« 三保観察記(番外編) | トップページ | 三保応援感謝祭 »

レイソル戦観戦記(松尾主審編)

いやはや書こう書こうと思っていながら新しい週になってしまい最終戦から早や1週間以上が過ぎてしまいました。

さて、最終戦の松尾主審編です。

最近は審判ネタを取り上げることが多くなり、その影響もあり特にホームゲームではどうしても審判を応援する気持ちで観戦することが多くなりました。
サポーターとして試合にのぞむ姿勢はいかがなものか?と言われそうなのですが。

もちろんエスパルスを応援しているのですが、
よく言われるサポーターが期待する試合結果
 ①エスパルス勝利
 ②エスパルスのよい試合内容
の項目に
 ③審判のよい出来
が付加されるようになりました。
もしかすると気持ちは②と③が逆転しているかもしれません。

「審判を応援する」というのはどういうことなのでしょうか。
抽象的ですが、

うまく試合をコントロールしてくれ

ということです。
その証は選手や監督、そして観客からのクレームの少なさに表れると思います。
コントロールできていればこれらの方々のクレームは少なくなります。
ですから私は試合中は観客席の審判への声を気にしながら観戦するようになってしまいましたcoldsweats01耳はダンボにしなくてもヤジが勝手に聞こえてきますが。

この日の主審の松尾さんですが、

今季のエスパルス戦はこの日も含めてリーグ戦3試合を担当。
ホーム新潟、アウェー横浜を含め担当した試合は3戦全敗でした。
相性が悪いように思えますが昨年、一昨年と担当した試合ではエスパルスが勝った試合もありますので一概に相性が悪いとは思えません。

ただ、この日観戦した多くのサポーターの試合後の印象はよくないようでした。

数日前のブログにも書きましたが、ゴトビ監督もいい印象をお持ちではありませんでした。

では、何がそんなにも印象を悪くしてしまったのでしょうか。

この日の松尾さんの試合の入りは大変よかったと思います。
特に選手とのコミュニケーションは試合全体を通してよくとっていたと思います。
それをよく表していた場面がキックオフ直後の大前選手のファールの時です。

「シャツを引っ張ったからファールだよ」

とボディランゲージで示して大前選手の理解を得ていました。

このシーンをはじめ下の写真のように積極的に選手とコンタクトも取っていました。

コミュニケーションや姿勢はよく出来ていたのにもかかわらず
なぜ選手、観客との不協和音が次第に大きくなってきたのでしょうか?

それはジャッジの基本でもあるファールの基準に対して不満があったのではないでしょうか。

清水に吹いて、柏に吹かない
先ほどのプレーに吹いて、今のプレーには吹かない
そして
清水にカードを出して、柏に出さない
等が
「見ているとぶれていた=公平性に欠けていた」
ように見えたのではないでしょうか。

そのあたりは場合によってはジェスチャー等で選手に示していたようにも見えたのですが、基準のぶれはジェスチャーやコミュニケーションだけでは補正できません。
厳しくも甘くも基準を一定にすることで不満の声は減るのではないでしょうか。

松尾主審のこの日のレフェリングを総括すると
 ①コミュニケーションは大変よくできていた
 ②ジャッジの基準がぶれていた

ただ基準に関しては決して良い出来であった、とは思ってはいませんが、みなさんの感想ほど基準がひどくぶれていたとは思いませんでした。

残念ながら録画をしていないのでチェックはできないのですが。

ところで、この日のジャッジの中で一大イベントであったラドンチッチ選手へのレッド(2枚目のイエロー)ですが、ゴトビ監督が言っていた1枚目のイエローの場面は残念ながら忘却の彼方で、どのようなプレーでイエローが出たのかは思い出せません。ただ、2枚目のイエローの前にバックスタンド側でイエローが出てもおかしくはないプレーがありました。つまりラドンチッチ選手はイエローを1枚サービスしてもらっていたので少なくとも合わせ技以上に2枚目は致し方なかったのかと思います。

Matsuo01

まずはご本人と1枚。





Matsuo02

そしてこの日の第4の審判を含む審判団と1枚。
どうもありがとうございました。




Matsuo03

ピッチチェック中。




Matsuo04

ウォーミングアップ中。
防寒対策バッチリ。



Respect

リスペクト・キッズからのボールを受け取る審判団。





Matsuo05

いざ出陣!




Matsuo06

試合開始直後の村松選手とのコミュニケーション。




Yellow

ラドンチッチ選手への1枚目イエロー掲示時。
ベンチは遠藤通訳をはじめ猛抗議の様相。




Radon02

ラドンさんが倒されましたがイエローは出なかった場面。
真偽の程は不明ですが、ベンチ、観客の多くが公平性に疑問を抱いた場面でした。



Matsuo00

倒された大前選手を立ち上がらせる松尾主審。
このように選手とのコンタクトを絶えずとりコミュニケーションに気をつけているようでした。


Matsuo07

試合を止める松尾さん。




Matsuo08

離れそうで離れない二人?
ラドンチッチ選手はかなりナーバスになっていました。




Toshi

ハーフタイム突入時の俊幸選手。





Half_radon

ラドンチッチ選手はかなりイライラ感があるようでした。




Half_cala

そしてベンチから出てきた直後のこの日のゲームキャプテンのキャラが松尾さんに何やら?





Matsuo09

FK前のコミュニケーション。





Matsuo10

ラドンチッチ選手にイエローが出てもおかしくなかったプレーの直後ですcoldsweats01




Matsuo11

壁の中で両チームの接触を避けるため選手の谷間に埋もれて注意をしましていましたhappy01




Fin

松尾さんを始め審判団の方々お疲れ様でした。







--------------------------------------------------
引き続きアンケート実施しています。
ご協力よろしくお願い致します。

   ↓
Jリーグの審判に関する意識調査

|

« 三保観察記(番外編) | トップページ | 三保応援感謝祭 »

エスパルス」カテゴリの記事

コメント

オレンジウェーブが3位に入っていない

ではないですか(怒)

チッチの1枚目は

こちらからはエルボが入った様に見えた


(よくジェジンがとられてた)


んでしかたないかと…

投稿: REI | 2013年12月17日 (火) 21時23分

一本目。
ジャンボ鶴田ばりの逆水平が見事に決まりしました。

瞬間「あ、イエローだわ」と声を漏らしてしまうほど見事でした。

投稿: ファンシー | 2013年12月18日 (水) 04時07分

>REIさん、ファンシーさん

ラドンチッチ一枚目はエルボウでしたか。
でしたら仕方ないですね。
だとすると、なぜゴトビさんは不満だったのか?私の語学力の無さからなのか理解できない状況です。

投稿: さかた | 2013年12月18日 (水) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三保観察記(番外編) | トップページ | 三保応援感謝祭 »