« 勝負の三週間 | トップページ | 審判について考える »

“日程くん”の凄さを考える

昨日は本州も寒かったようでJリーグ史上初めて氷点下で試合が行われたそうです。

アルウィン 松本対東京ヴェルディ 氷点下3.3度
ケーズデンキ 水戸対琉球 氷点下3.1度
カンセキとちぎ 栃木対千葉 氷点下1度

Papepul アイスタも4℃だったとか。
観戦お疲れ様でした。

(設置担当はマダム木村さん)







さて、昨日は残念ながら負けてしまいエスパルスは最下位に転落してしまいました。
各チームともに残すところあと1試合。
例年ですと、
17位、18位の下位2チームが自動降格
16位がプレーオフ
ということになるわけで、最終節前には自動降格するチーム1チーム程度が決まっているわけですが。
Table_20201217062101 ご覧下さい。
こちらが1試合を残した順位表です。

最終節は仙台vs湘南というカードがあるためにまだ自動降格のチームが1チームも決まっていない状況です。
仙台vs湘南が引き分け、エスパルスが勝てば自動降格を免れることになります。
最終節にこのカードを組んだ日程くん、さすがです。
まあ、エスパルスがガンバに勝たないことには何も始まらないわけですが。

Pul_20201217062101 何はともあれ今季もホームでのご声援ありがとうございました。

|

« 勝負の三週間 | トップページ | 審判について考える »

エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝負の三週間 | トップページ | 審判について考える »