« 第1回 Jリーグ審判に関する意識調査(1) | トップページ | 上川さんに会う の巻 »

ごめんなさい

アンケート結果の続きをお知らせしようと思っていたのですが、突然ではありますが昨晩の岡根選手のつぶやきを紹介します。
私もツイッターでフォローしているのですが見逃していました。

Okane_2

ホーム開幕戦となった広島戦での出来事です。

Iida

失ったものは戻せませんが、こうして少しでも前に進めていくことも重要なのではないでしょうか。

岡根選手の審判への気持ちを表したことも勇気のいること。
そしてあの日の主審の飯田さんのこの謝罪も勇気のいること。

日常生活でも自分の否を認めて謝ることがなかなかできないものです。ましてこのように選手に謝るのには相当の覚悟があったのではないでしょうか。
つい短絡的に
 「謝れば全てすむのか」
と考えてしまいますが、全てをすますために謝っているわけではなく、人として素直に謝ったと思っています。
 「ごめんなさい」
簡単なようでなかなか言えない言葉です。

今後のお二人の活躍を見守っていきたいと思います。

アンケート結果ですがそれは後ほど。

|

« 第1回 Jリーグ審判に関する意識調査(1) | トップページ | 上川さんに会う の巻 »

エスパルス」カテゴリの記事

コメント

謝ったことやその勇気も素晴らしいけどほぼ1年前のことを覚えていることも凄いです。レフェリーも1試合1試合をしっかり反省して次に活かしているのが窺えますね。特に飯田さんは選手とのコミュニケーションが取れているのも素直に言えるのかもしれませんね。

投稿: ehime | 2014年2月15日 (土) 01時35分

>ehimeさん

 飯田さん、ずっと気になっていたんですね。個人的には昨年飯田さんはレフェリングの技術がかなり伸びたと思っています。
 それはやはりコミュニケーションの取り方が一つの要因になっているのではないのかと。

投稿: さかた | 2014年2月17日 (月) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第1回 Jリーグ審判に関する意識調査(1) | トップページ | 上川さんに会う の巻 »