旅行・地域

ナキウサギよ、エスパルスサポにならないか

Doushin

私の山に行きたい願いが通じたのか、降雪が遅れている北海道です。

これは11月にはもう1回山に、ナキウサギに会いに行けそうな感じがしてきました。

さて、ずいぶんとふざけたようなタイトルになりましたが、まずはナッキー、ガッキーのおさらいです。

Gacky4

正式名称【エゾナキウサギ】
体重は60-150g。体長は10-20cm、尾長は1cm程度である。夏毛は赤褐色で、冬毛は灰褐色から暗褐色になる。年に2回毛変わりする。耳長は2cm程度。5-7mmの尾があるが、短く体毛に隠れてしまうので、ほとんど見えない。足は短く、前足の指は5本、後足の指は4本ある。
北海道の北見山地や大雪山系、※夕張山地、日高山脈など、主に800m以上高山帯のガレ場に生息する。岩のすき間で生活する。
環境省のレッドリストの準絶滅危惧に指定されている。
食性は植物食で、葉や茎、花、実などを食べる。冬眠はしないが、夏から秋にかけて葉などを岩の間にため込み、冬の保存食を作る。

※今夏、夕張岳に登った際には、元来生息されているとされていた頂上付近のガレ場で鳴き声を聞くことはできなかった。夕張山地の生息、写真の報告は近年ほとんど無いと思われる。

Gacky1

トリミング。





Gacky2

洗顔?





Gacky3

これが糞です。





Gacky5

その糞を食べているのかも。





Gacky6

さて、この個体ですが、





Gacky7

私の足下に突然出現。





Gacky8

そりゃあ、逃げますよね。





Gacky9

なんだ、こいつは?
としばらく見ていました。




Gacky10

ところがその後、1往復後に私のザックに興味を示しはじめました。





Gacky11

エスパルス選手のサインに惹かれたのか、あるいはオヤジ臭にそそられたのか




Gacky12

臭うのか?





Gacky13

ナキウサギにとっては初めてのザックの匂いだったのでしょうか。





Gacky14

この日も3時間以上粘ってナキウサギを堪能しました。





Biei

暖冬とはいえ大雪山、十勝岳連峰方面は雪に覆われてきていました。

名古屋戦後にもう1回行きたいのですが、果たして。

| | コメント (0)

再びのガッキー・ナッキー

新垣結衣さん主演の
『獣になれない私たち』
を昨日も見ました。
やはり、社長や、あのうるさい体格のいい若者はいらないキャラクターだなあ、と思いつつ、視聴率ダウンも否めないかな、と感じました。
もう少し落ちついた作りがいいのではないのかなあ。

さて、ナキウサギことナッキー、ガッキーを雪が積もる前に見に行こうと、仕事を休んで十勝まで行ってきました。

Plate

ナキウサギと言えばこのように山岳地帯のプレートに記されているほど、北海道を代表する生き物なのですが、意外に道産子は見たことがないようです。



Gacky00

うちの職場でも誰も見たことがないという状況です。
キタキツネやエゾシカのように至るところにいるわけではないわけで。




Gacky11

冬が来る前の貯食活動が盛んでした。





Gacky12

ほぼ同じルートで巣穴に運んでいました。





Gacky13

緑の植物だと絵になったのですが。





Gacky14

こいつは食べていました。





Gacky15

こいつは運んでいました。





Gacky16

トリミングか?





Gacky17

ラブリーでした。





Gacky18

これは貯食。





Gacky19

こうやってむしり取っています。





Gacky20

トリミング2。





Gacky21

これも。





Gacky22

さて、私が立っていた場所が彼らの貯食活動用ルートだったようで、邪魔だったようです。
というか、もっと警戒しろよ>ガッキー



Gacky23

その結果、私のエスパルス選手サイン入りザックに興味を示していました。




つづく。

| | コメント (0)

ナキウサギの旅

昨夕、NHKのほっとニュース北海道を見ていると新千歳空港の映像が流れていました。

Hw11

慌ててスマホで撮影。



Hw12

午前、午後の1便でこのようなイベントをしていたようです。
羨ましい。



Hw13

今晩の便で羽田に向かうのですが




Hw14

11月1日は何もないでしょうね(泣)



さて、今日から11月。
木曜なので1ヶ月予報が気象台から発表になりますが、今月も暖かな月になることを祈っています。その心はガッキー。

Gacky000

新垣結衣さんではなく、

(余談ですが、ガッキーに言われたい)


Gacky00

ガッキーことナキウサギを11月下旬に見に行きたいと思っているからです。できれば雪化粧の中でのガッキーを。
というのも湘南戦、名古屋戦と2週も立て続けに週末は北海道を離れてしまうので。自業自得なのですが。


Gacky4

日曜のナキウサギ達ですが、たくさんの個体を見ることができました。





Gacky5

かわいいですが、触ることはできません。





Gacky7

ひなたぼっこでしょうか。
約30分周期で出てきたように思いました。
計測したわけではありませんが。



Gacky8







Gacky9







Gacky10

風で背中の毛がめくれ上がっています。





Gacky11







Gacky12

草を食べています。





Gacky13







Gacky14

こちらの草を





Gacky15

もぐもぐ





Gacky16







Gacky17

こちらは越冬用に草運び。
私の足下が通路になっているようで、かさかさと草の擦れる音がしていました。



Gacky18







Gacky19







Gacky20

あと1回撮りに行くことができるでしょうか。

| | コメント (0)

十勝日帰り旅行(ナッキーを求めに)

おはようございます。
雪はまだ先の模様ですが、昨日のロングドライブ後に冬タイヤに履き替えました。
これでいつ積雪になっても大丈夫です。

さて、日曜日はナキウサギを撮りに十勝に向かいました。

Yoake1

少々寝坊したので道東道を利用。




Yoake2

夜明け前に十勝清水インターを降りました。




Yoake3

月が見えたので牧草ロールと撮ってみました。




Yoake4

こちらは日高山脈。
夏に登った幌尻岳はこの山脈の最高峰なのですが、どこに見えるのかわかりません。


Bouhuusetu

ナッキーの住処に向かいます。
左は冬(風雪除け)、道路を挟んで右は秋。



Nupuka

目指した山はこちら。
未だに全文読むことができません。
東ヌプカで略していう人が多いようです。


Peak

1時間弱で登れてしまいます。

そしてピークにはガッキーでしょ。



Gacky0

こちらを持っていきました。









Gacky1

さて、そのガッキーですが、いました。

こういう岩場にいるのでガッキーと言う人もいるナキウサギ。



Gacky2

愛らしくオッサン心を鷲掴み。





Gacky3

初めて鳴いているところが撮れました。

鳴くのでナッキーとも言います。


Gacky4

3時間も居て200枚近く撮りました。
詳細は次号にて。




Nupuka3

山頂からの十勝平野。





Tokachi1

下山して登った東ヌプカ方面を振り返り。





Tokachi2

この日の空知方面の午後は土砂降りだったようですが、十勝は晴れていました。




Butadon1

道中で豚丼をいただきました。

新千歳空港にも出店しているドライブインいとう。

限定に弱いので



Butadon2

早速いただきました。




Momiji1

その後、新得町を通ると役場の前に色鮮やかな紅葉がありました。





Momiji2

紅葉最盛期でした。





Niji

富良野では虹がかかっていました。




ナッキー編につづく。

| | コメント (0)

続・雑記

Radio1

月曜日のドライブ中は暇だったのでHBCラジオのナルミッツという番組に投稿しました。
仕事で運転の時はいつも聞いている番組です。
水野アナは男性、森アナは女性で共に道東の道産子です。

募集していたテーマが

ばれずによかったこと。

一発目で読んでもらいました。

水野アナ曰く
「今はラジコのタイムフリーやエリアフリーがあるから、安心できませんよ」

Card

この日は岩見沢→美瑛→登別方面→えりも方面→岩見沢の行程でした。
その目的は北海道150年記念ダムカード。
年内で配布が終わってしまうレアなもの。
北海道にいた証として収集しています。

Classic

その翌日はこちらが発売になりました。
サッポロクラシック富良野ヴィンテージ。
毎年、秋限定・数量限定で発売になること11年目。
私は4年連続4回目の購入になりますが、まだ、1度も口にしたことはありません^^;

以上、限定物に弱い某サポであることの証でした。

Sho1

サポといえば、ダービー前夜にテレビ東京でこのような番組をしていました。


Sho2

興味津々で見ました。



Sho3

現地取材の相方はサトミキ。




Sho5






Sho4






Sho6






Sho7






Sho8






Sho9






Sho10






Sho11






Sho12






Sho13






Sho14






Sho15






Sho16






Sho17






Pul1

ゲーフラにも活かせないものかと見ていました。

広島戦はダンマクに注目してみたいと思います。

| | コメント (2)

雑記

昨日は本業を休んで道内を1千キロ走ってきました。
走ったのは車ですが。

Gacky

ガッキーがドラマに出演している記念として



Nacky10

北海道にしかいないエゾナキウサギこと
ナッキー、もしくはガッキー
を撮ってきました。


Nacky1

平日はマニアが少ないので、ナッキーもチョロチョロと出てきます。




Nacky2

この個体はこちらの存在をわかっていながら長時間サービスしてくれました。



Nacky3

トリミング?





Nacky4

ハムスターやデグーのような仕草でした。





Nacky5







Nacky6

草をモグモグ。





Nacky7

ボケましたが、冬仕度で巣穴へせっせと草を運んでいました。





Nacky8

バズーカ砲のカメラではないのでピントはいまいちですが





Nacky9

こちらのガッキーもラブリーでした。





雪が降り出すのでそろそろ見納めでしょうか。

| | コメント (0)

JALで行ったり来たり(ダービー遠征)

今朝も早起きをして新千歳空港に向かいました。

Flog1

長沼町に入ったあたりから霧が深くなり、幻想的な世界の中を走行しました。


Flog2

(個人的愛称)いつもの木



Flog3

この道は100回以上走行していますが、初めての光景でした。



Flog4

得をした気分で新千歳空港に到着。




Bag

先日、作成したJALパイロットぬいぐるみを鞄につけてチェックイン。




ラウンジに入ると早速係の女性から

「そのぬいぐるみ、どこで入手されたのですか?」

「キティちゃんの頭を入れ替えました。レア感ありますか?」

やはり、JAL関係者は気が付いてくれました。
さて、搭乗して3週間ぶりのレシートレター作戦を敢行。

Jal_pink

今回も新人さんが乗っていました。搭乗して1ヶ月の岡橋さん。
ピンクリボンに目が行ったので撮らせてもらいました。
JALさんはピンクリボン運動を実施中と機内アナウンスでも紹介がありました。


機内はほぼ満席で、飛行機に限ってみれば震災の影響もだいぶ和らいできたように感じました。三連休最終日の帰道の便も満席のようです。
一戸さん(以後敬称略)「この路線はよく乗られるのですか?」

さかた「北海道に単身赴任なので」

一戸「どのくらい乗られるのですか?」

さかた「平均で月に2回分支給されますので」

一戸「それはいいですね。」

一戸「地震の時は大変でしたか?」

さかた「実は娘も北海道で学生をしていまして」

一戸「そうなんですか」

さかた「家族から『お父さん、何のために北海道にいるのかわかっているんでしょうね』と言われて娘の様子を見にいってました」

Jal

というような会話などをしつつ、いつものように記念撮影をお願いしました。

一番手前のレシートレターを持っているのが一戸さんでした。


Card

そして、チーフの中村さんからカードをいただきました。

内容はレシートレターの内容に関するものでした。

どうもありがとうございました。

(背景の三保の松原の写真は、今月の機内誌「スカイワード」に載っていたものです。)



Mail

帰宅するとこちらのメールが届きました。

あと4県で4巡目がコンプリートなのですが、いつになることやら。

| | コメント (0)

プチ北海道復興観光

Typhoon

台風のルートが北海道を直撃するようなのですが、ダービーに行っている場合なのか自問自答しています。
今年は天候に恵まれていないです。

Plate

さて、週末ですがまずは車を北へ走らせました。
道央道名物の交通標識“赤いきつねと緑のたぬき”



Plate2

その後、向きを東にかえて旭川紋別道を走りオホーツクを目指しました。

この看板の文言を見ると道東に来たなあ、と実感。


Rout333

ソッコ選手復帰を祝して撮影。





Nanohana

オホーツクでは秋なのに菜の花が咲いていました。





Memanbetsu

女満別のメルヘンの丘。





Sky

土曜日は終日観光日和でした。




Jal1

その後、配偶者を迎えに女満別空港へ。
ここに来るのは4回目?



Jal2

北海道らしい風景?




Sango

ピックアップして向かった先は能取湖のサンゴ草の紅葉。




Notoro

見頃はやや過ぎていましたが、まずまず見られました。





Sango1

こちらは能取湖の別の場所。





Sango2

アップ。





Cosmos

続いて網走の湖畔公園へ。

コスモス。



Himawari

ひまわり。





Jal3

翌日の網走マラソンの協賛企業ののぼりがありました。





Cape1

JALつながりでこの日の終わりはJALのCMで嵐が訪れた能取岬。





Cape3

夕日がきれいでした。





Cape2







Souun1

台風の影響が心配だったので朝5時起床で宿泊していた北見を出発。
層雲峡経由で旭川空港を目指しました。




Asahikawa2

朝10時15分発羽田行きに乗ってもらいました。





Asahikawa

旭川空港のターミナルからは牛さんが見えます。





Jal4

以上、プチ旅行でした。

| | コメント (0)

FC東京戦非観戦記の前に

“半分、青い。”が先週で終わり、今日から10月です。

そして私の北海道生活は4年目に突入しました。たぶんこのまま4度目の冬を迎えることになります。札幌のようなインドア都会勤務ではなく、毎日、山道を運転しなければ仕事にならない身なので、圧雪アイスバーンの道を4シーズンも経験する静岡県民はそうそういないのではないのかと自画自賛?しています。月末にはスタッドレスタイヤに履き替えねば。

Book1

こちらは朝日新聞記者であった本多勝一氏の著書です。



Book2

氏はその中で3年半の在道でも北海道を巡るのは足りなかったと記載していますが、私も同じ思いです。











Notoro

さて、この週末ですが、北海道観光復興の為に配偶者を北海道に呼び寄せました。
今しか見ることができないサンゴ草の紅葉を見たかっただけですが。



Memanbetsu

土曜日の北海道はまさに観光日和でした。

(写真は女満別のメルヘンの丘)



Miss1

ということで、味スタに行くことができなかったので、試合の模様は、みなさまからいただいた写真を明日アップします。
(写真提供:REIさん)



Miss2

ミス調布がいるとは知りませんでしたが、それを撮ってくれたREIさんには勝ち点3を上げたい気分です。
私からの勝ち点3に何の意味があるのかは不明ですが。

| | コメント (4)

ニペソツ山 山行記

“半分、青い”もあと2回、今週で終わってしまいます。
そして、今週が終わると私の北海道生活も4年目に突入します。

北海道の“山や”の中ではかなりの人気のあるニペソツ山に行ってきたことは先日お伝えした通りです。

【ニペソツ山】(ウィキペディアより)

 山名は、十勝川の支流ニペソツ川の源に位置することに由来する。「ニペソツ」とはニペソツ川を指すアイヌ語のニペソチnipes-ot-i「シナノキの樹皮(内皮)・~が群在する・もの」が略されて伝わっているという説が出されているが、用法・実際共にまだ十分に検証されていない。山頂付近は、森林限界のハイマツ帯で、多くの高山植物が自生している。このため、二等三角点(点名「二屏卒山」)のある山頂からは、ウペペサンケ山、トムラウシ山、大雪山、石狩岳など360度の展望が得られる。北東にある登山道の溶岩の積み重なった岩場にエゾナキウサギが生息し、時折岩の隙間から姿を現し、その鳴き声が聴こえる。またシマリスが姿を現すこともある。

私の道内での登山選定の基準はガッキー(新垣さんではなくナキウサギ)がいるかどうか、が最重要で、今回もガッキー見たさで登りました。

Nipe1

稜線でのテント泊でしたので、比較的遅い出発でした。





Nipe2

テント装備なのでピッチは速くありません。
亀状態でした。




Nacky1

稜線近くからナッキーの鳴き声はよく聞こえたのですが、すばしっこくてなかなか捕らえられませんでした。




Nipe4

6時間かけて今宵の宿泊所。





Nipe3

ニペソツ山のピークはガスの中。

翌日の展望を期待して寝ました。



Temp

朝は氷点下にまで下がらず気温は快適だったのですが、風がばか強く。





Nipe5

朝の時点ではピークは見えていました。





Nipe6

北海道には珍しい荒々しい山容。





Nipe7

とりあえずテントを置いてピークを目指し歩きました。





Peak1

1時間半かけて着きましたが、ガスの中。

お約束のガッキーの十六茶と。



Peak2

登頂証明。





Nacky4

帰りに何とかガッキーを撮影できました。





Nacky3

撮影の腕が悪くピントが甘かったです。





Nacky2

雪が積もる前にリベンジしようか悩んでいます。

エスパルスの日程や、天候次第ですが。


Isuka

イスカのメスのようです。





Kouyou

山の紅葉はこの週が見頃だったようです。





Numa

途中の三条沼。





Risu

エゾリスに見送られて下山しました。





Shika

車に乗り込み走り出すとシカも見送りに出てきました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧