« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

突っ込まれたの巻

昨夕からちらちらと白いものが降り出し今朝も雪模様の岩見沢です。

Temp

どうやら今日から1週間は気温はマイナスの世界となるようで

ようやく真冬がやってきたか

の感覚です。

そのような中で4WD全盛の北海道では1台しかないであろう我が愛車
FFミラジーノ
を修理に出しました。
先週、新千歳空港に向かう際にたまたま右前輪ホイールが異様に熱くなっていることがわかり修理にだしたのですがディーラーから連絡があり
ブレーキシュー固着により6万円の修理代也
とのこと。

ユニフォーム4着買えるじゃないか

と思いつつ、今週は代車で空港に向かいます。

さて、始動日の三保に持って行ったパペパルを選手に持ってもらい記念撮影をしました。

Murata

村田選手。




Kaneko

愛弟子の金子選手?

その金子選手との会話

さかた「例のブツ届きましたか?」

金子「届きましたよ。相変わらず女子アナ好きですねえ」

選手に突っ込まれた三保でした。

| | コメント (0)

三保の続き(2)

Road2

月曜は富士山が綺麗に見えてこのような道を走りました。三保からの帰りの国道1号。



Nigehaji

一人での運転は退屈なので年末年始の再放送で今頃はまってしまった感のある“逃げ恥”のDVDを聞きながらの三保往復でした。



Road

そして翌日の職場ではこのような道を走りました。



今月は東京出張が2回もあり毎週この運転パターンの繰り返しです。

さて、三保ネタで引っ張ります。

Pape1

今年のパペパル。

練習が始まる頃から風が強くなり撤収しました。



Kou

オフ期間に賑わした松原選手。





Kou2

その松原選手とパペパル。




Sokko1

イケメンと屈強な体格に個人的に惚れ込んだファン・ソッコ選手。





Sokko2

日本語もわかるようでパペパルのゲーフラを読めました。
ただ意味まではわからなかったようで質問され英語で

Step Up

と答えると理解してくれました。

ソッコ選手には個人的にかなり期待しています。

| | コメント (0)

三保の続き

今日1月17日は阪神淡路大震災が起きてから23年になります。
23年前は柄にもなく単身でアメリカに赴任していました。当時はまだインターネットという便利なものは普及しておらず、日本のテレビが見られる契約もしていなかったので頼れるものはラジオ日本(短波)とCNNやABCなどの現地のテレビでした。アメリカでも連日トップニュースで報じていたことが思い出されます。

そのマスメディア関連ですが、静岡新聞のエスパルス担当記者さんが代わったようです。

大山記者 清水→磐田
萩原記者 磐田→清水

いわゆる異動です。サポーターからすると究極の配置転換のようにも感じます。
異動、転勤は組織にとっても個人にとってもプラスになる施策とはいえ、寂しい気がしないでもなく。今後のお二人のご活躍を祈願しております。

Snow

私もこちらに異動して3年目。
昨日は同僚が設備の除雪の為に山に入っていたので作業状況の写真を撮りに行ってきました。

さかた「お疲れ様です。」

同僚「遅い!もう終わりましたよ。」

私の場合、組織にとってはプラスではないようです。

Tv

さて、本題の始動日の三保の様子ですが、メディア関連ネタでこちらはテレビ静岡クルー。
佐藤ディレクター(左)が取材に来ていました。



Gk

羽田コーチを先頭にジョギングのGK陣。





Kusu

楠神選手。





Kusukami

ファンサでの楠神選手。

知らないおじさんに撮られるのは慣れていないようです(^^;



Tese

今年もお願いしますのテセ選手。





Youth

こちらはユースっこ達。

右から伊藤、平墳、滝の3選手。



Taki

三島出身だけに滝選手にサインをもらいました。

さかた「三島の何小ですか?」

滝「○△小です。」

さかた「三島からは高原選手以来ですよね。三島市民一同応援しています。」

(おまえ、いつから三島市長になったんだよ!byパペパル)

滝「ありがとうございます。」

出勤準備の時間になりましたので三保の続きは明日に。

| | コメント (0)

ヨンソン監督とご対面

Jal

昨晩北海道に戻ってきました。
機内ではお会いするのが3回目のCAさんがお二人もいて素行がバレバレ状態でした。その模様は後日。


さて、
昨年に比べ今年はゲーフラを作成するのが早く市川大祐選手引退試合時には既にできあがっていました。
徳島サポさんでもある“がくぞうさん”に書いてもらいゲーフラに落としたものです。
実は小林前監督のものも“がくぞうさん”に書いてもらっていました。

Mori

そのゲーフラですが最初に撮影したのがこちら。
森アナと。

「ヨンソン監督お願いしますよ」

とコメントしていました。


その新監督との絡みの模様ですが、午前10時からの練習開始に間に合うように三保に到着しゲーフラ片手にスタンバイしました。しかし30分経っても選手もスタッフも出てきません。

Sokko

40分近く経ってからでしょうか、ようやくクラブハウスから続々と選手が出てきました。
(高木和選手と話すソッコ選手)

一色通訳とともにヨンソン監督も出てきてゲーフラを見るなりこちらに来られました。
とりあえずの握手。栄えある三保でのサポとの握手第一号?
それはさておきゲーフラの感想を聞いてみると

「このようにならないように気をつけるよ」

どうやらご自身はもう少しスリムな認識のようでした(^^;

(ちなみにヨンソン監督とは英語による会話ですが、一色通訳も傍にいます)

Yan1

そのヨンソン監督は練習中は一色通訳と様子見のようでした。




ところで一色通訳ですが、チリ人の父と日本人の母を持ち、ヨンソン監督との付き合いは長く神戸のコーチ時代からの片腕だそうです。
昨年のサンフレッチェ就任時には神戸で営んでいるチリ料理専門店を休業して監督通訳に就いたとのことで、監督からの信頼は暑いようです。

Yan3

練習を終えてからその一色通訳に撮ってもらいました。

この後に一色通訳のスマホでも1枚。

監督よりも一色通訳が気に入ってくれたようです。

Yan4

そしてこちらが監督とのツーショット。



監督「私とどっちがカッコイイ?」

Youです。

監督「そうだろう」

だそうです(^^;

とりあえず監督に認識してもらえたので満足して三保を後にしました。

がくぞうさん、どうもありがとうございました。

| | コメント (0)

三保る

エスパルスのスケジュールが決まる前から今週は土曜に帰宅し月曜に北海道に戻る予定でしたので本日はその偶然性を活かして三保に行ってきました。

Miho1

まあ、パペパルが

「三保れよ!」

と言ったのが大きな要因ですが(嘘)

三保に行ったのは昨年のGW以来だと思います。

Clis

早速ですが、噂のクリンスラン選手が練習に合流していました。
契約前ということもありファンサは無しでした。



Miho2

今季最初の円陣。





Miho6

報道陣も多くいましたが、ジュビロ始動と重なり女子アナさんは皆無でした。





Miho3

珍しいアングルから撮影ができました。

ファン・ソッコ選手。

エスパルス在籍の韓国人の中でもかなり屈強な体格に見えました。
また、日本語もかなりわかるようでパペパルのゲーフラを読んでいました。
意味まではわからず英語で説明しましたが。

Miho5

練習最後のジョギング。





Miho4

ヨンソン監督。

右は監督通訳の一色さん。



Sign

無事に監督ゲーフラと撮影もできましたがその模様は北海道に戻ってからアップします。

| | コメント (0)

扇谷審判引退

プロフェッショナルレフェリーの扇谷さんが引退されました。
長きにわたりお疲れ様でした。

Ref1

写真はアイスタでは扇谷主審にとっては最後の試合となった浦和戦です。





Ougiya

この試合がエスパルス戦最後になるとは思ってもみなかったのであまり撮らなかったことを後悔。




Board

私にとってはおなじみの面々です。

昨年のアウェー北九州戦では扇谷さん、四審のたかぎさんとは電車の中でお会いしていました。


ご苦労の絶えない審判業、口で言うのは簡単ですが
どうもありがとうございました。

| | コメント (0)

市川大祐引退試合JAL編

Busstop

今冬最強の寒波が来ているそうですが、ここ岩見沢はほとんど降雪はなくホッとしていたのですが、路面がとんでもなく滑る状態になってしまいました。
出勤時は時速40キロが精一杯。
現場に行く午前10時過ぎに走行していると下りでエンジンブレーキをかけた途端にスピンしてしまい対向車がきたら命を落とすところでした。

今日もこのブログのように滑るんだろうなあ、怖いなあ、嫌だなあ、とブルーな気持ちになりつつ、引退試合番外編です。

Noji

東サイド寄りの軒下にSBSブースが設置されて野路アナが実況していたようでした。




Kuroda

SBSといえば久々にお会いした黒田アナにヨンソン監督ゲーフラを持ってもらいました。




Doron0

そして東サイドにはドローンの姿が。
赤ビブスの方が操縦者でした。




Doron

このように飛んで選手入場を待っていました。
オレンジウェーブのパフォーマンスが終わってからなかなか選手が入場してきませんでしたが、この姿勢で長時間ホバリングしていました。


さて、私にとっては思いもかけない事態が。
エスパルス創設時からずっとスポンサーのJAL様からの花束贈呈。

Jal1

客室乗務員の南さんからの贈呈でした。





Jal2

羨ましい。





Jal3

ツーショット撮影。




南さん、どうもありがとうございました。

Jal5

ということで北海道への戻りは当然のJAL利用。





Jal4

イチに看過されたわけではないのですが、いつものルーティーンでの記念撮影。



撮影者の五島さん曰く

「もう何回もお会いしていますよ」

でした。

何はともあれ諸々においてJAL様どうもありがとうございました。

| | コメント (0)

市川大祐引退試合その2

市川大祐選手と聞いて暖めていたネタがありました。

Hachinohe1

一昨年のホーム最終戦で青森のさとうさんからいただいた八戸のオフィシャルガイドブック。
ガイドブックといっても無料の冊子です。
(青森のさとうさんは本ブログの読者で仙台やアイスタで年に1~2回お会いしています。)

Hachinohe2

八戸でも25番。




Hachinohe3

対談も載っていました。




Hachinohe4

こちらの広告では頂点に映っていました。




さとうさん、ネタにするのが遅くなり申し訳ありませんでした。

Photo

さて、引退試合の集合写真の様子。
パルちゃんの横には小野選手がいました。




Okada1

試合前に岡田主審を恐●する秋田選手(嘘)





Ref

岡田さん以外は現役バリバリの審判団でした。

静岡出身の唐紙さん(手前)は三保での練習試合では笛を吹くこともあるのでこの引退試合には必ず来ると予想していました。


Ichi1

コイントスを見守る両チームキャプテン。

川口キャプテンが勝ったようでエスパルスは前半は西サイドに向かって攻めることになりました。


Hiroshi1

試合中の岡田主審と名波選手。





Hiroshi2

ヒロシ本気蹴りでしたが真田GK好セーブ。





Kenta

短時間で一番注目されていた選手。





Kenta2

疾風のようにピッチを去っていきました。





Half

前半終了時の2人の真田選手。




後半途中でスタジアムを後にしたので試合中の写真はこれだけです。

| | コメント (4)

市川大祐引退試合その1

最終便で北海道に戻ってきましたが、昼のアイスタの方が寒いくらいに感じる程気温が高めの新千歳空港でした。

さて、昨日の写真のみアップします。

Pape

今季のパペパルキャッチフレーズはイチのキャッチをパクリこちらにしました。




West1

西サイドのダンマク。





West2

歴代所属チーム。





West3

代表。





West4

最後に背番号。





Junpei

純平お疲れ様ということで





Junpei2

克馬さんからのインタビュー





Onohyoudou

ウォーミングアップ時の密談。

小野「なんでエスパに戻る?」

兵働「いろいろとあって」

小野「俺もそのうち戻るからな」

と言っているわけではないでしょうが。

Ihara

こちらはアビスパ井原監督にインタビューの鬼頭アナ。

「どうして枝村選手を獲るのですか?」

という質問ではありません。

| | コメント (2)

2018ゲームシャツ発表なる

市川大祐選手引退試合観戦し帰宅。
これから羽田空港に向かい最終の新千歳行きに搭乗します。

Shirt1

その前に本日ハーフタイム後に発表になったゲームシャツです。




Shirt2

特筆は1stにも背面に富士山、そして新たにスポンサーが入りました。





Shirt4











Shirt3

オリジナルネームは今年もJAL絡みになりそうです。

| | コメント (0)

今年初?帰宅

昨日はまた羽田空港に戻ってきました。
話せば長くはないのですが、
年末に電話があり

「年始早々の対応で日が無い為、悪いが1月5日に来るように」

というこちらとしてはそれほど悪いとは思っていない出張が入り、この三連休は帰宅できました。
もっとも“真冬の北海道厳寒個人お楽しみツアー”が流れてしまったことは残念ではありますが。

Table

ということでこちらが2月中旬までのフライト予定です。
この厳冬期の週末は殆ど北海道にいません。

この表の翌週にはもうJリーグが開幕。ここ数年はアウェーだろうと必ず観戦していましたのでたぶん2月最終週はどこかに飛ぶはずです。(アウェーのコンサドーレ戦の場合は除く)

Cts1

ネタらしいネタはないのですがこちらは新千歳の正月飾り。





Cts2

クリスマスツリーから北海道出迎えツリーに変わっていました。





Jal

機体にはいつものように不凍液散布を行っていました。





Seat

今回はCAさんと対座するもののこのように壁(窓)側、そして満席で隣席にもお客様がいたために殆ど会話はできず。









それでもレシートレターはいつものようにお渡ししました。

Seal

そしてゲットしていなかった長野県のシールを確保。

都道府県シールは残すは青森、岩手、栃木、和歌山、鳥取の5県になりました。







Pape

そして本日はドリームハウス駿東に行き年始から働いていたコイツを回収してきました。

明後日にみなさまにお会いできれば幸いです。

| | コメント (0)

今年もJALと

今日から仕事再開ということで昨日の午後に北海道に戻ってきました。

Jal4

羽田空港は新春モード。



Jal5

北海道勤務前は三が日フライトには縁が無かったのですが、これで3年連続の1月3日の羽田空港です。



Jal6

毎年、達筆の謹賀新年が飾られます。




Jal7

鏡餅。





Jal1

富士山がよく見えました。





Jal2

たくさんの鶴丸。



さて、北海道へ戻る便は札幌便にしてはやや小さい便でCAさん7人(標準は9人)、CAさん対面座席が無い私にとっては寂しい機体でした。
それでもレシートレター作戦で会話は敢行。

さかた「これプレゼントです」

酒井「なんですか、これは?」

ということで解説。

さかた「正月はずっと勤務ですか?」

酒井「いえ、今日からコナでしたが急遽こちらに廻りました。」

国際線勤務だったようですが欠員が出て急遽成田から羽田に廻ってきたようです。

Jal3

離陸後はCAさんと話すこともできず遠くに見える富士山を眺めていました。


1時間近く遅れたので撮影は自粛。

Jal9

代わりといっては失礼ですがこちらは年末の便にて。
真ん中は4月入社の静岡出身の岩鼻さんでした。
静岡市なのでもちろんエスパルスネタは通じました。
なんでも呉服町でチョンテセ選手に会ったことがあるとか。
エスパルスネタの通じるCAさんはほとんどいないので嬉しい2017年最後のフライトでした。

今回の便では対面会話や写真はありませんでしたが嬉しいメッセージカードをいただき新千歳に到着。517便のCAのみなさま、慌ただしい中どうもありがとうございました。

Cts1

到着した新千歳も正月モードでした。





Cts2






Jal11

岩見沢に戻りチャンネルをまわしていると偶然にもこのような番組をしていました。


Jal12

女優の二階堂ふみさんが飛行機の座席フェチのようで、それを取り上げていました。


Jal13

JALを取り上げたところが素晴らしい番組でした。

(航空会社別となっていましたが他の日本の航空会社は取り上げていませんでしたので。)

Card

今年もエスパルスともどもよろしくお願いします>JAL様

| | コメント (0)

2日目

早いもので年末年始の休暇は明日でおしまいです。
最終日はほぼ移動に費やされるので実質は今日が最終日の気分です。

Taisya

初詣は徒歩10分もかからない三嶋大社に昨晩行ってきました。



Fuda

しかし夜だったので古札回収を行っていませんでしたので本日リベンジ。

いつまでも昔にすがりついているとよろしくないようです。



Table

ご参考までにこちらを。







Yuriko

ところで年末の北海道新聞にこちらの広告が出ていました。

奇しくも“逃げ恥”のゆりさん。

じゃあ、誰がエスパルスを救ってくれるのさ?

とFBでぼやくと、機転の利くフォロワーさんが

「グリコじゃないの」

と言ってくれました。

Gacky

グリコのCMと言えばガッキーを思い出すオヤジです。

年末年始の再放送で再びブレークの“逃げ恥”。

やはりエスパルスを救ってくれるのはガッキーでしょうか。

今宵の初夢、エスパルスとガッキーが出てこないかと妄想しています。

| | コメント (0)

賀正

突然ですが旧年をふり返り、

Hokkaidou1

28日は仕事納めでしたが職場周辺は雪が降っていて北海道も雪に埋もれていました。



Hokkaidou2

そこで北海道を助けたのですがいいことは特にありません。




夕方まで仕事をして山を下りました。

いつもですと岩見沢で1泊してから翌日車で空港まで移動し札幌の娘と待ち合わせて帰宅するのですが、今年は娘を札幌で拾ってから空港に向かいました。

Jal1

新千歳空港は正月モードになっていました。





Jal2

エスパルス観戦と単身赴任の恩恵でステータスが上がりプレミアムラウンジを今年は使えます。
人間性のステータスは下がる一方ですが。







Rokkatei

さて、年末になると北海道の菓子メーカーは限定商品を発売します。
こちら六花亭の年末年始限定商品。


Tori

どらやきの表面は鳥の刻印。










Dog

そして裏は犬。

犬といえば、年越しは初めてEテレを見ていたのですが、今年の干支の歌の

ポチが通ります

にはまってしまいました。




この歌は三山ひろしさんが歌っています。

三山さんといえば紅白でけん玉ギネスに挑戦したのですが、14番の人が失敗して(=落として)14番が大晦日の夜を賑わしたのは記憶に新しいところです。
幸いエスパルスの14番は野津田選手移籍に伴い今のところ欠番ですが、迎えるシーズンは誰が付けることになるのでしょうか?
今年の受験番号ではあまり縁起がいいようには思えません。

Soba

年越しそばは北海道では有名な幌加内のそばを持ち帰りいただきました。








Kamaboko

そして年が明けてのおせち料理は静岡らしく富士山かまぼこ。



静岡といえば、こちらの人の運転はウィンカー(方向指示器)を出すタイミングが遅いですね。ひどい人は曲がりかけてから出したりします。
北海道では教習所で習った30Mよりも早く出します。それが周りへの思いやりであり、自分の身を守る為の術なのです。

エスパルスにおいてはこのような悪習を見習うことなくシーズンのなるべく早い時期に残留という方向指示を出して決めてしまいたいところです。
できれば残り5試合よりも前で決めていただけるとシーズンシートの発送などに支障を来さなくなるのではないでしょうか。

以上、新年早々の小言でした。

| | コメント (2)

« 2017年12月 | トップページ