エスパルス

アウェー仙台戦観戦記(往路からの浅香唯)

おはようございます。
日曜深夜に上士幌に戻ってきたのですが、今夕から東京に向かいます。
出張ですが、自己都合主義半パワハラ上司が

「何しに出張に行くの?」

と聞いてくるので心の中で

「あなたのことで行くんだよ」

と答えておきました。おもしろくない前置きでした。

さて、仙台遠征記です。
Map1 こちらが上士幌から新千歳までのルート図です。
地図で見るとけっこうありますね。
高速利用で3時間弱かかります。

Board_20191112062801 道東道は既に冬タイヤ規制。




Shimukappu 途中の占冠(しむかっぷ)PAは積雪。




Cts1 無事にパペパルと新千歳空港に着きました。




Cts2 娘がエスパルスの応援に行くと認識した商売道具一式。




Board1_20191112062801 新千歳~仙台線を使うのは今年が最後かな?
と毎年つぶやいて早や5年目。



Matsushima 今年も上空から松島を見ることができました。




Letter_20191112062801小さな機体なのでCAさんはお二人でした。 
どうもありがとうございました。



Flag_20191112062801 到着した仙台空港にはベガルタとイーグルスのペナント。




Zaou 仙台駅で配偶者と合流しレンタカーでこちらに向かいました。




Fox_20191112062801 キツネ村を堪能。

餌を欲しがるキツネがエスパルスサポーターに見えました。


Yuasta 翌日は観光もせずにスタジアムへ直行。




入場してしばらくするとメインスタンド側にベガッ太さんが登場。
Vegatta 何やら持ってエスパルスサポーターに見せつけていました。
誰?
誰?
パチンコのポスター?

Vegatta2 バブル期のヘアースタイルの女性?




Vegatta3 遠目からはよくわからず、カメラの画像をアップで見て判明しました。




Tweet1 判明する前にツイッターでつぶやくと





Tweet2 エスパルス、ベガルタ以外のサポーターからの反響。

ベガッ太さん、注目されているんですね。




ということで、このあたりまでは楽しい観戦紀行だったのですが、
Fox2 試合後はこのような気持ちになってしまいました。

| | コメント (0)

アウェー仙台戦遠征記(ハプニング編)

私が北海道に来てからというもの、ユアテックスタジアムでエスパルスは勝てなくなりました(含むルヴァンカップ)。
Board_20191111065801 幾度となく新千歳空港から仙台へ遠征しましたが、今回も残念ながらダメでした。
残留してくれれば今回の敗戦は水に流せますが。



その新千歳空港で試合前日に次女と待ち合わせて一緒に仙台に向かったのですが、父のゲーフラポールやオレンジのコスチュームを見て

娘「えっ?エスパルスの応援に行くの?」

父「話してなかったっけ?」

娘「聞いていない。どうりで謎の最終便で帰ってくる予定だったんだ。」

そんな家庭内のハプニングはさておき

Sta1_20191111065801 こちらはユアスタでのエスパルスサポの様子。




Sta2 このあたりで応援しました。




Goal1 後半開始直前の様子です。

ゴールに何かハプニングがあったのでしょうか。
副審の渡辺さんがついていました。

Goal2 改修を待って後半の笛が吹かれました。




Add0 そして後半45分が過ぎたのですがアディショナルタイムがわからず。




Add2_20191111065801 四審の三上さん、慌てて出てきました^^;




Fin_20191111065801 ハプニングがあっても試合結果には影響はなく。




Gyutan 牛タンやけ食い。




Tv1_20191111065801 そのお店ではエスパルスサポ向け罰ゲームのようなテロップ。




Tv2_20191111065801




Tv3_20191111065801 大相撲の中継が始まってもまだテロップは残っていました。




その後夜中の1時前に上士幌に戻り、今朝は何事もなかったかのように出勤します。

くそ~~~

| | コメント (3)

試合は寒くならないで

Live こちら上士幌町と上川町の境にある三国峠の今朝の状況です。

ということでさすがに昨日は冬タイヤに交換しました。
北海道5回目の冬ですが最遅のタイヤ交換、初雪の遅れの証でしょうか。
これで半年間は冬タイヤの世界に入ります。
そんな昨日の午前中のこと。
職場の予定表を見た私。

さかた「あれ?3人でどこ行くの?」

後輩「ヘリ巡視ですよ。一人空いていますが行きますか?」

さかた「邪魔じゃなければ」

後輩「邪魔です」

さかた「おい!」

ということで午後からヘリ巡視に同行しました。北海道でヘリに乗るのは初めてでしたが、本州では数回経験あり。

Scene4 ナキウサギの生息地の東ヌプカ方面。


Scene8 新得町方面は雪雲がかかっており、操縦士からは
「風も強いので場合によっては引き返します」

とのことだったのですが無事に巡視できました。
(観光ではありません)
Scene11



Scene13

音更川上流。

左上方向が今年よく登ったニペソツ方面。

大雪山系は雪雲に被われて飛行不可でした。

Scene15 2時間の巡視を終えて戻ってきました。

それにしても撮影時は窓を開けるので寒かったです。



Derby_20191107061401 前振りが長くなりました。

ダービーの続きです。


Board_20191107062701 この日のウェルカムボード。

teppoooさんの作品です。

いつもありがとうございます。

Can2 そのteppoooさん、エンチョーの缶バッジ企画で描いていました。

(盗撮)




Can 私も作りました。




Pul1_20191107061401 缶バッジにもあったパルちゃん達。

昨年はこの構図で勝ったのですが、どじょうは二匹いなかったようです。

 

Kopul_20191107061401 次のホームゲームではブランケットをプレゼント。

 

 

Kopul2_20191107061401 試合が寒くなった場合の使用例。
(悪い冗談でした)



Pikal_20191107061401 退場や出禁にならない程度に選手もサポも熱くなってください。





昨日はヘリでの、今日は飛行機での空の旅で東京に向かいます。

| | コメント (0)

ダービー退場(ドグソ)

DOGSO(ドグソ)

「Denying Obviously Goal Scoring Opportunity」の略で、ファールで「決定的な得点機会を阻止する」ことをいう。
サッカーでは決定的な得点機会にファールで阻止することを、悪質なプレーとみなし、ファールをした選手はレッドカードとなる。

「DOGSO」が成立するのは、下記4つの条件がすべて揃った時。

攻撃側の選手が――
1)ボールをコントロールできているか

2)ゴールに向かっているか(プレーの方向)

3)ゴールとの距離

4)守備側の選手の位置と人数(GKまで妨げる選手がいないか)

 ファウルが悪質かどうかの程度ではなく、その条件が揃うかどうかで、DOGSOでレッドカードになる。

Socco ダービーでのファン・ソッコ選手の一発退場はこれに該当したということです。




酷似したケースにルヴァンカップ決勝での川崎の谷口選手退場シーンがありました。
それがこちら
この時のVAR担当がダービー主審の佐藤隆治さんでした。

レッドの判定は妥当だったと思います。

ジャッジはそのものは妥当でしたが、その後のマネージに佐藤さん主審の試合にありがちな事象が散見されたのでその点は別立てで述べたいと思います。

| | コメント (2)

静岡ダービー観戦記(試合前編)

昨日十勝に戻ってきましたが、今週は仙台戦の前にJAL様で東京を1往復する予定です。
Sakata そのJAL機内にて帯広→羽田便に同姓のCAさんがいました。
400回以上乗っていますが初めてのことだったので



「同姓のCAさんとお会いするのは初めてです」

と話すと

「私もお客様のさかたさんとお会いするのは初めてです」

とのことで、これはダービーはいいことがあるんじゃないのか?
と思った空の旅だったのですが。

Fuji_20191105064701 そのダービー当日は東名を使って現地に向かいました。
途中でドアミラーに映る富士山撮影。



Fujippi 富士山といえばふじっぴーが来ていましたね。




Pape1_20191105064701 それはさておきスタジアムに着くと早々にパペパル設置。
この大入を貼った時は勝率があまりよくないような気がしないでもなく。



Pape2_20191105064701 ジュビロな少女も撮影してくれました。

ただ、観察していると他のサポさんよりも撮影率が低かったように思いました。


Pape3_20191105064701 こちらはエスパルスビール販売のブロンズ美女。
いつも撮影してくれています。



Wedding そういえば結婚されたお二人が記念撮影をしていました。
パペパル前でもしていたそうですが、その時私はみかんを撮りにいっていたためチャンスを逃してしまいました。



Don1_20191105064701 さて、初心に戻った勝ちロコモコ丼がこちら。




Don2_20191105064701 買いました。




Don3_20191105064701 焦点が背景にあってしまいましたが、中身がこちら。




Gate_20191105064701 こちらはビジターゲートのウェルカム書。




ビジターのジュビロさんといえば

Jubi1 当方、朝に無事にを止めることができたのですが、スタジアムまではオセロのように前後をジュビロな方々に挟まれました。
もっとも双方とも紳士淑女な方々で何事もなかったのですが。



しかし、以下試合後のスタジアムからの帰りのこと。

スタジアムからの帰り道を歩くさかた家一行3名(配偶者、長女、私)の横を歩くジュビロサポーター男性ご一行様4名。
何を血迷ったか、彼らに話しかけるさかた家ご一行。


「いいですね、楽しそうで」

ジュビロ「いや~、まあ、でも来年ダービーできないし」

「そんなことないですよ。だって

ともに行こう いつまでも 俺達がついている

って歌っていたでしょ」

私「おいっ!(-_-;)」


あれはそういうチャントだったのか?

| | コメント (0)

静岡ダービー観戦記(コレオ編)

おはようございます。
3連休もあっという間に最終日になり本日は十勝に戻ります。
精神的には休んだ気分ではないのですが、ダービーで配布された静岡新聞のちらしの前向きな表現に心を奮い立たせています。
Paper_20191104073101 それがこちら。
勝ち点3はくれてやれ。
34試合終わって残留していればよい。

という気持ちにしました。

そのダービー当日ですが、駐車場が心配でしたので午前7時前には自宅のある三島を出発しました。
「午後2時の試合にもう行くの!」
というなかば呆れた声を後にしました。

8時前にはスタジアムに着きいつものようにパペパルを設置。

Coreo1 しばらくすると人々が参集。
コレオの準備打合せでした。

朝早くからお疲れ様です。

Mikan 私はみかんを撮りに徘徊していましたが




Coreo2 彼ら彼女らはこのように準備をしていました。
どうもありがとうございます。



Coreo3 開場するとスタジアム内の至る所にこのように張り紙。




Coreo4 私はワクワクしながらオレンジウェーブを撮りに東サイドに一時的に場所を移動しました。




Coreo5 早速★が出てきました。
以後解説不要なのでコレオをご覧下さい。



Coreo6




Coreo7




Coreo8 準備をされた方々、当日コレオにたずさわった方々、どうもありがとうございました。




コレオは素晴らしかったのですが、試合の方はやはり恐れていたルキアン絡みでやられました。
Soldout チケット完売時の勝率はなかなかのものでしょうかorz

| | コメント (0)

近況報告

少しご無沙汰しておりました。
今は三島に帰宅しています。
前記事以後、何をしていたのかというと

水曜日 上士幌→(車)→新千歳→羽田→福岡→鳥栖
    →福岡(泊)

木曜日 福岡→伊丹→京都(泊)

金曜日 京都→伊丹→新千歳→(車)→岩見沢(泊)

土曜日 岩見沢→(車)→新千歳→羽田→三島(泊)

日曜日 ←イマココ

Car ということで、水曜日は早起きをして道東道を走り新千歳空港に向かいました。




Flog 途中から霧が濃くなり、新千歳周辺もこのような感じに。




Jal1_20191027174701 JAL便で九州まで行き

途中は割愛


Ekimae1 駅前不動産につきました。




President 審判待ちをしていると

審判ではなく鳥栖遠征前に神奈川のご自宅に携帯を忘れた社長が来ました。

携帯を取りに自宅に戻ると奥様は
もう戻ってきたの?
と驚かれたそうです。

社長「遠くからお疲れ様です」

さかた「そうなんです、北海道からなんです。」

社長「北海道?静岡出身の方?」

さかた「転勤で北海道にいます。自宅は三島です。」

社長「そうなの(やや呆れ気味)」

その後、あさひテレビ(スポパラ取材班)到着
森アナ留守番、片山アナは鹿島となると残るはこの人でした。

杉山ディレクター「今日も北海道から?」

さかた「そうです。」

杉山「1人?」

1人(厳密にはパペパルと2人ですが)

Pape_20191027174701 そのパペパルはこちら。




肝心の審判団は追加副審の岡さんとだけ会うことができました。
リーグ戦よりもみなさん来場が早かったようです。

| | コメント (0)

審判と選手の関係について考える

ホームの日本平ではいつも審判団の写真を撮らせてもらっています。
試合前のサポとのコンタクトを避ける主審の方もいますが、

それがあらぬ誤解にうけとられるから

という思いもわからなくはありません。ただ、今日ここで書きたいのはそのコミュニケーションについてです。
(審判とサポではなく、審判と選手)

Ref0_20191022095401 こちら、先日も紹介したラグビーワールドカップで主審を務めている方のコメントです。
サッカーでも同じことが言えるのではないのかと思っています。


Jリーグの場合、あまりにも審判に全てを委ねすぎていて、

揉め事(含む誤審)があれば悪いのは審判ONLY

になりますが、それって先生に全てを任せてしまっているモンスターペアレントと何ら変わりないのではないでしょうか。

Asahi いつか紹介しようと思っていましたが、こちら数年前の朝日新聞での潮編集員のコラムです。
(←悪用しないでくださいね。「だから家本はよお~」というような使い方は間違っていますので。)

審判と選手&サポーターが敵対関係にあるのが今のJリーグに思えてなりません。

記述のラグビーのようになればと思うのですが、

歴史も成り立ちも違うから

で一蹴してしまっていいものなのでしょうか。

以前からここで紹介しているアルビレックス散歩道の著者のえのきどいちろう氏のコラムがネットにアップされていたのでご一読ください。

【コラム】えのきどいちろうのアルビレックス散歩道 第129回

(抜粋)もちろん正しくなくていいなんて言ってるんじゃないですよ。そこにはフェアな基準があるべきだと思う。だけどアレですね、究極のところで僕は「友達が原っぱに何人いて、2で割ると何人ずつのチームになって、残っちゃったヤツが審判やってくれてる」みたいな姿を理想だと思ってるんですね。「あ、ゴメンそろそろ審判代わるわ」とか。プロの試合は原っぱの草サッカーではあり得ないんだけど、審判もサッカーファミリーの大事な仲間だと思いたい。

ラグビーはもともと審判がいなかったということも、まさに えのきどさんの言っているような考えがあるとNHK(元日本代表大畑氏)では紹介していました。


Ref2_20191022095401 さて、こちら先日の広島戦の審判団です。




Ref1_20191022095401 もちろん審判団を撮りましたが、実は私が気が付くのが遅く、岡部主審はすたこらと進んでしまい、副審の山内さんか山際さんか四審の五十嵐さんが
「岡部さ~ん」
と呼び止めてくれました。
それにしても山際さんの笑顔はCAさんも感嘆するような審判団今季最高賞でした。
(右から山内副審、岡部主審、五十嵐四審、山際副審)
審判と選手の間にも心の中ではこのような笑顔があることが望ましいと思います。

Ref3_20191022095401 その岡部さん、前節でJ1主審100試合を達成していました。
(うち5試合くらいはスタジアムでお目にかかっているかと思います。)

おめでとうございます。

Ref6_20191022095401 奥様とお子様もピッチに立ちました。




Ref4_20191022095401 四審の五十嵐さんが100と掲示していました。

審判の表彰を見たのは昨年?の埼スタでの今村さん以来でしょうか。


Ref5_20191022095401 そんな岡部主審とエスパルス栗山コーチの挨拶。
もちろん広島のコーチ陣や選手とも挨拶をしていました。
こういうコミュニケーションも大事だと思うのですよ。


Ref7_20191022095401 コミュニケーションといえば岡部主審の後方の広島ベンチにドウグラス選手は挨拶に行っていました。




この試合、お気づきの方も多いかと思いますが、無警告試合(両チームカード無し)でした。
スリッピーなピッチで制動がままならない中で、それは審判のコントロールと、過去にフェアプレー賞受賞している両チームの対戦だったことも大きな要因だったと思いました。

審判の方々、両チームともにクリーンな試合をありがとうございました。

Ref9_20191022095401 ところで、審判のRESPECTワッペンがいつの間にかかわっていたんですね。

ダービー時にアップで撮りたいと思います。


Dvd さて、今日はこれから北海道に戻りますが、にわか審判サポはこちらを購入したので勉強したいと思います。
宿題嫌いな性分なのでたぶん来週以降になると思いますが^^;

| | コメント (0)

勝ちロコモコ丼を考える(広島戦からの)

今季エスパルスが毎試合販売している勝ちロコモコ丼をご存知でしょうか?

当初の形態から徐々にベクトルがあらぬ方向になり
相手チームを食べよう!
メニューになってきました。

Don8_20191021164701 こちらがFC東京戦の深川丼もどき。
裕子さんに持ってもらい撮影しました。



Don7 次に松本戦。
長野と言えば野沢菜ということで山雅のチームカラーでもある緑も一緒に食べました。



Don5 続いては名古屋戦。
えびふりゃ~に味噌味の手羽先。



そして先日広島戦。
広島と言えばお好み焼き?カキフライ?
と思っていたのですが、
Don1_20191021162901 なんと天ぷらを持ってきました。




Don2_20191021162901 雨が降る前にスタジアム内で開けました。




Don3 こちらが天ぷらの皆様。




Don4 なぜ広島が天ぷらなのか考えている向こうにちょうど選手が入ってきました。





試合後。
Loco1 敗戦の傷が癒えぬままそもそもロコモコ丼ってどんなものだったのか寄り道をしてオープンしたばかりのららぽーと沼津に行ってきました。


Loco2 皆様も忘れてしまっていたことでしょう。
これが日本平以外で発売されているロコモコ丼です。


問題はここからです。
次節は静岡ダービー。
どんなメニューになるのか気になります。

静岡県西部ということならばウナギを持ってくるでしょうか。

しかし、それではこれまで800円だった価格をオーバーしてしまいます。
もしくは800円に抑えるために

ウナギを少々と卵をたくさん方式

にすることも考えられます。

それともさわやかのハンバーグをイメージしてのハンバーグ丼。

11月2日はタイツの日、習字の日なので記念日から持ってくるメニューは無さそうです。

どうするエスパルス?

| | コメント (0)

サンフレッチェ広島戦観戦記(ハッピーハロウィン)

おはようございます。
ラグビー日本代表準々決勝敗退となりました。
エスパルスの天皇杯の準々決勝はどうなるでしょうか。
個人的には
残留>天皇杯
なのですが。

Rwc1 そのラグビーワールドカップ日本大会のキャッチコピーがこちら。
1年ほど前から新千歳空港にも掲示されていたので頭から離れませんでした。
実はこのキャッチコピーを所内機関誌に載せて、そのコメントに

「嫌な上司と・・・と思っている所員が」

と書いて金曜の午前に発行したところ

「おまえ、まずいんじゃないのか?」

という反響がありました。

「事実なんだから」

と反論しましたが、反論になっていないことは重々承知しております。
小池知事じゃないですが、次の異動先は北方領土なのか?(嘘)

相変わらずの駄文前置き失礼しました。
今回はサンフレッチェ戦のパルちゃん達の活躍記事です。

Hw1 ハロウィン期間中唯一のホームゲームとなりましたのでパルちゃん達はハロウィンコスチュームで開場時刻直前に登場。
心配されていた雨も試合前までは降らず予定通りとなり一安心。



Hw2 こパルちゃん達はお子様方にビスコを進呈。




Hw3 パペパルもハロウィン仕様。




Hw4 なお、お供え物のビスコは試合後に私の胃の中に移しました。




Hw5 パルちゃん、ピカルちゃんは西サイドでエスパルスサポーターお出迎え。
この日は前座試合が中止となったためにお出迎えを長く実施していました。



Hw6 ということで、スバル車とも記念撮影。
我が愛車ミラジーノと唯一の共通点は四輪ターボ。



Hw7 その後ウェルカムボード前で絵の真似ポーズ。

と、これだけでは気がすまなかったのかサンフレッチェサポーターさんを無理矢理引き込みました。


Hw8 それがこちら。

パルちゃんの無茶ぶりに対応していただきありがとうございました。


Hw9 そしてようやくパペパルへ誘導。




Hw10 お祈りの効果がなく申し訳ありませんでしたbyさかた




Hw12 その後、パルちゃん、ピカルちゃんはピッチに移りサンフレッチェサポーターさんのいる東サイドへ挨拶に。




Hw13 挨拶後にはサンフレッチェの選手達の前を通りました。
試合前ということもあり選手のウケは全くなく^^;



Hw11 こパルちゃん達はハロウィン特製カードを配布していました。




Goods こちらがそのカードとこの日のその他配布物など。




Hw14 ハーフタイムにはピッチを一周。




Hw15 こパルちゃんのこのサインは何だったのだろう?

サインの真相はダービーの時に確認することにしました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧