再びの地震

火曜日に新千歳から岩見沢に戻る際の路面はもう春のようにアスファルトが出ていて快適だったのですが、どうも走りに違和感があり前輪を触ってみると熱を持っていました。

こりゃあ、またやられたか

ということで、愛車ミラジーノをディーラーに持ち込むと

「さかたさん、キャリバーやられています」

キャリバーとはブレーキパッドを制御しているところで、詳細はこちら
錆びで駆動部が固着してブレーキがかかった状態だったので発熱していました。

北海道に来てから何と3回目の交換になります。

融雪剤などの影響で、北海道では車の下まわりはやられてしまうんですよね。

代車がないので試乗車を借りることになりました。このまま交換してもらうとラッキーなんですが^^;

Sokuhoujpg

さて、そんなこんなでバタバタしてから社宅に戻り横になっていると東日本大震災から耳にこびりついているこちらがスマホから鳴動。


何回聞いても心臓によくありません。

ご心配をおかけしましたが、今のところ札幌の次女も含めて何事もなく。

Nhk

NHKは終夜テレビ画面が小さくなっています。



地震による設備被害は無いと思いますが、本業が残業となった場合には遠征は断念。

今のところ行く気満々ですが。

行くとなると羽田経由のJAL利用となります。

そこで、先日の派遣さんとのLINEでの会話。

Line

派遣さんは旅行に出ていてお土産を物色していたようでした。

日頃の行いが垣間見える会話でした。

Ca

こういう写真を見せていますから^^;

左から3人目は今年度入社の村上さん。
何と既にお会いすること3回目。今回は対面で長くお話しをさせてもらいました。その模様は後日?

では、今宵終業後に羽田へ・・・・・・行けるかな?

| | コメント (0)

STEP ON!

今季のエスパルスのキャッチフレーズは昨季と同様に徹底ですが、

Step_on_time

先日のJリーグタイム(NHK-BS)でのヨンソン監督はこのように言っていました。


Step_on

ということで、一昨日の三保ではユニフォームにその文字を入れてもらいました。

もっとも、個人的にも成長したいところなのですが、体重ばかりが成長する日々に悩んでいるところです。

Yonsong

この写真を派遣さんに送ってこんなことを言えば会話が止まるというものです。

| | コメント (2)

三保る~立田があ~

昨日は北海道に戻る移動日でしたが、大回りをして三保に行ってきました。
目的はJAL CA ユニにサインをもらうことだったのですが、そんなことよりも新練習生にビックリしました。

Tatsu1

誰だ?あの背のデカイのは?
ヘナト?
いや、ヘナトはいるなあ。



Tatsu2

気合い十分の立田選手でした。










Tatsu3

ユニフォームに気合いを注入してもらいました。

さかた「副キャプテンへの気持ちの表れですか?」

立田「まあ、そんなところです^^;」





Tatsu4

最後に上がってきた立田選手を記者さん達が取り囲んだのは言うまでもありません。

この後、知り合いの記者さんに聞いたところ

「丸刈りをするような悪いことはしていない」

とのことでした。

Jリーグ開幕前の最後の公開日となる今日の三保は立田フィーバーになるでしょうか。

| | コメント (0)

新ユニフォーム

みなさん、こんばんは。
CAさん好きだと誤解されているさかたです。

Uni

今季のユニフォーム入荷の連絡がありましたので、早速取りにいってきました。


10番は I LOVE と読むことができます。

1=I

0=テニスのスコアなどでラブ

Twitter

この写真をツイッターにアップしての反響です。
誤解を解く道の厳しさを痛感しています。

| | コメント (3)

暴露と正当化と(エスパルスネタ皆無)

Vd

世の中のバレンタイン狂騒も収束し、厳冬もようやく出口が見えてきた北海道です。

(写真は派遣さん達作成のバレンタインガチャの装飾品)


Vd0

月曜に会議があるため今日はこれからこちらの新千歳に向かいます。




そういえば、ツイッターを見ていると今季のユニフォーム入荷のお知らせが続々と届いているようですが、オリジナルネームのユニはまだのようですね。個人的事情になりますが、私の場合、今週末に届かないと開幕戦は昨年のものを着用となります。どうでもいいことですが。

さて、昨日は諸事情あり派遣さんと山の事務所に上がりました。
注)除雪作業の所員もいたので二人きりではありません。妄想は不要です。

そして、話せばかなり長くなるので説明は割愛しますが、簡潔に申しますと諸事情ありこのブログの存在がバレました。
職場関係者は誰一人知らなかったこのブログの存在および極少人数のみ知っていたエスパルスサポーターであることがあばかれてしまった訳で。
(ちなみにCAさん好きはなぜか皆知っています。なぜ?)

以下、その後の会話。

さかた「これでもう派遣さんには悪いことできなくなってしまった。悪いことする気はないけれども。」

派遣さん「どうしてですか?」

さかた「ブログの内容見れば
     やれエスパルスだ!女子アナだ!CAだ!
    ということで、仕事をしていないことがわかってしまうでしょ。
    『バラしますよ』と言えば何もできません。」

派遣さん「そうか!」

さかた「どうか内密にお願いします」

派遣さん「大丈夫ですよ」←私にはそう言っていたような記憶があるのですが定かではありません。

さかた「いや~、以前にゲーフラさかた(写真集への掲載名など)という名が出た時にはマズイと思ったんだよねえ。」

派遣さん「どうしてですか?」

さかた「ゲーフラさかたでググればヒットしてしまうから」

と言ったところでググる派遣さん。

派遣さん「さかたさん、ツイッターもヒットしましたが。」

さかた「ヤバイ」

派遣さん「ところでゲーフラってなんなんですか?」

以後、ホワイトボードを使ってゲーフラの説明や、CAさんへのレシートレターの説明などをしたわけで、その説明たるや、日頃の仕事でのプレゼンよりもわかり易かったのではないかと自画自賛。←そんな場合かよ!と言われそうですが。

彼女がなかばあきれていたのはCAさんへの情熱だったようで、結局脳内いろものオヤジの印象がますます強固になってしまったようです。

なぜ、これほどの情熱があるのか。その正当化を以下の説明で試みました。

①私はどの航空会社のCAさんでもいい、というわけではなくJALだけを押している

②その理由はエスパルスとJALのスポンサー関係から。
 Jリーグ発足以来のスポンサー関係はJALとエスパルスだけだから。

③そのJALへの感謝を毎回搭乗時に示したい

反応は言わずもがなのほぼスルー状態で、むしろレシートレターを見た印象は、
「執念すら感じる」
でした。

まあ、常日頃の言動からしてやむをえないので

身から出た錆び、自業自得、因果応報

などの言葉の意味がようやくわかったような気がしました。

Shika1

そんな会話などをしていると子供らしきシカがやってきました。




Shika2

早速、このシカの写真をツイッターにアップすると、




Twitter

このようなリプライが来て、この先誤解を解く道は険しく長いと痛感しました。

| | コメント (0)

バレンタインの出来事

Take

今季もキャプテンは竹内選手になったそうで、それを見越して三保で今季の目標を書いてもらっていました(再掲)。
キャプテンシーに期待しています。


さて、昨晩は東京からの出張者と飲んでいました。
私はいつものようにノンアルコールビールでしたが。
JALとANAに分かれて羽田から来たそうですが、状況を聞いてみました。

JAL 降機の際にCAさんよりチョコ手渡し

ANA 何もなし

Choco

そんな会話をしていると女将さんからバレンタインプレゼント。

「岩見沢を離れてもまた来てね」

と言われてしまいました。



Line

ブラキストン線(ブラキストンせん、Blakiston Line)とは、津軽海峡を東西に横切る動物相の分布境界線である。 津軽海峡線(つがるかいきょうせん)ともいう。 イギリスの動物学者のトーマス・ブレーキストンが提唱した。

どうもブラキストン線を渡れない状況になってきました。

Iwami

そんな東京とのすったもんだの一日のはじまりはおなじみの雪景色でした。




出勤後、事務所で、ぼーっとしていると突然

「ハッピーバレンタイン!」

Vd1

派遣さん3名が突然やってきました。

「ハッピーバレンタインガチャです!」

なんと手作りのガチャを手に

「一番お世話になっているさかたさんが一番です」←ココ重要

ということで栄えある一番ガチャを回しました。

Vd2

出てきたものは8番の引換券。
そして8番の中身がこちら。
メッセージメモ入りでした。



Vd3

ガチャだけで2日間かけて作ったそうで、それ以外のメッセージや袋詰めにも帰宅後の時間を割いていたようです。


私も含めて社会人になって一番楽しいバレンタインになったと好評でした。

Vd4

お礼に先日三島駅で購入した義理ちょこっこを渡しました。
この日、体力測定があり、体重を計った派遣さん曰く

「この職場に来て3キロも増えてしまった責任の8割はさかたさんにあると思います」

と言われてしまったバレンタインでした。

| | コメント (0)

JALでバレンタイン、少し飯田主審

「こんなに毎日寒くて、雪が降るって何年ぶりなんだろう」

おばちゃん、たかだか4回目の北海道の冬を過ごしている静岡県民に聞いてもわかりませんよ。

ということで、地元民がぼやくほどの北海道そして岩見沢の厳冬です。

Doushin

こちらは昨日の北海道新聞。








Temp

こちらは1時間前の北海道の気温。



ところで、ネットのニュースに飯田主審の情報がアップされていました。

自分のミスでけが人が… レフェリー飯田淳平氏が悔やむ「吹けなかった笛」

こんなことがあったとは知りませんでした。
あらためて瞬時の判断が求められる仕事の厳しさを認識しました。


さて、今日はバレンタインデーですね。

Vd2

数ある写真の中でも個人的にこの写真が凄く気に入っています。
自分が写っているのが余計なのですが、なかなか見ることのできないポーズが心をくすぐるわけです。


この連休の我が家ですが

連休に 帰宅すれども チョコはなし byさかた

という状況でしたので

Kokko

傷心を胸に(嘘)職場への土産を購入後羽田に向かいました。




Val1

第一ターミナルでJALさんはバレンタイン企画を展開していました。




Val2

縁結びだそうで、私は特に願うこともなく。





Jal1

この日も最終便で北海道に戻ってきました。



搭乗すると都道府県バッジに目が行き静岡県のCAさんを発見。
沼津出身の渡邊さんに初めてお会いしました。
そして小野さんにはレシートレターに

「1日の疲れが飛びました」

と感激してもらい、座った席の対面は甲木さんでした。

さかた「甲木(かつき)って珍しい名字ですよね」

甲木「そうなんです。福岡の柳川なんです。」

さかた「柳川ですか?私、行ったことありますよ」

甲木「わざわざ?」

さかた「Jリーグの清水エスパルスのサポーターで、福岡から鳥栖に行く際に行ってみました」

甲木「エスパルス?」

さかた「ご存知ないですか」

Deji

甲木「いえいえ。この前のやべっちFCで出ていましたよね」

さかた「それです!」

甲木「テセ選手!」

さかた「そう」

甲木「おもしろかったですね」

さかた「そうでしょう」

という会話の後の記念撮影では

1日の疲れが飛んだと言ってくれた小野さんが

「私、このボード持ちたいです!」

Vd1

ということで撮影した写真がこちら。




Jalletter

今回も楽しい旅となりました。
JAL様いつもありがとうございます。

みなさま方にとってよいバレンタインデーでありますよう。

Omikuji

PS.鹿児島キャンプで行った鹿児島神宮のおみくじ。

| | コメント (2)

鹿児島キャンプツアー6

おはようございます。
本来ならば連休最終日に北海道に戻るのが常ですが、単なる労働意欲の低下により本日夜に戻ります。突然休んだわけではなく、当初予定通りなのですが。
労働意欲といえば、どうやら春には異動になりそうです。
行き先は不明ですが、これ以上北に行くとなるとサハリンあるいはカムチャツカ半島でしょうか。現場はありませんが^^;
さて、鹿児島キャンプネタで引き延ばして申し訳ありません。

Sakura1

2月2日に現地入りして初めて泊まったホテルからの桜島です。



Sakura2

その夜は一人寂しく過ごすことなくお仲間に誘われて天文館街へ。



Utage

その面々です。
最奥の変態1が私、変態2が某局の山本くんです。

この二人は昨年のキャンプでも合流したのですが、紅白戦を見ながらのONLYエロトークに結局ゴールシーンを見ることなく、そして周りの観客の一人某マダム木村さんから
「うるさい」
と言われていました。
その反省も踏まえ、今回の山形戦ではまじめな会話をしていたように思います。

薩摩料理に舌鼓をうった方々、エロトークに舌をまわした二人、そんな天文館の夜も更け
一夜明け日曜の午前に私は鹿児島サポさんに教えてもらった
鹿児島vs秋田戦
を少し見ました。

Kagoshima1

行ってびっくり、雨天にもかかわらず多くの観衆が詰めかけて、J2昇格の熱を感じました。



Kagoshima3

圧倒的に鹿児島が攻めていた試合よりも私はこちらののぼりが気になりました。
てっきり“さつま島美人”というユニットがいるのかと勘違い。
これも私のような思考回路の人間向けの観客動員の戦略でしょうか。


そうこうしているうちに昼が過ぎ、ツイッターをチェックしているとスポパラ取材チームが鹿児島入りをしたとの報。
そこで駐車場で待ち伏せしました。
早速、片山アナ登場。

Katayama1

「ぼくでいいんですか?」
いいんです。



Katayama2

場所を移しこちらも。
雨の中ありがとうございました。



その後しばらくしてディレクターの杉山さんが

「2人の写真撮ってもいいですか?」

さかた「2人を撮ればいいんですね?」

片山アナと杉山ディレクターの写真と思いきや、片山アナと私の写真をスマホで撮っていました。要注意人物として拡散?

「写真、お嬢に送りますよ」

お嬢とは森アナのことでした。
片山アナの写真はともかく、森ちゃんはオヤジの写真見てどう思ったのやら。

| | コメント (0)

鹿児島キャンプツアー5

Board

今回の帰宅にあたっては関東地方降雪の予報だったために、羽田に向かう便は

機長が安全に着陸できないと判断した場合には、新千歳空港に引き返す条件付き飛行

となっていました。

Stop

そんな新千歳に向かう道です。
この矢印の標識は冬の北海道では無くてはならないものです。
停止線を示す標識です。
冬の間は路面に書かれているのもは氷雪に隠れてしまう為、この標識が停止位置をドライバーに示す唯一のものになります。

さて、北海道生活一番の冷え込みとなった土曜日、搭乗前のサクララウンジでのことです。

ラウンジ係の方から突然声をかけられました。

Cts

「日の出がきれいですね。私、いつもこの場所で見ると幸せになるのです。」

さかた ん?告白か?(ウソ)

さかた「そうですね。昨日もみれましたか?」

Cts2

「いえ、昨日は曇っていました。」

さかた「私、岩見沢から来ているのですが、岩見沢は雪でしたよ。」

「岩見沢なんですか!私、栗山なんです」

さかた「お隣じゃないですか!」

と、話はここから一気にボルテージがあがりました。

小林酒造有名ですよね、とか日ハムの栗山監督住んでいますよね、とか栗山町に関する薄識を絞り出したわけですが。

そして、アップルパイに目がないとわかり、岩見沢のアップルパイのお店を教えてあげた楽しい1日の始まりでした。

ところで会話の中で

「いつものお席が違うのは日の出を見る為でしたか」

ラウンジ内の行動もチェックされていました。悪いことはできません。しているつもりもないのですが、鹿児島キャンプのサポの宴では誤解されている方が多いように感じました。



相変わらずの前置きの長さでしたが、鹿児島キャンプの続きです。

昨晩のやべっちで大活躍だったお二人。

Tese

まずはまゆ毛タトゥーのテセ選手。

ホーム開幕戦が誕生日だそうです。



Rokutan

そして、今季はオーバーヘッドでのゴールを狙っているのでしょうか?

六反選手。



静岡朝日テレビ編につづく

| | コメント (0)

40年ぶりの酷寒なのに、やることは同じ

Doushin

金曜は予報通りの寒さが北海道を襲いました。




Nhk1

よりによってなぜ北海道勤務中にこんな40年ぶりやら史上最強やらの事態になるのかと。

でも、それはそれでめったにない貴重な経験だと喜んでいる自分もいました。

Nhk2




Nhk3





その金曜日の昼前の会話。

さかた「寒いからラーメン食べに行こうか」

派遣さん「いいですね。隣の部署の派遣さんも一緒にいいですか?」

ということで、女性2人をエスコートという名のアッシー(死語)で岩見沢の45395(試行錯誤=レシートレターのようです)というラーメン屋へ。
聞くところによると、この派遣さん達の高校の同級生が営業しているとか。それはさておき車の後部座席の彼女達もこの寒さはこたえているようで

「今日は寒いよね~」

「事務所ぜんぜん暖かくならないよ」

とか、舞い上がる雪煙を見ながら

「ホワイトアウトの時にハザードつけている車どう思う」

「あれ、迷惑だよね。止まっているのか走っているのかわからないもん」

「そうだよね、抜いていいのかわからないものね」

とおじさんは後部座席の会話を詳細に聞く余裕もほとんどない状況でしたがあらすじだけは記憶に留め。それにしても静岡県民に運転させて、なにをノンビリ会話しているんだよ、と心でボヤきながらホワイトアウトの中ハンドルを握っていた金曜日の昼休みでした。

明けて昨日の土曜早朝。

Nhk4

天気予報の千歳の最低気温はマイナス25度でした。



Uhb

全道軒並み気温低下。

そのような中で3週間ぶりの帰宅のために岩見沢から新千歳へ。

今回搭乗した朝一番機は出発時から慌ただしくバタバタで、着陸時には汚物噴火事件も勃発し写真どころではありませんでした。

しかし、久々に長時間にわたり特に対面のCAさんとお話しをすることができました。

きっかけはレシートレターなのですが。

CAさん「2枚もいただけるのですか?」

「どうぞ。内容が少し違うんですよ」

じっくり見ながら

CAさん「ホンマや」

(関西弁レア)

CAさん「昨年5月に乗り始めたのですが、初めていただきました。都道府県シール集めていますか?」

もう4巡集めました。

CAさん「それは凄いですね。私から何をお渡しすればよいのか。」

いえいえ、大丈夫です。
気持ちだけで充分です←これは言えませんでした

ちなみに都道府県シールは3月で配布終了ということもあり、CAさんからは1枚しか渡せなくなったとのことでした。(以前は搭乗機CA全員分をまとめて渡すこともあったのですが)

さて、体面CAさんの佐賀出身の太田さんはこれまで新千歳~羽田線に乗ることはあまりないようで、私と同様によりによって大寒波の時に北海道での勤務とややお嘆き気味なところが愛らしかったです。

機内販売ではなぜかわざわざ別の若いCAさんにスイッチしてくれ、会計の時に

「私、1月にお会いしています」

え~っ!?

「この非常口横の席でお話ししました」

私と一文字違いの坂口さんでした。健忘症もここまできていたとはorz

さて、太田さんは明日は鹿児島だそうで、先週の私のキャンプ話(除くエスパルス)もさせてもらいました。

そういえば佐賀出身なので小学校の社会科見学としてサガン鳥栖の試合を観戦したそうです。
鉄道の無い町なのでJRの乗り方から勉強したそうです。
ちなみにベストアメニティから駅前不動産に変わったことをお伝えしたら、首を横にふっていました^^;

オヤジは楽しくて仕方ないほど話しましたがCAさんは果たして。


前後して金曜夕方の会話

さかた「派遣さんが来ていろいろな話しができるようになって本当によかった」

派遣さん「いろもの話ししかしてないと思いますが」

| | コメント (0)

«鹿児島キャンプツアー4