旅行・地域

やっぱりJALが好き

おはようございます。

Gan1

昨日も仕事を終えてから夕方の宮島沼に行ってきました。
平日にもかかわらず大勢のカメラマンが来ていました。

日曜日の方が夕焼けは綺麗だったように思います。


Gan2

今日は午後から天気は下り坂のようなので今年宮島沼に行くのはこの日が最後だと思います。



Un

そんなことを思いながら車に乗り込むと空から運が落ちてきました。運がついたわけですが。

オイ、マガン!

マガンだけに我慢・・・・・


さて、空の運と言えば我らがスポンサーのJAL様でしょう。

そこで前々節の大宮戦の往来の模様をご紹介します。

Tree

まずは新千歳空港に向かう途中にある長沼町の一本の木。
この冬も無事に越すことができました。



Cts1

そして朝の新千歳空港JALチェックインカウンターの挨拶。
この光景が好きなんです。

ちなみに札幌始発のJRでは間に合わずこの光景を見ることはできません。

羽田行きのJAL一番機はJL500。

Jal1

いきなりですが恒例の写真撮影。
チーフは大野さん、北海道出身者も3名いたようですが、詳しい確認はできませんでした。
そして一番左がこの日の鍵を握っていた絹谷さん。

この日も“さかたレシートレター大作戦”を決行し、自称“好評”を博したわけです。

Jal6

そんな訳でこのようなメッセージカードをいただきました。

そして私が千社札の山梨県を探していることをお伝えしていることを搭乗時にお伝えしていたのですが、この便には残念ながら山梨県の千社札をお持ちのCAさんはいなかったようでした。
でも、このような素敵なカードをいただいたので満足して降機するとチーフの大野さんとともに私の後を追いかけてきたCAさんがいました。
それが絹谷さん(左側のメッセージカード)でした。

絹谷さん「山梨県(の千社札)です。」

さかた「お~っ、ありがとうございます。一生、絹谷さんを忘れません。」

Jal4

ということで47都道府県の千社札が揃いました。

どうもありがとうございました。
カードを見ると絹谷さんとは2度目だったと確認。
ご迷惑かもしれませんが3度目があることを祈願しています。

さて、行きのJAL便だけでもよい思い出ができたのですが、続いては帰りの便のお話しになります。

Hnd1

羽田空港国際線ターミナルのFBを見ると鯉のぼり等を飾っているとのことでわざわざ国際線ターミナルを見に行きました。




Hnd2

藤、五月人形、鯉のぼりと外国の方々のおもてなしの雰囲気満載でした。

実はこの国際線ターミナルで購入したあるグッズを参考にCAさんとの触れ合いツールを北海道で日夜作成しているのですが、紹介は成功の暁後ということで。

北海道への戻りの便は最終のJL531便。
再び“レシートレター大作戦”を決行。
非常口の説明にきた田籠(たごもり)さんにレシートをお渡しすると感激されていました。
続けざまにレシートの内容を解説しました。
非常口の説明をされるCAさん最後列なので対面に座るCAさんとは違うわけで、この便の対面は那須さんでした。
話しをしていると那須さんとお会いするのも2度目であったことがわかりました。

那須さん「もしかすると以前にボードを持って撮影をした方ですよね。」

さかた「そうです。これがこれまで撮った写真の一部です。」

那須さん「わ、同期が何人もいます。」

さかた「那須さんは福岡出身なんですか?」

那須「今は実家は福岡ですが、中学までは浜松にいました。ジュビロの試合を見にヤマハに行ったこともありますよ。」

さかた「そうだったんですか。私も浜松には昔2年間住んでいました。」

名刺を渡し

さかた「これがうちのスタジアムです。富士山も見えるんですよ。」

という会話などをして撮影に。

Jal2

CAさんが手にしているのはレシートレターです。
右から二人目が那須さん、一番左が田籠さん、チーフは大場さんでした。

夜遅くの中でどうもありがとうございました。

そして最初にお話しをした田籠さんからカードをいただきました。

Jal7

田籠さんのご活躍を祈念するとともに、おじさんも頑張らねば、と思った帰道の旅でした。



那須さん、田籠さんをはじめCAのみなさま、どうもありがとうございました。

空の女神さまからの運をもらったような気がします。

今週の空の旅もどのような出会いがあるでしょうか(^^)

| | コメント (0)

宮島沼観察

おはようございます。
等々力での川崎戦は北海道にいたためにツイッター観戦でした。

金子選手J1リーグ2万ゴール目ゲットおめでとうございます。
生で見たかったですね。
つくづく自分は持っていないと思いました。

そして試合後にはこのようなことがあったようです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170422-00010020-soccermzw-socc

気分が晴れないので週末は近郊の宮島沼や日高のアポイ岳に行ってきました。
が、天候まで晴れずイマイチの週末になってしまいました。

Board

北海道に来るまで知らなかったのですが宮島沼は日本最北のマガンの係留地だそうで、ラムサール条約の沼地にもなっています。
昨年も紹介はしたのですが、覚えている方はいないかと思いますが。
私の住んでいる岩見沢の社宅から車で30分程のところにあります。

Board2

マガンの数は7万羽を越えます。

鳥は夜は宮島沼で寝ていますが、明るくなるのと同時に一気に飛び立ち、そして日没間際から再び戻ってきます。


Magan5

土曜の夕方の部には雨にもかかわらず大勢のカメラマンが来ていました。





Magan1

こんな感じで沼に戻ってきます。

バックの暑寒別岳と撮りたかった土曜日。



Magan3

沼の大半がマガン等で埋め尽くされます。




日曜日は小雪のアポイ岳登山の後にスマホで天気を見ると岩見沢方面は晴れ。
急遽、日高から車を飛ばし戻ってきました。

Numa1

予想通り宮島沼はいい天気。





Numa2

まわりは百万円くらいするであろうカメラだらけ。





Magan8

待ち受けるカメラマンの上空を飛んできました。





Magan9

ようやく撮れた青空と暑寒別とマガン。





Magan10

着水するマガン。





Magan11

夕日と係留するマガンたち。





Magan6

沈む夕日をバックに続々と戻ってきました。





Magan7

久々に夕日を見ることができました。

オレンジはいいですねえ。

| | コメント (0)

国後島を見る

北海道勤務が決まってから心に決めていたことがあります。
それは

「北方領土を見る」

でした。月曜日に職場に戻ってきてから確認しましたが道民でも北方領土を見た人はそれほど多くはないようです。
そんな北方領土のうちの国後島を見てきました。
というよりも知床雪壁ウォークに参加すれば見ることができる、という一石二鳥作戦だったわけですが。

Map

国後島は知床半島の対岸に位置します。
沖縄本島よりも面積は大きく、北方領土四島の中では最高峰の爺爺(ちゃちゃ)岳を有します。

Map2

羅臼からは目と鼻の先。


Board

道東に入り東に進むほどこのような看板が増えてきます。

静岡県で例えると
富士川を渡ると道東ですが、さらに東に進み三島あたりからこの看板が増えてくるイメージです。
そして羅臼は小山町、根室は熱海になるでしょうか。

 

Car2_2

さて、現在、愛車ミラジーノは酷使した影響で車検兼修理中。
修復費用も含め総額20万円との衝撃の事実が判明したところですorz

修理に時間を要する為に代車を用意してもらいました。ミラジーノと同じくマニュアル車で知床を往復しました。

Car5

指定駐車場の羅臼小学校に駐めましたが、このように念願の国後島を拝むことができました。




Kunashiri1

羅臼港の堤防と国後島。
近い!




Kunashiri2

同じく。





Kunashiri3

こちらは国後島の北部方面です。





Kunashiri4

そしてこれが北方領土最高峰の爺爺岳。





Kunashiri5

流氷の向こうに見える国後島。

あまりに近くに見えるので、伊豆半島から伊豆大島くらいの近さなのかと調べて見ると、ちょうど同じ25kmでした。


Kunashiri7

海鳥も

「プーチンさん返してくれよ」

と言っています(妄想)

Kunashiri6

ソビエト崩壊の時が奪還の好機だったようです。

この近さに歯痒く思いつつ知床を後にしました。

| | コメント (0)

知床雪壁ウォークに行ってきました

Map

エスパルスがレイソル戦に勝った当日、私はひたすら知床をめざして車を走らせていました。
知床斜里に着いてホテルの部屋にすべりこみ、ようやく落ち着いてスマホで勝利を確認しました。

そういえば、ルヴァン杯でお会いしたこのブログの読者のimaさんから

「北海道にいると距離感が麻痺するって本当ですか?」

と聞かれたことを思い出しました。
2、3時間は隣町の感覚です(私だけかも(^^;)。ちなみにこの日は7時間の走行。

Sushi1

さて食事に向かった先は偶然その存在を知った“勝利”。




Sushi2

お客さんは私だけで1時間ほど大将と二人きりでカウンターでお話しをしていました。

「どこから来たんですか?」

「岩見沢ですが、静岡から単身赴任中です。」

お決まりのパターンの会話から始まりました。

北海道のおおまかな地理や地名はわかるようになり会話についていくことができるようになったのが1年半住んだメリットでしょうか(^^;

この日の話題は北海道の地方の人口減少問題でした。

Jr

翌日は午前6時に知床斜里を出発。
(この写真は踏切からですので伊代さんや優さんとは状況は違います。訴えないでください。)


Rausu

知床半島の山を挟んで反対側になる羅臼に向かいました。





Ryuhyou1

流氷がまだ残っていて静岡県民は大喜び。





Ryuhyou2

羅臼港にもまだ残っていました。
4月のこの時期にまだ流氷が残っているのは20数年ぶりと交通整理のおじさんが言っていました。



Ryuhyou3

ウミネコ。





Ryuhyou4

来冬は一面流氷に覆われた海を見てみたいです。
北海道勤務が続いていれば、の話しですが。



知床雪壁ウォークは冬期間積雪の為に閉鎖している知床横断道路を、除雪開通前に歩くという毎年4月上旬の1日だけイベントです。

Shiretoko1

ウォーキングの受付を済ませ開会式が始まりました。




Itou

地元選出の国会議員の挨拶。
釧路出身の伊藤さんだそうです。
バスの中で参加者の方々が話しているのを盗み聞きしてわかりました。

参加者は事前に募集した250名、遠くはタイからの参加者もいました。

スタート地点まではバスで移動したのですが、車中では先ほどの国会議員の話や、転勤の話しなどいろいろな話しが飛び交っていました。

「おまえ、なんで転勤するのかわかるか?」

「なんでですか?」

「刺激だよ!」

ん~、たしかに刺激はある、と耳をダンボにして納得していました。
このようにグループや夫婦での参加者が多く、私のような単独者は少しばかりでした。

Walk3

バス5台で参加者を輸送。





Walk4

スタート地点から登り、途中で折り返して下ります。
ゴール地点の方が標高は低くなる=下りの方が長いコースでした。




Walk5

スタート直後は混雑気味でした。





Walk6

そのうちにばらけてきて記念撮影などを楽しみながらの歩行。





Walk7

折り返し地点では除雪のデモンストレーション。




Walk8

都会の方々にとっては珍しい光景だったようです。





Walk10

今冬は知床も雪は少なかったようですが雪壁の高さは8.1m。





Walk9

青空だと絶景だったのですが。





Walk11

記念撮影スポットで撮ってもらいました。

180cm以上の身長では窮屈な仕様でした。



Walk12

次第に天候は回復。





Walk13

羅臼岳山頂もじきに見えそうな状態に。





Walk14

ゴールまであとわずか。





Walk15

見えてきたぞ羅臼岳。





Walk16

ようやく見えました羅臼岳山頂。





Walk17

ゴール地点で撮ってもらいました。




Walk18

バスで会場に戻り魚汁のサービス。
くじでは毛染めトリートメントがあたりました。
白髪が増えたのでちょうどよかったかも。



Walk19

日頃の運動不足で筋肉痛。
来年も参加したいのですが、果たしてまだ北海道にいるのでしょうか?




Tv

まだまだ行きたいところがたくさんある北海道です。

| | コメント (0)

新年度一発目

しばらくエスパルス観戦はできずネタはありません。
北海道も春を通り越して初夏の陽気です。

Fukinotou

“ふきのとう”もだいぶ見られるようになりました。




Bird

ドラミングする音がしたので見上げるとキツツキ。たぶんヤマゲラです。




River

春とはいえまだ職場周辺にはかなり雪が残っています。




そんな北海道から今年度一発目の出張に行ってきました。

Jal0

行き先は埼玉。もちろんJAL利用です。




Jal9

ところが

“父さかたが搭乗する便は遅れる”

という法則が今年度も当てはまることに(^^;

この時点で恒例の写真撮影はあきらめました。

とはいえ好評(=勝手な解釈)なレシートレターはCAさん全員分をお渡ししました。

遅れにより、CAさんの次の勤務(行き先)が決まっていない、などのお話しをしながら飛行機は羽田に着陸。

すると、

「4名だけになりますがよろしいですか?」

というお言葉が。

Jal4

お忙しい中撮影した写真がこちら。

一番右はレシートレター大受けの後藤さんでした。


Letter

そしてお礼のカードまでいただきました。


JAL様、いつもありがとうございます。

Toujou

そして、このカバンで東上線に乗り目的地へ向かいました。

注)
“飛べ”とJALをかけあわせています。
あっ、エスパルスも、です。(^^;

| | コメント (0)

雑記

うちは毎月異動の可能性のある職場だと以前に申し上げましたが、先月に引き続き今月も送別会がありました。
月曜は岩見沢で、昨晩は札幌で送別会。
ドクターストップ7年目に入り、すっかりノンアルでも対応できるようになりました。
しかし、皆様におかれましては飲み過ぎには気をつけましょう。

Drink

これは全てノンアルですが、メーカーが三社バラバラ。



Board

こちらはお店に貼ってあった提供できる北海道の銘酒一覧もどき。

札幌遠征時のご参考までに。


Sake

ちなみに我が職場の正月お供え用のお酒は北海道は増毛の國稀(くにまれ)です。



さて、エゾクロテン撮影時に2台カメラを持っていったのですが、サッカー観戦時に使う一眼レフのカメラで撮ったものは焦点があっていないものばかりで、かろうじてご紹介できる写真はこちらでした。

Ten

その1




Ten2

その2




Tokachi

クロテンを撮り終えて十勝平野へと向かいました。

十勝だけに早くエスパルス10勝しないかなあ、と(除くルヴァン)。

| | コメント (0)

再びエゾクロテン(その2)

CAさんに名刺を渡すとよく聞かれることの一つに

「ゲーフラって何ですか?」

そのゲーフラをダービーに向けて作っています。

Gf1

この文字のマスキングは画数が多いので面倒ですが、これまでに一番多く使った文字です。




Gf2

ペインティング。
今朝はここまで。

ダービー以外にも使えるので今季はこのゲーフラメインで遠征予定。

さて、先週末はマイルがかなり貯まったので配偶者を北海道無料ご招待しました。

Cts1

本当はとかち帯広空港往復にしたかったのですが、既に無料航空券枠は満席でやむなく往路は新千歳に来てもらいました。

Cts2

新千歳のターミナルのお店は春らしいお土産が多く見られました。




Cts4

イースターって今時だったんですね。

そのうちにハロウィン並みのイベントになるのでしょうか。








Butadon

さて、配偶者をピックアップし、東へ2時間走り十勝の清水町に行きました。
豚丼で有名な“ドライブインいとう”で生わさびのふりかかった限定豚丼をいただきトムラウシ温泉へ向かいました。

Ten4

宿の横に空いていた穴をのぞくといきなりこの子が出現。
配偶者は大喜びでした。

道民でも見た人は多くないエゾクロテンの愛らしさ。


Ten6







Ten5







Ten7







Ten8







Ten9







Ten10







Ten11







Ten12







Ten13







Camera

多くのカメラマンが来ていました。

遠くは道外から。まあ、私も道外といえば道外者になりますが。


ところで、

マニアの口コミでこの場所の存在が知られて、モラル低下のカメラマンが来ていることに宿の管理人さんも困惑していました。

■時間、場所に関係なく、写真を撮りたいがために餌を持ち込み誘いだしている
 (キタキツネなどの野生動物に対しては御法度の行為)

■投光器を設置し、煌々と照らし続けている

2月初旬に来た時はこのようなことは無かったので、あっという間にこの場所の情報が拡散されたようです。

| | コメント (0)

再びエゾクロテン(その1)

某裏の掲示板で日程くんの紹介がありました。
http://toyokeizai.net/articles/-/162572
runさん、ありがとうございます。

Jリーグの日程を決める日程くんは新日鉄住金の関連会社の
新日鉄住金ソリューションズ
のソフトが行っていたんですね。
そして、無知とは恐ろしく住金が新日鉄と2012年に合併していたことをこの記事から調べて初めて知りました(^^;

Tomuraushi

さて、その日程くんの決定によりJ1の無い週末でしたので1ヶ月半ぶりにエゾクロテンを見に行ってきました。
向かった先は道東のトムラウシ温泉。


Ten1

宿の入口の横の穴を覗くとビックリポン。




Ten2

昼間に見たのは初めてでした。




Ten3

夜は前回紹介した時と写真では同じような色彩。




つづく。

| | コメント (2)

途中泊

よく驚かれますが、うちは毎月異動があります。定期異動というものはありません。
もっとも少人数機関なので本当に毎月あるのではないのですが。
そんな職場で3月に異動があったので一昨日歓迎会をしました。
その時に話しの流れから北海道の女子アナ検索をしている後輩とこのような会話になりました。

後輩「へぇ~、金井憧れ ってアナウンサーいるんですね。」

さかた「HBCだろ。2年目じゃないの。」

後輩「えっ、さかたさん、知っているんですか。」

さかた「知ってるよ。ちなみに今年の新人は金城アナだよ。」

後輩「じゃあ、この佐藤彩って知ってますか?」

さかた「朝刊さくらいのアシスタントしているじゃないか。北大の水産学部出身らしいよ。」

後輩「さかたさん、北海道(出身)じゃないですよね。女子アナ好きなんですか?」

さかた「・・・・・」

タイトルと脈絡のない書き出しになってしまいました。
さて、今回は北海道から初めて広島に向かいました。昨年の岡山遠征時にはナイターということもあり当日の早朝便で伊丹に向かいそこから陸路でしたが、今回はキックオフ時刻が早いこともあり前日移動となりました。

Cabin1

そして今回利用したのが羽田空港内にある高級カプセルホテル「ファーストキャビン」。



第一ターミナル1階、郵便局の並びにあります。

Cabin2

チェックインして渡されるのが
①入館用のカードキー
②ベッド下の貴重品入れキー
③テレビ用ヘッドホン


Cabin3

今回は6000円(税抜き)のファーストクラスを利用。
カプセルよりも広々しています。
ドアはなく、アコーディオンカーテンが廊下との仕切りです。鍵はありません。


Wear

室内着も用意されています。




大浴場も用意されていて、早い時間帯は私一人でした。

Cabin4

通路から見た各カプセル。





Anq1

チェックイン前に空港内をうろついていると国内線ターミナルのアンケートのお兄さん、お姉さんが寄ってきたので協力しました。
一応お住まいは北海道にしました。

羽田空港特製のフリクションペンをいただきました。


Ear1

耳せんの試供品配布も行っていたので





Ear2

3人のお姉さんからいただきました。




せっかく羽田空港に泊まったのでもっと探索したかったのですが、早々と寝てしまいました。

今週は前泊ではなく後泊の予定です。

| | コメント (2)

十勝無敗

一昨日から十勝(とかち)は帯広方面に出張していました。

Pape1

そこで以前から気になっていたこちらの焼酎を遂に購入。
開幕戦お供え用にピッタリの品「十勝無敗」。
じゅっしょうむはい。



Ticket1

ここから始まった連勝、どこまで伸びるでしょうか。



ところで、開幕戦お供え用の品は揃えたものの、出張がたてこみ肝心のゲーフラの製作ができない状況です。
明日、また東京に呼び出されているのでこの週末も作業はできず困っています(^^;
今月は開幕戦の週以外は道内に留まる予定だったのですが、エゾクロテンを見に行った週以外は毎週本州往来となってしまいました。

さて、話しは今回の出張ネタです。
十勝といえば豚丼。

Buta1

後輩に連れられこちらの豚丼を食べました。




Buta2

限定物に弱いのでこちらを頼みました。








Buta3

実物。




Buta4

新千歳空港とこの清水町にのみあるお店です。

ちなみに北海道で清水というとこの十勝にある清水町をさし、誰もエスパルスをさしてはくれません(^^;

Indean1

そして帯広といえば昨年も紹介した「インデアンカレー」。




Indean2

ロゴです。




Indean4

メニュー。




Indean3

シンプルにインデアンカレーを頼みました。



これだけ見ると仕事は食べに行っただけだと思われますが。

パペパル「実際、食べに行っただけじゃないのか?」

Horahuki

パペパル「おまえ、この酒のようだな。」






| | コメント (0)

より以前の記事一覧