« グランパス戦観戦記(アフシンとピクシー編) | トップページ | Fマリノス戦観戦記(芝が~編) »

Fマリノス戦プレビュー

今日の試合を迎えるにあたりいろいろと勝てる法則はないものかと調べたのですが、これといってありませんでした。

Board2

思い起こせば昨年のアウェーマリノス戦はこちらのスコア。





Colab

オレンジウェーブはトラックでトリコロールマーメイズとコラボ。





Marmais

そのトリコロールマーメイズはアイスタではこのようにピッチでコラボ。

なので三ツ沢ではアウェーでは初のピッチ上でのコラボ実現でしょうか>Fマリ様

Board

再び思い起こせば今季のホーム開幕戦となったアイスタとネーミングが代わって初の試合となったマリノス戦はこのスコア。



が、しかし、無理矢理、無茶苦茶の法則を見つけました。
それは・・・・・・

第26節の法則!
至近年の第26節の戦績を振り返りますと

2012年 セレッソ(金鳥) ●2-3(観戦せず)
2011年 レッズ(エコパ) ○1-0(観戦)
2010年 サンガ(アウスタ)△1-1(観戦)
2009年 モンテディオ(NDスタ)○1-0(観戦)
2008年 ヴェルディ(アウスタ)○1-0(観戦)

どうでしょう。昨年のアウェーでのセレッソ戦以外は負けていません。
しかも自意識過剰の私が観戦すると負けていません。

つまり、私が観戦した第26節は負けない ということです。

ということで今日は首位を叩き

Katsuma

逆襲の清水
が続きます。



ちなみに残念ながら本日も西村さんはエスパルス戦の笛は吹きません。

|

« グランパス戦観戦記(アフシンとピクシー編) | トップページ | Fマリノス戦観戦記(芝が~編) »

エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グランパス戦観戦記(アフシンとピクシー編) | トップページ | Fマリノス戦観戦記(芝が~編) »