« 「飯田主審、無観客試合を語る」の巻 | トップページ | レフェリーキャンプ(もろもろ編) »

梅雨の合間の晴れの日は~「西村主審開幕戦を吹く」の巻

突然ですが先日のレフェリーキャンプの記事を読んだ知人から命名されました。

「さかたさん、セレ女ならぬレフェ男ですね。」

レフェ男(れふぇお)とはもうおわかりでしょうが、レフェリーを応援、追いかける男のようです。

「レフェ男」と命名された割には物議を醸し出しているW杯開幕戦のPKシーンについて何も触れていないのは何事だ!逃げているのか!とお叱りを受けそうですが、まあたまのサッカーの無い週末を過ごしていたわけです。

Kaisei

梅雨の合間の晴れを利用し行ってきたのは神奈川県開成町の「あじさい祭り」。なんとも言えぬのどかな風景でした。



梅雨の合間の晴れには布団を干して、そして叩くご家庭も多かったようです。
「叩く」といえば布団だけでなく、西村主審を叩く人の多いこと、多いこと。

Nhk

開幕戦前日はあれだけ持ち上げていながら
(これはNHKですが、NHKに関しては開幕戦のジャッジについてのコメントはしていません。)



Tv01

終わってみれば手のひらを返したかのようにあたかも誤審であったかのような助長報道
(こちらは現地ブラジルの新聞報道を伝えるTBS)



ツイッターやFBなどのSNSでは開幕戦のPKを巡り西村主審はひどい言われようで辟易としてきます。
日本人が日本人を侮辱している様は情けなく。

試合を通して完璧なジャッジだったのかは素人では述べられませんが、それでもあのシーンはPKを取っても不思議ではなかったプレーだと見ました。

それを、過去の己の応援するチームとの遺恨を持ち出して鬼の首を取ったように?個人を侮辱している人の多いこと、侮辱している方々の言葉を見るに悲しくなってきました。

開幕戦を担当するというのはその大会のジャッジの基準を示すということだと報道で幾度となく聞きました。あのシーンを西村さんはPKという形で示した訳です。

法定速度40キロの道を60キロで走っていても捕まえない警察もいるでしょう。
45キロで走っていても捕まえる警察もいるでしょう。
でも38キロで走っていて捕まえる警察はいないと思います。
今大会のW杯警察は45キロの走行では捕まえますよ、ということを示すことのどこが悪いのでしょうか。
まあ、クロアチアからすれば38キロだった、と言いたいのでしょうけれども。

Jリーグを、そして日本を代表してレフェリングをしている西村さんを応援する日本人としてはあのシーンは「法定速度違反」だったと思いますし、その判断は正しかったと思います。

どこかの記事で見たのですが、大会が始まる前に西村さんに大会基準を明確に指示していなかったのだとすれば、そちらの方が大問題だと思いました。

仙台:上本「Jと同じ吹き方、僕らは普段から世界基準で戦えている」

【石井紘人コラム】罵詈雑言ではなく、西村雄一主審のレフェリングを語ろう

岩政大樹オフィシャルブログ「PK」

|

« 「飯田主審、無観客試合を語る」の巻 | トップページ | レフェリーキャンプ(もろもろ編) »

エスパルス」カテゴリの記事

コメント

記事の最後に過去の失敗を取り上げるというマスコミの卑劣さには驚かされました。つくづくレフェリーは大変な仕事だと思わされました。http://livedoor.blogimg.jp/newstwo-channel/imgs/4/1/41189a36-s.jpg
これをあの状況でみれるのはさすがだとしか言いようがありません。

投稿: ehime | 2014年6月15日 (日) 02時53分

たむらけんじ(芸人 通称:たむけん)のツイッターに僕は感動しました。
これこそ、日本人の精神的なものだと思いました。
以下が、たむけんのツイッターです。

W杯開幕戦で日本の審判団が審判をするって、ほんまに誇らしい事やね。皆さんお疲れ様でした。なのに、なんや!批判的な事ゆう奴!僕らは超スローで見るからあーだのこーだの言えるけど、あの場であのプレーを目の当たりにして、瞬時に判断して勇気ある笛を吹く!凄いよ!批判するなんて考えられへん!

投稿: オッチー | 2014年6月15日 (日) 08時08分

>ehimeさん

 この角度からの画像は初めてみました。これを瞬時に見抜いたところは「さすが」ですね。
 おそらく今の世間は「世紀の誤評価」となるのではないでしょうか。


>オッチーさん

 たむけんさん、そのようにコメントしていたんですね。人として見直しました。
良し悪しというよりも、日本人として誇らしいことを何でここまで酷評されなければいけないのかと。

お二人とも貴重は情報ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

投稿: さかた | 2014年6月15日 (日) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「飯田主審、無観客試合を語る」の巻 | トップページ | レフェリーキャンプ(もろもろ編) »