« ナビスコ鹿島遠征記(プロローグ) | トップページ | ナビスコ鹿島遠征記(伊東副審と出張と) »

ナビスコ鹿島遠征記(花を頂く編)

カシマサポの「ど田舎談義」を楽しみつつスタジアムに着きました。
私の方が一足早くバスから降りたのですが、私がエスパサポだとわかると二人組は突然早歩きで私を抜きにかかりました。
ムムっ!カシマに負けるものか。
ここで闘争心に火がつき、こちらも早歩きにモードを切り替え。
抜かせることなくジーコ像の横を通り、先に横断歩道を渡りスタジアム前に着きました。

「勝った!」

しょうもない争いネタでしたcoldsweats01
(アウェーの地、何があるかわかりませんので、よい子はマネをしてはいけません。)

さて、俗称「アウシュビッツ」とも呼ばれているカシマのビジター側ゴール裏。
この日も防護フェンスが張り巡らされ、しかも今回はマスコットにも無視され、期待していた宮崎サンシャインレディの方々はその姿さえも確認できませんでした。

Curry

とりあえず400円のカレーを食べましたが、このルーはレトルトパックから取り出していました。ビックリですが、これもアウェーの洗礼だと文句の一つも言わず食べました。
ちなみに前日の夜は自宅でカレー作って食べていました。


Mori1

そんなこんなで選手のウォーミングアップが始まり応援練習も終わり、メインスタンド側に目を向けるとスポパラでおなじみの森アナを発見!




Flag1

俄然、こちらのゲーフラを掲げる手にも力が入りました。
周囲の空間は異次元のアピールタイムへ。





Main

するとメインスタンドに陣取っていたこちらの知人達が森アナにゲーフラマンがいることを伝えてくれていました。
私と言うよりもゲーフラに向けて手を振ったり、お辞儀をしていただきました。ありがとうございました。

Mori2

そして即日その模様の写真をいただきました。

写真提供:REIさん



Mori3

写真提供:Mikaさん








そして、REIさんにいたってはこちらの写真を送ってくれました。
メインスタンド限定

Sunshine01

宮崎サンシャインレディーのショット。




Sunshine02

アップの写真もありました。




マダム・オレンジの方々、REIさん、どうもありがとうございました。
「持つべきは友」を実感したカシマスタジアムでした。

※マダム・オレンジとは
 年齢からするとオレンジウェーブのオーバーエイジ枠の淑女のクインテッド。

|

« ナビスコ鹿島遠征記(プロローグ) | トップページ | ナビスコ鹿島遠征記(伊東副審と出張と) »

エスパルス」カテゴリの記事

コメント

平和なスタジアムが増えるといいですね(笑)

セレッソとかぐるっと1周出来れば

狼さんたちは何かに会えるはず…

投稿: REI | 2014年6月 3日 (火) 07時56分

>REIさん

 早くナチス鹿さんがアウシュビッツを廃止してくれることを願っています。

 長居はホームゴール裏以外は往来可能でしたが、狙いはセレ女でしょうか?

投稿: さかた | 2014年6月 5日 (木) 05時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナビスコ鹿島遠征記(プロローグ) | トップページ | ナビスコ鹿島遠征記(伊東副審と出張と) »