400円に対し、エスパルス38,000円。
この8,600円の差はいったいなんなのか、結局解明できず。

FES2012では各限定50台でしたが、9日の大宮戦では既に限定20台となり、どうやら売れ行き好調のようです。

|

« FES2012 河井選手を追う | トップページ | ナビスコ大宮戦 勝ちロコ »

エスパルス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~ さかたさん

早速エスパルス折り畳みBMXのSDH駿東第一号の発注

うらやまち~ぃ です。

カシマとの価格差は50台対300台と云う

量産によるイニシャルコストの差でしょうか?

投稿: MIKI | 2012年6月 7日 (木) 23時37分

わざわざ調べてくださったんですね。すみません。
わたしも老眼駆使して見たんですが
そのわずかな違いすら分からなかったです。

オレンジは送料込み38000円。
あちらは送料も代引き手数料も明記。

さらにオレンジは
>配送システムの都合上、
お届け時の代金引換はお選びいただけませんのでご了承ください。

うーん。

MIKIさんの意見読んでなるほどと思ったんですけど
もしかして大人の事情ってやつでしょうか?

投稿: 卯月 | 2012年6月 8日 (金) 00時14分

MIKIさん、卯月さん、おはようございます。
寝ずにいろいろと考えました(嘘)

が、結局受注生産ということでMIKIさん案ではないのかと。

他に考えられるのはアントラーズ製は住友金属のフレームを使っているから安いとか(^^;

投稿: さかた | 2012年6月 8日 (金) 06時14分

主婦的突っ込みで悩ませてしまってホントごめんなさい。

よく考えてみればエスパルス仕様のものは
後援会特典ポイント及びパルPO利用でき販売システム自体が違いますね。

それにオレンジバージョンの方が見た目にも凝っていて断然カッコイイ。
ありがちなあちらのデザインに比べ
ロゴ部分でブラックを効果的に使用して
高級感漂うビビットオレンジで塗装自体が全く違う感じです。

やっぱり量産品と特注品の違いでしょう。

ビーチクルーザーとそれぞれ限定20台になってしまってちょっと不安ですけど
アウスタで予約出来るかちょっと不安です。(結局買うのね)

投稿: 卯月 | 2012年6月 8日 (金) 22時46分

初めまして。
自転車好きなので興味深くエントリを読ませて頂きました。
自転車の外観だけ見ると、エンブレムとフレームは清水のほうが手間がかかっていそうですが、それで8千円以上の価格差にはならないでしょうから、MIKIさんの仰るとおり300台と50台という量の差なのでしょうね。
この手の折り畳み自転車は中国の工場などにまとめて発注しているものなので、GRQの元の自転車が22500円で、300台作成の鹿島版が29400円、50台作成の清水版が38000円というのはそれなりに妥当かと。
ビーチクルーザーと折り畳みで50台づつに分散したのも痛かったかもしれません。

投稿: real_oranges | 2012年6月 8日 (金) 22時50分

>卯月さん
 アントラーズの場合
 フレーム →トステムのサッシ
 タイヤ  →イエローハット特注
 ではないのかと(嘘)
 
>real_orangesさん
 いつもブログ楽しく読ませてもらっています。
 たしかに2種類発売は厳しい感じがします。個人的には折りたたみ1種類でよかったのではないのかと。
 完売すれば増産→値下げ ということにならないかと期待しています。無理か(^^;

投稿: さかた | 2012年6月 9日 (土) 06時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517748/54898997

この記事へのトラックバック一覧です: バイク(訂正):

« FES2012 河井選手を追う | トップページ | ナビスコ大宮戦 勝ちロコ »