旅行・地域

やはりJALが好き

喉をやられて体調はよろしくありません。

昨日は午前中の打合せを終えて空港に向かう前に急いで耳鼻咽喉科へ。

出張を止めようかとも思ったのですが、白樺の花粉症の時にお世話になったお医者さんに行ってみました。

医者「喉すごいねえ。眼鏡をかけて見てごらん。」

と鏡を渡され自分の喉をみる。

私「はあ。」

医者「ここのところ寒かったからね。(自宅は)三島だったっけ。暖かいところに帰ったら?」

私(言われなくてもこれから帰ります)

医者「どれどれ、つらいようなら筋肉注射するよ。それと坐薬もね。」

ということで久々に注射をうってもらいました。

楽になったと感じなかったのですがそのまま新千歳空港に向かいました。

いつもはターミナルの写真を撮るのですが、朝の挨拶もとっくに終わっているし被写体はないと思いそのままラウンジへ向かいました。

美瑛神社のおみくじが当たっていたのでしょうか、ラウンジの受付には2週間前にお会いした2名のうちの1名がいらっしゃるという大吉でした。
ということで前回撮影した写真をお渡しし新作七夕ボードとの撮影をお願いしました。

Cts1

「(新作)第一号ですね。」

ということで撮影した写真です。


Cts2

ラウンジ内でしょうもない写真などを撮り搭乗口へ。

ちなみに写真のサッポロクラシックは北海道でも道北エリア限定で発売中の旭山動物園50周年缶です。なんせ限定物に弱いので美瑛に行った際に購入しました。

さて、
この日も“私の乗る便は遅れる”ジンクス発動中で天候もいいのになぜか遅れていました。

Jal1

そのようなこともあり搭乗デッキにて交代CAさん達がミーティングをしていました。
これから私が乗る便のCAさん達です。

ちなみに白い制服のチーフさんは先月もお会いしている南さんでした。

その後搭乗する際に機内にてレシートレターをCAさんにお渡しすると

「以前にいただきました!」

との声。ネームプレートを見るとなんと先月対面でお話しをしたばかりの角さんでした。

このように複数回お会いするCAさんが増えてきているのでレシートレターの効力も薄れてくることを心配しているのですが次なる一手は藤井棋士のようには思い浮かばず(^^;

Cts3

この日対面に座られたのは松原さんでしたが、慌ただしく資料を見ながらチェックされていたので離陸時は話しかけることもなく静かに外を見ていました。

とはいえシートベルト着用前には後方担当の渡部さんとはレシートレターを肴に話しをさせてもらったわけですが(^^;

着陸前には松原さんとお話しをさせてもらいました。

さかた「どちらのご出身ですか?」

松原さん「北海道です。(千社札シールでは)みなさんお持ちのようでレアではないんですよね。北海道はお持ちですか?」

さかた「(自慢げに)コンプリートして先日コンプリートシールもいただきました。」

松原さん「すごいですね。鳥取や島根はなかなか入手できずにお探しの方が多いようです。」

さかた「私は山梨が最後でした。」

松原さん「たしかに山梨(のCAさん)も少ないかもしれません。」

という千社札シールネタがメインとなりました。

松原さん情報によると

■ANAも類似の企画(47都道府県)を行うらしい。後発の方がいろいろと考えて素敵な企画になるのではないのか。

■JALの千社札シールは今月で配付終了だが、CA着用の都道府県バッジは年度いっぱい

とのことでした。

Jal2

ということでお忙しい中撮影させてもらった写真がこちらです。

前列左より今回よくお話しをした松原さん、渡部さん、國本さんです。


Card

そして成田(=国際線)ベースの國本さんより素敵なカードをいただきました。

不思議なもので体調がよくなったような気がします。

「嘘つけ!」byパペパル

| | コメント (0)

美瑛神社

気温の低い日が続き喉をやられてしまいました。
寒いというよりも不摂生だと思いますが(^^;

Yamagera1

そんなつらい日の昼休みに見かけたキツツキのヤマゲラ。




Yamagera2

日本では北海道にのみ生息の鳥です。




Biei2

ネタがないので日曜に行った美瑛の模様。




Jinjya1

その中から美瑛神社をご紹介。





Jinjya3

ハートが有名でカップルの名所でもあります。





Jinjya4

社務所には木彫りの駒像?





Jinjya5

美瑛だけに“おかまもり”が有名なので




Jinjya6

こちらを授かりました。





Jinjya7

そしておみくじはフォークリフトで取り出します。





Jinjya8

美瑛だけに穀物のとうもろこし。





Jinjya9

大吉でしたが健康は要注意のようで当たりました。




一応エスパルスの勝利を祈ってきましたが、さて。

Head

今日は打合せの後にこちら持参で東京に移動です。

(出張です。)

| | コメント (2)

札幌には静岡が、そしてエスパルスがある

昨日は仕事が終わってから歯医者さんに行ってきました。
口を開けようとするといつもの歯科衛生士さんが突然

「今日は寒かったですよね。6月っていつもこんなに寒かったでしょうか?」

と話しかけてきました。
“いつも”と言われても北海道ではまだ2回目の6月を迎えたばかりの私は

「去年は暖房を1回いれましたけど」

と答えただけですが、たしかに朝夕はヒンヤリ、低温注意報が発令されている北海道です。

Gf

週末から低温が続いていたのでインドアに徹した結果こちらが完成しました。

J1女子アナ死守!

ではありません。

Fukukaze

さて、先日紹介したこちら「心に吹く風」を見た後に久々に次女と合流しました。

(写真は金曜の道新こと北海道新聞の夕刊より)

次女も早いもので3年生となり北海道生活も残り2年を切ってしまいました。
父の方が北海道に後までいる可能性も出てきたわけですが。

Oden1

娘を連れて向かった先はこちら。
地下鉄琴似駅から歩いて10分弱の富士呑屋。
店主は道産子ですが高田馬場の静岡おでん“ガッツ”で修行を積まれて北海道に店を構えたそうです。

Oden2

店内の様子。
たまたま座った席から見上げるとエスパルス!
ちらしがまだ“待ってろJ1”でしたので今季のものとポスターを持ってくることをお約束しました。


Oden4

金富士やらちびまるこちゃんやら大道芸のポスターやら。

ちなみに娘が学友に大道芸W杯のことを話すと

「何それ?」

と言われたそうで、全国的にはまだ浸透していないのでしょうか?
黒はんぺんも同様の反応だったそうです。

Oden7

ということで静岡おでんをいただきました。

お皿は富士山。
至る所に静岡がありました。


Menu

メニューはこちら。

三島市民なので






Oden8

こちらをいただきました。




Oden5

店内にはこの他にも安倍川花火のポスターや




Oden6

エスパルスのタオマフも掲げられていました。




静岡満載の店内ですが、トイレにはコンサドーレのポスターが貼ってあります(^^;

Oden3

最寄り駅は“地下鉄”の琴似駅です。
JRの琴似駅ではありませんのでお気を付けください。
(地下鉄とJRの駅はかなり離れています。)

| | コメント (2)

やっぱりJALが好き(後編)

Semi0

この時期の北海道のちょっとした山ではセミの声がにぎやかに聞こえます。
職場周辺でも5月24日から鳴き出しました。
その名もエゾハルゼミ。

Semi

エゾと名は付きますが本州の山でも見ることができるそうです。
鳴き声はヒグラシのようです。



さて、そんな北海道を後に6月1日に羽田に向かったのは前編でお伝えしたとおり。

【前編のあらすじ】
 出張という名のFC東京戦観戦のため、JAL502便にて羽田に向かったさかた。
 搭乗するなりCAさんにレシートレターを渡すと、CAの田中さんや桂さんが都道府県千社札シールをコンプリートしたことを知っていることに自意識過剰な気分となる。
 対面の市村さんとはアイコンタクト頻繁に話しかけ飛行機は羽田へ。


【ここから後編】

市村さんとは私の必携品の“CAさん撮影写真集”をお見せしながら

■市村さんがJAL EXPRESS(=JEX)の出身だったこと
■そのJEXのCAさんはJALとJ-AIRに配属になったこと
■その後JEX出身者で集まったことがあること
■私の印象ではJEXのCAさんは若い方が多かった印象
■私がエスパルスの遠征時に2度(J1徳島、広島)お会いした山本さんはご結婚されて姓が変わっているとのこと
■市村さんは羽田ではなく成田ベース(=国際線)で、今日のメンバーとは昨日初めて顔をあわせたとのこと
■羽田の着陸する滑走路とターミナルの関係

などの会話をしていました。

Jal3

そして飛行機は羽田到着。



撮影の準備をしていると先ほどの桂さんと田中さんが

「レシートレターありがとうございます。私たちからもプレゼントがあります。」

と。いったい何をいただけるのだ?バレンタインはとっくに終わっているぞ?

Ca1

「千社札コンプリートシールです。」

そう、47都道府県千社札コンプリートの記念シールです。
左が田中さん、右が桂さんです。

どうりで私がコンプリートしていたことを知っていた訳です。

Ca2

謎が解けていつものように写真撮影。

市村さんは左から二人目です。


502便のみなさま、おもてなしありがとうございました。

(それにしても市村さん、よかったなあ) と妄想しいると

「奥様とお嬢様によろしく!」

と釘を刺されてしまいました。何と年末に次女と帰省した際の便でお話しをしていたCAさんがいました(^^;

471

こちらがJリーグサポーターの中では入手第1号となったコンプリートシール。


472

試合の結果以外はよい思い出となった今回の旅でした。



Jal1

JAL様、これからもエスパルス共々よろしくお願い致します。

| | コメント (0)

やっぱりJALが好き(前編)

昨年録音していたTBSラジオ「ザ・トップ5」をUSBに落として最近ずっと車の中で聞いています。その中で昨年1月27日放送の水曜トップ5で
飛行機内の「あなたならどうする」
なるトップ5を水曜コンビの音楽評論家高橋善朗さんとTBSアナウンサー熊崎風斗アナが取り上げていたことをつい最近録音で知りました。

5位 通路側or窓側
4位 隣席の前を通るとき尻を向ける、それとも
3位 シートを倒す時に声をかける?
2位 チキンorビーフ
そして第1位は

CAさんと会話をするには?

でした。お二人とも
「あの空間でどうやって会話をするんだ?」
と疑問に思っていましたが。

Tree

その録音を聞きながら昨日の早朝もいつもの道を通り新千歳空港に向かいました。
この日は霧が出ていたのですが、運航には支障はなかったようです。


Aisatsu

いつものように新千歳空港は朝の挨拶から始まりました。




Napolin

ターミナルの広告は新しいものに変わっていました。
こちらは先日も紹介したリボンナポリンのクラシック。
お土産に持って帰ったのですが、もう飲み干されてしまいました。


Classic

こちらはサッポロクラシック夏限定商品「夏の爽快」。
6月6日発売だそうです。
7月1日のコンサドーレ戦までは残っていると思いますので札幌遠征をお考えの皆様ご安心下さい。


Bag

さて、今回もこのバッグに小道具を忍ばせて出張に出かけました。

このバッグが実は思わぬ展開へ結びつけることになりました。



Jal1

私の行動パターンはどの空港でも1時間くらいはサクララウンジで時間をつぶしています。昨日もJAL機を撮ったりスマホで「新千歳空港なう」とつぶやいたりしていました。


「すいません」

と、一人のJALの方(女性)が声をかけてきました。

(むむ?私、何かやらかしたか?)

さかた「はい?」

女性「いつもラウンジご利用されていますよね。どうもありがとうございます。」

さかた「はい。」
        (何で知っているんだ?カッコイイからか?
    いや百歩譲ってもそれはない。じゃあ、どうして?)

その疑問は一瞬で解決しました。

女性「バッグが素敵で。その鶴丸が。」

ワッペンは自分で縫いつけたものですが、裁縫もたまにはパペパル以外にも役に立つものだと実感。

さかた「どうもありがとうございます。」

女性「これ、よかったらお受け取り下さい。」

Jal0

いただいた素敵なカードがこちらです。

長らく飛行機を使っていますが、ラウンジでメッセージカードをいただくのは初めてのことでした。







さかた「ありがとうございます。あっ、そうだ、いつも機内でこういう写真をいつも撮らせてもらっているんです。後で撮らせてもらっていいですか?」

これを人呼んで“渡りに船”ならぬ“渡りに飛行機”作戦と言います。

ということで空の旅の必携“CAさん写真集”を見ていただきました。

女性「CAを撮影されていたんですね。」

Jal2

出発前に撮らせていただいたものがこちらです。
左がカードと声をかけていただいた佐藤さんです。

よい思い出をありがとうございました。
ちゃっかりと今度は2週間後に来ることをお伝えしておきました。

それにしてもラウンジでバッグがチェックされていたとは(^^;

さて、早朝からいいことがあったなあ、とにやけながらJAL502便に搭乗しました。
いつものようにレシートレターを渡しながら数名のCAさんといきなり会話を始めました。
が、今回、ちょっと不思議な状況に。

はじめに話をした桂さん
「(都道府県シールを)全部集めるのにどのくらいかかりましたか?」

とか、二番目にお会いした田中さん
「お会いするのは2度目ですね。最後まで残ったのは鳥取県ですか?」

等々、なぜか私がコンプリートしていることを知っているのです。

なぜだ?マンマークか?

などと思いつつ、対面に座ったのは埼玉出身の市村さんでした。

視線と視線が会う度に会話をしたので離陸前、着陸前にかなりお話しをしました。これまでの中で一番長く会話をしたかもしれません。サッカーネタはほとんど無かったのですが。

■さかたの定番ネタ

 ①単身赴任で札幌~東京便をよく使うこと

 ②サッカーの清水エスパルスの応援でもよく使うこと

 ③今日、明日のご予定は?(=CAさんのフライト予定のことです)

ここから話しは膨らませていきます。

市村さんが以前はJAL EXPRESS(現在はJAL本体と合併)に所属していたということで、そのネタが中心になりました。というのも空の旅の必携“CAさん写真集”を見ていただくとそのJAL EXPRESSだったCAさんがかなり写っていたようで

「知っています。私の直属の先輩にあたります。」

などの話しで盛り上がりました。

つづく

| | コメント (0)

増毛に行く

Map

先週末の行動範囲です。

日曜日はえりも岬に近いアポイ岳に行ってきましたが、前日の土曜日は日本海に面した増毛(ましけ)に行ってきました。



Station2

ここでも以前に紹介しましたが、増毛といえば高倉健さん主演の駅stationの舞台です。


Station

その駅も昨年12月の留萌~増毛間が廃線となり、今は観光施設となりました。



Tunnnel

もっともレールの撤去は行われておらず、ホームも現存。
トンネルだけは封鎖していました。


Nobori

その増毛に何をしに行ったのかというとこちらの祭りに行ってきました。




Sake1

北海道の酒といえば日本最北の酒蔵の國稀と言われるほど道内では有名な國稀(くにまれ)。
増毛にある國稀のまつりが目当てでした。



Camera

報道各社も来ていました。





Sake4

お目当てはこちら。
祭り限定のお酒。
6種類くらいありましたが、私は花霧という銘柄を購入。
家族用です。


Sake2

自分用には何を購入したのかと言うとこちら。




Sake3

限定物に弱いエスパサポです。





Can

こちらは自分用ではありません。
必要な状態ではあるのですが(^^;



お目当てのものを購入したので帰ろうかと思ったのですが、旧増毛小学校の見学ができると聞いて行ってきました。

旧増毛小学校は昭和11年建築された道内最大最古の大型木造校舎。
北海道遺産に指定されている建築物で、日頃は外側しか見ることができないのですが、この祭りの時だけは内部の見学ができます。

School1

このような渋い校舎です。





School2







School3

初めに職員室で説明。





School6

廊下に出てボランティアの方から説明を受けました。

この小学校の卒業生が説明をされましたが、建築物としていかに貴重なものなのか、の説明があるとよかったのですが。


School4

保健室。





School5

階段。





School7

体育館。





School8

この体育館の天井の作りも貴重だとネットでは紹介されていました。





School9

渡り廊下の天井。





School11

2階からの校舎。





School10

再び廊下。





School13

こんな部屋があったとは。





School14

職員室からの中庭。
中庭のあるレイアウトも珍しいようです。
(これもネットからの情報)



School15

校長室。





School12

北海道らしい資料。





School16

個人的にはこちらの作品が気に入りました。





School17

こちらでできていました。




おしまい。

| | コメント (3)

再びのアポイ岳~静かな花を見る

エスパルス勝てませんねえ。

配偶者&長女で観戦に行ったのですが、配偶者の機嫌はあまりよろしくなく、試合直後はこんな感じでした。(不適切な表現があったように思うので削除しました。)

監督もつらいでしょうが、私もつらい(^^;

■選手起用を見ていると迷いが出てきてしまったか
と思う今日この頃。

REIさんから試合の写真をいただいたのでアップは後日ということで。

土曜日は北海道に来てから初めての葬儀(通夜)に行ってきました。
曹洞宗だったのですが、この空知地方だけなのか北海道だけなのかわかりませんが、これまで私が経験した通夜とは違うところもあり、北海道の深さを知ると共に人生まだまだ経験が足りないと実感しました。
記帳はなし、香典には領収書がついてくる、というのは聞いていたのですが、焼香は3回やるふりをする、という行動もあり、よい社会勉強になりました。

さて、この土曜日夕方の3時間の拘束以外はフリータイムでしたので

■土曜日:増毛のエビ&地酒祭り

■日曜日:アポイ岳登山

にそれぞれ行ってきました。北海道の週末はあいにくの天気だったのですが。

では、昨日のアポイ岳登山の模様を花で振り返ります。
4月に登った時は残雪もあり、花は殆ど咲いていませんでしたが、今回はそれなりに見ることができました。

花を紹介する前に、登山中の会話をご紹介します。
一人で登っていると声を出すことはほとんどないのですが、登山道ですれ違う時には

「こんにちは」

を必ず言います。ほとんどの登山者はマナーで言うわけですが、なかには無言な人もいて嫌な気分にもなるのですが。それはさておき

今回、下山中の時のこと、森林パトロールから話しかけてくる場面がありました。

さかた(トリコロールマーメイズ、オレンジウェーブ、会いたい、会えない、ぶつぶつ←妄想中)

森林「こんにちは!ビーナスがいますよ。」

さかた(なんで心の中を読まれたんだ?)

森林「ほら、あそこです。」

さかた「えっ?」

Tree

森林「あの木、ビーナスに似ているでしょ。みんなは気がつかないんですが、私はいつも安全登山を祈っているんです。」

と言って合掌しました。

その後、このアポイ岳周辺にしか生息していない絶滅危惧種のヒダカソウについてのお話しをしました。
■ヒダカソウは6、7年前までは登山道付近でも見ることができた
■その後の盗掘で激減。特にこの数年であっという間にその姿を見ることができなくなった。
■今年行った全山調査ではわずか14株のみ

昨年の大雪山の時もそうでしたが、森林パトロールの方とお話しをするといろいろな情報が入ります。

さらに下山すると、女性2名、男性1名のグループが熱心に写真を撮っていました。

Okuezo

さかた「何かいるんですか?」

女性「絶滅危惧種」

さかた「なんですか?」

女性「オクエゾサイシンという花です。さっき森林パトロールの人に教えてもらいました。」

さかた「いいなあ、森林パトロールの人と登ると教えてもらえるんですね。」

女性「じゃあ、また登り返しましょう。」

さかた「そんな体力ありません。どちらから来たんですか?」

女性「帯広です。どちらからですか?」

さかた「岩見沢です。」

一同「え~っ!それは遠くからようこそおいで下さいました。」

どうやら岩見沢は遠いところのようです(^^;

女性「お互い楽しみましょう!」

と言って別れました。

前後しますが、アポイ岳の花の様子です。

Board

アポイ岳はこのようにかんらん岩のために固有種の宝庫です。





Sakurasou

エゾオオサクラソウ。
山麓にたくさん生えています。
ちなみにエゾシカは紫の花は食べないそうです。
(昨年、豊似湖であったえりも町役場の人の話)

Fl

調べましたがよくわからず。





Azumagiku

アポイアズマギク。





Kuwagata

アポイクワガタ。





Fl2





Miyamaodamaki

ミヤマオダマキ。





Iwazakura

ヒダカイワザクラ。





Chinguruma

チングルマ。





Samaniyukiwari

サマニユキワリソウ。





Azokisumire

エゾキスミレ。





Apoitachisubosumire

アポイタチスボスミレ。





Miyamananakamado

ミヤマナナカマド。




Gera

下山すると頭上でエゾコゲラが迎えてくれました。

| | コメント (0)

昼下がりの北海道生活と次節審判と

勝てませんねえ、ルヴァンカップ。
実はこの試合で主審をつとめた榎本さんですが、エスパルスとの相性は抜群でした。

【背景】
 エスパルス降格大ピンチだった2014年。
【状況】
 リーグ戦、カップ戦、天皇杯の三大公式戦でのエスパルス戦の主審を1試合ずつつとめる。
【結果】
 3試合ともエスパルスが勝利している。

【2017年結果】
 ルバンカップで久々のエスパルス戦は惨敗。


【明日の予想】
 至近年のJ1の試合での審判の相性はエスパルス自体の勝率がよくなくコメントしようがないわけですが。従いまして誰が担当でもエスパルスとの相性は良くないとは思うのです。ちなみに最後にホームで勝った2年前の川崎戦の主審は上田さんでした。上田さんは既に鹿島戦で吹いているのでしばらくはエスパルス戦から外れるので、明日は別の方が来られるでしょう。
扇谷さん、飯田さん、高山さんはカップ戦を含めてまだエスパルスの担当をしていません。
高山さんに至っては昨年は1試合もエスパルスの担当をしていません。
今週末は日本ダービーですが
◎高山○飯田△扇谷▲松尾
と予想しました。

Butterfly

そんなことを予想しながら昨日は山の職場から札幌に行ってきました。
(本州にもいる一般的なキアゲハ)




Hyousyou

こんな催しに出席してきました。
こういうのに出席すると何だか「北海道の一員」になった気分になります。
全道から集まってきていましたが、稚内、根室、函館などから来た人は宿泊するんだろうなあ、と思いつつ、

Ticket

コンサドーレのオフィシャルショップにこちらを求めに行ってきました。
7月1日の札幌ドームでのエスパルス戦。
コンサドーレオリジナルデザインを期待していたのですが、端末から発券されてきたのはローソンデザインのもの。

さかた「オリジナルデザインじゃないんですか?」

店員「ビジター側だけはオリジナルはないんです。」

わざわざショップに行ったのにorz

Icesand

気分転換に六花亭本店でアイスサンドを食べてきました。

この品は帯広と札幌の本店2箇所でしか食べることができません。しかもアイスにしているのでお土産にはできません。
7月に遠征される方はお食べになってみてはいかがでしょうか。




Lilac1

そういえば札幌に行く前に見たことのない花が咲いていました。
これがライラックなのか?




Lilac3

大通り公園を散策しているとライラックが見頃を迎えていました。





Lilac2

紫や白い花があるようです。





Prin

ワンカップサイズの容器が欲しかったので侍のプリンを食べながら帰ってきました。



Lilac4

3月に復活した特急ライラックで岩見沢駅に降り立ちました。




Ribbon

その後、イオンに行き北海道限定商品を購入。
北海道の炭酸飲料といえばこちらの
リボンナポリン
でございます。
一番右は北海道の乳酸飲料カツゲンとのコラボの製品。
こちらも7月の遠征でお飲みになってみてはいかがでしょうか。

おしまい。

| | コメント (0)

JALの旅は続く

昨日、東京での打合せの前に講演会がありました。
その中で、

寿命が延びるにあたって体は元気なのに認知症などをはじめとして頭がついていけなくなっている、それは脳にダメージを与えていることも要因である

なることが紹介されました。
脳にダメージを与える3つの要因はこちらだそうです。

①睡眠不足
②運動不足 そして
③家族からの白い視線

③は家庭を顧みず仕事(応援?)ばかりしていると定年後には居場所がなくなり、家族からは煙たがられ、金の切れ目は縁の切れ目などに繋がっていることなどを指しています。
単身赴任生活が長くなってくると③になる可能性も高くなってくるとかこないとか果たして。

で、昨日の夕方の打合せでのこと。

さかた「この来年7月の赤い数字は何だっけ?」

東京「あ~、赤字は異動の予定の意味。」

さかた「じゃあ来年の7月に異動ということね。」

東京「いや~、その先(異動先、後任)がまだ未定で。」

どうやらあと1年以上は北海道単身赴任生活を謳歌できることになったようです。
が、私の定年後の家族生活はどうなるのでしょうか。

さて、このようなことになったということはJALでの旅はまだまだ続くことになったということで、それはそれで嬉しいことであります。

Jal0

19日の金曜日早朝の新千歳空港でセカンドユニを鶴丸に見せびらかしました。って、そんなわけはないですが。




Jal1

こちらこそありがとうございます。





Jal2

そして朝一番の贈り物。
最近、この挨拶の時刻が早まりました。


搭乗したのは羽田行きの一番機、JL500便。
対面に座ったのは角さん。
昨年、代表戦を見に埼玉スタジアムに行かれたそうです。

さかた「観戦どうでした?」

角さん「楽しかったですよ。サポーターが楽しそうに応援していてこちらも楽しくなりました。」

さかた「その埼玉スタジアムに明日行くんです。」

角さん「?」

さかた「Jリーグの試合に。Jリーグは見ないですか?」

角さん「ええ。でも楽しそうですね。」

Jal3

という会話などを少ししてからの写真撮影。
今回はメイキング・撮影 の模様を。




Jal4

ボードを見てちょっとびっくりされる訳ですが。





Jal5

チーフは南さん、2回目になります。

そしてボードの右がお世話になった角さんです。



Jal6

金曜に羽田に着き、





Jal7

火曜に羽田を発ちました。



新千歳行き最終便を利用し北海道に戻ってきました。

対面に座ったのは馬籠さん。
しかし、名前がなかなか思い出せず。

さかた「先日お会いしましたよね。」

馬籠さん「座って、あっ、と思いました。札幌線はよく乗られるんですか?」

さかた「今月は毎週です。」

ネームプレートを見て記憶が蘇りました。馬籠さんとは4月にお会いしたばかりでメッセージカードをいただいていました。

さかた「あの時とメンバーは違うんですか?」

馬籠さん「まったく違います。」

Jal9

ということで撮った写真がこちら。
男抜きの写真もありますが。
ちなみに自主的に写ったわけではありません。

チーフは若狭さん、2回目、馬籠さんはボードの左の方です。

JL531便のみなさま、ありがとうございました。

Jal8

どこまでも続くJALの旅(^^)

| | コメント (0)

菜の花

明日から東京出張の為に週末開催の滝川の
菜の花まつり
を今年は見に行くことができなくなりました。
そこで、朝4時に起床し出勤前に高速をかっとばして(←と言っても私の車はそれほどスピードは出ませんが)滝川に先ほど行ってきました。
菜の花畑は毎年変えていることを知らず昨年行った所には菜の花がありませんでした。
時間もないので右往左往していましたが何とか菜の花を撮ることができ一安心。

Nanohana1







Nanohana6







Nanohana2

作付け面積は日本一だそうです。





Nanohana3







Nanohana5

時間が無かったので行き当たりばったりで撮りました。





Nanohana4







Nanohana8







Nanohana7

来年は見に行くことができるのでしょうか?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧