« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

ベガルタ戦観戦記(終了間近~勝ちロコ編)【J特】

Board

試合も終盤、アディショナルタイムあたりからの画像です。





Yutaka

元紀に代えて吉田が久々にピッチに。




Ow

オレンジウェーブもいつものように勝利の瞬間を待っています。





Pul

パルちゃん達はベガルタベンチ裏にてスタンバイ。





Hachi

そして試合終了。





Hayashi

林も嬉しそうです。





Touch

ハイタッチに





Kim

抱擁(兄弟が隣同士)





Aisatsu

両チーム挨拶に





Aisastu02

エスパルスの審判団への挨拶。





Senuma

パルちゃん人形を持った瀬沼と





Kim2

金はどこへ行く?





East

珍しいことに東サイドのエスパルスファンへプレゼント。





Banzai

そして西サイドではこのように万歳モード。




そしてそして瀬沼くんがyoutubeで勉強した勝ちロコです。

| | コメント (2)

現役大学生Jリーガー瀬沼優司選手【J特】

瀬沼選手のゲーフラを早く作らないと、ゲーフラ無くてもどんどん得点してしまいそうです。
そんな瀬沼選手が本日のヒーローでした。

Senuma01

ウォーミングアップ時。





Senuma02

そして後半途中から出場し、見事勝ち越しゴールを決めた直後のポーズ。





Senuma03

ゴールの番人がなんでこんなところにまで。





Senuma04

ガッツポーズ。

そしてヒーローインタビュー。

| | コメント (2)

See You Again! Alex

日本での公式名はアレックス・ブロスケでしたが、本当はアレックス・ブロスキだったかと思います。そのアレックスのエスパルスのデビューは

Alex01

こちら昨年の開幕試合となったアウェー日立台。
大震災前の唯一の試合でした。




Alex02

そして大震災直前の3月9日の三保にて。
ニックネームのBrosqueyは気に入ってくれました。



Alex03

アウスタデビューはジュビロとの静岡チャリティーマッチダービー。
喪章をつけての出場。



Alex04

サインをするアレックス。





Alex05







Alex06







Alex07







Alex08






またアウスタに来る日を待っています。
青色のユニフォームではなくcoldsweats01

| | コメント (0)

雑記

エスパルス20周年企画『あなたのゲームシャツが掲載できるチャンス!!』
なる企画が昨日発表になりましたが、
『あなたのゲーフラが掲載できるチャンス!!!』
はないのでしょうかcoldsweats01

アレックスに引き続き小野選手も移籍秒読み。
昨日三保で最後の練習を終えたとか。
本日、アレックスともどもリリースということになるでしょうか。

Suntou

もう、タカとの二人そろっての姿を見ることができなくなるのは寂しい限り。




三津シーパラダイスのこちらの活動はどうなるのか気になるところ。

Calender

そういえば11月のカレンダーはこちら。




来年のカレンダーも編集が終わっているのかもしれませんが、ここ数年の移籍動向を見るにつけ、レイアウトは変えた方がいいように思うのは私だけでしょうか。
「カレンダーの祟り」とは言いませんが、選手個人をアップするよりも今季の試合のダイジェストシーンとか、勝ちロコ12ヶ月(12回もアウスタで勝ちロコはしていませんが)とか。
個人的には今季後半のポスターのようなものや、J'Sゴールで企画している「J風景」のようなものが好きです。

さて、明日のベガルタ戦、首位戦線にいるチームだけに主審もそれなりの人が来るのでしょうか。ベガルタは主審とのコミュニケーションをうまく取っている、と聞いているのでその辺りも明日は注目して観戦したいと思います。心に余裕があれば、ですが。

| | コメント (3)

さらばアレックう

アルアインが26日にアレックスと2年契約をしたと発表したそうです。
エスパルスサポーターの多くは急転直下、青天の霹靂 そんな文字が頭の中をぐるぐると回っているのではないでしょうか。

(以下ネタ=嘘です) 今回の移籍の要因の一つに「日本の審判のジャッジに嫌気がさした」があり、こんなところにも西●さんの影響があったわけで、どこまでエスパルスを苦しめてくれるのかと思う今日この頃。

Alex

私が見た最後の姿は先週の三保。





Alex02

この時は何の取材を受けていたのでしょう。





Alex0

こちらのゲーフラもわずか2年弱で使えなくなるとは。





Alex05

ゴールをたくさん決めてACLへ、という今季の目標はエスパルスでは実現できないとの判断だったのでしょう。



一連の流れのまだまだ序章なのか、はたまた終章なのか。
(まあ、前者なんでしょうね。)

| | コメント (0)

雨の三保

セレッソ戦の翌日、雨の三保に行ってきました。

Gala

雨ということもあり昨年の今頃のユングベリフィーバーがはるか昔に感じられる程ギャラリーは少なく、ファンサでゾーンで選手を捕まえるのは至難の業でした。


ゴトビ監督と挨拶を交わした際の監督のことば
「昨日の試合は今季最悪(worst game)のできだった」
「ホニャララを変えなければ(change)ならない」
私の耳ではホニャララが聞き取れず。

Umre

さて、雨ということでビデオカメラは濡れないように細工。





Asano

カメラマンの浅野通訳が出てきました。





Asano2

そしてこのようにやぐら上でお仕事。





Kan

こちらは私のお目当ての姜選手。
ゲーフラを見つけるなりすぐにサインをしてくれました。




Ono

こちらは渦中の小野選手。





Ono2

グラウンドでは表情は明るかったです。





Ono3

ミニゲームでは白ビブス=フリーマンをつとめていました。

この姿いつまで見ることができるのか。



Gate

練習を終えて今日の目的、ご本人とゲーフラのショット。
どうもありがとうございました。




Hati

実は八反田選手のゲーフラも持っていったのですが、スタメン組は室内練習で姿を見ることはできませんでした。



さて、ラジオでもカン選手が言っていましたが、清水の「牛若丸」は誰が似合っているのでしょうか。
個人的には高木選手かと思うのですが。
みなさまのご意見をお聞きしたく、その結果をもとにゲーフラを作ろうと思います。

| | コメント (10)

南長野と三保と

なかなか帰省しない長女に会いにこの連休最終日に日帰りで長野に行ってきました。
新東名ができたので三島からは時間が読めるようになり280kmを片道4時間で行けるようになりました。(新清水から52号を利用)

Seika

こちらはオリンピックの聖火台。









Main

そしてJFLで目下首位を走る長野パルセイロのホームグラウンド南長野。
昨年まではここで松本山雅との信州ダービーが行われていたんですね。




Board

パルセイロのチームカラーはオレンジです。




Goal

スタンドの改修を相当しないとJリーグの規格は満たすことはできません。

来季J2に上がるとなると間に合うのでしょうか。


さて、一昨日の三保の続きです。

Track

出迎えてくれたのはこちらのピッチ用機器。メンテナンスをしているようでした。



Gk

GK練習




Atom

アトム選手は別メニュー。





Atom2

足はよくなった、と言っていました。





Toshi

こちらは高木選手。室内連取後にピッチに出てきました。




Afshin

フリーマンへの監督の指示風景。




Sub

サブ組によるゴールの片付け。この中に小野、高原、ダイゴがいるわけで、何とももったいないと思うわけです。



Set_2

こちらはレギュラー組によるセットプレーの練習。





Back

また後ろ姿を撮ってしまいました。





Calla01

練習が終わりファンサのひとこま。





Paper

ゲーフラ認定証英語版です。
よく読んで笑っていました。



この日はギャラリーが少なく、呼び止める人が殆どいなかった為に選手はあれよあれよとクラブハウスへ。
従いましてカン選手も捕まえることができずゲーフラへのサインはおあずけとなりましたOrz

Asano

浅野さんにはもらったのですが。

| | コメント (2)

突然ですが三保に行ってきました

本当は来週休もうと思ったのですが打ち合わせが入り、本日休みを取り4連休、そして4ヶ月ぶりの三保に行ってきました。

Calla

さて練習前ですがゲーフラのよしみでポーズをとってくれました。




最後にゴトビ監督が出てきて握手。
「土曜日は勝てなくてすまなかった」とのこと。

Circle

さて、いつものように円陣。




Gk

練習がはじまりGK陣はいつものように右の隅の方でディドコーチのもとに練習。
海人とディドコーチの視線の先には



Miho01

何を見て笑っていたのかというとこちらです。
ギャラリーが少なかったので広げてみました。




Kim

練習の様子は割愛
(こちらは金選手と三吉選手の競り合い)




Asano01

練習後にどこに隠れていたのか浅野通訳が出現。




最近は通訳だけではなく、ビデオ撮影や編集も勉強中とのこと。
従いましてアウスタではピッチではなくスタンド、三保ではやぐらの上にいるそうです。

Asano02

このゲーフラとも初対面でした。




Hati

こちらは八反田選手から許可の下りたゲーフラ案。
ベガルタ戦までには作成します。




Kawai

こちらは河井選手の認定書。





Acl

このゲーフラを見せて説明した際に監督は
「ACLへ行くにはあと7勝必要だ」
と言いました。
残り9試合を考えるとかなり高いハードルですが、それを越えられるかエスパルス。

| | コメント (4)

FC東京戦観戦記(なんとかヴィッチ編)【J特】

本人には失礼なのですか、はっきり言って覚えられません。
FC東京の ネマニャ・ヴチチェヴィッチ 選手。
         ↑
      この綴りもオフィシャルからのコピペです。

Vic02

昨日の試合は彼の投入で流れがFC東京に傾きました。
うちの石毛→アレックの交代で流れを相手に渡してしまった、との見方もありますが、うちがカードを切る前のヴチチェヴィッチ選手の投入から既に流れはFC東京でした。
前半の石川選手と違い、後半は逆サイドのうちの右サイドを主に狙われていたように思います。
まあ、先日のナビスコ第1戦でも彼の投入から結果的に逆転を許しているわけで(内容はともかく)、ある意味あちらさんの勝利のジンクスなのかもしれません。

ちなみにヴチチェヴィッチ選手をいまだに正確に言えず、観戦中も我が家では
「何とかビッチ」
と呼んでいました。

Vic01

正確な綴りはこちらです。





Yama01

さて、何とかビッチ選手の話はさておき、開場前にまた撮ってしまいました。
言い訳をするとオフィシャルフォトグラファーの山口さん(写真左)の写真を撮ろうとしたら、たまたま入ってきたわけで(少し嘘)

Pikaru

さらに言い訳をすると一応ピカルちゃんにも興味を示していました。





Shot

さらにさらに言い訳をすると、このようにハーフタイムにはかわいい被写体をパチリと。
「うちの娘達もこのように育てたかったんでしょ」
という山の神の声。

Ideboku01

次に動かぬ被写体ですが、こちらは好評のいでぼくのメニュー。





Ideboku02

マンゴー味を購入したのですが、写真と違いコーンは付いていませんでした。
写真はイメージ との注釈がありましたのでやむなし。



Yakitori

次に限定のVSグルメ。





Yakitori02

おいしかったですがなぜに鳥なのかは?




Fujisan

ちょくらビジター側へ行くと富士山が顔を出していました。
多摩地方から見るよりも大きいでしょう。




Iemoto01

そうこうしているうちに審判団のピッチチェック。
家本さんのアップです。外見はCAPSの分類からいくとコントローラータイプに見えますが果たして。
そしてこの日は取材のクルーが張り付いていました。
ピッチ管理者の佐野さんの取材だったようで


Pitsh

試合後もこのようにカメラが回っていました。
ちなみにこの日の芝丈は14ミリ、夏場よりも伸ばしていました。

| | コメント (0)

FC東京戦観戦記(開場前編)【J特】

Flag00

昨日もかみさんを引き連れアウスタに行ってきました。
連れて行った試合は鹿島(アウスタ)、名古屋(アウスタ)、札幌(札幌)と今季三戦三勝ということもあり。
とはいえ
「ナイターなのにどうしてこんなに早く出発するの?指定席なんでしょ。」
「早く行く気分が私にはわからない。ちょっと変じゃないの。」
などなどまあ出航にてこずり家を出たのは13時30分。
列整なんて絶対に耐えられないであろうかみさんをドリームプラザで降ろし、一人でスタジアムに向かいました。
それにしても暑かったですね。

Atsui00

と思わず前を歩くきれいなお二人を撮ってしまいました。
こうしてアップすると変態すけべ野郎に思われてしまうのですが、なんでJ'sゴールだとこのような写真はアクセス数が上位にランクインして好評なのでしょうか。(←それはただ単に撮影者の品位の差なのかもしれません)

Astui

私も一応素足全開だったのですが、お見苦しいのでキャラのゲーフラで日差しを遮っている姿をご紹介。




Ftou01

暇でしたのでちょっくらビジター側をのぞいてきました。





Ftou02

最近の試合の中では一番列が伸びていました。
最終的にはテニスコートまで伸びたのではないでしょうか。




Ftou03

そんなF東さんサポさんの中でこのような姿を見つけました。
オフィシャルのアロハシャツでしょうか?




Pul_open00

そうこうしているうちにこちらの方々がきました。





Pul_open

パルちゃんは「パルちゃんねる」の運動会参加者を募集していました。





Pul_open02

応募も予定数に達し、時間を持てあますパルちゃんはちびっ子達の人気者に。




Pul_open01

F東サポさんにもサービス。





Pul_open03

そして開門時のお出迎え。
ピカルちゃんの鼻で遊ばないでください。




Kenta01

私はこちらの方がお出迎え?





Kenta02

この試合を中継するNHK-BSの解説者でした。




つづく

| | コメント (0)

誰だ(2)

昨日はJ2が開催されました。
そして、東城さん、高山さん、今村さんに名前は挙げませんでしたが村上さんが各試合の主審を務めました。

有名どころで残っているのは家本、飯田、山本、佐藤、吉田寿、そして西村の各氏。

2試合続けての主審はありえないので飯田さん、吉田さんはやはり外れますので残るは家本さん、山本さん、佐藤さん、西村さん。

こうなったらアウェーもホームも同条件ということで西村さんでお願いしたいところです。
(自暴自棄)

ただ、前日の監督インタビューではゴトビさんは主審のことに触れていないので有名どころではないのかもしれません。

| | コメント (0)

誰だ?

明日は今季3試合目となるFC東京戦。
ここまでの2試合は残念ながらエスパルスにとっては大荒れの展開となっています。

その要因の一つがこれまた残念ながら審判によるところが大きく。
(もちろんプレーも要因の一つなのは重々承知しています。)

振り返ってみると

リーグ戦 西村さん
ナビスコ 吉田さん
でした。

さて3試合目の明日ですが
(以下敬称略)
西村→吉田→西村
西村→吉田→吉田
のパターンは無いと思いますので西村、吉田はオミット。

BS中継がありますので何となくですが国際審判を持ってくるような気がするわけですが、そうなると飯田、家本、佐藤、高山、山本、東城の誰かになります。

①佐藤はまずアウスタには来ない(全く来ないわけではないですが)
②飯田は札幌で担当したばかり
③東城も鳥栖で担当
④家本は広島で担当だがそろそろ?
⑤高山は第4節札幌以来ご無沙汰
⑥若手のホープ山本はまだエスパルス戦を今季担当していない

従い⑤⑥の高山、山本の山々コンビのいずれかのように思いますが、今季レフェリングが向上している今村あたりかも。

今日のJ2の担当主審の状況で予想は変わるわけですが、いずれにしてもhorseよりも難しい予想なのでいつも当たりませんのであしからず。

個人的には試合前から荒れそうな予感のするこのような試合を今村さんに裁いて欲しいと思います。火に油を注ぐ量は緩和されると思いますので。

| | コメント (0)

天皇杯2回戦観戦記(ゴトビ監督編)

Manager01

この日の監督はYシャツではなくポロシャツでした。





Manager02

比較的余裕のある動き?





Manager03

しかし給水を取りに来た選手には容赦なく指示。





Manager04

「監督、俺のゲーフラどうでしたか?」





Manager05

「キミのゲーフラができたために、私のゲーフラを挙げてくれる機会が減ったではないか」




Manager06

「そんなこと言われても・・・・・」




Manager07

急遽ピッチに立つことになった柴原に指示





Manager08

「さあ、行ってこい 若武者!」





Bench

試合終了
「連休だ!、連休だ!」

| | コメント (0)

観客数とゲーフラと

Kankyaku

先日の天皇杯の観客数は2000人代でした。
長らくアウスタに通っていますが、日本平でのエスパルス戦でこの数字は最少記録のような気がします。
少なくともアストロビジョンができてからは最少です。

ちなみに昨年の天皇杯は
2回戦 FC岐阜セカンド(アウスタ・土曜日)3648人
3回戦 ガイナーレ鳥取(アウスタ・水曜日)3618人
4回戦 ジェフ千葉(アウスタ・土曜日)6855人

ジェフ戦が多かったのはやはりアウェーサポが多かったことが主因です。

今週末に再開するJリーグのFC東京戦はどの程度入るのでしょうか。
オフィシャルで月曜時点の残券情報がアップされましたが、まだ7000枚以上残っています。
東京からのナイター観戦が厳しいことも影響しているのでしょうか。

motorsportsさて、かねてよりマリンパル「Go Go S-PULSE」で姜選手本人からリクエストのありましたゲーフラですが、先週急ピッチで作成しました。

G1

番組では今週のFC東京戦までに、というお約束でしたのでノンビリ作っていたのですが、ナビスコの味スタに行った際に
「カンちゃんは天皇杯に出るから早く作った方がいいよ」
という某お姉さま(いとちゃん)からのアドバイスにより、水曜、木曜の2日間夜通し突貫作業でなんとか仕上げました。(そのあおりで今週は腑抜け状態=休養週間)

G2

マスキング





G3

ペインティング




G4

観客数2000人代では私の周りのバクスタ側のお客さんも殆どいなかったので、後方確認の上掲げたところです。姜選手も気づいてくれてウォーミングアップ時、試合終了時にわざわざお辞儀をしてくれました。(写真提供REIさん)

そして翌日のGo Go S-PULSE番組内でも
「ラジオのおかげで作っていただきました」
と製作者冥利につきる御礼のお言葉。

帰りのシャトルバスではいつも観戦されている神奈川からの某ご夫婦より
「なんで弁慶なの?」
「牛若丸は誰なの?」
との質問が。
突っ込まないでくださいcoldsweats01

個人的には牛若丸はトシユキ選手かと。
(「橙の牛若丸」)

次作も選手からの応募を期待しているのですが果たしてあるでしょうか。

| | コメント (4)

天皇杯2回戦和歌山戦観戦記(その3)

毎度のことながら小出しですいません。

この日は暑く、午後1時キックオフは各所とも過酷だったのではないでしょうか。
この時期のこの時刻はいつぞやのJリーグのアウェー大宮戦を思い出しました。

Ougiya

さて、そんな暑いピッチで主審の扇谷さんもウォーミングアップ時から暑そうでした。



Kashiwase

この日活躍の柏瀬選手。





Sansui

天皇杯版ウォーターボーイズ登場。




Akusyu

両チーム試合前の挨拶。





Circle

円陣と




Touch

ハイタッチ




Ko

キックオフは八チャンとショウ。





Captain

この日のキャプテンのキャラ。




2nd

2点目の白崎選手のゴール後。




Nabeta

鍋田選手の倒れた後の状況。




Show

翔選手ゴール後。石毛選手が嬉しそうです。




Akito

暑いので柴原選手も給水補給。その向こうでは、





Tsuri

キャラがワンちゃんの手当。





Kashiwase02

柏瀬選手のゴール後。





Fin01

そして試合終了。抱き合うキャラと林選手。





Fin02

整列時。





Fin03

バクスタへの挨拶。





Interview

インタビューは白崎選手でした。
NHKのクルーだったんですね。

| | コメント (0)

天皇杯2回戦アルテリーヴォ和歌山戦観戦記(和歌山中心編)

J1勢が相次いで敗れた今週末を振り返るにつけ、本当に昨日は勝ってよかったと思いました。

Ball

さて、その天皇杯2回戦の対戦相手のアルテリーヴォ和歌山を中心に追ってみました。
(写真はアルテリーヴォのスローイン時のボールを拡大してみました)


Board_wakayama

アウスタ初登場のエンブレム。




Circle

そして、円陣(後半開始の場面)





Touch

ハイタッチ(同じく)





Ko

キックオフ(こちらは試合開始時)




Nomoto01

この日一番目を引いたのは、といいますか耳に入ってきたのはこちら野本選手の声。




Nomoto02

「気持ちを切らすな」
「まだ2点差だぞ」
リーグ戦と違い観客の少ない天皇杯はピッチの声が特にスタンドに届きやすいのですが、この日両チームで一番声が出ていたように思います。
劣勢時のエスパルスもこの精神を見習って欲しいかも。


Water

昨日もご紹介した女性スタッフ、そのTシャツには
Go To J-league




230

こちらは角南選手と野本選手





Camera01

和歌山側のカメラマンは一人でしたので、





Camera02

時々場所を移動して撮影していました。





Manager

そして試合終了。
両監督の挨拶。
どのようなことを話していたのでしょうか。



Hiraoka_nabeta

PS.気になる方も多いかと思いますが、怪我をした鍋田選手と平岡選手は試合途中からパイプ椅子を出してメインスタンドの軒下で観戦していました。

| | コメント (2)

天皇杯2回戦和歌山戦観戦記(その1)

水曜のナビスコで声を出したのと、風邪の影響で声が森進一状態でしたが一路清水へ。

Kiosk

迎えてくれたベルマートの看板には天皇杯のことは一切なし。
最近はあまりエスパルスネタがないようです。




Sanada01

スタジアムに着くと、眞田さんメモリアルフラッグが設置され、記帳できるように準備されていました。



Sanada02

この旗に記帳。




Sanada04

フラッグの横には折り紙ボランティアが背番号1のユニフォーム型折り紙を準備していました。



Moshou

ちなみにこの日は選手は喪章をつけてプレー。





Mosyou01

こちらは新しい韓国語通訳さんでしょうか。
スタッフもこのように喪章をつけていました。




Sanada03

眞田ダンマク。





Danmaku

こちらは和歌山のダンマク。気持ちが入っています。




Hopeoiro

その和歌山の女性ホペイロの後ろ姿。
右腕どうしたんでしょうか?




Pwakasapo

こちらはレプリカを着ていた和歌山サポさん2名。




Ball

こうして試合が始まろうとしていました。つづく。

| | コメント (0)

FC東京戦観戦記(Jリーグに物申す編)【J特】

Board

札幌から戻って中2日でまた観戦できるという喜びを胸に今季2度目の味スタに行ってきました。



Kaimon

平日ですがかなりのオレンジサポーターが集結。





Sprink

心配されたピッチも思いの外よく、プレーで芝が剥がれたり、めくれたりということは殆どなかったように思います。
試合前にはこのようにスプリンクラーで放水。


Mdp

マッチデープログラムを購入するといきなり「アウェーの洗礼」





Refree_board

そしてこの日の審判団。

吉田さんはあの大分トリニータとのナビスコ決勝で笛を吹いてから何となく相性が悪いと感じていました。

Line_refree

まあ、審判の名前で試合が決まるわけではありませんし、この日は判定だけで負けたとも思っていません。
ただですね、公平正確なジャッジが行われる中での試合をなるべく多く見たいのですが、あまりにもその数が少ないのが現状です。
別にエスパルス贔屓のジャッジをしろ!と言っているわけではありません。多少のホームアドバンテージの判定でも構いません。重要な局面でのジャッジはなるべく正確に見て欲しい、そう願っているわけです。

繰り返しますが、判定だけで負けたとは思っていません。
選手のプレーもそうですが、審判のレフェリングも含めて試合を見にきている人も少しはいるかと思います。お金を払って見に来ているそういう方々のためにもJリーグとしての考え(再発防止を含む)をそろそろ検討した方がいいのではないでしょうか。

少なくとも
1.Jリーグとして審判のあるべき姿
2.そして現状をどう捉えているのか
3.では今後どのように改善していくのか

以上をホームページでも雑誌でもいいので示していただきたいと思った昨晩の試合でした。

| | コメント (5)

ナビスコ準決勝当日とコンサドーレ戦と

札幌から戻ってきたと思ったらもうナビスコカップ準決勝当日になってしまいました。

今日の会場の味の素スタジアムでやはり気になるのはピッチですね。

【報告】味の素スタジアムの芝について

8月27日以降に張り替えを行ったようですが、9月1日のFマリノス戦で使用しているだけに根付きはしっかりしていないかと思います。
そこで気になるのはエスパルスの選手のスパイク。エコパや札幌ドームでは河井選手や数名の選手が滑っているシーンをかなり見ました。たまたまなのかポイントの選定によるものなのか。

それにしても19時キックオフの試合ですが、開門は17時30分。最近ではあまり見かけないキックオフ1時間30分前の開門時刻です。なんと慌ただしいスケジュールなのか。

Board

さて、コンサドーレ戦観戦記ですが、試合中の残りの写真などを。




Hachi

ピッチレベルはスタンドと違いかなり暑かったようです。
プレーが途切れるとみな給水に。そして監督からの指示。
こちらは八反田選手。


Cala

キャラ




Toshi

先制点直後のトシのポーズ。
(今日も期待していますよ)




Iida

この日の主審の飯田さんと。





Fin

試合が終わり





Shake

両監督の挨拶。どこの会場もそうですが、ゴトビさんから必ず挨拶に向かっています。



Moiwa

そんなこんなの札幌でした。
(こちらは試合後に行った藻岩山からの札幌の夜景です)

| | コメント (0)

コンサドーレ戦観戦記(その2)【J特】

Jal

飛行機利用の旅はお約束のJAL利用です。もうすぐ再上場ですね。





Sheet

機内では暇なので。





Line

さて、ドームに着きました。ホーム側はこのように屋内での待機。





Line2

一方ビジターは屋外。




Inside

入場しました。中は映画館を思わせるような雰囲気。





Gate

ビジター側を除く各ゲートではJALからの配布物が手渡されていました。
とはいえエスパルスサポでもこのゲートで手を差し出すと缶バッジとかをいただくことはできたのですが。


Fight

ドーレくんがいたのでカメラを向けるとファイティングポーズ。





Masaki

マサキのユニフォームを着ている人がかなりいましたので記念に1枚。




Card

こちらは「コンサドーレ勝つ弁当」?の中に入っていた紙です。
購入したのは私ではなく狂喜乱舞隊のいとちゃんだったのですが。




Danmaku

スタンドに目を移すとこのダンマクが掲出されていました。





Miyoshi

さてこの日デビューとなった三吉選手。





Circle

試合前の円陣に





Touch

ハイタッチ




つづく(小出しですいません)

| | コメント (1)

コンサドーレ戦観戦記(札幌に行った証?編)【J特】

北海道は出張ばかりでプライベートで行ったのは今回が3回目でした。

Board

この日のJAL'sマッチにあわせてもちろんJAL便を利用したのですが、今回はかみさんも一緒でしたので恒例の客室乗務員との写真はかみさんからダメだしをくらい断念しました。申し訳ありません(←誰に?)

Pole

さて、観戦必需品一式を持参し北の大地に着いたところです。
預けていたゲーフラのポール。



Dole01

しかし結局効果があったのはこのときだけだったような。





Dole02

サインもいただきました。





Hachi

試合の写真はほとんどないわけで、取り急ぎ試合終了後のコールにこたえる「はったんだ」選手。



つづく

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »