« セレッソ大阪戦観戦記(試合中編) | トップページ | セレッソ大阪戦観戦記(審判編 序章) »

セレッソ大阪戦観戦記(もろもろ編)

今日は皆既月食が見られるようです。天体ショーを見ている間にも台風が南の海を北上中、週明けにはまたやって来るようです。
この台風19号ですが、その勢力の一部を是非エスパルスに分けて欲しい と思うほど強い900hpaの無茶苦茶強い勢力です。
直撃したら復旧作業中の東海道線はどうなってしまうのか心配ですが、その東海道線の代替輸送手段にJR東海は遂に重い腰を上げ新幹線を使うことになったようです。
(ただ、それが今日から適用というのはいかがなものかと。)

さて、セレッソ戦の審判編は現在頭の中で整理しているところで、明朝アップしたいと思います。

①セレッソの守備はハンド(=PK)ではなかったのか
②ヤコヴィッチのボディーコンタクトはPKではなかったのか

の疑問が多くの方にはあるようですが、この2点を中心に書いてみたいと思います。
じゃあ、今書けよ!と言われそうですが、現在構想段階で今回は「時間稼ぎ」編になります。
(注)「さぞや大作ができることでしょう」
   と期待しないでください。

Refree

その主審の榎本さん(右)と4審の井上さん。

水も滴るいい男二人。


多くのサポさんに

「榎本さん?」

と聞かれたので私は

「ほら、味スタでの天皇杯で笛を吹いていますよ。」

と答えたのですが、実はエスパルス戦は

味スタでのナビスコFC東京戦 と
天皇杯のコンサドーレ戦

の2試合を務めていたわけで、「いい加減」な合わせ技で答えていた自分の「いい加減」な性格に辟易としています(嘘)。

Rain

さて、本題の諸々編ですが
スタジアムに向かう道の状況。
エスパルス、セレッソ双方のサポが呉越同舟(1)。



Boy

ヌードなサッカー少年?
雨のためにサッカー少年はユニフォーム未着用。




Tanaka

その前を通過する完全防備の田中師匠。
最近原付を購入しスタジアムへの移動手段に使っているそうです。



Sbs

こちらはこの日中継を担当したSBSテレビのアナウンサーのお二人。
岡村アナ(右)に重長アナ。

重長アナはホームゲームでは毎試合来られていて、個人的には好感度アップ中です。

ちなみに「いつも」の森アナ(あさひテレビ)は選手バス待ちの時にスタジアムに入場したそうで捕獲失敗しました。

Main

その森アナは試合中は傘をさして取材。




Pul_ch

記者席も傘をさすほどの雨でしたので、試合前のパルちゃんねる(=パルちゃんショー)も軒下で実施。




Cerezo

東サイドではセレッソサポさん達が集い決起集会ならぬ決起応援。
大宮でのエスパサポのようでした。

残留に向けてどのチームも想いは強く。

East

そのような中で階段ではエスパルス、セレッソサポ呉越同舟(2)。

●●スタジアムや△△スタジアムのようなアウシュビッツ・スタジアムではこのような光景は見ることができないわけです。


Cerezo1

その東サイドの試合前。




Ow1

選手入場前のオレンジウェーブ。
雨がどんなに降ろうともこのパフォーマンスはありますし、それを撮る男がいます。


Ow2

こちらはハーフタイムショー。




Moji

雨が降ってもメインへはアピール。バクスタにもたまには見せて欲しいのですがcrying



Ticket1

雨でチケットのこのようにクシャクシャになってしまいましたが、




Pitch

ピッチはこのように水はけよく綺麗な状態を維持していました。




Pitch2

トイレの数もいいけれども、こういう日のピッチ状態の方がスタジアム評価では重要なのではないのかと思いました。

|

« セレッソ大阪戦観戦記(試合中編) | トップページ | セレッソ大阪戦観戦記(審判編 序章) »

エスパルス」カテゴリの記事

コメント

スカパー観戦でしたが、さすが日本平だなと思いながら観ていました。

BSで日立台の試合を中継していましたが、ピッチは水が浮いていてひどいものでした。

ところがJリーグタイムで見たさいスタの方がもっとひどくて、サッカーにはならない感じでした。

いずれにしても、あの日の村田選手の得点は日本平だから生まれたもので、日立台やさいスタでは無理だったでしょう。

改めて、日本平のピッチの管理をされている方々には頭が下がる思いです。

投稿: しらすぼし | 2014年10月 8日 (水) 23時10分

しらすぼしさん、コメントどうもありがとうございます。

現地で間近で見ても全く水が浮くようなことはなく、スリッピーなこと以外はプレーに影響を及ぼすような状態ではなく、あらためて素晴らしいピッチだと思いました。

本当に管理される方々には感謝しなければなりません。

サッカー観戦というエンターテイメントを受け入れる器としてはピッチだけではいけないのでしょうけれども、素晴らしい演出を生み出すのは舞台となるピッチですので、もっと大きな評価をしてもいいのではないのか、
と思いました。

投稿: さかた | 2014年10月 9日 (木) 04時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セレッソ大阪戦観戦記(試合中編) | トップページ | セレッソ大阪戦観戦記(審判編 序章) »