エスパルス

ジンクスにすがる~天皇杯の結果を踏まえ

北海道と静岡に二分されているさかた家の夏の旅行を巡り私の脳内では夏のスケジュール調整が活発化してきました。
というのも毎年夏の静岡に帰省することはなかった次女(札幌)なのですが、今年は様相が一変。大学3年ともなるとインターンシップがあるようで帰省することになりました。
従って過去次女と2人で静岡組の接待を2分していた父は一手に引き受けることとなり、アウェー鳥栖戦あたりからパペパルを養子に出す気配となってきました。特に今年はお盆あたりにホームゲーム2試合が連続して組まれているのが痛く。

さて、本題なのですが、ホームゲームでなかなか勝てないエスパルス、藁にもすがる気持ちの関係者、サポーターの皆様が大半だと思っています。
実は一昨日の天皇杯で妙なジンクスを見つけてしまいました。

Stand

この日は観客数が少ないことは予想されていたので久しぶりに西サイド2階で観戦しました。

ユニフォームを忘れてしまったので、雨が上がってもオレンジカッパでごまかしていました。
(撮影:REIさん)

Gf2

ここ数年、天皇杯参戦率が低下している為、こちらのゲーフラを披露する機会がなかったことも西サイドに向かった理由の一つですが。

(撮影:マダム木村さん)







せっかく掲げたのですが、取材に来ていたのはテレビ静岡と他にオフィシャルらしきカメラのみと少なく抜かれることはありませんでしたorz

Don

どうせ抜かれないのならば、とゲーフラを掲げる合間に久々に桜えびしらす丼を食べました。



20162

西サイド2階で観戦したのはいつ以来なのかふり返ると、それは昨年のリーグ戦のツエーゲン金沢戦以来でした。




2016

その時観戦した位置からの写真です。




ツエーゲン戦は昨年のリーグ戦ホーム初勝利の試合だったのです。

ここ数年、西サイドで応援したのはこのツエーゲン戦と先日の天皇杯の2試合だけです。

何をいいたいのかというと

■西サイド2階で応援すると勝率10割
■その年のリーグ戦で初めて西サイド2階で応援すると初勝利?

になるのではないのかと。

Cts2

そして、北海道から天皇杯観戦に向かう前にはいつものようにJALを利用しました。
これまでなかなかJALのロゴを入れて撮れなかった朝の挨拶ですが、今回はうまく撮れたと自画自賛。

それはともかくこの日は午前9時発のJL502便を利用しました。

搭乗するなりCAさんのネームプレートに目がいきました。

(私と宴会をご一緒した方々ならばおわかりでしょうが、ネームプレートには過剰、過敏、過激に反応します。)

さかた「あれ谷田部さん、2回目ですよね。」

谷田部さん「ご無沙汰です。」

その後、谷田部さんは前回撮影の写真をお持ちで日付の確認をしてくださいました。

谷田部さん「調べたらちょうど1年前でした。」

さかた「今回も写真お願いします。」

Jal2

ということで七夕バージョンで撮影。

一番左が谷田部さんです。


Jal3

そしてこちらがほぼ1年前の7月9日の写真。

パペパルも写っています。


1年前はホーム熊本戦で利用した便でした。
その熊本戦は見事に勝利。
つまり、谷田部さんにお会いした直後のリーグ戦は勝つ というジンクスを作ってもいいのではないのかと思いました。
少なくとも直後の試合は2試合(昨年と一昨日)とも勝っています。
谷田部さんが勝利の女神かもしれません。


ということで、日曜の甲府戦は西サイド2階に行かなければと勝手な使命感を抱きつつあります。

| | コメント (0)

天皇杯ギラヴァンツ戦観戦記

パペパル「おまえ、あの天候の中で北海道から観戦に行ったのかよ!って言われたいんだろ」

さかた「新幹線も東海道線も止まった時は心が萎えましたけれど、あなたを運ぶ使命があったので。」

パペパル「その割には会場ではほとんど気がつかれず素通りされていたぞ。」

さかた「すいません。風が強くて飛ばされそうでしたので。」

パペパル「設置位置を変えると勝てるんじゃないのか?」

さかた「そうなんですかね?まあ、そうなるといろいろと面倒くさいので。」

Pape1

ということで昨日の試合は西サイドゲートから入ってすぐの紙コップ入れ替え場所に置かせてもらいました。



それにしても長い一日でした。

早朝の北海道は初夏のいい天気でした。

Iwami1

こちらは岩見沢のこの時期ならではの牧歌的風景。




Iwami2

空港に行く時以外には通らないので思わず何枚も撮りました。




Iwami3

運良く運搬機登場。




Naganuma1

こちらは長沼町の風景。
農具が飛行機のように見えました。



Naganuma2

いつもの木。




Yubari1

新千歳空港に着いて土産物などを物色。
夕張メロンという名のついた飲食物はよく買いますが、



Yubari2

本物の夕張メロンは高くて手が出ません。
ちなみに北海道でメロンを買うなら三笠メロンなどの他のブランドでも味は変わらずお値段は安いのでそちらをお勧めしますが、私はアンチ夕張ではありませんので誤解なきよう。
空知・上川地方のメロンの相場は
夕張>富良野>月形=三笠
でしょうか。

Koibito

そしてこちらは新発売のお土産。
白い恋人を食べてコンサドーレも食べてしまおう!

ということで札幌遠征のエスパサポさん向け情報でした。

Doushin

この後ラウンジに行き北海道新聞を見ると個人的ショッキングな記事。
私の夏の予定が~orz

とりあえずコンサドーレ戦の翌日は昨年も登った富良野岳もしくは大雪山の赤岳をアタックしようかと思っています。

Jal

そして北海道を飛び立ちました。




その後、羽田に着き品川に出ました。

東海道新幹線に乗っていると静岡地区大雨により小田原でストップ。
        ↓
在来線に乗り換え三島に帰宅しパペパルをピックアップ。
        ↓
ところが在来線も富士~掛川間が運行見合わせ。
        ↓
午後3時30分頃に運行再開の報。
        ↓
在来線で清水駅到着。シャトルバス出発が5時50分
        ↓
スタジアム到着は午後6時10分頃。

Ref

ちょうど審判団の紹介をしていました。
審判団を見てホッとしました。

というのも、この日早朝移動をした目的は審判団に会うことだったのですが、

①副審の数原(すはら)さんは静岡が実家

②アイスタにはマイカーでやってくる

③この為、マイカー駐車場からスタジアムへの入場は裏ルート
 (=私が会うことはほぼできない)

④その際には他の審判も同乗(主審、副審)

ということで、どっちみち会うことはできなかったわけです。
ちなみに最近のアイスタの試合は静岡出身の数原さんや勝又さんを副審に使うケースが多く、被害妄想かもしれませんが某組織が

さかたシフト(上記③)

をとっているのではないか?と思っています。

で、個人的にはそのうちにCAさんもそのようになってしまわないかと心配しています。

だいぶ脱線してしまいました。

Board

会場の様子ですが





Kitakyu1

九州から平日の夜に遠征してきた強者。
総勢30名、静岡空港着陸できずセントレア経由と聞きましたが、やはり新幹線の洗礼を受けたようです。

遠路はるばるのご来場ありがとうございました。

Board3

北九州さんがいなければ1500人代だったところです。

1500人と1600人代で何が違うのかって?
知りません(^^;


Flag

天皇杯ならではの主催、共催、主管などのフラッグ。





Stadium

そういえば特別協賛のさかた家メインバンクのスルガ銀行のボードが見あたらなかったのですが。




Board1

試合ですが、この日はやはりこの選手でしょう。
ツイッターでも

「You やっちゃったよ」

の文字で賑わっていました。

Yu1

J3相手とはいえ輝いていました。




Yu2

使わないと錆び付くタイプだと思いました。




Board2

前半は
またセレッソ戦の再来か?
と思わせましたが、珍しく後半は立ち直りました。
内容よりも結果オーライの試合だったでしょうか。

ちなみに私、今日は埼玉で打合せのために本州に来ています。
決してサッカー観戦だけの為に飛んできたわけではありません。

| | コメント (0)

アウェーセレッソ戦観戦記(もろもろ編)

週末を挟んで久々に北海道の職場に出勤しました。

Tree1

通勤路の周りの山々には白い花がたくさん咲いていました。

(白っぽく見えるのは花です。)


Tree2

去年もこの花を調べた記憶があったのですが名前を忘れてしまっていました。



Tree3

今年もネットで調べてみるとその正体はアカシアの花でした。




そんな北海道からまた明日は離れることになります。

Board2

さて、セレッソ戦の続きですが、今回の遠征ではいつも以上に試合の写真を撮っていませんでした。



従いまして試合以外の写真だけをご紹介。

Board

まずは到着した地下鉄長居駅の掲示物。
午後2時頃に到着したのですがまだ貼り替えていませんでした。



Shop1

こちらはセレッソバルと呼ばれる飲食ブース。
ただし、アウェーサポーター立ち入り禁止区域です。

なんでこんなことするのかなあ。わてらは強豪の仲間入り?のつもり?


Shop2

とはいえフェンス越しにセレッソサポさんに“たこ焼き”をお願いするエスパルスサポさん。
知人のチエさんといちごだいふくさんでした(^^;

アウェーには冷たい運営ですが、サポさんは優しいセレッソさんでした。

ここで隔離政策推進の運営さんの気持ちを考えてみました。

①アウェーサポとの事が起きてからでは遅いので予防保全
②問題の起こさないアウェーチームだけの例外措置は、問題を起こすアウェーチームからすると
「何であいつらだけ許すのだ!」
というクレームをつけられ対応に苦慮する為、一律“隔離の令”
③セレッソだけが特別なことをしているわけではない

好意的?な発想ですが、実はセレッソさんはこのようにアウェーサポーターからの問題提起を待っているのではないでしょうか?実は隔離政策は解除したいという思いがあるのですがなかなか踏み切れないのではないのかと。ですから隔離政策を解除して問題が起きても
「アウェーサポからリクエストがあったので解除した」
とJリーグからのお咎めがあっても責任転嫁できるシナリオがあるのかなあ、などと思っています。

そういえばマスコットのロビーもアウェーゴール裏に来なくなってしまいました。マダムロビーナは来ましたけれども。

そんなアウェーサポに冷たくなってしまった長居でも我々はいつものように応援をしました。

Boy

それを見て一緒に踊るセレッソの少年達を発見。
サンバにあわせてちゃんと踊れていました。
そしてエスパルスの応援に魅入る少年達も。

君たち、オレンジのユニを着てみないか?

Manager

そういえば小林監督はこの試合からポロシャツ姿。





Pape

設置したパペパルの横に金髪の美女がいました。

試合後の撤収の際にお話しをしました。

さかた「どちらから来られたのですか?」

美女「カナダです。」

さかた「今、どちらにお住まいなのですか?大阪?」

美女「違います」

さかた「静岡?東京?」

美女「違います」

さかた「?」

美女「徳島です」

日本滞在1年のカナダからの美女さん、徳島在住なのになぜエスパルスを応援?
謎をそのまま置いたままスタジアムを後にしました。

| | コメント (3)

アウェーセレッソ戦観戦記(桜無双ガールズを撮る)

Jal1

昨晩もJALで北海道に戻ってきました。

こちらは雨の羽田空港。


いつものように写真をお願いすると

さかた「あれ?沖原さん、以前にお会いしていましたよね。」

沖原さん「そうです。覚えていて下さいましたか。」

さかた「お綺麗なので。」

嘘偽りない会話なので、すらすらと言葉が出てきました。
よい子はあまりマネをしない方がいいと思いますが。

Jal2

右から3人目が沖原さんです。

満席でご多忙後にどうもありがとうございました。



Cere1

さて、セレッソ戦の模様ですが、相変わらずの試合以外編です。




この日は昨年のこのカードと同じく某山本くん達と一緒に観戦しました。あの昨年の感動の再来を期待していたのは言うまでもありません。

その某山本くんですが、

「さかたさん、女性に声をかけたりしないで下さいね。」

なんで?

「女性に気持ちを持っていかれて勝ち運が逃げますから。」

「今日は新幹線で来たんでしょ。(新幹線には)CAさんはいないから女性には声かけていないでしょ。」

そんな理由で勝ち運は逃げてしまうのか甚だ疑問ではあったのですが自重していました。

Soba

もっとも隔離政策のこのスタジアムでは色物との触れ合いはできるはずもなく、まずは腹ごしらえにオムソバ600円を購入しました。

すると場内からダンスミュージックが聞こえてきました。


Musou1

ビジョンに映し出される女性達。

セレッソのホームページで予習していたことを思い出しました。

「これは桜無双ガールズ!」

Musou2

とはいえ彼女達はここアウェーサポーター席からはかなり離れて踊っていました。


ところがパフォーマンスを終えると何と彼女達はこちらにやって来ました。

Musou3

エスパルスサポーターの呼びかけに手を振る桜無双ガールズ。





Musou4

セレッソさんによる記念撮影のようでした。





Musou5

その様子をオムソバ片手に眺めていました。




Musou7

その様子を撮られていました。
(写真提供:マダム木村さんのご主人)



なすすべもなくこのまま撤退か、と思った瞬間、私の隣で

「すいませ~ん、こちらにもお願いしま~す」

の声。知人の道子さんのご子息でした。

Musou6

神の声により撮影したものがこちら。

(こうなると道子さんは聖母マリアなのでしょうか?)


267

そしてその様子をREIさんに撮られていました。




私自身は彼女たちに声かけはしていないのですが、某山本くん説のようにこれらの行いがドローになった原因だったのではないのかと思う週明けの月曜日です。

| | コメント (0)

アウェーセレッソ戦観戦記(アウェーの洗礼の巻)

Bus

先ほど夜行バスで三島に帰ってきました。
大阪駅発21時55分発、三島駅着6時15分頃でした。

夜には北海道に戻ります。

Tv

初めに訴えたいのはダゾーンのこのカメラさん。
常時ホーム側固定で一度もアウェー側にカメラを向けないという徹底ぶり。
スカパー!ではありえないカメラワークでした。
エスパルスに恨みでもあるのでしょうか?

そういえば昨年は静岡の民放各局はこのカードに取材クルーを派遣していたのですが、昨日はNHKも含め一局も静岡からの取材チームはなし。
大阪の局が撮影した映像を静岡に送って静岡で編集するものと思われます。
J1に上がったのに成績に比例してマスコミさんの扱いも小さくなっていくことに危機感を抱いています。女子アナ的にですが(^^;

Tv1

これが前半。
テレビは全てセレッソのゴールを期待。



Tv2

後半のエスパルスゴール裏。
テレビクルーは皆無。

J2時代にもあまり見かけなかったと思うのですが。


Kisei1

アウェーの洗礼と言えばこちら。
ついに長居ことヤンマースタジアムもアウェー鎖国隔離政策を取るようになりました。
しかもアウェー側のみ再入場不可という徹底ぶり。
埼玉、カシマと同様です。ちなみに仙台も。
せちがらい世の中になってしまいましたね。

Kisei2

そんな中でもこのようにベルリンの壁を隔てて双方のサポーターが記念撮影をしていました。
壁をも越える熱き友情。



Board

個人的に気になったのは審判アセッサーの布瀬さん。
ここでも取り上げましたがマッチコミッショナーで今季既にエスパルスの試合を2回担当されています。
布瀬さんといえばJリーグ創設後初の三冠獲得となった鹿島との天皇杯決勝時に主審だったのですが、その頃からエスパルスとの相性はよくないわけで、この日もそういうことになりました(^^;
人間を否定するわけではありません。あくまでもネタですので。

Water1

そしてまさにアウェーの洗礼。





Water2

埼玉スタジアムに続き散水が暴走しました。





Water3

今回はベンチにまでは届きませんでしたが。





Water4

それでもかなりの水量がありました。




Board2

それにしてもサンドバッグシステムではなかなか勝ちきることはできませんね。
エスパルスの選手交代とアディショナルタイムの掲示が被ってしまい、選手交代優先でなかなかアディショナルタイムがわからなかったのですが、表示を見て嫌な予感がした訳です。あまりの長さに運にも見放されたような気もしました。
もっとも私は帰りのバスに間に合うのか気が気ではなかったのが本心です。

| | コメント (2)

FC東京観戦記(試合以外を撮る2)

北海道はこの数週間は週末の天気がよろしくありません。
今週末もイマイチ。山に入る林道が10日から続々と開通するというのでテントを担いで登る予定だったのですがorz

Drink

そんな北海道は限定品天国です。
昨日見つけたのは十六茶の北海道限定品。
たしか昨年もこの時期に発売されていました。

Yu1

限定品といえば、こちらスタジアム限定ガチャガチャ。
Yu買っちゃったよ。




Yu2

ということでウォーミングアップ時の長谷川選手と北川選手。

この日は二人とも途中から試合に入ってきました。

監督は迷っているように感じた選手交代でしたが三保での囲み取材のコメントを見るとやはり迷っていたんですね。
パワープレーが出来なかった試合終盤でした。

Board

ということで2点差がついた時点で





Aud

お客様はお帰りになられました。





Aud1

シャトルバスの混雑、明日からの出勤を考えるとやむを得なかったかと。





Duke

試合を終え挨拶をするウタカ選手と鎌田・デューク両選手。





Kazuya

村田選手とも。





Gf

ホームでの勝利をあきあめない、という意味で掲げましたが、違う文言のゲーフラが必要だと感じました。

(写真提供:REIさん)


Mori1

そういえば試合前日はあさひテレビの森アナの誕生日だったということでMr.X氏がお手製のゲーフラを撮ってもらっていました。




Shirota

誰に撮ってもらっていたのかというと白田アナ。

森アナは残念ながらアイスタではなくヤマハに行かれていたようです。

■この日の民放各局女子アナ事情
 SBS→ジュビロ戦中継の為ヤマハ
 あさひ→ジュビロ戦取材の為ヤマハ
 だいいち→高校選手権決勝取材のためエコパ

Muro

ということで唯一残ったのはテレビ静岡室伏アナ。
試合後の女子アナ○た▲な方々に囲まれていたようです。

写真提供:REIさん

| | コメント (2)

FC東京戦観戦記(試合以外を撮る)

昨日までは絶好の観光日和だった北海道。しかし朝晩はヒンヤリで柔な私は暖房をつけました。職場も暖房をつけていますし昨年の6月も暖房をつけた記憶があるので異常な行動ではないのですが、静岡の方からすると異常に見えるかもしれません。

Butterfly

そんな昨日の午前に散策(←遊びのような仕事のような)していると林道には綺麗な蝶。
もしかするとモリチョウ?ムロマリチョウ?クロダチョウ?スギオカチョウ?
(一応、差別なく民放全局を取り上げてみました)
本州にもいるミヤマカラスアゲハでした。

Kibitaki

頭上にはこれまた本州にもいるキビタキ。




Board1

そんな北海道に戻る前の観戦記です。




Board2

まずはじめに訴えたいのはこちら。

好天の日曜なのに1万5千人に満たないのかよ!
ということではありません。


Board3

入場者数スポンサーがついたということです。
レッズが同様のことをしていたのでエスパルスもどうなのかな?と思っていたところでした。
営業さん、頑張っています。


Flag

この日も風が強く





Flag2

オレンジウェーブも大変そうでした。





Sokutei

そのピッチでは黒球温度測定。
給水タイムを設ける程の環境ではなかったようです。




Bottle

それでもピッチ上は過酷でこちらの飲み物はあっという間に飲み干されていました。




Cha

私はピッチ上の飲み物に手を出せないので別のものを飲みました。

清水と言えばこちらでしょう。



Subaru

ピッチに向けて別のものを撮影。

この日のマッチスポンサーはスバルさん。
こちらのグッズは知人のりーさんから

「FBで“いいね”をするともらえるよ」

と聞いて速攻でもらってきたものです。カラビナの色にオレンジがあるとさらに“いいね”だったのですが。

Kopul3

そのスバルの場外展示場ではこぱるちゃん達が営業活動。

窓から顔を出しているかわいい光景があったのですが撮影できませんでした。個人的失点orz


Pul1

そのこパルちゃん達をピッチで呼ぶ怪しげなパルちゃん。





Pul2

よいこはマネをしてはいけません。





Pul3

痛がる(ふり)のこパルちゃん。





Pul4

4人でジャンプするシーンがあったのですがこれまた撮れずorz

この時点で個人的失点2でした。
試合結果を暗示していたのでしょうか。


Pul5

その後こパルちゃん達は作戦会議?





Jam91

その後ピッチではJam9ライブ。

いつも東サイドに挨拶をするのはさすがです。
F東さん達は本当に“いい週末”になりましたが(^^;


Jam92

Jam9が来る試合の勝率が悪い

と自虐的挨拶をしていましたが、ホームゲームの勝率は悪い(特に今季は0割)のでどなたが来ようとも勝率は悪く気にされることはありません。


Kopul0

その勝率が上がるように毎試合祈っているのですが。





Kopul1

その様子を撮影するF東な方。





Kopul2

試合後もこパルちゃんは大人気でした。

アウェーサポーターに喜んでもらえるアイスタもいいのですが、そろそろ試合以外ではなく試合でも我々を喜ばせて欲しいと思っています。

夫婦喧嘩では怒りが度を超すと静かになるものなのですが、
その配偶者のこの日の総括

「マリノス戦ほどの悔しさはない」

西サイドも同様な思いだったのかはわかりませんが。

| | コメント (0)

FC東京戦観戦記(痛い)

昨日は午後からの出勤に間に合うように北海道に戻ってきました。
降り立った新千歳はひんやり。
寮のおばちゃんによると週末は暖房をいれていたそうで、よいタイミングで静岡に待避できていたのかもしれません。

Grass

そんな北海道の昨日はこのような好天。
仕事をする気が失せるような爽快な青空でした。
(写真は長沼町にて)


Classic

その北海道では今日6日からサッポロクラシック“夏の爽快”が発売されます。
私は昨日某所で購入しました。
夏限定の北海道だけのビールです。札幌遠征をお考えのサポーターのみなさま、おみやげにいかがでしょうか。

さて、そんな月曜日の昼下がりに飛び込んできた白崎選手負傷のリリース。
試合観戦のド素人=私は軽傷だと思っていただけに驚きました。

Fk

この試合でのプレー中の白崎選手を撮った唯一のシーン。
チアゴFKの際に壁に指示していました。

そういえばチアゴは暴走気味でしたね。ある程度の取説が必要だと実感しました。

Shira1

その後白崎選手が倒れてしまいました。
横では家本主審が時計を止めています。




Shira2

様子を見る選手達。





Shira3

痛そう。





Shira4

家本主審も様子をうかがっていました。





Shira5

自力で歩いていたのですが。





Ref

そして試合再開。



白崎選手を欠くことになりました。
救いは次の試合までインターバルがあること。

白崎選手の回復と他の選手の奮起を祈念しています。

| | コメント (0)

FC東京戦観戦記(花や蝶や)

Fin

勝てませんねえ。

J1リーグの様相は
J1リーグ(1~12位)と
ネクスト・チェレンジ・J1リーグ(13~18位)となってきました。

J1リーグは残りちょうど20試合、ホーム10試合、アウェーも同じ10試合です。

ホームを仮に5分5敗
アウェーは5勝5敗
で勝ち点20積み上がり勝ち点34となりますが、残留ラインが読めずどうなることやら。
花火より 尻に火がつく エスパルス

Sta1

そんなことを思うこともなく試合前はいつものようにスタジアムまでの坂を登っていました。



Sta4

パペパル設置まで時間があったので周囲を散策。
あざみ等を撮影。



Sta2

しじみ蝶の一種でしょうか。




Sta3

トンボも飛んでいました。




Sta5

富士山は見えませんでしたが、絶好の観戦日和。




Yuko

動く花も撮りました。




Muro

この日はロコエスパルス放映ということでMCの室伏アナはユニフォーム姿。



Drink

どうもありがとうございました。
御礼に北海道限定のハスカップのいろはすを進呈。




Pul

パルっちも勝ちロコやりたい~





Ow

この日も場外ではオレンジウェーブショー開催。

花におびきよせられる人々。



Ow2

オレンジウェーブも勝ちロコを待ってます。





Tv

気になった花。
TV局ではないようでしたがマイクをつけて取材していました。



今日はこれから北海道に戻り午後から出勤です。

| | コメント (4)

ルヴァン杯FC東京戦非観戦記

おはようございます。
水曜のルヴァンカップは北海道終業後に向かうこともできず、しかもいつものように早々に睡眠となり、間の悪いことに翌朝に新千歳から羽田に向かいました。

Seal

そしてついに47都道府県千社札コンプリートシールをCAさんよりいただいたのですが、その模様は後報にて。
(たぶんJリーグ全サポの中で一番乗りのような気がします。)



Paper

今回の出張はシールをいただくことが目的ではなく、こちらを受講してきました。
誰でもこのような要素は持ち合わせているのですが、突出している人の対応をどのようにすればよいのか、同じような悩みを持っているいろいろな業種、職種の人が参加していました。
職業柄これまで研修というと男性が多かったのですが、今回の研修は保健師などの女性の方が多く、私の両隣も女性でした。薬指に指輪はあったものの美しい方々で、と書くと何しに北海道からわざわざ行ったんだ?と思われてしまいますが。

Ref1

さて、本題ですが、なんとこの試合は審判交流プログラムで来日中のポーランド審判団が担当でした。そういう時期というのをすっかり失念しておりました。
(以下、この後の写真はマダム木村さんのだんなさん提供です。)

Ref2

西洋人は足が長くてカッコイイですね。
というのは偏見でしょうか。










Ref3

生で見たかったなあ。




Ref4

追加審判は松尾さん(右端)、越智さん(手前)。




Ref5







Ref6

木村さんの話によるとウォーミングアップ時は縦横無尽にピッチを走り回り、急接近の審判に選手もビックリしていたとか。





Ref7

ここからの写真はREIさん提供。





Photo

エダの仮面がかっこよく。





Eda

そのフェイスガード着用中。




Eda2

着用後。





Pape

突然ですがこの日のパペパルも2ndユニ。

勝ったので次節のリーグ戦もこれで行く予定です。

塩は盛ります。





Murata

体調回復したようですが、ベンチ外だった村田選手。





Goal

村松選手ゴール後。





Ow1

ようやく試合後のオレンジウェーブのパフォーマンスを見ることができました。








Ow2

そして試合後のふれあいタイム。
以下、写真は伸子さん提供。








Ow3







Ow4











Ow5

日曜日もこのようになることを祈願しています。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧