旅行・地域

JALで行ったり来たり(その2)

突然ですがただいま年末年始に見た再放送の“逃げ恥”にすっかりはまってしまいコミックも全巻揃えるという大人買いをして家族から白い目で見られています。

Kiss

この“みくり&平匡”ファーストキスシーンは我らが地元の伊豆箱根鉄道駿豆線(通称いずっぱこ)の三島駅でした。
ガッキーが三島に来ていたとは痛恨の極みです。1年半遅れでの後悔ですが(^^;

そんな三島駅を経由してこれから東京に向かいます。
本日午後の出張の為に土曜日から三島に帰宅していました。

しかし逆松岡修三状態は続き東京では今日の午後ピンポイントで降雪とは泣けてきます。

3年前までならば雪には心ウキウキでしたが、どうせ北海道に戻ったらいきなりの雪道ドライブなのでこちらに来てまで雪は見たくはなく気分はハラハラです。

Table

なぜならば本日中に北海道に戻ることができるのか不安なわけで。





さて、今回の北海道~東京・静岡往復の旅には一切エスパルスネタはありませんでした。
日曜に三保に行くのにはきついスケジュールでしたので。

ということで、今回はJALネタです。

Cts3

まずは土曜あさいちの新千歳空港。

手前の桜は何だと思いますか?




Cts1

毎年この時期恒例のものでした。

3年前は胃の痛む思いでしたが、受験生の皆様がんばってください。




Cts2

JAL様とともに応援しています。





Cts_s

そういえば3月10日はアウェーの北海道コンサドーレ札幌戦。
多くのエスパルスサポーターが来道されると思いますが、新千歳空港限定のこちらの商品をおすすめします。
こちらは六花亭でもここでしか入手できないものです。


Cts4

新千歳冬の風物詩、凍結防止剤散布。
降雪時の羽田などはどうしているのでしょうか?



2top

そんなこんなで今回対面のCAさんは私の前任地出身の小嶋さんでした。
地元ネタでかなりお話しをすることができました。こういう時だけは転勤族のメリットを感じます。仕事ではそのメリットがどうも活かされず(^^;


お忙しい中ご対応いただきありがとうございました。

| | コメント (0)

JALで行ったり来たり

Temp

こちら昨日の北海道は道央、道北方面の気温です。
道東の陸別はマイナス25℃くらいだったようです。

一気に真冬到来となりました。


Road

自称
“静岡県民で一番雪道を運転している男”
ですが、昨日、運転しながらラジオを聞いているとこのような投稿がありました。

「私、恵庭に住むこと29年、この時期にこんなに寒いのは初めてです。」

29年のベテランさんが言うのですから、たかだか3回目の冬を迎えている私が寒いといっても不思議ではありません。

寒いです。

Ponbetsu

寒いけれどもよい被写体はないものかと奔別(ぽんべつ)炭坑の立坑を撮ってきました。
炭坑マニアではありませんが。


Road2

そして昨日は“クリスマスツリーの日”だったそうです。
そこでクリスマスツリーっぽい木を撮りました。



Jal2

そんな北海道から夕方脱出しました。




Jal1

明日のシーチケパーティーや日曜の三保での応援感謝祭のためではありません。
出張という名のCAさんとの触れあいの旅、もとい
CAさんとの触れあいもある出張です。

ということで私の対面にはまたまたまた今年入社のCAさん、長島さんが座っていました。
7月入社だそうで、正式に乗り出してからまだ1ヶ月程度だそうです。
一生懸命にメモを取っていたので会話は極力遠慮しました。

Jal4

そしてこちらは福井出身の樋村さんからいただいたメッセージカード。

ひねっています。

そして都道府県ご当地シールは静岡県。






Jal3

どうもありがとうございました。




今晩、スポパラも見ずにJAL便で北海道に戻ります。

みなさま、週末のエスパルスとの触れあいをお楽しみ下さい。

| | コメント (0)

JALで行ったり来たり

この1週間もエスパルスのスポンサーであられますJAL様を利用しましたが、ここでの機内での様子の報告は滞っています。
①10月28日 新千歳→羽田
②10月30日 羽田→新千歳
③11月 3日 新千歳→羽田
④11月 4日 羽田→新千歳

Spulse1

なぜ私がJAL利用にこだわっているのかと言いますと、それはやはりJALがエスパルスのスポンサーだからです。

こちらは数号前のエスパルスニュースに載っていたJALの広告。




Spulse2

文言はスポンサーをしている東京オリンピックのものに似てはいますが、こう言われればサポーターとしてはますます搭乗意欲が沸くというものです。



そして、その搭乗意欲の結晶について上記①から報告しようと思っていたのですが、今回は月替わりとなった③から少しだけ紹介します。

Skyward

11月になって初めての搭乗となったJL500便にて機内誌SKYWARD11月号を眺めていました。








このSKYWARDでは浅田次郎氏が毎回コラムを載せています。

Skyward2

そして今号ではこのようなことを書いていました。

世間では好んで真ん中の席を選ぶ乗客はいないようです。

Jal1

ところがここに好んで真ん中の席を選ぶ者がいました。

機種にもよりますが羽田~新千歳路線の殆どは非常口前の真ん中の席は写真のようにちょうどCAさんの座るジャンプシートの正面になります。

Skyward3

その席で機内誌を見ていると

オヤ?








Jal2

仙台遠征時にお世話になった佐々木さんが記事を寄せていました。




つづく

| | コメント (0)

旭川に行く

エスパルスの次節の対戦は北海道コンサドーレ札幌。
よりによって私は翌朝仕事があるために観戦できません(泣)
(悔しいので次節までこのフレーズでぼやくと思いますがあしからず)

北海道では

「自力で残留を決めよう!」

と毎日ラジオで応援しています。
次節広島が負けるか、コンサドーレが勝てば残留が決まるそうです。

道内ニュースを気分よく見ることができるようエスパルスにおいては是非コンサドーレに勝ってください。
その為にピッチは極力短く滑りやすいようにしておいて下さい。
彼らは深々としたボールの転がりにくいピッチを得意にしていますので。

Asahikawa0

さて、昨日は通夜のために夕方から旭川に行ってきました。

今年復活した特急ライラックで向かいました。


Asahikawa1

初冬の平日はうるさい大陸の方々は見かけず平穏な旭川でした。




Asahikawa5

斎場に行くとこのような雑誌が置いてありました。

旭川の経済誌。







Asahikawa6

毎月発行しているようです。
札幌に次いで北海道で第2位の人口35万人の市ですが、このような雑誌を出しているとは知りませんでした。

県内だと静岡や浜松、富士、沼津で発行しているイメージですが。


通夜が始まりました。
道内では2回目の経験でしたのでこちらの風習がわかったような気がしました。

北海道の特徴は

■焼香は座ったままできる
  焼香台が可動式(キャスター付き)で座っていても目の前に焼香台が来ます。
  この方式は“回し焼香”と言われるらしいです。

■焼香の回数は3回ではない
 宗派などにより違いがあるようですが、見ていると概ね1~2回の人が多かったように見えました。

■講話は長い
 かなりお話しされます。
 今回は“偲ぶ”がテーマでした。

Asahikawa3

帰りにラーメンを食べ




Asahikawa

20時の特急カムイで戻ってきました。





(追伸)

Are0

数週間前に北海道新聞に掲載されたこちら六花亭の広告。
道民の間ではちょっとした話題になりました。
「いったいどんなお菓子?」

私も気になりその後、岩見沢や新千歳空港のお店で探したのですが見かけたことがなく。
昨晩意を決して旭川の六花亭でうら若き美しい(←この修飾語が今回必要だったのかは甚だ疑問ではありますが)店員さんに聞いてみました。

「あの~、数週間前に道新に広告が出ていた“あれ”ありますか?」

「“いつものアレ”ですね。」

「そうそうそれ。」

「すいません。おかげさまで大人気で開店後30分程度で毎日完売してしまうんです。おひとりさま5本にさせていただいているのですが。」

「そうでしたか。どのようなものなのか気になっていまして。」

「少しお待ち下さい。」

と言って商品プレートを持ってきてくれました。

Are1

これが“アレ”でしたか。

これとか、それとか、あればかりの会話になってしまいました。

※写真に少し写っているアレは店員さんの指です。

| | コメント (0)

JALで行ったり来たりの再会編

今朝は北海道からおはようございます。

Temp

本州から戻ると涼しいというよりは寒く感じます。



今回のエスパルス抜きの1泊2日の出張は新千歳~羽田単純往復のフライトでした。

出発地の新千歳空港ではこのようなポスターが展示されていました。

Board2

さしずめ私の場合には“エロい”臭いなのでしょうか。





Board1

ボード運搬も対象になるのでしょうか。






Jal01

ということで火曜日の新千歳~羽田始発便の方々です。

一番右が今回、私の対面だった秋山さん。

この便に搭乗して早々にお話しをしたのは常慶(じょうけい)さんという珍しい名字のCAさんだったのですが、残念ながらこの写真には写っていません。

何はともあれ早朝の中、どうもありがとうございました。

仕事を終えて昨日は最終便で北海道に戻ってきました。

Hnd

珍しく展望デッキを撮ってみました。

ちょっとしたデートスポットになります。
一線を越えても支障のない方々にはお勧めかと(^^;


Hnd2

その展望デッキからのJAL機。



夜景撮影後に平日の最終便であるJL531に乗りました。

早速レシートレター口撃。

さかた「これ、どうぞ」

CAさん「ありがとうございます」

さかた「あれ?」

CAさん「あら?」

さかた「常慶さん!」

なんと2日続けてお会いできるとは。
2年間の北海道赴任生活で初めての出来事でした。

さかた「もしかして昨日と同じメンバーですか?」

常慶「いえ、でも前方の数名は同じです。」

さかた「珍しい名字ですがどちら何ですか?」

常慶「大阪です。名前負けしています。」

さかた「そんなことないですよ。お若いですよね」
(このあたりからセクハラモードに遷移中)

常慶「今年入社です。いつも非常口の前にお座りなんですか?」

さかた「はい、会話できると思いまして。」

という会話で常慶さんとの会話は終わりました。

そして、私の対面に座られたのは同じく今年入社の内田さんでした。

さかた「お若いですが」
(再びのセクハラモード)

内田「今年5月入社です。まだひよこです。」

さかた「じゃあまだ数ヶ月なんですね。繁忙期からスタートだと大変だったんじゃないですか」

内田「そうですね、夏はお客様が多いですから。月にどのくらい帰られるのですか?」

空いていたこともあり久々に長話をして着陸。

Jal02

右から2人目がお世話になった内田さん。

よく見ると数名が昨日の写真に写っています。
そしてまたしても常慶さんは写っていませんが。

連日の撮影にご協力いただきありがとうございました。
そして内田さん、常慶さんの今後のご活躍を祈念しております。

ところで明日また新千歳から飛びますが、3連休に入るためにどの便も満席の為、機内は超多忙になることが予想されますので明日は写真撮影はしません。

| | コメント (0)

美瑛散策

今週末はヴァンフォーレ甲府戦ですね。

Momo

そこで静岡県小山町内の道の駅で売っていたこいつを買いました。

飲み干します。
でも、自宅に置いてきてしまったので試合前日から飲むことになりました。

Naki1

さて、日曜日はナッキーと4時間ほど戯れたあと美瑛を通り帰宅しました。




Biei1

1ヶ月ぶりの美瑛は秋が進んでいました。





Biei3

新栄の丘のコスモス。





Biei2

9月に入りましたが観光客はかなり来ていました。





Biei4

昨年から気になりだした小屋。





Biei5

次に美瑛に行くのは10月の予定です。

| | コメント (0)

ナキウサギ再び

北海道の道央、道北の週末の天気は台風の影響もなく良い天気でした。
体調は完全には戻っていないので登山はあきらめ近場でいいところはないかと思案した結果、岩見沢から2時間の場所に向かいました。
十勝岳望岳台。
知る人ぞ知るナキウサギことナッキーのいる名所です。

Plate

ところでナキウサギは北海道の山の標識プレートのデザインになっています。




Naki1

さて、ナッキーですが鳴き声はすれどもなかなか近くまでは来てくれませんでした。



Naki2

足下に来たのにすばしっこくシャッターチャンスを逃しました。




Naki3

毎週のように通っている人はタンチョウヅルの時にも見たバズーカ砲のカメラ持参でしたが私はコンパクトカメラなので遠くのナッキーはこれが限界。


Naki4

それでもこの程度は撮れました。




Naki5

2匹で私のそばを通過していきました。




Naki6

9月の週末はエスパルスで潰れるので雪が無ければ10月の3連休にリベンジです。

| | コメント (2)

北海道滞在記

この週末は鳥栖に行かずに北海道にいました。
今日も仕事なのでセレッソ戦は観戦できません。

その週末に何をしていたのかと言うと、まずはオホーツク海側の女満別空港に行ってきました。

Memanbetsu1

北海道は月遅れの七夕でした。




Memanbetsu2

JALも七夕のディスプレイを設置。




Memanbetsu3

短冊に願い事を書くのを忘れてしまいました。




Fox

その後、この方々に会いに行ってきました。
キタキツネとエゾタヌキ。



Hakuunn

翌日はこちらの山に登ってきました。




Risu1

隣の赤岳山頂には子供のシマリスが遊んでいました。




Risu2

かわいかったです。




Soba1

下山後には日本一のそば畑のある幌加内に行ってきました。





Soba2

応援もせずに遊んでいた週末でした。

| | コメント (0)

暑中お見舞い申し上げます

来週の月曜は立秋。早くしないと暑中ではなくなるので今夏の盛夏もとい成果をご紹介。

Jal

涼しい北海道より暑中お見舞い申し上げます。

| | コメント (0)

JALで帰道(目は口ほどにものをいう編)

横浜遠征記についてはメインとなったトリコロールマーメイズとの触れ合いの紹介も終えたので、今日は日曜のJAL機内の手前味噌話しを少々ご紹介します。

試合翌日の日曜の夕方の我が家は配偶者外出、長女昼寝の中私は自宅を後にし羽田に向かいました。

Siumai

羽田に到着しまずはいつものようにシウマイ弁当で腹ごしらえ。




Jal2

その後は鶴丸の夜景を撮っていました。




Jal3

水曜に点灯していなかったInternational の“n”の文字は直っていました。
さすが東京国際空港、対応が早いです。



Jal4

流し撮りでの鶴丸。




この後、新千歳行きに搭乗しました。
臨時便がこの後に増便されていた影響もあったのでしょうか、日曜の夜にしては空いている機内でした。

搭乗するなり早速CAさんにいつものようにレシートレター配布を敢行。

後部担当の佐竹さんがかなり興味を持たれたようで新千歳への降下開始前にレシートレター以外にも写真の話しで盛り上がりました。
これまでの撮影ダイジェスト版をご覧になりながらの会話です。

※ダイジェスト版は写真撮影説明時に使用する場合がある為毎回持参

佐「このボードいつも用意されているんですか?」

佐「今日もお持ちなんですか?」

さ「持ってきています。」

佐「この写真、記念になりますね。」

さ「プリントしてお渡しする場合もあるんですよ。押し売りのようで迷惑かもしれないですが。」

佐「そんなことないですよ。(撮影)楽しみです。」


Jal99

さて、話しはこの日の対面に座ったCAさんとの(心の)ふれあいになります。以下の話しを読んで“プロ意識云々”等のいろいろなご意見があろうかと思いますが、私のような客にとっては心に残る思い出になりました。

CAさんは着席時から一心不乱にメモを書いていました。
一瞬、

 私へのメッセージカードのメモか?

という相変わらずの“脳天気な自意識過剰な気持ち”が芽生えたのですが、どうもそのような雰囲気ではありませんでした。

CAさんですがメモをとりつつももちろん客室内の様子をチェックする基本動作はしていながら何かを考えつつ書いていました。

仕事のメモのようでしたので声かけは自粛し私は静岡新聞を読むふりをして様子をうかがっていました(CAさん観察変態オヤジ)。

機体は北海道への降下を始め着陸体勢に入ったところでメモは終わったようでした。
そこで意を決して話しかけるきっかけとしてレシートレターを進呈。

「(わぁ~) どうもありがとうございます。」

「ご自身で作られたのですか?」

「便名から座席番号まで。素敵です。」

さ「これ(=便名の記載)があるので便を変更できないんですよ。自業自得ですが(^^;」

(中略)

その後レシートレターを胸にあてながら

「今日はこの便で最後なのですが今日はいろいろなことがありまして、最後にこのような優しさにふれて泣きそうです。本当にありがとうございます。」

瞳の奥に少し光るものが見えたのは気のせいだったのかもしれませんが、今まで頂いた言葉の中でも一番嬉しいものでした。

Jal3

真ん中が写真を楽しみにしてくれていた佐竹さん、一番右が対面だった井出さんです。

531便の皆様どうもありがとうございました。

そして井出さん、これからも頑張ってください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧