« 無観客試合におもう | トップページ | 審判もろもろ »

地元新聞にみる無観客試合の報道【J特】

自分で言うのもなんですが、どうでもいいことに関しては粘着な性格です。仕事に活かして欲しいと思うのですが、そちらはサッパリ。

さて、
毎週埼玉の勤務先に戻るのは日曜の夜か月曜の朝なのですが、今週は静岡新聞入手の為に月曜朝の移動を選択しました。
目的はただ一つ。無観客試合の報道を見る為です。

Shizu01

その静岡新聞一面です。




Shizu03

社会面。
アイスタのパブリックビューイングがメインです。



Shizu02

そして運動面。




さて、問題の埼玉新聞ですが、職場で購読していたので自腹は切らず、昨日の昼休みに倉庫をあさって入手しました。

Sai01

一面。





Sai03

社会面は2面を割いています。





Sai04

エスパルスのパブリックビューイングも取り上げています。




Sai02

運動面はスポーツ紙並み。




予想されていたこととは言え、埼玉新聞の報道には自社やレッズからのエスパルスへの謝罪の文言は一切ありませんでした。せめて誰だか失念しましたがレッズの選手のコメントの掲載があれば、と思ったのですが。

付近で駐車場を経営している50代男性の声
「ひどい話。本当に試合を見たい人が悲しむ。相手サポーターにも申し訳ない」
これが唯一の謝罪の文言でした。

「自分たちはこれだけ紙面を割いて反省しています」 という意はよくわかりました。

相手を思いやる気持ちも無ければ再生の道は厳しいのではないのかな?
 と思った埼玉新聞紙面でした。

ちなみに埼玉新聞はレッズのスポンサーですが。
(↑オフィシャルスポンサーではありませんでした。)

■残念なこと
 埼玉新聞の中で次のような記事がありました(浦和美園駅での取材)。
 「清水サポーターの40代男性は「どの程度まで近くに行けるのか様子を見に来た。できるだけ近くにいたい思いがある。」とスタジアム方向へ歩いていった。」
   ↑
 あれだけエスパルスからも告知していたのにあきれてしまいます。

 ただ紙面の構成を見ると、それをこのように掲載する埼玉新聞の意図もどうなのかな?と思います。すなわち、記事の構成が
 ①事情を知らない外国人浦和サポーター
       →スタッフの説明を聞き残念がる
 ②事情を知る清水サポーター
       →スタジアム方向へ歩く
という対比なので、穿った見方ができるわけです。

ただ、事実なら浦和美園駅へわざわざ行ったこの人が諸悪の根源なわけですが。



と、このようなおっさんがいるから報道する側もいろいろと大変なのだろうと思う水曜の朝でした。

|

« 無観客試合におもう | トップページ | 審判もろもろ »

エスパルス」カテゴリの記事

コメント

埼玉新聞はスポンサー(オフィシャルパートナー)ではなかったと思いますが。。。

投稿: | 2014年3月27日 (木) 23時55分

どうもありがとうございます。
マッチデープログラムに関わっていたのでついスポンサーかと勘違いしていました。
訂正します。

投稿: さかた | 2014年3月28日 (金) 04時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無観客試合におもう | トップページ | 審判もろもろ »