« 地元新聞にみる無観客試合の報道【J特】 | トップページ | FC東京戦観戦記(敗因を探る)【J特】 »

審判もろもろ

エスパルスが無観客試合をこなしていた節に吉田寿光主審がJ1リーグ300試合担当を記録しました。
先日もお伝えしましたがおめでとうございます。
その吉田さんがアイスタでのナビスコの仙台戦で笛を吹いたのですが、その模様の写真を自宅に置いてきてしまいました。ここ埼玉のPCにコピーしていないことが今頃発覚。

ということで
ナビスコの審判評は今週はできませんorz
ただ、印象に残っているのは無観客試合の飯田さんのような問題シーンもなく、無難なレフェリングだった、ということです。

34試合17勝7分10敗。レッドカード0.03枚/試合。

これは吉田さんの清水戦成績(リーグ戦)です。
相性がいいことを初めて知りました。
ちなみにレッドカードですが、かの西村さんはエスパルス戦では0.3枚/試合と吉田さんの10倍の高確率で出しています。

次節のアイスタではそろそろ西村さんでも、と思っているのですが、来週の火曜日にACLがあるので今節のリーグ戦は回避なのかと想像しています。

では誰が笛を吹くのでしょう?

するとこんな情報がJFAのHPにアップされていました。
---------------------------------------------
JFA審判委員会では、2010年よりイングランドサッカー協会との審判交流プログラムを続けて参りましたが、今年も引き続き交流プログラムを実施することになりました。
来日した審判員は、3月24日から4月6日まで日本に滞在し、プロフェッショナルレフェリーキャンプに参加したり、Jリーグやナビスコカップの試合を担当します。

招聘審判員:
ポール・ティアニー(Paul TIERNEY)
デービッド・クート(David COOTE)
---------------------------------------------

負けてるチームのGKに遅延行為のイエローを出したりととんでもなかったイングランド審判スチュアート・アトウェルさんや、昨年のアウェーセレッソ戦のポーランド審判団、そして以下のパラグアイ審判団とエスパルスはこの外国審判団の担当試合にあたることが多いように思います。私としては外国審判を見るのは好きなので喜ばしいのですが。

Up

2年前の7月に日本平に来たパラグアイ三人衆。
向かって左からロドネイ・アキノ副審、アントニオ・アリアス主審、カルロス・カセレス副審です。


Station

そして偶然帰りの清水駅のホームでお会いして記念写真を撮りました。
英語ペラペラのきさくな人たちでした。
(私の隣が主審のアリアス氏)

この時の試合の模様はこちら

今週末どうなるでしょう?

|

« 地元新聞にみる無観客試合の報道【J特】 | トップページ | FC東京戦観戦記(敗因を探る)【J特】 »

エスパルス」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
FC東京戦は誰が審判になるのでしょうか?
こちらも楽しみです!

投稿: しゅん | 2014年3月28日 (金) 23時33分

しゅんさん、おはようございます。

ミーハーなおじさんは外国人主審を見たいのですが、なんとなく来週水曜のナビスコに来るような気がします。
外れて今日の試合だと嬉しいのですが。

投稿: さかた | 2014年3月29日 (土) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地元新聞にみる無観客試合の報道【J特】 | トップページ | FC東京戦観戦記(敗因を探る)【J特】 »