« いまさらのシーチケパーティー | トップページ | JALでメリークリスマス »

審判へのヤジについて考える

Lake

昨日はほとんど雪が降ることもなく静かな職場周辺のはずだったのですが




Doukei

通勤路には一昨日の夕方から道警が




Line

路肩にはマスコミの車が




Heri

上空には報道ヘリが




なんと死体遺棄事件発生。

Line2

①早速うちの派遣さんがネットから情報収集
②その情報をもとに別の部所の派遣さんとやりとり(=うちの派遣さんの友人28歳)

仕事もせずにLINEをしていました^^;


さて、先日の出張では人権&ハラスメントの研修を受けてきました。

Sexial

まずはセクハラの資料。

私は四六時中似たような会話をしていますが、自分の趣味までは言及していません。

Pawer

本題のパワハラです。

手書きの部分は私のコメントです。

スタジアムに行くと、審判への人権侵害ヤジの何と多いことか。

その理由を考えてみました。

①相手(審判)からの反論はない
②金を払って見にきている

適正なジャッジをしても、応援しているチーム側のファールを取ると一斉に主審への非難が起きるのがどのスタジアムでもあることでしょう。
そして、それは試合が進むにつれて徐々に恫喝にも似たヤジに変化していくわけです。

人はなぜ審判をヤジるのか。

その背景には、自己主張できない職場や学校での日常のストレスを発散するという間接的要因もあるかと思いますが、ここでは直接的要因を挙げたいと思います。

上記の①②が主因だと思うわけですが、

①については弱者いじめ そのもの。
②については審判もそうですが、選手に対しても
 「金を払って見にきているのだから、何を言ってもいいだろ」
 という意識を持たれている方が多いのではないのかという歪んだ優越感が起因しているのではないでしょうか。

では、このようなヤジを発することによって事態は好転するのでしょうか?
悪化させることはあっても誰の利にもつながらないではないでしょうか。

少なくとも人格に抵触する発言は人権侵害だけではなく、周りの観客も不快に感じていることが多いのですが、自己主張をはじめた方々の顕示欲は静まることを知りません。

判定にクレームをつけるな!と言っているのではありません。

スタジアムは人権侵害治外法権の場ではないので、審判の人格を否定する発言はやめて欲しい、と言っていることを少しでも理解していただきたいわけです。
Jリーグも“じんけんくん”をだたピッチで周回させるだけではなく、その啓蒙活動をしっかりと行う必要があるのではないのか、と思った師走の一日でした。

|

« いまさらのシーチケパーティー | トップページ | JALでメリークリスマス »

コメント

個人の判断なんですよね~

先日も静岡空港での全体撮影で
綾乃さんが兵さんとの間を空けていて
子供を勧誘も失敗に終わったんで
ぜひあたくしが!と申し出ましたが

子供限定と断られました(笑)

投稿: REI | 2018年12月20日 (木) 12時19分

>REIさん

いつもコメントありがとうございます。

私が言いたかったのは、審判も人間だということです。
何を言ってもいい、ということではないわけで。

あっ、セクハラの方でしたね^^;
勘違いしてすいません。

投稿: さかた | 2018年12月20日 (木) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いまさらのシーチケパーティー | トップページ | JALでメリークリスマス »