« 観客のいる難しさ(鹿島戦レフェリングの続き) | トップページ | Jam9編(鹿島戦観戦記) »

再会(鹿島戦観戦記)

エスパルスにとっては過去の出来事になってしまいましたが、昨日はルヴァンカップ準々決勝1st Leg が開催されたのですね。
札幌は厚別の試合には西村さんが主審で来道されていました。
ということは今、私は西村さんと同じ北海道の空気を吸っているということで←変態かよbyパペパル
しかし、前節の試合前からルヴァンの審判は決まっていたのですね。

Plate_20190905063301
そんな北海道で昨日は現場パトロールに行ってきました。
場所は大雪山系の麓にある某設備。

そういえば先日の鹿島戦で

「さかたさんって広報誌などの編集をする仕事をしているのですか?」

と聴かれましたが、一応工学部出身の技術屋です。

“一応工学部”という学部ではなく、一応“工学部”です。おわかりでしょうけれども念のため^^;

Flower1_20190905063301 といいつつパトロールに行って花を撮っていました。




Flower2_20190905063301 名前を調べたのですがよくわからず。


もっとも真剣には調べていません。

Butter3 そして初めてみた北海道の固有種カラフトヒョウモン。
準絶滅危惧種です。
羽の裏に白い紋があるのが特徴です。
ちなみにこの黄色い花は外来種のオオハンゴンソウ。
駆除が追いつかない状況で、道内の至る所で見受けられます。
誰だよ、外国から持ち込んだのは!

Butter2 こちらはホソバヒョウモン。
やはり北海道の固有種です。
羽の裏には白い紋はありません。

ちなみに私は生態調査の為に山に行ったのではなかったのですが。

Sho さて、鹿島戦の審判以外のネタです。





Ref_20190905063301 といいつつ久々にお会いしたメイン副審だった川崎さん(右)

「お久しぶりです」

と再会の声をかけていただきました。
川崎さんとはアウェーでもたびたびお会いしていましたが、日本平は今季初だったかもしれません。

Massu 再会といえばこちらの鹿島サポさんカップル。

エスパルスJ1復帰後の初試合となった2年前の開幕戦でドリプラからタクシー同乗以来のお二人でした。
勝ち点ではないお土産をいただき、こちらは六花亭と勝ち点3のお土産を結果的にはお渡ししたわけですが^^;

とても感じのいいお似合いのカップルなのですが

さかた「私と知り合ったエスパルスサポのカップルはよく別れるんですよ」

と縁起でもないことを発してしまい申し訳なく。
感じの良さは、若いのに落ち着きがあるところだと思いました。
この落ち着き、いまさらですが自分も見習いたいところです。
お二人にはこの先お幸せになっていただきたく、また、幸せのお裾分けもスタジアムで待っています。

Table_20190905063301 この日は毎回人気のあるクマさんグッズの発売がありました。
グッズ売り場に珍しく並んでいる私を見かけた知人のほぼ全員が

「オレンジウェーブ狙いですか?」

と誤解を招く質問をしてきましたが、

Takuo1 私はたくお狙いでした。




Takuo2 それがこちら。




Takuo3 北海道ではなく長女のバッグにぶらさげました。




Takuo4 たくおくんには期待していますので、早く感覚を研ぎ澄まして欲しいところです。




Ow_bear こちらがみなさんが期待していたオレンジウェーブバージョン。
REIさんが購入したものを撮らせてもらいました。



Don1_20190905063301 その後、ロコモコの原型が消えてしまったこちらを購入。




Don2_20190905063301 カツ丼。




Jam9 Jam9編につづく。

|

« 観客のいる難しさ(鹿島戦レフェリングの続き) | トップページ | Jam9編(鹿島戦観戦記) »

コメント

オレンジウェーブ狙いです(笑)
18個メンバーに買いなさいと
言われましたが即完売

今年はオレンジウェーブへの
販売はなく家族に頼んだ
メンバーが買えなかったそうです
あくまで噂ですが
昨年唯一残ったんで
販売数が少なかった(販売なしもあった)
なんて話もお聞きしました。

投稿: REI | 2019年9月 5日 (木) 12時14分

>REIさん

オレンジウェーブバージョン完売していたのですね。
見事な生産調整です。
しかし、メンバーに渡らなかったのはかわいそうな。
昨年のでよければ我が家に1体ありますが。

投稿: さかた | 2019年9月 5日 (木) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観客のいる難しさ(鹿島戦レフェリングの続き) | トップページ | Jam9編(鹿島戦観戦記) »