« グランパス戦観戦記(その4) | トップページ | グランパス戦観戦記(オレンジウェーブと森アナ編) »

グランパス戦観戦記(家本さん編)

 Jリーグの審判の方々は選手、監督そしてサポーターから不満はぶつけられることは多々あれど、褒められることは希で(含む自分)、そういう意味では精神的に辛い仕事ではないのかと思っています。私のような脆弱な神経では務まるはずもなく。
 どんな仕事でもそうなのですが、欠点を指摘するのはたやすく、長所を見いだし褒めることは難しいのではないでしょうか。そして褒めることによって人は伸びます。
そういう意味でこれから私はなるべく審判の方々のよかった点を見いだしていきたいと思います。

さてグランパス戦の主審は家本さんでした。
そこで家本さんをこの日は追いかけました。

Board

まずは「お・も・て・な・し」の精神でこちらのボードを用意しました。
おもてなし、というよりもコミュニケーションを取りたい想いをボードに託したわけですが。

「え?事前に主審わかっていたの?」

とお思いのあなた、私はだてに競馬horseをやっているわけではありません。
家本さんが来ることを予想したわけです。

というのは嘘で予想もなにも、なんとなくメジャーな主審が来るのではないのかと、家本さん、吉田さん、西村さんの3セットのプリントした紙と糊を持参し、マッチデープログラムで確認して現地でボードに貼り付けたわけです。
従いまして外れた場合にはボード作戦は不発に終わることになる博打を打ったわけです。

Iemoto01

さてご本人達がスタジアムに到着したので早速そのボードを利用しました。
家本さんと副審の大塚さんです。
「Jリーグ初のボードによるお出迎え」か?



Iemoto02

逆光かと思い向きを変えていただきました。
ありがとうございました。



Check

さて、しばらくして審判団のピッチチェックが始まりました。





Board02

ということでスタジアムでもこちらのボードを掲げました。




Iemoto03

ピッチチェックの家本さん。




Sano

その様子を見て爆笑のピッチ管理責任者の佐野さん。
笑い過ぎですhappy01



Smile

ウォーミングアップ時に村田選手と何やら会話をしていました。
お二人にはどのような繋がりがあるのでしょうか?



Iemoto04

同じくウォーミングアップ時のさわやかな家本さん。




Iemoto05

試合が始まり、グランパスの選手とコンタクト。




Iemoto06

ラドンチッチさんは最初からかなり不満そうでした。




Iemoto08

こちらはエスパルスの選手を倒した張本人に
「謝りに行きなさい」
と指示しているところです。


Iemoto09

このシーンですが、アドバンテージをとりプレーオンでしばらく試合が継続した後だったので謝りに行かせるのが遅いと感じた観客が多かったようです。


Iemoto10

本人も間が悪そうでしたが、放っておくと報復の応酬に発展することもあるのでこの指導はよかったと思います。



Iemoto11

謝りが終わるまでプレーは中断しましたが、時間をけちることで試合が荒れることになれば試合が台無しになったかもしれませんので正しい判断だったと思います。



Iemoto12

浩太のアピールに何やら応えているような?




Iemoto13

ラドンチッチさんが倒され





Iemoto14

本人はイエローカードを要求していたようですが、家本さんはすぐに立ち上がるよう促していました。



Iemoto15

ハーフタイム突入時の様子。
この日はこのようにラドンチッチさんへのファールにイエローカードが出ず、チッチさんは家本さんにかなり不満があるようでした。


イエローこそ出ませんでしたが、ゴールキック時のラドンチッチさんに対するディフェンスファールはかなり見てくれたように思います。

Iemoto16

後半が始まります。




Iemoto17

ダニルソンがボールを手放さなかったのでスタジアム騒然としましたが、イエローを出すほどでは無かったので対応には問題はなかったのではないでしょうか。


Iemoto18

グランパスゴール前のグランパスのファールに対して




Iemoto19

グランパス選手への注意。





Iemoto20

そのファールに伴うFK時に同じく注意しています。




Iemoto21

平岡選手が倒された場面ではすぐに担架搬入を要請。




Iemoto22

こちらは先ほどと同じくグランパスゴールに近い位置でのFK時に下がるようジェスチャーで。




Iemoto23

時間も押してきているのでキックカーの輪の中へ。




この日の家本さんは
アドバンテージをかなりとり、プレーオンのシーンが多かったと思います。

■プレーオンで良かった点
 試合を途切れさすことがなくチャンスに結びつくシーンもあった。

■プレーオンでの改善点
 倒された選手にアドバンテージが伝わっていないようなシーンもあり、それが不満となっている選手(=反則をとっていないのではないのか?と思う選手)もいたように見えた。

このほかに細かい点はありますが、ジャスチャーが大きく、試合を荒れることなく終わらせたことは良かったと思います。

家本さん、どうもお疲れ様でした。

|

« グランパス戦観戦記(その4) | トップページ | グランパス戦観戦記(オレンジウェーブと森アナ編) »

エスパルス」カテゴリの記事

コメント

スカパーの録画を見直したら、コイントスの際
なかなか来なかった浩太に家本さん「浩太!浩太!」と名前で呼んでいたのが印象的でした。

ジャッジに対しては皆さん人それぞれでしょうから何とも言えませんが、今回は自分的にはゲームをおもしろくしてくれたかなと思っています。
おもてなし効果かも、、、。

投稿: オーチャン | 2013年9月18日 (水) 08時37分

オーチャン、先日はパルちゃんクラブお疲れ様でした。

ところで家本さんは過去に停止処分を受けるなど、苦い経験を今に活かしているようです。

エスパルス、グランパス双方とも言い分はあるのでしょうが、客観的に見ると公平なジャッジだったかと思います。
おもてなし効果があったのかは不明ですがcoldsweats01

投稿: さかた | 2013年9月18日 (水) 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グランパス戦観戦記(その4) | トップページ | グランパス戦観戦記(オレンジウェーブと森アナ編) »