エスパルス

コンサドーレ戦プレビュー(性格はすぐには変わらないの巻)

Snow1

昨日は数ヶ月ぶりの雪景色だった岩見沢。





Snow2

朝はきれいでしたので思わず撮りました。




今晩から暴風雪の予報なので、コンサドーレ戦に観戦に行った場合には明日の出勤に支障が出たなあ、と自分を納得させています。

Tv2

そんな私をまるで癒してくれているのではないかと錯覚する番組を昨晩見ていました。




Tv3

次回搭乗時に活用できるかしらん?



ということで本日の主審は搭乗さん、もとい東城さん?

さて、本日のコンサドーレさんの戦術ですが、NHK札幌で放映してくれなかった関係上、私が予想しました。

Pitch1

こちら札幌ドームでの戦術です。
ボールが止まるピッチをうまく利用しています。


ところがアウェーのピッチは摩擦抵抗が低いのでボールが滑るためにこの戦術は難しく

Pitch2

ゴールラインを割らないように直線的なキック&ラッシュ戦法は避けるのではないのかと思います。
テレビではクロスの練習を盛んにしていたように見えたので、この戦法なのかと。
仮にエスパルスのスローインになってもエスパルスサイドで試合を進めて、ボール奪取でのクロス、そう本日のキーワードは“クロス”になると思います。

以上、ド素人によるコンサドーレ戦法丸裸講座でした。

性格も戦法(キック&ラッシュ)もすぐには変わらないと思いますがさて?

| | コメント (0)

コンサドーレ戦プレビュー(トム・クルーズにはなれずの巻)

Tv1

昨夕のテレビでの北海道の天気予報です。




Snow2

木曜昼間の山の現場は既に雪が降っていました。



Snow3

雪は山だけかと思っていたのですが、夜、懇親会を終えて店を出ると岩見沢は雪国になっていました。


Snow4

セコマの駐車場の車の積雪を見て昨年も11月にかなり降ったことを思い出しました。



Snow

さすがに根雪にはならないですが。

(今朝の我が部屋からの景色)


Tv0

さて、昨日の夕方のテレビ欄です。

これはNHKを見なくては、と思い録画をしました。


Tv2

帰宅後に早速録画していたものを見ました。




Tv3

プレスキッカーは福森選手。




Tv4

ジェイ選手にあわせていましたが、戦術らしき内容は全くなく。



Tv5

テロップが出たのはこれだけでした。



ということで戦術については一切触れず。

どうやら北海道在住オレンジサポーターを警戒して番組の内容を大幅に変更したようです。

Tv9

そのオレンジサポーター向けにエスパルスのフェイスブックではこのような告知。ありがとうございます。




Tv6

さすがにLOCO!エスパルスは流れませんが、試合は緊急生中継するそうです。


それにしてもNHK札幌の番組内容変更尾を見るに自分がこんなにも札幌に警戒されているとは思いませんでした
スパイ失格です。

※冗談ですので真に受けないでください

| | コメント (0)

ドーレくんがやってくる

さすがエスパルスの運営、そしてコンサドーレさんご協力ありがとうございます。

Puldole

“私が観戦できない”次節コンサドーレ戦ではマスコットのドーレくんがアイスタにやってきます。





以下、コンサ様のサイトからの抜粋ですが

「ドーレくん」を会場へ派遣し、両クラブマスコットによりPR※活動を行います。

※赤い羽根共同募金

【会場】
IAIスタジアム日本平(静岡県静岡市清水区村松3880-1) 
場内バックスタンドKゲート横
※当日の天候の状況により時間が変更になる場合がございます。

【マスコットのブース出演時間(予定)】
ドーレくん           13:00~13:30/14:15~14:45
パルちゃん&ピカルちゃん 13:10~13:20
こパルちゃん         14:30~14:45

・両マスコットキャラクターが上記募金ブースに登場し、募金のご協力のお願いをいたします。
・選手入場時に赤い羽根を付けて両クラブマスコットがピッチに登場します。

主旨はこちらになります。

両クラブは、社会貢献活動の一環として社会福祉法人北海道共同募金会、社会福祉法人静岡県共同募金会が本年度実施する「赤い羽根共同募金運動」へ協力をしております。
本年度で70周年を迎えた「赤い羽根共同募金運動」が10月1日(日)からスタートし、この度、募金運動期間中に両クラブが対戦することから、11月18日(土)に実施されます、2017明治安田生命J1リーグ第32節 清水エスパルスVS北海道コンサドーレ札幌において、両クラブ合同で赤い羽根共同募金PR活動を実施することになりました。
両クラブが共に取り組むことにより、「赤い羽根共同募金活動」の機運醸成と取り組み拡大につなげて行きます。また、Jリーグが掲げる「地域と一緒に街をつくる」ホームタウン活動のクラブの垣根を超えた取り組みとして、全国に先駆けた事例としていきます。みなさま、是非ご協力をお願いいたします。

Puldole2

一定額の募金でこちらのデザインのクリアファイルがもらえるようです。



しかし、よりによって観戦できない試合に限ってドーレくんが来るとは、トホホホorz

まさか佐藤彩アナをはじめHBC(北海道放送)の女子アナまで来ることはないとは思いますが(^^;

| | コメント (2)

次節コンサドーレ戦に想う

Weather

今年も雪とマイナスが予報に出てくる季節になりました。




ただ、ド素人の今冬の北海道は“暖冬少雪”と予想しています。
その理由は後日。

Bird1

昨日はお客さんを現場に連れて行きました。
すると山の川辺に見たことのない鳥が。



Bird2

それほど標高は高くないので高山鳥ではないように思うのですが。





Bird3

都会では見ることはできない鳥と思うのですが、名前がわからず。




さて、次節の対戦相手は北海道コンサドーレ札幌。

Doushin

北海道新聞でもエスパルス戦を取り上げるようになってきました。






Consa1

そしてこちらがコンサドーレの後期ポスター。




Consa2

よく見ると会場名が“日本平”。

他会場は味の素、エディオン等になっているのになぜ?

ということでコンサドーレの各会場、すなわちアウェーの戦績を調べました。

ユアスタ×

ニッパツ×

中銀×

埼スタ×

ヤマハ△

デンカ×

ベアスタ×

カシマ×

日立台×

ナクスタ△

キンチョウ×

等々力×

ユニバ×

エディオン△

味スタ○

アウェーでの戦績は芳しくないようです。
(ただしここ2試合だけは1勝1分け、調子はよいようです。)

アウェー戦績が芳しくないその訳はピッチにあるのではないのかと思います。
札幌ドームで苦戦する我がチームや、ジュビロなどを見ているとやはりあのピッチに理由があるように思います。札幌ドームと他のスタジアムのピッチがかなり違うのではないのか、そのあたりが戦績に繋がっているように思うわけです。

ということで次節は我がチームが地の利を活かせるピッチコンディションをお願い致します>佐野さん

| | コメント (3)

アウェーFC東京戦遠征記(隠れたホスピタリティーの巻)

北海道で迎える3回目の11月が始まりました。
たぶん北海道で迎える最後の11月になる予定です。
その11月に最初に見たテレビ番組がHBC北海道放送の“ジンギス談”。

Map1

先週からトータルテンボスがゲストで出演し静岡県を紹介していますが、先週番組でアップされたこちらの地図をつぶやいたところ我が人生最多の3000以上のリツイートがありました。
どうやら静岡県民のツボにはまったようです。

Tv1

今週は何が取り上げられたのかというとお土産でした。


Tv2

うなぎパイ以外は静岡の土産は有名ではないようです。



Tv3

そこで一番手に取り上げられたのがアイスタでも出店されている“バリ勝男くん”でした。


ちなみに私の今週の職場へのお土産は
①うなぎパイVSOP←高級!
②こっこハロウィンバージョン
でした。

そんな北海道生活ですが、職場の同僚の家族に不幸があり今夕に旭川に行ってきます。

前振りが長過ぎました。

Top

FC東京戦の様子の続きです。



試合前の雨の降り方は台風の影響で相当なものでした。

Pape

その中で防水対策を施したパペパルを設置。




開場15時のところパペパルを設置したのは12時30分でした。
アイスタと違い何を待つわけでもなくボーッとして近くで雨宿りをしているとFC東京のサポさん達も雨宿りに寄ってきて囲まれてしまいました。
会話に加わる勇気はなかったので隣で会話を聞いていました。

「雨すごいね。」

「夜9時頃が大島あたりに台風は来るみたいだよ。」

「雨もその頃がピークかね。」

「昨日J2の試合しているしピッチよくないよね。田んぼかな。」

「水たまりでボール止まるよね。」

さすがホームのサポだけあって見事な予想でした。

Hw

その隣でコンビニで購入したハロウィンスイーツをいただいていた私。





Fc3

一方雨でもF東さんにとってパペパルは気になる物体のようでした。





Fc2

立ち止まって見てくれていたり





Fc1

写真を撮ってくれました。



さて、本題です。

Board1

両チームの選手紹介。



まずはエスパルス。

Board2

この日一番の声援をうけていたのは松原選手だったように思います。





Board3

そして河井選手も同様でした。



これらの画像からもわかるようにFC東京ではビジターチームの選手紹介も一人ずつ表示させていました。
ビジターチームをこのように一選手ずつ表示しているのは珍しいと思いました。
他のスタジアムでは記憶になく、アイスタですらビジターチームは数名まとめての表示ですので。

ということでビジターチーム選手紹介にホスピタリティーを感じた味スタでした。

| | コメント (0)

アウェーFC東京戦遠征記(女神は降り立つの巻)

台風一過の秋晴れの静岡県です。
洗濯、布団干しをし、掃除をして夜の最終便で北海道に戻ります。
妻子は働きに出かけて私はペットのデグー“銀ちゃん”と二人きり。
この銀ちゃんは我が家に来てから1年半以上経つのですが、ブログで紹介するのはお初かと。入手した経緯はエスパルス観戦と切っても切り離せない事情があるのですが、そのあたりはまた次回に。

さて、残留に向けては藁にもすがる思いのエスパルスサポさんが多いとは思いますが、かくいう私も同じです。
セブンイレブンのまわし者ではないのですが、“北海道でセブンチケットを購入すれば負けない”というジンクスがありまして、アウェーのチケットは道内で購入しています。

Ticket

今回も勝ち点ゲットを祈願し上富良野で購入しました。

勝率は釧路や帯広などの遠い道東方面で購入したものが高いようですが、最近は遠出していないので近場で購入しています。
(近場と言っても2時間くらいかけて買いに行っているのですが=ナキウサギの撮影のついでです。)

味スタにはマスコットのドロンパはいるものの、イロモノは皆無であることは2年前までの遠征時に把握していたので今回もイロモノには期待していませんでした。

Beer

とはいえビールの売り子さんのハロウィンのコスチュームに萌えたりもしたわけですが。



特に徘徊することもなく今回はビジターエリアでおとなしくして応援が始まるのを待っていました。

Shizu1

ピッチを見ていると仙台戦に続き佐藤ディレクターをはじめテレビ静岡のクルーが来ていました。

テレビ静岡といえばこの週末は“てれしず祭り”をしていたそうで、知人の数名はそちらに参加していたようですが、佐藤ディレクター(仲間内では佐藤Dと呼んでいます)は味スタに取材にきてくれました。

Ohasupo0

佐藤Dといえば、ダービー前の“おはすぽサンデー”の企画に出演していました。
最近、自宅で録画番組をチェックする時間がなかったので今朝一気に見ていました。

Ohasupo1

スポニチの鳥原記者は昨年の三保感謝祭で取材を受けてから存じ上げています。


佐藤Dがアウェーに来れば負けない、というジンクスが出来つつあるような。

Mori1

そしてテレ静クルーの視線の先には

「ん?もしかして?」



Mori2

あさひテレビの森アナでした。
ジュビロがホームの試合でしたのでヤマハに行かれるのではないのかと思っていましたが、ありがたいことです。



Mori3

小雨降る中寒そうでした。

ゲーフラ掲げる→森ちゃん発見→ゲーフラ下ろせない→森ちゃんが移動してしまう→ゲーフラ下ろし瞬撮→ゲーフラ上げる

これのくり返しで撮ったのであまりいい写真がなく申し訳ありません。

どなたかゲーフラを掲げながらでも撮影できるカメラを作ってもらえないでしょうか?

森アナがエスパルスのアウェーの取材に来られたのは昨年の徳島以来でしょうか。
ということは
森ちゃんが来れば負けない、というジンクスが出来つつあるような。

試合前からピッチに向けて心の中で熱狂していたオヤジですが、実はコンコースでも熱狂していたのでした。

「あれ~?」

「こんにちは~」

Ow

なんとオレンジウェーブご一行様が応援に来られていたのでした。

ということでお会いしたオレンジウェーブの方々です。


私がたまたまトイレに行こうとして鉢合わせという、仙台での小林監督との遭遇以来の出会いでした。もっとも監督と会った時よりも鼻の下は伸びていた(=うれしかった)のは言うまでもありません。監督、すいません。

それにしてもオレンジウェーブはアウェーでも“勝ち点の女神様”だったのではないでしょうか。どうもありがとうございました。


後半のゴールポストの活躍は女神の方々の力だったと信じています。

撮影させてもらった女神の方々、勝ち点をもらいに神戸にも行きましょう!

| | コメント (2)

アウェーFC東京戦遠征記(新千歳空港の巻)

昨日、北海道より帰宅しました。本州は雨で迎えてくれました。
まだ試合は始まっていませんが前日の移動より新千歳空港の模様を紹介します。

Cts0

新千歳空港の日の出。
なんだかいいことがありそうな予感がしたのですが。



Cts6

新千歳空港もハロウィンの装飾一色となりました。





Cts5

受付開始時刻の6時30分よりも前でしたので撮り放題でした。





Cts7

JALにはやはりオレンジでしょう。




と呑気に撮っているとJALの方々がやってきました。

Cts1

ん?いつもと違うぞ。





Cts2

そう、地元コンサドーレのユニフォームを着用していました。





Cts3

キャプテン翼に登場のふらの市(富良野市がモデル)の松山光選手のユニフォームだそうです。




Cts4

ジェイという補強がうまくいってここのところ快調なコンサドーレさんは
 ①本日、ホームでアントラーズに勝つ
 ②サンフレッチェがレッズに負ける
の条件で残留が決まるそうです。

つい先日までエスパルスよりも下の順位だったのに、チーム状況でこんなにも差がついてしまうものなのですね(泣)

と新千歳空港の地元愛とコンサドーレの状況を羨ましく思いつつ飛行機に乗ったのでした。

(週後半にアップ予定の“JAL編”につづく)

| | コメント (2)

ベガルタ仙台戦遠征記(JAL編)

Tv

昨日の北海道のNHKのトップニュースはこちらでした。
北海道にいる私を慕って清宮くんが来ることになりました(違う)


Fox1

そんな北海道の晩秋にこいつがウロウロしていました。
キタキツネ。



Fox2

車を止めると寄ってきましたが




Fox3

お座りをしても餌を与えてはいけません。

それにしても秋は毛並みがいいですね。


Sakotsu

ところでJリーグは来季からユニフォームへの鎖骨スポンサー導入するそうです。


Jaluniform_2

そこでJAL様におかれましてはどうでしょうか?


さてそのJAL様との1週間前の出来事です。

Jal1

東京出張だったために仙台へは

羽田→新千歳→仙台ルートで入りました。


Baggage

なかなかない
羽田→新千歳
新千歳→仙台
の乗り継ぎパターンでした。







1.羽田~新千歳の巻

 最近の金曜の便は羽田行きも新千歳行きも満席になり、CAさんは大忙しとなります。
 加えて空港も混雑して離着陸に時間を要し大幅に遅れたため写真撮影は自粛しました。
 ただ、対面に座ったCAの土佐さんとは二度目ということでこんな会話をしました。

土佐「私、国際線なのですがこの短期間に二度もお会いするなんて、もしかして毎日乗られているのですか?」

さかた「そんなことないですよ。月に3~4回ですかね。」

土佐「前回のレシートレターも記念にとってあります。」

ありがたいことです。
2度あることは3度ある、を期待して機体から降りました。
(オヤジギャグですが)

2.新千歳の巻

Mail

そして、新千歳のサクララウンジへ向かう途中に1通のメールを受信しました。

「マジか?」

ここまで戻ってきて仙台に渡れなくなるなんて知人の笑いネタになってしまう、と焦りましたが、私のチカラでコントロールできるわけでもないのでおとなしくラウンジに向かいました。

運のいいことに私にとってはお馴染みの佐藤さんがラウンジの受付にいました。

佐藤「ご無沙汰しています」

さかた「先日は吉田さん達の写真撮りましたよ。」

佐藤「本人から聞きました。」

さかた「では今日は佐藤さん達の写真をお願いします。」

Jal2

ということでこの後写真を撮らせてもらいました。



Jal3

その後搭乗口に向かいましたが表示には
“引き返すことがあります”
の文字(^^;


Jal4

結局、引き返すことなく無事に仙台空港に降り立ちました。



Jal7

もちろん機内では撮影しましたが、CAの小野美さんとは2度目でした。

ちなみに新千歳~仙台便のCAさんは2名体制です。


3.スタジアムの巻

 ユアスタにはゲート毎にスポンサーボードが設置されていました。
 (ビジター側だけには無かったかもしれません?)

Jal5

JAL様はベガルタのスポンサーもされていたんですね。




4.仙台~新千歳の巻

試合を終え監督、飯田主審と別れて一人仙台空港に向かいました。

Sdj

仙台空港には3.11の際の津波の高さを表示しています。
来る度に毎回見て心に刻んでいます。



Sdj2

カウンターはハロウインの装飾。
そういえば新千歳のカウンターはまだハロウイン仕様ではありませんでした。明日はどうなっているでしょうか。



Sdj3

マスコットのしろたんもハロウイン。





Card

さらば仙台、ということでベガッ太さんからもらったカードを記念に撮影。

このカードは
ベガッ太→喜多さん→私で入手したものです。

パルちゃん達もこのような限定カードを作ってみてはいかがでしょうか?
余計なことを言ってしまいました。

Card2

帰りの便でお世話になったお二人のシール。
地方路線を担当しているJALの関連会社のJ-AIRではCAさんのシールがあるのです。

佐々木さんと岡本さん。

そして岡本さんは今年の新入社員でした。
どうみても新入社員との遭遇率が高いと思います。

Cts2

岡本さん、心温まるメッセージどうもありがとうございました。
このようなメッセージカードが頂けるのは本当に嬉しいものです。



いろいろと心に残る仙台遠征となりました。

| | コメント (0)

ベガルタ仙台戦遠征記(もろもろ編)

Tv

昨晩のHBC北海道放送を見ているとタカトシの番組にトータルテンボスが出演していました。
道民に馴染がない静岡県の特集のようでしたが、

Map1

そのあまりにもざっくりとした地図に深夜にもかかわらずびっくりした訳です。
なんと来週も続きがあるようです。


Classic

さて、そんな静岡のチーム“エスパルス”のサポーターに北海道土産としてサッポロクラシック富良野ヴィンテージを持っていきました。
全部で8缶、重かった(^^;
ちなみにモデルは道子さん(左)に佳代さんです。


Danmaku

試合中は一応一生懸命応援しているふりをしていましたのであまり撮影していません。
気になったダンマクはこちら。
選手向けではなくサポーター向けのダンマクは珍しいと思いました。


Nishibe

試合前のウォーミングアップの西部選手。
ピッチで見るのは久しぶりでした。




Manager

軒下通路では練習を見守る小林監督。





Add

試合はスコアレスで進みアディショナルタイムは4分。
ダンマク風に5640秒叫び続けたわけです。




Score

試合終了。





Fin1

北川選手を立たせるフレイレ選手。





Gaku

両チームの挨拶を終えエスパルスゴール裏まで挨拶にきてくれた野津田選手。拍手で迎えたサポーターが多数の中、太鼓で威嚇した人がいたのは残念でした。


Hira1

平岡選手も来てくれました。





Hira2

仙台でのますますの活躍を祈念しています。

ありがとうございました。


もろもろ編という割にはネタが少なくて申し訳ありません。

JAL編に続く?

| | コメント (2)

ベガルタ仙台戦遠征記(ベガッ太さんの巻)

Snow2

今年もこの季節がやってきました。
週末にスタッドレスに履き替えておけばよかった、と思っても既に遅し。


Snow_2

宅急便のお兄さん曰く

「岩見沢市内は夏タイヤでは無理ですよ」

まあ、今日は気温が上がるので無くなると思いますが。

さて、週末のベガルタ戦の続きです。

予告通りに前日に羽田→新千歳経由で仙台に入りました。
Jリーグのスポンサーであられますルートインホテルズ系の宿に前泊し、当日は地下鉄でスタジアムに向かいました。

Sub

地下鉄車内にはこの日かなりお世話になったベガッ太さんの広告。




Sub2

自動改札機にもベガッ太さん。

そういえば2年前にはまだ交通系ICカードが使えなかったと記憶していたのですが、今回は使えるようになっていました。

Yursta1

到着したユアテックスタジアム仙台の正門。




Vegajyo

開場前に徘徊しているとこの掲示が気になりました。
“ベガ女”ってどのような女性なのでしょうか。お会いしたかったです。



Vegacher

そして仙台遠征の目的の一つベガチアさん達がおそろいの制服姿で入場してきました。
結局お会いすることはできなかったのですが。



Syomei

さて、開場するとビジター側コンコースでは残留に向けた署名活動を行っていました。
それを撮るカメラマンを撮りました。



Fence

そして遂にビジターサポーターエリアが開放された瞬間です。
晴れてコンコースを歩くことが復活し、アウェー遠征の楽しみも復活しました。
ベガルタ仙台様、本当にありがとうございます。

気分は「コンコース開放バンザイ!!」
でした(^^)

Taberu

早速このような品が目に入りました。
山形の炎のカリーパンを彷彿とさせるものでしたが、勝率がおそるべし。
我がチームも企画してはどうでしょうか。



Ufo

クレーンゲームまでありました。





Stop

ベガルタの応援はバクスタがメインなので、ビジターサポのバクスタ側への通行は禁止となります。


Fence2

ちなみにビジター側の柵にはこのような掲示。



ビジターエリアからピッチを挟んで反対側にある再入場口から場外イベント広場に出てみました。

Vegacher2

するといました、お目当てのベガチア。

これは触れあえるチャンス到来とスタンバイしていると



Vebatta

間の悪いことにベガッ太さん登場。





Vebatta2

かなりの人気であっという間にサポーターに取り囲まれました。



ここでベガチアと撮るか、ベガッ太さんと撮るか悩んだわけですが

Vebatta3

皆さんの予想に反してベガッ太さんをとりました。

ベガッ太さんにサインをもらい即ベガチアへ移動作戦だったわけです。



Vebatta4

ところがベガッ太さんがボードに質問を書き出しました。





Vebatta5

質問1
「どう うちの 角田?」

頑張ってますよ、でも“うちの?”


Vebatta6

質問2
六反選手
質問3
二見選手
に関するものでした。

Vebatta7

これら以外にも質問があり、思いの外時間を要してしまいました。

しかし、角田選手だけ呼び捨てだったのは気になりました(^^;



Vebatta8

ベガッ太さん、ビジターサポに長時間お付き合いいただきありがとうございました。

よい思い出になりました。


Vebatta9

で、どうよ、この質問の数(^^;





Vebatta10

その後ベガッ太さんはピッチに登場。





Vegacher4

ベガチアさんと触れあうことも、ピッチチェック時の審判ゲーフラ掲揚ができなかったのもベガッ太さんの質問攻めが原因だったのでした。




Vegacher3

遠くからベガチアを見つめるその先には既に来年の計画があるのでした。

その実現のためにもエスパルスにおいてはJ1にしがみついて下さい。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧