« ナビスコ鹿島遠征記(もろもろ編) | トップページ | 歌う女子マネージャー、メジャーデビュー »

W杯イヤーをふり返る(2006年編)

はじめに業務連絡ですが、
飯田さま、2日目にほにゃららしますのでよろしくお願いします。
(無観客試合の感想だとか、W杯への思い入れ等・・・・・)

さて、世の中毎度のことならがワールドカップ一色になりつつあります。
今回は初めてエスパルスからはどの国の代表にも選出されず、ますます私の気持ちはワールドカップから離れつつあるところでしたが、西村主審をはじめ3人の日本の審判が選出されているので俄然そちらを注目しているところです。
もちろんエスパルス出身の岡ちゃんも娘共々応援していますが。

さて、4年おきのW杯ですが、当然J1も毎回中断しているわけですが、その中断後の過去のエスパルスをふり返ってみようという勝手な企画。その第1弾、8年前のドイツ大会後の模様です。

2006年、この年のエスパルスの真夏の企画は
Challenge 5
でした。

Bentou

このようなお弁当までありました。
真夏のホームゲーム5試合が対象の企画。



Funmon

そして、タイアップソングはまだ知名度が低かったファンキー・モンキー・ベイビーズ、そうファンモンのAlwaysでした。
日本平でも歌ったのでその模様はYoutubeなどにアップされています。
私も動画は撮ったのですが、当時のテープを発掘するのが至難の業なので、見つかったらyoutubeにアップしようと思います。

Jejin

この年はチョ・ジェジンをトップに快進撃。




Challenge5

あれよあれよとホームで勝ち星を積み上げ




Sanga

Challenge5の最終戦のパープルサンガ戦でコンプリートがかかっていました。
当時はまだこのようにアウェーエリアに潜入できていたんですね。
(掲載はご本人様達の許可を得ていますが、何せ8年も前のことなので一応モザイクかけました。)

Challenge5complete

そして見事コンプリート!




今年もこの再現を期待したいですね。

|

« ナビスコ鹿島遠征記(もろもろ編) | トップページ | 歌う女子マネージャー、メジャーデビュー »

エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナビスコ鹿島遠征記(もろもろ編) | トップページ | 歌う女子マネージャー、メジャーデビュー »