« 大分遠征記(JAL編) | トップページ | 大分遠征記(ドームの中では編その2) »

大分遠征記(ドームの中では編)

明日の小野伸二選手所属チームとの練習試合も土曜日の天皇杯の藤枝との試合も見に行くことができませんのでしばらくは大分遠征記で引っ張ります。

Pole

さて、JAL機で数年ぶりに降り立った大分。




パークプレイスというショッピングモールまでバスを利用。

Dome

バスから見えたドーム。ネットでは故障で屋根が閉まらない、という情報が流れていたのですが、これはもう閉まっている状態だったんでしょうか?



徘徊した後に試合会場の大分銀行ドームに向かいました。

Dome2

長い高架橋を渡ると、身延山を思わせるような長い階段(お仲間のいとちゃん談)が待ちかまえていました。



上っている途中で心優しいトリニータサポさん(酉サポさん)が声をかけてくれました。

「ビジター側は左側ですよ。その看板わかり辛いですよね。よく間違われるんですよ。」

「どうもありがとうございます。ところで今日は屋根閉まっているんですか。閉まらないという話があったのですが。」

「この天気なので閉まっていると思いますよ。これまでに故障したのは数年前に1回だけで、その後故障したことはないので大丈夫ですよ。
でもドームよりもやっぱり日本平がいいですよね。」

「(嬉しくもここは謙遜し)そうですか?でも日本平は屋根ないですよ。」

「だってピッチはきれいだし、サッカー専用スタジアムじゃないですか。サッカー専用がやっぱりいいですよ。ここはトラックがあるし。」

「ピッチといえば、今年の芝は大丈夫ですか?」

「夏場はいつもビーチサッカーになるけれど、今年は緑なのでcoldsweats01

という会話をしつつ登り終えてゲートレベルに到達しました。
応援するチームは違えど、気持ちいい会話に天気rainと違い心はsunとなりました。
ありがとうございました>酉サポさん

※酉サポさんは男性でした。誤解のないよう。

ドームに入りまず目についたのはこれらのダンマク。

Danmaku02

100年後も大分の誇り




Danmaku

県民の総意は勝点3
俺たちは最高のサポートをする
一緒に闘おうぜ 誇りと夢を抱いて


Danmaku03

ダンマクといえば元エスパルス戦士たち




Tsuji

青い○辻





Gacha

元エスパルス戦士といえば
こちらのガチャガチャに3人とも登場していました。



もう一人いました、忘れてはいけません

Board04

ター坊こと田坂監督。





Board02

このビジョンですが




といいますか、

Board03

アウェーのエスパルス選手紹介ですが思いの外早く、不意打ちをくらいました。
突然の出来事に
「オーレ」
の間の手が間に合わずcoldsweats01

Audience

この日の観客数。




Jalpuma

そういえばエスパルスのスポンサーとかなりかぶっているようで
JALにPUMA
(余談ですが紫のビブスはエスパルスのオフィシャルフォトグラファーの山口さんです=余談ですいません)


Sapporo

サッポロ





Finboard

そして試合終了後のホーム側。
勝ちロコを始めた時は状況がわからず
      ↓
このビジョンを見てはじめてわかり
      ↓
コールリーダーさんが1回でストップ

という状況でした。

Fin

ところで選手達に対してはブーイングとかはなく、残り試合をともに闘おう という様子が遠くビジター側の席に伝わってきました。



ホーム側の
「トーリ ニータ」
のコールにあわせてこちらからもコールをしスタジアムを後にしました。

|

« 大分遠征記(JAL編) | トップページ | 大分遠征記(ドームの中では編その2) »

エスパルス」カテゴリの記事

コメント

がちゃがちゃに3人共って

和道は?

投稿: REI | 2013年9月 3日 (火) 22時09分

三銃士って事で(^-^;

投稿: ハラッチ | 2013年9月 3日 (火) 22時21分

大分ではどーも!

さかたさんはガチャはやらなかったんですか?わたしもやりませんでしたけど・・・さすがに・・・

あの階段は団地でいうと10階建くらい?いいえ20階ほど?!そんなにはなかったことは認めます。

けど、きつかった!

投稿: いとちゃん | 2013年9月 3日 (火) 23時57分

>REIさん、ハラッチさん

 すいません、ついさっきまで和道選手のこと忘れていましたcoldsweats01
 従いましてガチャガチャにあったのかも確認していません。


>いとちゃん

 大分遠征お疲れ様でした。
 あの階段上ったんですね。見ただけかと思いました。
 シャトルバスで来た人はあの階段の存在はわからないでしょうね。
 ガチャガチャはさすがにやりませんでした。

投稿: さかた | 2013年9月 4日 (水) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大分遠征記(JAL編) | トップページ | 大分遠征記(ドームの中では編その2) »