« サンフレッチェ戦観戦記(鬼頭アナ編) | トップページ | レジリエンスについて考える »

サンフレッチェ戦観戦記(試合以外編)

Nhk

なぜかNHKが次節生放送をすることになりました。
ということは主審はそれなりの人を持ってくるのでしょうか。
前日の11月1日にJ2の試合があるのでそれなりに審判は絞れるかもしれません。

メディアといえば、最近の県内の各局、新聞はエスパルス残留に向けてさまざまな企画で盛り上げています。引き続きの盛り上げをお願いします。
まさか、NHKのLIVEもその一貫?

NHKといえば「さよなら私」(火曜22時)というドラマを見ているのですが、主演が永作博美さん、そうかつてエスパルスの応援歌※を歌っていたribbon(リボン)のメインボーカリストの永作さんが出ています(すごい無茶ぶりでした)。

※"S"ENSATIONAL WIND (1992年9月2日)

さて、某「裏の会員制掲示板」に書き込んだネタなのですが、やはりNHKネタです。
--------------------------------------------------
最近は埼玉に戻る時に高速の深夜割引を利用するため午前4時前には高速に乗っています。(←ケチ!)
昨日月曜早朝も新東名を走っていました。
NHK第一(ラジオ)の「ラジオ深夜便」というのを聞いていると、タモリと欽ちゃんのトークがありまして聞き入ってしまいました。

話しはタモリさんがゲストという形で繰り広げられていました。
そのタモリさん、中学2年生の時に弁論大会に出て優勝を狙ったそうです。水爆実験等が盛んに行われていた時期だったので「核拡散防止」を訴えたそうですが、大局過ぎて見事選外。
次の年にリベンジし見事優勝。そのとき何を訴えたのかといえば
「挨拶をしよう」
それからの話しは人間関係のコミュニケーションの第一歩は挨拶、というのをタモリさんは力説?していました。

で、前置きが長くなってしまいましたが、ふとエスパルスを振り返って見ると、試合中のコミュニケーションが最近は減ってきてしまっているな、と感じています。

それは選手同士、監督と選手。
皆無ではありませんが、給水時等でベンチに呼ばれるシーンが少ない感じです。

私からはノヴァコさんが目立ちすぎて他に目が行っていないのかもしれませんが。

コミュニケーションは人間関係もそうですが、試合中も重要な要素だと思います。

以上、ド素人の戯言(たわごと)でした。

最近、前振りが長くすいません。

Shoptent

この日は昨日紹介した鬼頭アナに会うため、そして審判団を捕まえる為にいつもの通り開場の1時間位前にはスタジアムに着きました。

プレミアム大抽選会には既に長蛇の列。ちなみに私は並んでいません。


Aoyama

ビジターのサンフレッチェサポーターの方もちらほらと西サイドのイベント広場に来ていました。
こちらは青山選手のファンといううら若き女性。女性二人で関東からの参戦とのことで、試合終了後は夜行バスで戻るとのことでした。
初めての日本平ということで
「再入場はできるのですか?」
「選手バスはここに来るんですね」
などなどのことを(これ幸いと?)懇切丁寧に説明をしていただけで、決して口説いたりしていた訳ではないのですが、この怪しいオヤジと二人の女性の光景を見ていた

昔うら若き女性だったであろうオレンジの女性の方々

から
「さかたさん、何しているの?怪しい。」
と勘違いやら、顰蹙(ひんしゅく)を買うやらで、事態はいまだ収拾せず?

Slive

S-LIVEの畑中さんのリハーサル風景。
美声でした。
この後の降雨でテント設営となり、本番はテント下で行われました。



Information1

総合案内所はスタッフも含めハロウィンの装い。





Pikul

雨がひどくなったので入場時はパルちゃん、ピカルちゃんともに屋根下の場内でサポーターのお出迎えでした。
その後、小降りとなった時点でピカルちゃんのみ場外へ。
ここ2戦ほど使えなかったボードですが、ようやく日の目をみることに。


Pulch

ぱるちゃんねる。
グリコのキャラクター達と。




Kopul

ハロウィンパレードでのこぱるちゃん。
こぱるちゃんの一人が急に背が伸びていました。
どうやら中●が、いや★身なんてないのですが。
サンフレッチェのサッカーのようなリアクションがなかったのでわかってしまったわけで(^^;

Pul2

パルちゃんアップ。





Pul3

そのパルちゃん、この日もボードを使ってのバクスタの盛り上げ。





Pulpikal

そして選手入場時には毎試合エンブレムに右手をあてて勝利の願い。
ピカルちゃんは両手をあわせています。




Paupikal2

エスパルスのチャントにあわせて西サイドへ応援。





Kopulpikal

試合終盤は軒下で応援をしています。





Ball

それにしてもどんなに雨が降っても水は浮くことなくきれいなピッチでした。





Pitch

ピッチ管理ありがとうございます。





笑いの?審判編につづく。

|

« サンフレッチェ戦観戦記(鬼頭アナ編) | トップページ | レジリエンスについて考える »

エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンフレッチェ戦観戦記(鬼頭アナ編) | トップページ | レジリエンスについて考える »