エスパルス

ガンバ大阪戦観戦記(審判編)

今週末から北海道と東京・静岡を2往復する予定だったのですが更に1往復する可能性が出てきました。しかもまだ日程が固まっていません。決まるのが明日金曜になりそうで行き当たりばったりの人生です。

土曜 北海道→東京
日曜 東京→北海道
月曜 北海道→東京
水曜 東京→北海道
金曜 北海道→東京→三島
土曜 エスパルス観戦
日曜 三島→東京→北海道

私の職種を営業マンと勘違いされる方が多いのですが本職は一応技術屋の端くれです(^^;

さて、いつまでも続くガンバ戦観戦記です。

Board

発表されたこの日の審判団。




おなじみの面々なのですが、発表前には誰が来るのかわからずワクワクしながら入場する審判団を待ちました。

Mashima

最初に表れたのは間島さんでした。
一人で表れたということは間島さん四審確定。
日本平での間島さんといえばかつては“バック副審”だったのですが最近は四審が続いています。

Ref12

以前は目の前を走っていたのですが、今はこのように遠目で見るしかありません。
この日の後半のアディショナルタイムは3分。
妥当な時間だったと思います。
試合が止まることもなくクリーンな試合の表れだったのではないでしょうか。

Board2

余談ですが、アディショナルタイムのこの表示の前には





Board1

このような表示があるのをこの試合で初めて気づきました。




話しを戻し間島さんの後に表れたのは名木さん、三原さんの副審コンビでした。

さかた「主審の方は後からですか?」

名木さん「後から来ます」

ちょっとつれなかった名木さんでした(^^;

Iida2

そしてしばらくして西日をバックに登場した主審は・・・・・

さかた「(このシルエットはもしかして)」

久しぶりの飯田さんでした。

(写真提供 伸子さん)

1年以上お会いしていなかったので積もる話しがたくさんあったのですが

さかた「久しぶりですね」

飯田さん「(アイスタは)徳島戦以来ですね」

さかた「その試合は観戦していなかったのでお会いするのはその前になりますね」

飯田さん「ところでマッスーが言っていましたがどうなんですか?」

どうやら上田主審のことをマッスーと言うようです。

さかた「どうって北海道ですか?あと1年くらい居そうです。」

Iida1

撮影に気を遣っていただき逆光を避けて撮ったショットです。

Jリーグの大島女史との関係などいろいろと聞きたかったのですが1年ぶりの再会の喜びで質問事項は吹っ飛んでしまいました。

Ref1

肝心のピッチ上ですが、まずはウォーミングアップ時。
右から名木、飯田、間島、三原の各氏。

メイン←→バックのパターンが多い中で90度違う方向で4人並ぶパターンは珍しいです。


Ref2






■判断基準
■ジェスチャー
■選手とのコミュニケーション

この日の飯田主審のよかったところです。

そして、選手も含めて
 ■フェアプレー
に関して協力的でした。
その結果、無警告試合となりました。

一方で観客席は先日書いたようなルールの理解不足によるヤジもありました。
レフェリングとは外れることですが、
飯田さんは選手から見ると話しやすい審判だと思います。ですから選手はジャッジの確認をしている場面が多々ありました。これが観客から見るとクレームに見えてしまっていたのではないでしょうか。選手擁護の気持ちが強くヤジにつながったいたのではないのかと。

Ref4







Ref5







Ref6







Ref7

飯田さん、お疲れ様でした。
エスパルス25周年記念マッチでしたが個人的には飯田さんとの再会記念マッチでした。

| | コメント (0)

ビーチフェスタinかんばらレポート

Tempert

3連休から徐々に気温が低くなり、今朝は快適な朝を迎えた北海道です。
道外の方々には申し訳なく感じています(嘘)


そんな北海道は昨日初めて制定された「北海道みんなの日」いわゆる道民の日でした。
松浦幸四郎が北海道と命名した日にちなんだそうで、その松浦さんにちなんだ山が先日に登った緑岳でした。緑岳を別名“松浦岳”と言っています。

さて、私が山に入っているころに知人のREIさんは蒲原に行っていたようです。

Ow2

目的はオレンジウェーブ、動く花々です。




Pul

本物のパルちゃんも来ていたそうです。パルちゃんに本物とか偽物ってあるのでしょうか(^^;

左のテントが富士山に見えてしまうのはユニフェチだからでしょうか(^^;

Ow6

ステージショーの模様。





Ow4

エロいおじさんにとってはとてもよいショットだったと思います。








Ow5

もう一つ。








Ow7

残念ながらこの試合は北海道で働いているために観戦できません。

パペパルはもしかするとドSで参戦?



Ow8

オレンジウェーブにパルちゃん、休日出勤お疲れ様でした。

そしてREIさん、取材ありがとうございました。

| | コメント (0)

ガンバ大阪戦観戦記(審判評について考える)

Rabe

真夏の暑さが続いている北海道なのでようやくラベンダーも見頃となりました。
通勤路は連日多くの観光バス、レンタカーが富良野へと向けて走っていますが、私は職場へ走っています。
今年のラベンダーは昨年の台風、そして春先の低温の影響で枯れてしまう株が多く栽培に苦労しているようですが、写真の職場のラベンダーは無事に咲きました。

さて、天皇杯3回戦も終わってしまいましたが、その前に行われたガンバ戦の模様の続きになります。
話しはかなりずれるのですが、私の小学生時代の成績のことをお話しします。
自慢じゃないですが通信簿は5段階評価の「5」は6年間で片手もありませんでした。従いまして100点満点のテストで90点や95点を取ることは殆どなく、95点を取ろうものなら狂喜乱舞状態の大喜びでした。でも悲しいかな、ほんの数回だけだったわけですが。

Jリーグの審判ですが、ジャッジについてはほぼ95%以上の正確さだということを何かで見たのですが、日本では95%の数字は見てくれない、評価してくれないんですよね。
100-95=5%の数字に目を向けるわけです。

つまり、どんなにいいレフェリングをしても、目にする、記憶に残す、評価するのはわずか数パーセント、数プレーのレフェリングなわけです。

それはサポーターはもちろんのことメディアもそうです。
先日のガンバ戦後に某記者さんはレフェリングについて審判批判を誘導する質問をしていますが、なぜにそういう質問をするのかというと万人にウケルから、レフェリングの正当性の評価が記者さんも観客(読者)もできないからだと思います。
極端な話しが
「審判批判しておけば記事になる」
ということです。

そして、批判している割にはルールの勉強が足りないのではないのか、と常々思っています。
特に気になるのが競り合い時のインピード(旧名オブストラクション)に関する解釈です。
ゴールキックなどのボールに対しての競り合い時には倒された選手に対するファールだと解釈する観客がほとんどだと思います。
果たして倒されれば全てファールなのでしょうか?
競り合う気もなく、ただ倒されるのを待っているプレーはインピードではないのでしょうか?
“プレーイングディスタンス”と“インピード”、自分も含めて理解する必要があると痛感しています。

全てとはいいませんが“審判に対するヤジ”は無知を露呈していると思っています。
西村劇場、家本劇場と劇場名をつけるよりも前にすることが見る側に求められていると思います。

Ref8

ガンバ戦の飯田主審ですが、みなさんの目にはどう映ったでしょうか?

某記者さんはガンバの遠藤選手に対するファールが

「遠藤選手に対してのプレーだったからファールをとった」

と捉えていましたが、果たしてそうだったのでしょうか?
ルールの解釈抜きに印象だけに頼る、こういう見方をする人はかなり多いと思います。
なぜなら、その方がルールを知らなくてもまわりの賛同を得やすいからなのではないでしょうか。そして、その方がどこからも批判をうけることはありませんから。審判から記事に関して批判をうけるようなことはないわけで。

サポーターにおいても審判批判ほど楽なものはないのかと。心で思っていたとしても批判を批判するサポーターはいませんから。時として
審判擁護=サポーターにあらず
という雰囲気もあります。

A「なんで今のがファールなんだよ!いい加減にしろよ飯田!」

B「おい待てよ、今のはインピードだからファールなんだぞ。」

A「えっ、そうか。飯田はちゃんと見ていたんだな。」

B「そうだよ。」

A「悪かった飯田!」

なんていう会話はこれまでどのスタジアムでも聞いたことはないのですが、生きているうちに一度はこういう会話が聞けるスタジアムに行ってみたい、それがささやかな夢です。

(揚げ足を取られる前に言っておきますが、上の会話の固有名詞は飯田さんではなくてもよいわけで、それが上田さんでも高山さんでも扇谷さんでも村上さんでも山本さんでもいいわけです。)

最後に昨日アップされていた記事を紹介します。

家族の前でのブーイングにしばらく立ち上がれなかった……上川徹が世界で評価される審判になるまでの道のり

| | コメント (0)

ガンバ大阪戦観戦記(短冊への想い)

北海道は100年以上ぶりの猛暑になっていますが、湿度は高いものの夜はさすがに涼しいです。しかし、昨年よりは不快な7月です。(冬にも書いたのですが、私が北海道に来てからこの○▲年ぶりという気象状況が多い気がします。)

さて、審判編を書こうかと思ったのですが今朝は慌ただしいので明日にまわします。
自分も含めて

「勉強不足なんじゃないの」

「ヤジはみっともないよ」

ということで、キーワードはインピード(=昔の言い方でいうオブストラクション)です。

試合日は7月8日、七夕の翌日でしたので会場には短冊を用意しました。

Pape0

こちらはサンプルとして吊したパペパルの願いごと。



Murohushi

前回のホームではこちら室伏アナにも書いてもらいましたのでそれも飾りました。
そして室伏アナはブログでもその時の様子を紹介してくれました。ありがとうございました。
(ちなみに室伏アナが手にしているのはお土産のサッポロクラシックの限定品です。)

Pape

ガンバサポさんが撮ってくれたパペパルの後ろに笹を設置。




Tanzaku1

数に限りはありましたが皆様の願い事を書いてもらいました。




Tanzaku0

そしてS極のライターの下館さんがこちらの短冊を持ってきてくれました。
小林監督、金子選手、北川選手、六平選手の願い。
仲間内で話していたのは
「3連勝?」
ホーム3連勝の意味だったのでしょうか?
下館さん、どうもありがとうございました。
ちゃんとパペパルの笹に飾りました。

Massa0

この方にも書いてもらいたかったのですがイタリア語が話せず断念。







Massa1

マッサーロ氏はその後自撮りの為にピッチへ(嘘)




Massa3

ハーフタイムには仕事もしていました。




何はともあれ皆様の願いが通じたガンバ戦でした。

| | コメント (0)

ガンバ大阪戦観戦記(サトミキがやってきた編)

Jal0

25周年記念マッチ、チアゴ移籍騒動と慌ただしかった週末、週明けを自宅で過ごし昨日のJAL最終便で北海道に戻ってきました。

対面のCAさんは入社2年目の稲垣さんでしたが、レシートレターを渡すなり
「どんな方が作られているのか一度お話ししてみたかったのです。」
と言われて最高の週末は継続中となりました。
(詳細は後報にて)

さて、25周年マッチですがJリーグ女子マネージャーの佐藤美希さんが来場するとあって先週はネタの仕込みをしていました。準備万端でスタジアムに向かったはずだったのですがスタジアムに到着するなり

某山本くん「さかたさん、サトミキの撮影会整理券ってどこにならべばいいんですか?」

さかた「なにそれ?整理券配布するの?」

某山本くん「知らなかったんですか?」

結局、山本くんと整理券配布の列に並びました。

Satomiki7

そして無事に撮影したのがこちら。






Satomiki6

こちらは撮影会の模様を後ろから。




撮影会の前には開場時のグリーティングが行われました。

Satomiki3

その前に特製ボードでにわか撮影会敢行。





Satomiki2

なかなか視線があいません。視線をまんべんなく動かしてなるべく多くのカメラに視線をあわせる配慮をしていました。
さすがプロだと実感。



Satomiki1

声かけをして視線をあわせてもらっている人もいましたが。




Satomiki9

辛うじてあっているかな?




Satomiki4

ボード返却時にようやく視線があいました(^^;





Satomiki5

その後入場時のサポーターとのタッチを終え引き上げる途中の視線の先には“しずな~び”がいましたが絡みはなく。前回よりも警備が増強されているように感じました(^^;)




Massa2

会場をピッチに移し25周年のトークショーに参加。
(撮影:REIさん)




Satomiki0

マッサーロが羨ましい。




Satomiki8

そしてもっとうらやましかったのが試合前の花束贈呈時の飯田主審でした。
飯田さんと視線バッチリ交わしていましたね。
(飯田さんの表情が嬉しそうに見えるのは気のせいでしょうか)

個人的には
「飯田さん、おいしいなあ」
と思いました。

ということで審判編に続きます。

サトミキさん、どうもありがとうございました。

またのご来場を楽しみにしています。

| | コメント (0)

ガンバ大阪戦観戦記(ガンバサポと、注目選手と)

Flower

ガンバ戦の続きです。

この花の名前は何なんだろう?と思いながらいつもの坂を登ってスタジアムに向かいました。

Gamba1

さて、2年振りのホームでのガンバ戦でしたが、例年以上に多くのガンバサポさんが日本平にお越しいただいた気がします。
今年は問題が発生してからはゲーフラ等の使用は禁止となったゴール裏でしたが声量は相当ありました。

Board0

そんなガンバサポさんですが選手入場直前に流れたこちらエスパルスの25周年PVの間は応援は一切やらずに映像を見ていました。




Gamba

このような状況でした。

そして試合後にはゴミの片付けもしっかり行っていただいたそうで本当にありがとうございました。

上から目線になってしまいますが、ガンバサポさんを見直しました。
重ね重ねありがとうございました。

そしてよい行いは見習いたいと思いました。(勝ったから言っているわけではありません。)


話しは変わり、この日私が注目していた選手がいます。

Board1

そう、同じ長谷川でも監督ではない長谷川悠選手。





Board2

天皇杯の北九州戦のプレーを見て調子がいいことが感じられました。





You1

得点こそ無かったものの大活躍だったのではないでしょうか。





You2

表情はいつも疲れた感じなのですが(^^;





Take

そしてキャプテンの竹内選手にも注目していました。




Take2

キャプテンらしく選手を鼓舞したり飯田主審とコミュニケーションをはかっていました。
ちなみにコイントスに滅法弱いエスパルスですが、この日は勝ちました。



Goal1

試合ですが、まずは先制ゴール後。





Goal2

二見選手やデューク選手がかけより





Goal3

キャプテンの竹内選手が誰かを呼んでいました。





Goal4

CKのキッカーの金子選手でした。





Goal5

本体から離れる松原選手を後ろから襲いかかるカヌ選手。





Goal6

松原選手のことが大好きなのでしょうか。





Goal7

ここで初めて長谷川選手が登場。





Goal8

バクスタに向かってアピールする松原選手。





Goal9

そして長谷川選手と握手。





Goal21

追加点の時には鎌田選手にいち早く抱きついていました。





Goal22







Goal23






Board3

アイスタに初めて表示された鎌田選手のゴール。





Half

ハーフタイム時には飯田主審に何か言っていました。

何を言っていたのでしょうか?



2nd1

一方、竹内選手は至る所でキャプテンシーを発揮していました。

なかなかの適任だと思いました。

| | コメント (0)

ガンバ大阪戦観戦記(月とともに25周年)

更新が遅くなりました。
話題が豊富な昨日の25周年マッチでしたので何から書けばいいのか悩んでいます。
個人的にはサトミキ来場、マッサーロ来場、主審が飯田さん、そしてガンバに8年振りの勝利と盆と正月が一気に来て北海道から観戦に来た甲斐があったというものです。

キックオフが18時でしたが12時前には既に近隣のJAの駐車場は満車でした。
適当な場所を見つけて車を止めていつものように坂を登りスタジアム到着。
パペパルを設置ししばらくするとこのブログのかつてのコメンテーターの“しゅんくん”にひさしぶりに会いました。最初のコメントをもらったのが中学生でしたが、今や大学生とのこと。
おじさんも年をとるわけです。

Batufly1

しゅんくんと会話をしていると上空を2匹の蝶が飛んでいました。




Batufly2

これは何かよい知らせがあるんじゃないのか?とポジティブ人間は思ってしまうところの悲しさか(^^;



Satomiki

でもよいことがあったわけです。

ミッションの大半がこの時点で終了したとお思いのあなた、まだ肝心の試合が始まっていないのでこの時点では50%は未遂だったわけです。





Coreo2

これを撮りたくて東サイドに行きました。

(注)オヤジギャグわかってください



Coreo3

東サイドも協力していました。





Coreo

コレオに携わっていただいた方々、素敵なプレゼントをありがとうございました。




Moon

試合ですが、前半に2点をリードしハーフタイムに突入。
すると東サイドから白星ならぬ月が昇ってきました。
満月は今日7月9日だそうです。


Moon2

以後、満月と時計をにらめっこ。





Moon3

月が昇れば昇るほど勝利の瞬間が近づきました。





Fin1

そして飯田主審の笛で試合終了。





Fin2

勝利の瞬間の六平選手のガッツポーズと二見選手のバンザイ。





Fin3

ヒーローの一人の鎌田選手に抱きつくフレイレ選手。





Moon4

調べた訳ではないのですが、満月近辺での試合の勝率が高いような気がするのですが。




Ko

25周年にゴールする松原選手は持っている気がします。





Fin4





そして勝ちロコは途中からの映像です。

| | コメント (4)

七夕の翌日ですが

25周年記念の試合当日になりました。
昨日は七夕。十数年ぶりに七夕当日のフライトでした。

Jal1

ということで十数年ぶりに羽田空港で浴衣姿のJAL職員の方と遭遇しました。







Receipt

七夕フライト用のレシートレター持参で搭乗しました。
その模様は後日。



Ow

そして、本日の試合ですが、まずは先週のこちらの写真をお渡しするのがミッションです。



エスパルスと同じ年齢の長女の本日の試合予想は悲観的でした。

第一声が

「最多失点はいくつ?」

から始まりましたので(^^;

そんな長女の予想を覆して欲しいものです。

25周年マッチ、個人的には主審が誰になるのか気になっています。
(飯田さん?西村さん?)

| | コメント (0)

コンサドーレ戦観戦記(ダンマク考察)

私が北海道に来てからというもの、エスパルスは1回もコンサドーレに勝っていません。
こうなると異動の希望を出した方がいいのでしょうか。
もっとも希望など聞いてくれるわけもないのですが(^^;
そんな訳で週明けはこのような状況で始まりました。

Doushin

地域情報収集には欠かせない北海道新聞。



Tv

テレビをつければこのように傷口に塩を塗る報道。


次の対戦は11月18日。
10月1日で北海道勤務2年となるので異動させてもらえないでしょうか。でもホーム観戦に行くのに更に不便なところに勤務となると困るわけですが。

さて、肝心の試合中の写真はほとんどありません。

Maku2

選手入場時の様子。ダンマクが広げられました。
(次女撮影)


Maku3

その時私はゲーフラを掲げていました。
(写真提供:佳代さん)



Tweet

そんなゲーフラを見ていた他チームのサポさんのつぶやき。
上:コンサドーレ、下:アルビレックス


Maku

ダンマクといえばこちらのマークが気になりました。

これって北炭の社章に似ている?


北炭というと既に倒産してこの世にない北海道炭鉱汽船株式会社の略称で、石炭産業で一時代を築いた北海道の大企業でした。

Takinoue

こちらは夕張に現存する北炭が所有していた滝の上発電所(水力)。現在は北海道が購入して維持運用しています。


Board

職場近くにある廃墟となった北炭の変電所の機器の銘板。




Iwami

岩見沢駅にあるJR北海道のレール工場も北炭の工場を買収して利用しています。
ちなみに青函トンネルのレールはここで造られました。


Kouhu

炭鉱夫の作業服にも北炭のマーク。
(三笠市立博物館にて撮影)


北炭のマークに似たダンマクはどのような意味があるのでしょうか?
興味津々。

Dole

ダンマクといえば試合前にアウェー側に来てくれたドーレくん。




Maku4

マスコットのダンマクがありました。

調べたところこの試合から掲出したようです。


うちでいうと“パルちゃん”のダンマクですね。ありませんけれども。

| | コメント (2)

本日エスパルスの誕生日

毎年書いていることですが7月4日はエスパルスの誕生日。
スポーツライターのケンジーニョこと故大場健司氏がラジオ番組「キック・オフ・サンデー」(マリンパル)で呼びかけて制定されたと記憶しています。

Mdp02

大場さんはマッチデープログラムでいつも毒があるもおもしろい記事を書いていました。
1ページを割いての内容(写真左ページ)は今ではないボリュームです。


Birthday

その呼びかけが実を結び5歳の誕生日にはチームがこのようなチラシを作成しました。
当時はエスパルス経営危機ということもあり、ボランティアで東部方面の家庭や行政に配布しました。早いものであれから20年。5周年の時のグッズはピンバッジだけだったような気がしますが、25周年ともなるといろいろと販売されますね。


以下チラシの文面です。
「1992年7月4日午後3時。
清水エスパルスは、ガンバ大阪を相手に長居陸上競技場でデビュー。観衆約21,000人、静岡駅南口から初の応援バ スを出し、大阪までの道中5時間は応援の練習練習そして、練習。この日は30余名のサポーターが生まれた日でもあり初めてエスパルスとサポーターがいっ しょになって戦った日でもあります。7月4日この日は、エスパルスとエスパルスの全サポーターの誕生日でもあります。」

Pul

エスパルスの好きなみなさま、誕生日おめでとうございます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧